このソフトのレビューを書く

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く レビュー

発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2010-01-28
価格 7329円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(廉価版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ムスメ調合RPG
■ プレイ人数:1人

【廉価版】
■ 発売日:2011/08/04
■ 価格:3,800円

総合ポイント
57
(難易度)
1.81
レビュー数
31
スコアチャート アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾くレビューチャート

アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く 購入する
0%
0-9
3.2%
10-19
6.5%
20-29
9.7%
30-39
19.4%
40-49
16.1%
50-59
12.9%
60-69
19.4%
70-79
9.7%
80-89
3.2%
90-100
【60点以上】
45.2%
【標準偏差】
19.08


デフォルト:新着順

344人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 2pt
総合点
77pt

GOOD!

いっぱい出てくる女の子のキャラクターが、みんな魅力的で、かなりよかった。
2のジャクリがいちばん好きだけど、サキア・ルメイさんの設定背景とか感動した。
コンプリート欲はそんなにないけど、気になって、結果かなりトロフィー集まった。
とにかく、ストーリーやキャラごとの背景が気になって、やりこんでしまう。

♪けんかはやめて、あらそわないで〜♪…のヒュムノスが好きでした。
最後の方まで聞くと感動しました。


オリジナリティ・5点→
 ・上下に振るのと連動して、服を脱いでくれる。
 ・詩で攻撃&その間回復。なんだか平和。
 ・アルトネリコ1、2、3の世界観が点と線のようにつながっていて、
  感動が大きくなった。

BAD/REQUEST

戦闘は完璧に効率を求めてやろうとすると疲れるので、おおらかにやったほうがいいかもです。
リズム合わずに攻撃力上がんなくても、よさげなアニメが攻撃に集中してて見えなくても、あとで見るほうがストレスたまりません。

会話が長かったり、キャーキャー言いすぎてて、やや疲れることもあります。
あの大きい人のヒュムノスはつらかったなぁ。

詩とグラスメルクは、2の方が好きでした。

地図が広くて、ちょっとめんどくさかった。メモしながら必死。

ラスト、あんなに急に風景変わるものなのか、ちょっと気になりました。

COMMENT

できるだけ、1と2をやってからプレイした方がいいと思います。
3作やってこその感動がかなりあります。

ヒュムノスや詩魔法、戦闘、かわってなくなったシステム(お風呂で仲良くとか)など、いろいろ気になる点はあったけれど、物語が完結する感動を味わえたので、結果すごくよかったです。
全員のラストも見たあとで、さらにもう一周しました。

まあまあのフェチもあるので、理解ある家族以外には、画面を見られないようにした方がいいです。パッと画面をかえる裏ワザシステムもあったり。

ここのレビューをみて期待せずにやったら、意外と楽しめた…って感じです。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
noriさん  [2011-07-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

341人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 5pt 5pt 4pt 3pt 1pt
総合点
80pt

GOOD!

・詩、BGM
アルトネシリーズにおいて、これは既に鉄板。今回もゲームとは思えないレベルの詩が複数あり、1、2と比較しても劣らない出来。
アジアンテイストな曲が多少増えたようにも感じられたが、やはり総じて高いレベルで纏まっている。物語と歌詞をリンクさせれば、まあまあだと思っていた詩も忽ち神曲に・・・。はっきり言ってしまえば、歌詞を物語やキャラクターの心情とリンクさせられるというだけでも、値段分の価値があると思っています。

・キャラクター
非常に丁寧に作られており、少なくとも普通のRPGのそれよりは上。最近やったのがヴェスペリアやSO4といった、女キャラに定評の無いゲームばかりだった所為か、それらとは明らかなレベル差を感じました。声も合っています。何よりフィンネル3段階パージ後、魔法を撃つ時のももこの病んでる顔が至高。こういう点は他にあまり類を見ませんね。

・ダイブ
1のミシャ、2のルカに続いて、病んでいるヒロインがいて面白かった。この嗜好をコンシューマでこれほどリアルに追及しているのは稀。前作までと比べれば多少霞む部分はあるものの、それでも長所とするに足るレベル。詩と並んで、シリーズ共通のオリジナリティにして売り。キャラクターと連動して、こちらも非常に丁寧な構成です。

・世界観
1からある程度共通ですが、やはり微妙に捻りが加えてあり、味のあるものになっています。それだけでも十分評価に値しますが、そこに中核システムのダイブが組み込まれ、そして神曲揃いの詩が流れる事で、より世界観に融け込みやすくしてあります。また、シナリオ自体の冗長さもかなり抑えられているので、飽きることなく没頭していられます。

BAD/REQUEST

・戦闘
テイルズ被れの戦闘はつまらない。何故ならテイルズという越えられない壁があるから。後はマップか何かで各ユニットの位置を常時把握出来るシステムも欲しかった。一言でいえば、全体的に詰めが甘い。戦闘中に服を脱ぐという、狂気のシステムは面白かったですがw

・フラグ・バグ
バグが多少あり。フラグ管理も甘い。その辺は仕様と割り切るしかない。

・グラフィック
方々から叩かれているように、グラフィックの質は低く、PS2相当。とはいえ、最初から期待していなければ問題なし。やっているうちに適当に慣れるので。

・システム
家庭(一人暮らし)用ゲームなので、ユーザーは面倒かもしれない。オヤキタボタンは常時発動できるわけではないので、過度な期待はしてはいけない。

COMMENT

総合的には良作。
尤も、これだけ突っ走り、セロに仕事をさせなかったのは称賛に値します。また1から継承されてきたシリーズの独創性は健在で、久しぶりにゲームらしいゲームをプレイしたと思えました。
グラフィックのみを追求して中身が全く伴っていない、映画もどきの製作者側の自己満ゲーが氾濫しているこの現状に、辟易している方は多いのではないでしょうか?そういう方にこそ、このゲームを勧めます。少なくとも私はこのゲームを、眺めていて面白いゲームではなく、プレイしていて面白いゲームと評価します。いや、眺めていても面白いですが(パージ的な意味でw)。
とはいえ灰汁が強いのは否めず、少なくともシリーズをプレイしたユーザー以外にはお勧めしません。HPなどで情報を集めた結果、プレイしたいと思ったなら、あえて1から始める事を勧めます。値段的にも手頃なので。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
sheraさん  [2010-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

333人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

・毎回あまりグラフィックの出来が良くない為、パージシステムを心配していましたが、思ったよりムービーに力が入っていて、かわいくできていた。

・雰囲気やノリがいかにもアルトネリコらしいほのぼのとしたもので、シリーズが好きな人はまず裏切られることがないと思う。

BAD/REQUEST

・戦闘曲が装備する精霊によってアレンジされるシステムは面白いけれど、元々の戦闘曲が変わらないので結局最初から最後まで同じような曲を聴いていることになる。
・後半、どこにいっても出てくる敵がほぼ同じになり、いい加減飽きる。
・歌魔法の発動ムービー(召還獣みたいなもの)がカットできない。ただし、前衛の攻撃だけでは倒せない敵が多い。
上記の点から後半に行けば行くほど戦闘が面倒になってきます。エンカウントを少なくするアイテムはあるのですが、効果があまり感じられません。

・ヒュムノスの歌単体はいい曲ですが、戦闘曲として利用しようとするあまり、イベントとの関連があまり説明されないまま唐突に歌いだしたりして盛り上がりに欠ける。無理に戦闘とからめようとせずに、2までのように普通にイベント内やムービー内で盛り上がるシーンで流れたほうが感動できたと思う。

COMMENT

完全にシリーズのファン向けだと感じました。1,2をやっていない人が3をいきなりやっても盛り上がれない箇所が多いと思います。

あと、ストーリーは3人目のレーヴァテイルを除く全パーティーキャラが基本的に状況流され型の為、ひたすら前に立ちふさがる敵を倒していくだけという感じなので、展開が速く面白いですが、苦手な人は苦手かもしれません。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ちびさん  [2010-02-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

354人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 5pt 4pt 4pt 4pt 1pt
総合点
80pt

GOOD!

〆オリジナリティ
 アルトネリコとは何なのか。
 ものすごく簡単に言えば。
 世界(社会)成立の根源に関わらさせられたばっかりに不幸のどん底に居るヒロイン2人(+1人)を
「1人だけ」助け出し、ついでに世界も救ってしまう王子様の物語。
 これ以外のストーリー展開は他のRPGはOKでもアルトネリコとしてはNGという、水戸黄門ばりのお約束を楽しむRPGです。

 ヒロインの良い所だけでなく、悪い部分もあからさまに見せていくダイブシステムも健在。
 今回は多重人格ということもあって、前作まではあくまでその一部分だった性格上の欠点が、もっと根本的な「一番弱い者が一番□×者に犠牲を強いる」「▽幸を自分から求める」といった女性独特の狡さに繋がる部分に入り込んでいるのも良い感じ。
 一緒に冒険を重ね、「世界で一番誰よりもおまえが好きだ!」と主人公とヒロインが相思相愛になっていく課程もこれまで同様。
 「俺の嫁が犠牲になる世界などゴミかす同然だ」と一片の躊躇もなく即答する潔さ。
 「でも、人を本気で好きになるってこういう事だよね」そういう浪漫と納得感があるからこそ、このシリーズに根強いファンがいる理由なんだと言えます。私もその1人です。はい。
 悪いところはかなり悪いけど、良いところは突き抜けて良い。
 そういう意味でも、アルトネリコ3作中でも今作が一番アルトネリコとして良い出来でした。

〆ストーリー
 ガスト独特といっていい柔らかいキャラクター表現やイベント傾向はそのままに、ミュートの様な脇役もただのお笑いやられキャラで放り捨てる様なこともなく丁寧にフォローしていく展開はとても良かったです。
 サキルートノーマルエンドの最後の絵本は、サキの心情がとても上手く込められてて、ぼろぼろに泣いてしまいました。
 泣きはしませんでしたが、サキルートトゥルーエンドも伏線として1の主人公(アラブの王族の様なハーレムぶりは健在)が土台を作り〜2のヒロイン達の支援を受けて(2の主人公の空気度も健在)〜3に連なって行く展開も非常に感動的でした。今作が初めての人はさっぱり訳判らんかもしれませんが。

〆ヒュムノス(詩音楽)
 OPテーマは圧巻。魂が入ってるとしか言いようがない圧倒的クオリティ。
 今回、このゲームに併せて思い切ってヘッドホンを新調したかいがありました。
 OPを飛ばさず毎日見てます。短すぎるので、10分ぐらいの超ロングバージョンを作って欲しいなあ。
 歌姫の人数は多いですが、歌姫ごとの自己主張よりも詩世界を表現する事の方に主眼が置かれていますのでアンバランス感が一切無いのも良いです。
 とても聞きやすいのですが、逆に言えば誰が何を歌ってるのかゲーム中では判別しにくいので、歌姫さんそれぞれのファンの人はちょっと物足りない風に思うかも。
「けんかをや・め・てー」とか一部の詩は、逆にかなり自己主張激しいですけどね(笑)

〆忙しい割に温い戦闘
 エンカウントは割と多いのですが、さくっと終わるので疲れません。楽々脱いで楽々決着。
 序盤は前衛だけでなぎ倒し、中盤以降はRAHをちゃんと組んだ上で3段目パージ3万%前後で詩魔法ぶっ放せば、どんな雑魚でも1戦40秒以下(ちなみに第4段階パージのスリップスフィアはめんどくさいのでボス専用)。
 ゲージ見ながらタイミングでボタンを押して(ガードしてもブローで飛ばしても一時的なテンション上昇があるっぽいのでテンション大波時以外は実は細かく攻撃を合わせる意味はなかったりする)、ヒロインを守りつつ、ヒロインを脱がせつつ、前衛の体力ゲージも気にしながら、たまに前衛も脱いじゃって(超必殺技をつかうと前衛も脱ぐ)、RPGでこれだけいろいろ忙しくて、最後に戦闘評価まで付けてるのに「WIZARDRY」の次ぐらいに速く決着するという驚きの戦闘解決スピード。
 MAP機能ないし迷いながら戦闘するのはめんどくさいから、セーブ周辺で敵根絶やしにしてから探索しようみたいな事も楽々可能。
 逃げるコマンドは100%成功して5秒で戦闘終了。
 良い意味でも悪い意味でもストレスがまったくない絶妙(?)な大味戦闘加減がむしろこのゲームとしては良いんですが。
 アクションRPGだと思わないでください。中身はリアルタイム式のコマンド戦闘です。期待する方が間違ってます。

〆バグ関係は非常に良好?
 地形にはまる事があるようですが、私は特に一切無かったです。
 フリーズも55時間でたったの1回こっきり。
 できて当たり前の事なんですが、ロロナが凄いことになってたのでほっと一安心。
 3人目ヒロインの台詞でバグ関連の開発側の愚痴が聞けますです。
 なるほどなー、ロロナ大変だったんだなあと思ってしまった(笑)
 とあるチートモードが発見されておりますが、今回に関しては存在をある程度容認せざるを得ないかも。

BAD/REQUEST

〆RAHシステム
 今作品一番の不満点。
 アイデア自体は面白いですが、これがゲームのセールスポイントというには、ちょっと遊び心が足りないです。
「ピンチのときにうたう”かも”」「絶好調の時”だけ”うたう」とか書いてるのは、いかにも小人さんの気まぐれな仕事って感じで、そこはとても気に入ってます。
 気に入ってるんですが、アレンジ傾向関係なしでヒューマーの攻撃・防御・回復といった特性とレベルで入れないと戦闘効率がかなり落ちるのはちょっといただけません。
 戦闘効率重視だと曲アレンジの組み合わせが、一気に限定されちゃうのがかなり不満です。
 戦闘効率を10秒以上落としてアレンジにこだわる気になるほど戦闘自体が面白いわけでもないし。
 なので、私の場合は戦闘ベース曲が3曲あるのに結局みんな電波で可愛い調の同じ様な金太郎飴アレンジになっちゃいます。これがめちゃくちゃ面白くない。
 ・属性効果のスロットは自由に選べる
 ・ヒューマーは持ってる全員分のをヒロイン1人が全部つかえる
 ・ヒューマーレベルは全員Lv1スタート
 ・戦闘に出せば出すほどレベルが上がって行く
 ような仕様にしてほしかったですね。
 グラフィックはどうでもいいけど、ここだけはもっと頑張って欲しかった。

〆グラフィック・演出全般
 PS2のアルトネリコからそんなに進化してません。
 なので、一枚絵は綺麗ですが3D部分はテイルズなんかと比べると非常に落ちます。
 まあ、気に入った人にとっては大した欠点にはなりません。5時間もやってればあっさり慣れます。

〆MAP機能がない
 クラスタニア行政区だけは自分でMAPを手書きしました(地下鉄路線図程度のものだけど。複雑じゃないんだけど、それでも覚えられないw)。
 あと、ボス直前って時にダンジョンからワールドマップへ勢い余って飛び出しちゃうって事が結構頻繁にあるのもMAP機能が無い弊害。
 この辺はとっても不便であります。

〆ボタンの反応(レスポンス)が妙に悪い
 特に4段パージ目で発生するスリップスフィア。
 押すタイミングはめちゃくちゃ簡単だけど、連打時のボタンが全然反応しないので、結局妥協かボタン連打に。
 曲を覚えれば、漠然と全体を見ながらできるのは良いといえば良いんだけど、そもそもボタンの反応感度を上げてくれてればなんの問題も無いのであります。
 ゲージを廃止して、○×△□ボタンでタンバリンとかカスタネットとかドラムとか打楽器系のいろんな合いの手をいれられる様にして、上手くそれがノリノリになったら高ダメージみたいなのが良かったなあと。

 パージは結構力を入れてコントローラーを両手で持ち、高速で釣り竿をしゃくるように上下に2、3回ぶんぶん振ってるんですが、
「ヒロイン脱がすのになんでこんな私必死なの?」
 みたいな感じがしないでもない(笑)。

〆ブロウ(ヒロインサークルからの敵はじき飛ばし)守備範囲ひろすぎ
 警報がなったら、即×ボタン連打でどこからでも戻ってこれるってのは、ちょっと守ってる感が薄れてしまってるような。
 敵をしばらく待ってから突っ込んで行けば、ヒロインの位置なんか別に判らなくても全然平気ってのは、楽だけどやっぱちょっと浪漫成分がたりないなあ。
 例えば、帰還可能範囲をもっと狭くしつつ、
 タイトーのシューティング「メタルブラック」のような演出で、敵味方の詩魔法が相互干渉しながら「互いの魔法を先に押し込んだ方が勝つ」みたいなレーヴァテイル同士の中ボス対抗戦とかあるともっと盛り上がれたんじゃなかろうか。

〆周回累計で達成にならず、その1周回で条件達成しないとクリアできないトロフィーが結構ある。
 例えばサキルートのダイブ100%コンプ。
 私はトゥルーまでいったにも関わらず達成率98%でとまってしまいました。
 確実に100%にしようとしたら、攻略サイトを見るかよほど気をつけてやらないと取り返しが付かない事に。
 デバッグモードは使わないつもりだったんですが、このダイブ100%の時だけは使いました。
 どこの部分を取り逃がしたかが判らず、それでなお「トロフィーほしけりゃもっかいサキルートを最初から最後まで完璧にやりなおせ」ってのはあまりに酷い。

COMMENT

〆プレイ環境:PS3+松下Viera(TH-26XL70)26インチ液晶+5.1chサラウンド(YAMAHA AVX-S35F)+ヘッドホン(オーディオテクニカATH-A900) HDMI接続

 サキルートのノーマルとトゥルークリア済み/プレイ時間が56時間でした。
 ゲームの面白さは減点法じゃみつけられない。
 そんな人で興味があるならば是非どうぞ。
 ただし、レビュー傾向を見ても判るように、ゲーム部分の作り込みに期待するとがっかりするかもしれません。
 欠点を埋めて余りあるストーリーではあるものの、総合的なストライクゾーンは結構狭いので注意。
 私個人はど真ん中ドストライクでした(笑)
 みんな結構辛い点数つけてるなあ。むう。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
真紅さん(Webサイト)  [2010-02-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: HelioTrope
レビュー日: 2010-02-18
1.2と続いてきて、一応ストーリー完結となる3ですが、前作から引き続き登場するキャラが多いので1と2をやってからのほうが楽しめます。

ストーリーの盛り上がり、キャラの濃さは若干薄れた感じがありますが、アルトネリコの雰囲気はしっかり残っています。例のごとく後から出現するヒロインが良い。
主人公は珍しくまとも?な単細胞熱血。

グラフィックは不満があるわけでは無いですが、正直なところ2Dの方がよかったと思います。特にもっさりになってしまった戦闘が。

これは私の推測ですが、RAHシステムの関係でPS3でもギリギリというレベルのゲームになってしまった。しかしPS3で出すからには2Dでは・・・という流れでこうなったのだと思えてなりません。単純にパージシステムのためかもしれないですけど。
PS3でも2Dで構わないと思っている私にとっては残念なところだと思います。
グラフィックにばかり目が行って、容量や処理スペックに理解の無い人は2Dで出したら「こんなのPS2でも出せるレベルだろう」と声が上がるのでしょうが・・・PS3の超スペックと3D化の風潮はソフト会社からすれば製作コスト、技術の限界から困ったものなのかもしれませんね。

そしてPS3で出さざるをえなくなった原因と思われるRAHシステムですが、
・曲の変化、移行に条件や確率があり把握しにくい
・ヒューマの構成をガチにすると選択肢の幅が狭まる
・そもそもベースになってる曲が電波なものが多い
・曲調やテンポが変化するだけでベースになっている曲はそう多くない

と自分の意思で曲を構成することが殆どできず、イマイチ自由度がありません。
戦闘BGMを自分で構成できるという発想は素晴らしいものだと思いますが、正直「キャラとメインに据えたヒューマによってBGMが変わる」くらいにしておいたほうがシンプルで良かったと思います。

全体的にBGM・ヒュムノスはさすがはアルトネリコ。非常に良いものが多いです。
酷評したRAHも自分好みの戦闘BGMになるととても嬉しいものです。
容量にものを言わせて戦闘BGMを数多に変貌させるシステム自体は非常に画期的だと思うので、今後活かしてほしいですね。

演出が少々下手ですが、ストーリー・コスモスフィアの内容も無難にまとまっているので、アルトネリコファンの方には十分に勧められるゲームだったと思います。

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。