このソフトのレビューを書く

【PS3】ぬらりひょんの孫 −百鬼繚乱大戦− レビュー

発売元 コナミデジタルエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2011-11-17
価格 6980円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:対戦アクション
■ プレイ人数:1〜4人

総合ポイント
62
(難易度)
2.00
レビュー数
1
スコアチャート ぬらりひょんの孫 −百鬼繚乱大戦−レビューチャート

ぬらりひょんの孫 −百鬼繚乱大戦− 購入する
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
100%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
0


332人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 3pt 3pt 2pt
総合点
62pt

GOOD!

■多人数アクションというゲーム性
決して目新しいゲーム性ではありませんが、また一つこういうゲームが増えたという事を個人的に評価します。
原作に登場する多くのキャラクター達を側近や子分といった形で登場できるようにしているのは、キャラクターゲームとしては良い点。
キャラゲーというとつまらなさそうな印象を受けますが、今作は単純にアクションゲームとしても及第点以上の出来栄え。
操作も比較的シンプルなので、パーティーゲームに持って来いです。

■グラフィック
和風テイストのグラフィックが非常に良いです。
メニュー画面や演出など各部分のデザイン、筆で描かれたような背景グラフィックは、見ているだけでも楽しめます。
ゲームシステムの関係でプレイヤーキャラクターが小さく地味に描かれていますが、自分はあまり気になりません。

■逆転性
このゲームには、「ガンダムVSガンダム」のような勢力ゲージが採用されており、このゲージを押し切った方が勝ちとなります。
このゲージの増減には総大将と側近の撃破が関わるのですが、残り時間やシマの数でメーターの振り方が大きくなり、一発逆転できるようになっています。
傍から見ると9割がたゲージが押し込まれて勝ち目がなさそうに見える試合もちょっとした事からひっくり返し、逆転劇が生まれることもしばしば。
多少の実力差ならマグレ勝ちも十分狙える仕様なので、パーティーゲームとして良い部分だと思います。

BAD/REQUEST

■初期設定
初期設定では、カメラワークが拡大縮小無し(プレイヤーキャラ追尾)、体力ゲージの表示が無しなのですが、カメラワークは拡大縮小あり、体力ゲージは勿論表示ありにした方が、断然良いです。…というか変更必須です。
総大将2人に側近4人に多数の子分が入り乱れるこのゲーム。
ただでさえ混沌となりやすいのに画面の拡大縮小無しで全体を把握できない状況は、はっきり言って死を意味します。
普通に考えれば体力ゲージは最初から表示してある方が良いのに、自分で設定を変更しないといけないあたりに、不親切さを感じます。

■コントローラーのコンフィグ設定ができない

■過疎
宣伝不足もあってか売り上げで苦戦を強いられており、プレイヤー人口が非常に少ないです。
さらにその上、PS3とXBOX360のマルチプラットフォームで少ない人口がさらに分散。
その為、オンライン対戦が思うようにできない事もしばしば。
賑やかで楽しい4人戦が魅力の一つであるだけに、これは致命的です。
体験版もなく、テレビアニメでゲームのCMすら一切放送無し。売る気があるのか疑問な有様。

■プレイヤーマッチの部屋設定。
部屋の名前を自分で自由に付けれません。一応、いくつか用意されたルーム名から選ぶことはできますが、それでもこれは致命的。
またランク戦ではトレーニングモード等をしながら対戦相手とのマッチングを待つことができるのに、何故かプレマではできません。
その為、対戦をしようと思うと上記の過疎問題もあり、それなりに人を待つ時間と忍耐力を求められます。

■子分の性能バランス
このゲームの特徴の一つである子分システムですが、子分の性能バランスが悪いです。
それぞれ小・中・大・絶と4つのレベルに分けられていますが、レベルに見合ってない強さの子分が多数います。
レベルの低い子分のくせに性能が良かったり、逆に大や絶レベルの割りにそれほど強くなかったり…。
性能よりも原作におけるキャラクター性でレベルを分けているとしか思えない分類。

■ストーリーモードに声がない
ストーリーモード幕間の会話シーンに声がありません。
原作やアニメのファンの場合だと、この部分でガッカリする人もいるようです。
ゲーム中は、これでもかと言うくらい皆喋るんですけどね。

COMMENT

良い点より悪い点の方が多くなってしまいましたが、自分はこのゲームは面白いと思っています。
スマッシュブラザーズの様な多人数アクションゲームが好きなら、まず間違いなく楽しめると思いますが、「対戦ツール」というより「パーティーゲーム」という側面の方が強いのでご注意を。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
hayashiさん(Webサイト)  [2012-02-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 昇格契約社員
レビュー日: 2011-11-23
少年ジャンプで連載中の『ぬらりひょんの孫』を題材にしたアクションゲーム。どうやら正確には第2期アニメ『ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜』を基にしたといった感じだ。

ゲームのジャンルとしてはアクション。感覚で言うと『スマッシュブラザーズ』と『ガンダムVSガンダム』を平均値にした感じ。
プレイヤーは『操作キャラ』『側近(最大2人)』『子分(最大8人)』を選んで対戦します。勝利には、相手の『勢力ゲージ(味方陣営の耐久値みたいな物)を押し切る』事を目的とします。

対戦画面は、様々なキャラが入り乱れギミック満載の『スマブラ』システム的には相手のコストを超えるダメージを与えて勝利する『VSガンダム』に似ていると言う事です。
特に目新しさや斬新さは無いものの、ゲーム初心者や、原作ファンの購買も目的としたキャラゲーならこんな所が妥当でしょう。

私がゲームをプレイしての考察を記して見ようと思います。
・キャラのアクション
これは少しシンプル。操作キャラに当てられるボタンは□と△だけで、方向キーとの入力で様々な攻撃をします。残り二つの○、×ボタンは選んだ側近二人の攻撃用。側近にはアクションは一種類しかないのでこちらはボタンを押すだけの作業。
そして子分8人の呼び出しは右スティックの方向入力。アクションに関わるのはこの動作だけです。これだけ見ると非常にシンプルなものに思えますが、しかし、これら3種の攻撃要素の組み合わせが非常に多い。
操作キャラ、側近(常に戦場で動き回っている)は14人(隠しキャラ含む)から選ぶので、それほど種類はありませんが。重要なのは子分の存在。
子分は常にステージに居るわけではなく右スティックを使用して呼び出す、いわば『召還獣』的な存在ですが、その種類が何十種も居るので、かなり他多彩な組み合わせが可能です。能力も『攻撃・防御・妨害・サポート』と様々。
更に、子分には『召還コスト(0〜3)』がそれぞれ設定されており、0ならば初めから呼び出せるのですが、コスト1以上の子分はステージ内にあるシマ(一つがコスト1を内包した石・ステージに複数点在)を一つ制圧しなければ召還出来ません。
こういった部分で『コストの低い子分で安定的にサポートを受けるか』『シマ取りを前提に高コストの子分を入れるか』といった戦略の違いを楽しめます。
コンボ向け、サポート向け等人によって使い勝手がかなり違って来ると思いますので、アクション初心者でなくても、こういった戦略を練るのは楽しいと思います。(そこまで理解しなくてもグチャコンで双方の子分が画面いっぱいに展開されるとすごい事になります)

・コストパフォーマンス
人にって違うだろうが若干不満感有り。プレイ前はもう少し操作キャラが多いものかとも思ったのだが今作では本当に原作の『京都篇』でそれなりに動いたキャラしか使えません。
ジャケットに描かれている『牛鬼』『しょうけら』等も使用できませんし、京都前の敵『四国勢』等も操作不可能です(子分としてはみんな使えます)更には最近原作ではキーマンにもなっていた『黒田坊』も居なかったです。
キャラゲーで操作キャラが少ないと、それだけでコストパフォーマンスとしては不満と感じてしまう感はありますので、気になる方はサイトや攻略サイトなどで登場キャラを確認して見るのをお勧めします。

また、ストーリーモードも一応存在します。主人公のリクオは京都篇の追体験、後のキャラは大体がオリジナル展開なのですが、ステージ数もあまり無いので若干内容が薄い感じもしました。
声が出ないのは手抜きに感じはしましたが『システム的な面白さ』には関与しない部分ですので、あまり気にはならなかったですね。(違和感はありましたけど・・・)

様々な条件を達成する『とことんモード(ミッションモード)』では、クリアごとに新しい子分も手に入りますし、上級ともなると簡単にはいかないので、やりがいは有りますが、スコアや実績をランキング登録できるわけでは無いので、最終的には若干作業感も。
あとはローカルバトルとネットワークでのプレイとなりますので、基本的にはネット環境完備のプレイが無難と言うものでしょう。

こんな感じでしょうか?総評としては・・・
・キャラゲーのクオリティーとしては平均的(だと思う)初心者もあまりシステムを気にせず遊べるし、中級以上でも、様々な戦略を練ったりコンボを考えたりするのは多彩なメンバーの組み合わせと相成って面白い。
・やりこみ要素は、オフラインだけでは少なめ(アクションゲームなので仕方なしだが)よっぽどのファンで無い限りはオンラインでなければすぐに飽きてしまうかも知れない。
・演出面は地味目。必殺技などもあるが、ゲームの性質上ステージ一杯に範囲展開するせいで、キャラが小さめの表示になり若干迫力が無い。また、敵味方、子分まで入り乱れての乱戦になると、自分がどこに居るのかも解らなくなったりする。

キャラゲーとしては有りだが、熱狂的な原作ファンでなければ『面白い!』と断言させるにはもう一押し足りない様な感じ。購入しといて何だが、五千円代の購入では後悔する人も居るかも知れない。
ただ、システムは非常にシンプルで画面内では大騒動が巻き起こるので、『友達と集まってワイワイ』という楽しみ方なら有りかも知れない。

【PS3】ぬらりひょんの孫 −百鬼繚乱大戦−
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ぬらりひょんの孫 −百鬼繚乱大戦−」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。