このソフトのレビューを書く

【PS4】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2019-03-22
価格 8208円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクション・アドベンチャー
■ プレイ人数:1人
■ PS4 Pro ENHANCED:PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
75pt

GOOD!

◇攻撃で体力を削り、弾きで体幹を削るというコンセプトが、敵の攻撃と攻撃の間隙を縫って攻撃を仕掛けるだけではない、非常にリズミカルで熱中度の高いアクションを楽しめた。
◇各忍具に特徴があり、使いこなせると戦い方の幅が広がる。一週目は全く使いこなせず、剣戟だけで乗り切ったが、二週目以降に使用してみて、非常に攻略が楽になった。
◇忍者という設定のためか、雑魚をスキップしやすく、結果的に周回しやすい。
◇ダークソウル3やブラッドボーンのようなスタミナの概念がないため、移動がスピーディ。
◇話が比較的分かりやすい。

BAD/REQUEST

◇鉤爪で屋根に上れるが、ひっかけられるオブジェクトは決まっており、ステージ攻略の幅は狭い。
◇忍殺というシステムはあるが、中ボス以上は忍殺だけで済ますことはできず、必ず戦闘が必要。
◇敵のアクションは一見では見抜きづらく、死んで覚えるしかないが、死亡後の再開ロードがストレス溜まる。
◇セーブポイントに戻るアイテムはあるが、発動までに時間がかかり、誤ってボス戦に突入すると逃れることがむつかしい。
◇死亡した時のデスペナは、ダークソウル3やブラッドボーン程重くないが、回避が確率で発動する冥助のみのため、救いがない。
◇ダークソウル3やブラッドボーンのような突き放したストーリーではないが、突飛な展開は多い。

COMMENT

ブラッドボーン->ダークソウル3とプレイしてきたので、sekiroにも興味を持ち購入。
一週目は、40近い歳のせいかボスの払いと突きを全く見切れず、正直クリアできる気がしなかったが、ボスとの剣戟が面白くて何度もリトライしてしまった。一周クリアすると、ボス戦にも慣れ、すべてのエンディングを見るために四週した。
ボス戦の緊張感もあり、一戦一戦に疲れるが、熱中度と達成度は高く、面白かった。反面、ステージ攻略は自由度が低く、私にとってはボス戦までのつなぎのようなイメージであった。

シンプルなアクションゲームとして、攻撃で体力を削り、弾きで体幹を削る戦闘をお勧めできると思う。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
negatiさん  [2019-05-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEのTOPページへ戻る

総合ポイント
75
(難易度)
4.14
レビュー数
7
スコアチャート SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
28.6%
40-49
0%
50-59
14.3%
60-69
28.6%
70-79
14.3%
80-89
14.3%
90-100
【60点以上】
71.4%
【標準偏差】
16.67