このソフトのレビューを書く

【PS3】アーミー オブ ツー レビュー

発売元 エレクトロニック・アーツオフィシャルサイト
発売日 2008-03-19
価格 7329円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ミリタリーTPS(ミリタリーアクション)
■ プレイ人数:1〜4人

Coオペレーションタイプのミッションクリア型シューティングが登場。主に次世代機をメインで多数のプラットフォームでの開発がおこなわれており、米国の民間軍事企業をめぐるポリティカルクライムサスペンスだ。タッグを組んだ屈強な二人組みが、協力しながらさまざまなミッションをこなしていく単純明快で非常に爽快なアクションゲームに仕上っている。武器のカスタマイズから乗り物までありとあらゆる物を利用可能。一人プレーも可能で、AIとの連携が新しい。(転用元:GDEXより)

総合ポイント
61
(難易度)
2.11
レビュー数
9
スコアチャート アーミー オブ ツーレビューチャート

アーミー オブ ツー 購入する
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
11.1%
40-49
33.3%
50-59
44.4%
60-69
11.1%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
55.6%
【標準偏差】
8.74


デフォルト:新着順

281人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 2pt 4pt 3pt 3pt
総合点
61pt

GOOD!

ストーリーが面白いです。まあ奥が深いストーリーというわけではないですが、ほかのゲームと違ってわかりやすく二転三転する展開で、興味深い内容です。

グラフィックもそこそこ綺麗。一部の壁なんかは、のっぺりした感じがしましたが、主人公のキャラクタが綺麗に作られています。

なんといってもこのゲームは2人プレイ。一回友達と画面分割でやってみました。面白いです。画面も、縦に画面分割するのでは書く、横に画面を分割するので、見やすくプレイしやすいです。

武器のアップデートもやり込める要素です。武器の種類はそこまで多いというわけではないですが、アップグレードの種類が豊富で任務にあわせてアタッチメントを変えたり、自分好みにチューンアップすることが出来ます。

BAD/REQUEST

オンラインがほとんど出来ない。VSモードという普通の対戦モードと、オンラインに接続しているフレンドと一緒にプレイする、協力モードがあります。VSモードはまず出来ない。一応出来ますが、誰も接続してこないです。おそらくやる人がいないだけで、EAのサーバーの問題でしょう。公式からも今後アップデートで改善するとアナウンスがありました。もうひとつの協力モードは一応出来ました。2人のフレンドとやってみたんですが、一人はまったく出来ず、もう一人は何回かやった後出来ました。

ストーリーが短い。この倍あっても良かったんじゃないかなと思うぐらい。一番最初のステージなんてもっと長くしたほうが面白かったに違いない。

気にする人気にしない人がいると思いますが、銃声がリアルじゃないです。確かに機関銃の銃声やアサルトライフルの銃声は違います。しかしアサルトライフルの銃声はみな一緒。機関銃の銃声もみな一緒。スナイパーライフル、サブマシンガンなどもそうです。

COMMENT

そこそこ満足の作品です。オンラインが出来たらもっと評価を上げてもいいぐらいです。しかしオンラインが出来ないので熱中度は低い感じ。オンラインの協力プレイも同様にやりにくい。一回出来れば一人でやるときとはまた違う新鮮さがあって面白いです。

ちなみにプレイ環境は32型の液晶テレビです。字幕はこの大きさのテレビでは問題なく見れました。それとHDMI接続です。

 
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
たこたんこさん  [2008-03-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

260人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 3pt 2pt 2pt 1pt
総合点
53pt

GOOD!

 なんといっても、アグロというシステムが一番のポイントだと思います。
例えば、リオス(スカルマスク)が敵に向かって発砲し、アグロメーター(目立ち度)を高め、セーレム(カスタムタトゥー)がその間に敵の後ろに回りこみ、敵を倒す等の戦法が出来ます。後ろに回りこまないと倒せない敵もいるので、アグロはこのゲームを進める上で必須になります。
また、アグロメーターがMAXになったときに発動できるオーバーキルは爽快です。敵の動きがスローモーションになり、自分のアグロメーターがMAXの時は、攻撃力二倍になります(ただし、隠れられなくなる・動きの速さは敵と同じ?)。相方のアグロメーターがMAXの時は、ステルスモードになります(敵に気付かれない・自分だけ早く動ける)。
このゲームは、1人で突っ込んで行けるゲームバランスではなく、物陰から手だけを出して打ち合いをしたり、アグロを活用するゲームなので、爽快感を求めない、リアル嗜好向けだと思います。
 2人の協力アクションも見所です。
1人が車のドアを壊し、それを構えて盾にし、もう1人がその後ろに隠れて銃を撃つライオットシールド。
1人が足場となり、高い壁を乗り越えるステップジャンプ。
四方を敵に囲まれた時、お互いに背後をカバーし、銃を撃ちまくるバックトゥーバック。(これは決まった地点でしか出来ない)
瀕死の仲間を安全な場所まで引きずり(瀕死の仲間は銃を撃つことは可能)、治療することも出来ます。
他にもCO-OPスナイプ(2人同時狙撃)や、パラシュート降下、ホバークラフト等もあります(戦車・バギーはオフラインでは出てこないようです)。
 コミュニケーションとして、相手に感謝・怒りを表現できます(オンライン向け)。個人的にこのやり取りが一番のお気に入りです。銃をギターに見立ててギターの音まねをノリノリでしたり、拳を互いに軽くぶつけて友情を確認したり・・。怒った時は頭突き!をかましたり、とても楽しいです。ただ、感謝・怒りそれぞれ動きが3種類+セリフ数種しか無いのが残念です(10種類ぐらいは欲しかった)。
リオス・セーレムのキャラも立っていて、2人のやり取りが面白いです。(特にセーレムはいいキャラしてると思う)
 武器のカスタマイズもやりこみ要素のひとつです。
メイン・サブ・スペシャル・アーマーの四種類を、ミッションを達成して手に入れた報酬(お金)を使用して、アップグレードすることが出来ます。
アップグレードはトップメニューからだけでなく、ミッション中のチェックポイントに入った時もすることも出来ます(全てのチェックポイントでアップグレード出来る訳ではなく、1つのミッションで全チェックポイント中2箇所程度)。
敵が強くて行き詰ったときは、アップグレードすると手っ取り早くストーリーを進めることが出来ます(ただし、一度購入した武器は売ることが出来ないので、よく考えて購入することが必要)。
 格闘アクションの種類が豊富で、カッコいいです。
頭突き・殴り→蹴りのコンボ・首を掴み→投げ飛ばす・背後から強烈な肘の一撃等・・・
一方、敵もこっちが近づくと格闘をしてきますが、パンチはマスクがあるので効きません(殴ってきた敵の方が痛がる)。

BAD/REQUEST

 一番気になるのが、字幕がとても小さいことです。
英語音声しかないので、これは致命的です。しかも、戦闘中にもかまわず通信が入ってくるので、なかなか話に集中できません。
 オフラインのステージ数が少ないのも気になりました。全6ステージはあまりに少なすぎます。
ラスボスを倒しても、まだ続きがあると思っていたので、スタッフロールが流れてきた時は唖然としました。また、ラスボスが弱すぎます(ラスボスから一発も被弾することなく終了、強さも硬いというだけ)。
 ストーリーももっと大きな陰謀が絡んでくるのかと思っていたら、特に大きなどんでん返しも無く、あっさりと終わってしまいました(続編を期待させるような終わり方ではあったが)。
 予告のムービーではあったアクション・要素が無かったのは残念な点でした。(怒りを表していると思われるドロップキックや、フォークリフトの協力アクション、綱を利用して高い所を降りる)
 敵の種類も少ないです。大きく分けると3種類しかないのはちょっと・・・(青:ほとんど隠れないで撃ってくる。爆弾を背負って突っ込んでくるものやRPGを使う奴も居る 赤:多く隠れながら撃ってくる。ボスもこの分類になる 緑:重装備で、正面の攻撃が効かない。動きが遅く、隠れずに堂々と銃を乱射してくる。)
  オンラインの人数も少ないように感じました。おそらく、オンラインの範囲が日本国内だけなのだと思います。
 それと、遠くの敵の動きがカクカクするのも気になります。

COMMENT

 はじめから2人の協力を前提に作られたゲームは珍しいので、オリジナリティーは4点にしました。
 ムービーの画質はとても良いです。プレイ中の画質は、光の表現が素晴らしかった(暗い所から明るい所に出ると、まぶしくてよく見えなくなる)。
しかし、遠くでヘリから降下してくる兵士の動きがカクカクするのを見て、興醒めしてしまいました(例えるなら、ゲームウォッチのような感じ)。
なので、グラフィックスは3点です。
 音楽は正直、あまり記憶に残りませんでした。なので3点にしました。
 二日で速攻クリアするぐらい熱中できましたが、ストーリー・オンラインの人の少なさがネックなので熱中度は3点です。
 満足間は、ステージの少なさで2点にしました。
快適さは、文字が小さすぎてストーリー把握に支障をきたしていたので、2点にしました。
 個人的には好きなゲームでしたが、ボリュームの少なさ・オンラインの人数の少なさから、早く見切りを付けて発売日から3日目に売ってしまいました。なので、レビューに間違いが多くあるかもしれません。
 全体を見ると、出すのが早すぎた良作といった感じです。あと半年ぐらいは構想を練っていて欲しかったです。なので、続編が出すのであれば、悪かった点を改善して欲しいです。そうすれば、かなりの良ゲーになれる作品だと思います。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
Virgo-Takedaさん  [2008-03-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 2pt 3pt 3pt 3pt
総合点
57pt

GOOD!

2人1組による協力プレイを前提としたゲームデザイン。
一方が敵を攻撃して注意をひきつつ、もう一方が敵の脇や背後から隙をついて攻撃するといった戦法がメインのTPSです。
双方がアクションを起こすことでギミックを作動させたり、盾を構える背後で相棒が銃撃しながら前進するといった、さまざまな協力プレイの要素が盛り込まれています。
相棒のAI思考も良く、瀕死状態の時に安全な場所まで運んで治療してくれるなど、頼りになります。

武器のカスタマイズができるところ。
武器はバレル・ストック・弾倉などの各パーツを強化することで、威力や命中精度などを高めることができます。
強化方法は、ステージクリアで稼いだお金を消費することで強化します。

グラフィックがかなり綺麗です。
キャラの服装やステージのオブジェクトの造形はキメ細かく造られています。
今作は2008年に発売されたPS3初期の作品ですが、このレビューを書いている2018年でもかなりの綺麗さを誇ります。

難易度はルーキー・ベテラン・マーセナリーの3段階。
ルーキーでも少々難しく感じる場面はありますが、頻繁にゲームオーバーになることはなく、クリアしやすい難易度となっています。

BAD/REQUEST

ストーリーの展開が早すぎて、内容をあまり理解できなかったところ。
プレイ中に表示される字幕もすぐに消えてしまうため、会話の内容を把握するのが難しくなっています。

ストーリーは全体的に短く、初見でも6~7時間ほどでクリアできてしまうほどの短さ。
作中で流れるプリレンダムービーの中には、主人公達が関わったミッションが描かれていたりするのですが、その描写を今作のステージの一つとして登場させてほしかった。
そうしたミッションに限って、ゲームになれば面白そうな内容に感じただけに残念です。
また、他のレビュアーさんの仰るとおり、エンディングもあっけなくアッサリと終わってしまうので拍子抜けです。

全体的に難易度が高め。
要所要所で大勢の敵からの集中攻撃を食らいやすいので、攻略するのがかなり難しくなります。
とある場所ではロケットランチャーをガンガン撃ってくる敵も登場するので、余計に対処するのが難しくなります。
幸い難易度ルーキーではゲームオーバーになる前に相棒が瀕死状態から救ってくれるものの、敵の攻撃が激しいせいで、何度も瀕死状態に見舞われることもしばしば。

ゲームオーバーになっても、特定の場所からチェックポイントでリトライできるのですが、けっこう前の場所に戻される。
要所要所の難しい場面で、チェックポイントの設置場所が少なかったりするので、難易度の高さに拍車をかけています。

メニュー画面や武器の購入・カスタマイズ・強化の画面へ移行する時にやたらとロードが入るところ。
メニュー画面では凝った演出が入っているので、その関係かロードが少々長め。
これが操作のたびに何度も入って煩わしいので、メニュー画面ぐらいシンプルなものにしてロードの頻度と長さを減らしてほしかった。

COMMENT

32型液晶TV・HDMI端子使用。
アーミー オブ ツーシリーズは今作が初プレイです。

たまたま中古500円で売られていた今作の廉価版を購入してプレイ。
以前から気になっていた作品だったので、いざプレイしてみるとそこそこ面白かったです。
良作と呼ぶにはまだまだ物足りない出来栄えですが、今後のシリーズ展開に期待が持てる内容でした。

アクション・TPSが好きな方にオススメです。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
夏色アサシンさん(Webサイト)  [2018-06-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: PLAYER01
レビュー日: 2008-03-20
レジスタンスでFPSの面白さに目覚め、アンチャーテッドやCOD4にはまった人、レインボーシックスベガスのように仲間を使った戦術アクションが好きな人にオススメします。
このゲームは操作しているキャラクターの姿が見えるTPSというジャンルで、プレイヤーの操作するキャラとCPU(オンラインや協力モードでは人)の操作する相棒とのコンビで進んでいきます。タイムクライシスのイメージにも似ています。

このゲームのキモは何といってもアグロメーターという敵からの注目度を示すメーターです。
メーターの両端に自分と相棒が配置されており、一方が敵の前に姿をさらしたり、敵を攻撃すると敵の注目を集めてアグロメーターが傾き、集中攻撃を受けやすい状態になります。このアグロメーターを利用して進んでいくわけですが、仲間にバリバリ撃たせて敵の注目を集めておいて、自分はこっそり回り込んで、無防備な敵の背中を撃つという戦術(その逆も可能。)は決まると爽快です。前方からの攻撃が無効な重装甲の敵を倒すには必須のテクニックです。

敵の注目が完全に自分にむくと、攻撃力が倍になる『オーバーキルモード』。完全に味方に向くと自分の姿が敵から見えなくなる『ステルスモード』が発動するのもゲームらしい味付けとなっています。

武器も豊富でかつカスタマイズできる項目が多いのもうれしいところです。ガトリングガンのような派手な武器は攻撃力が高い代わりにアグロメーターが上がりやすく、拳銃やサイレンサーつきの武器は目立ちにくいという特徴があります。一方が陽動をし、もう一方が隠密撃破といった戦術も立てられますし、作戦中はいつでも相棒と武器の交換が出来るので、役割を交代することも可能です。

セレクトを押すとGPSが表示され、進むべき道が矢印で表示されるのも親切で、3D迷子になりやすい人にも安心です。反面、操作は仲間に様々な指示を出せる分、少々煩雑で、チュートリアルだけでは覚えきれないと思います。

難点も挙げます。
・洋ゲーにありがちな字幕の読みづらさはやはり健在です。文字そのものが小さい上、白い背景に白い字が表示されることも多く、見づらいのは残念です。ストーリーが相棒モノなのに戦闘中にも起こる面白いやり取りが楽しめないのは本当に勿体無いですね。
・ロードが少し多い。武器屋で頻繁にロードするのは少し残念なところです。

厳密なシューティングというよりは戦術アクションを楽しむゲームです。ストーリーも相棒モノの映画を見ているようで楽しいです。

相棒と背中合わせになり、四方から群がる敵を一掃するとき、相棒と息をあわせて二つのターゲットを同時に撃破するとき、敵にやられた自分を相棒が安全なところまで引きずっていって治療してくれるとき、相棒が壁の上から手を伸ばして引き上げてくれるとき、CPUのはずの相棒との間に不思議な絆が生まれるのを感じました。
味方に対して、作戦がうまくいったとき褒め称えてハイタッチしたり、失敗した不満をぶつけてぶん殴れるボタンがあるのも相棒モノらしく楽しい(それぞれに5パターン程度ある)。

しかし、主人公の二人がジェイソンみたいなマスクをかぶったゴツい二人組みというのが日本市場では損をしていると思いました。マスクのデザインを変えられますが、どれもおどろおどろしくグロいデザイン。タイムクライシスのように男前二人が活躍するゲームならもっと売れていたんじゃないかと思えてなりません。見た目で躊躇せず、まずは手にとってくれることを切に願います。おバカだけどカッコいい二人組。きっと気に入ると思いますよ。

【PS3】アーミー オブ ツー
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「アーミー オブ ツー」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。