このソフトのレビューを書く

【PS4】ウォッチドッグス2 レビュー

発売元 ユービーアイ ソフトオフィシャルサイト
発売日 2016-12-01
価格 9072円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 暴力 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクション
■ プレイ人数:1人(オンライン:2~4人)

総合ポイント
78
(難易度)
2.00
レビュー数
9
スコアチャート ウォッチドッグス2レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
66.7%
70-79
33.3%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
3.99


デフォルト:新着順

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 5pt 4pt 2pt
総合点
84pt

GOOD!

前作との比較を踏まえてのレビューです

進化したハッキング性
今回のハッキングは地上/空中ドローンを使えるようになり、より空間を把握しやすくなりました
また主人公が直接その場に向かわなければいけないミッション以外は、二種のドローンのみでクリアも可能になり、よりハッキング感が増しています

縦にも拡張されたMAP
今回はリフトカーや段差も増え、家やビル等の高い位置にも登りやすくなっています
リサーチと呼ばれるスキルポイントや限定アイテム、現金バック等の収集物もそういった高い場所にあったりするため、ドローンで空撮して登れる場所を探し、場合によっては地上ドローンでしか通れないルートから扉を解錠する等、ルートを模索しながら進行していく楽しさもあります

多種多様な着せ替え
主人公の服装は7つのカテゴリに分かれており、結構な数の服装やアクセサリーがあります
組み合わせを考えるのがなかなか楽しく、全体的におしゃれで、ネタっぽい服も悪ノリし過ぎないレベルで好感がもてます

人々がなんとなくイキイキとしている
唐突に抽象的な表現になってしまいましたが言葉通りです、NPCのAIが良くなったのか、動きが全体的に豊富になったような気がします
今作の主人公や仲間の軽めなノリも相まっているのかも知れませんが、街を歩いてるだけでも楽しいです

BAD/REQUEST

オンライン関連
ハッキングはドローンにより侵入側のアプローチが容易になった代わりに、防衛側は見つけやすくなりました
R3ボタンによる人物の透過や、空撮ドローンでの索敵、元々対象に強く反応するハッキング線がオンラインかくれんぼでは裏目に出てしまった感じですね
侵入側は気付かれる前にドローンを撃ち落とせればしばらく使用不能に出来ますが、最早かくれんぼとは言えないかも
また協力プレイはフリーローム型なのでフレンドとプレイするには向いてるかも知れませんが、他人だと雑なプレイになりがちで達成感はあまり無いです
ウェーブ型や専用MAPでの一本道型のほうが個人的には好みでした
オンラインを総評すると、カジュアル向けになった分、雑味が増したと言った所でしょうか

その他細かい不満
・徒歩状態のプレイヤー視点が前作より遠く、変更も出来ない
・アメリカンなジョークはGTA5同様、やはり理解し難い
・サブミッションが断片的で、人物や内容を把握しにくい
・R3での透過モードが便利過ぎる、何らかの制限はあっても良かった
・終始かる~いノリなのはともかく、ラスボスはもっと気合い入れて欲しかった
・画面右端に僅かに黒画面と緑線が見える、私の環境でしょうか?
・ソングスニーク(BGM取得)が自動で取得してくれない

COMMENT

クリア&プラチナトロフィー取得済み
全体的に非常に良く出来ていると思います、世界観はGTA5によく似ていますが、街中で起こせるアクションはこちらが豊富です
内容も前作を未プレイでも問題ありませんし、プレイ済みならサクッと入っていけてゲスト出演にニヤリとするかも

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
DURUMさん  [2016-12-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
84pt

GOOD!

※前作とDLC「BAD BLOOD」をPS4版でプレイ済。
※その他隠密系はアサシンクリード初作~3、ディスオナード1・2など、オープンワールドはRDR、スカイリム、ウィッチャー3、ホライズンなどをプレイ済。
※初見は不殺を目指してのプレイで、ほぼ完遂したので、TPSの場面は経ていません。また、オンラインもしていません。ごめんなさい。

 「市民の豊かな生活を」と称して、あらゆるコンピュータ機器、インフラに採用された「ctOS」は、実際には一部富裕層の営利目的のために、市民監視と財産掌握を行なうためのシステム。
 プレイヤーは"Retr0"(レトロ)を名乗るハッカー、マーカス・ホロウェイとなって、自由を求めるハッカー集団"DEDSEC"サンフランシスコ支部の中核メンバーとして、ctOS打倒のために立ち向かいます。

■主人公のスタンスが受け入れやすい
 前作主人公は「始末屋」。自分の悪事の影響で姪の命が巻き添えになり、その復讐に向かう、いわば「悪vs悪」から始まるストーリーでした。自分の責任を糊塗するかのようにあちこちで善行を行ないつつ、捜査においては相変わらず脅しと殺しを辞さない、「イカレてる」人物でした。
 本作の敵は、自由とプライバシーを脅かすctOS開発会社のブルームと、加担する企業・公権力。前作よりも「勇者vs魔王」という王道を意識した、分かりやすい構図になっています。

■ラジコン主役の隠密プレイ
 前作では隠密攻略のための状況把握を、各所の監視カメラを乗っ取ることで行なえましたが、本作では初期から手に入る「ジャンパー」と、資金投入して作成する「クアッドコプター」も活用することができます。
 ジャンパーはカメラ搭載の2輪ラジコンです。配管にもぐりこんだりダッシュしたり1m以上を飛び越える機動力を持ち、屋内への潜入・観察に適しています。また、開錠装置やデータベース機器などのハッキングもでき、小さなものを盗み出すことさえできますので、マーカス自身が侵入しなくても完了できるミッションが多いです。ただし、警備員に見つかっても対抗手段が少なく、もたもたしてるとあっさり破壊されます。
 クアッドコプターは主翼4つのヘリコプターラジコン。いわゆるドローンです。ハッキング能力はほとんど無いですが、機動力が高い上、操作性も抜群で、屋外では監視カメラ要らずとなります。
 この2体を操るのが非常に楽しいです。「クアッドコプターで俯瞰して敵位置観察、チャンスになったらジャンパーに切り替えて次の物陰まで猛ダッシュ」といった連携プレイも有効です。

■自由な探索とレベル上げ
 前作同様、サブクエストでもレベル上げ・スキル獲得ができます。受注できるサブクエストはストーリー進行に従って自動的にリスト入りするものと、街を歩いていて発見できるものとがあります。
 また、本来レベルアップ時にのみもらえるスキルポイントが、現物の状態でもたくさん落ちており、これらはせいぜい5人程度のギャングをやり過ごせれば拾えるのがほとんどです。しかし中には、ビルなど高所にありジャンパーで配管を伝わらないと到達できない上、その入り口や道筋が一見して分からないものもあります。前作での ctOSアンテナのように、ミニパズルとして取り組めます。
 「アクションは苦手だけど探索は好き」という人は、探索先行でプレイすればその分スキルアップができますので、ゲームクリアのハードルを下げることができます。

■グラフィック
 前作でも既にリアリティが素晴らしかったですが、本作ではさらに鮮やかになりました。特に、街中の壁に描かたグラフィティが多種多様。ランドマークも多数。大きなものは使い回しがなく、その場その場の風景が新鮮です。
 また、服のデザインが様々になりました。スーツ、ジャケット、ジーンズ、ランニング短パン、前作主人公等のスタイル再現などもあり、さらに部位ごとにコーディネート可能。車やラジコンもペイントできます。店舗で購入するほか、探索でも拾えます。

■その他前作よりも良くなった点
・ガンアクション、ステルス、カーチェイスの分量について、プレイヤーの裁量幅が増えた。不殺プレイも可能。
・一般乗用車、フォークリフトなどをハックして簡易ラジコンとして使用可。足場に使ったりぶつけたり送迎したり。
・ギャングアジトの攻略中、警察を突入させるなどの強硬な囮手段が使える。
・敵を気絶させても一定時間で起き上がる。状況は刻々変わっていく。
・「名所案内」の収集要素は、原作ではただ踏むだけだったが、本作では写真に収める必要がある。しかし、画作りに凝る甲斐のある美しいグラフィックで、楽しさが増えた。また、経験値も稼げる。
・高いところに登る機会や手段が多い。アサシンクリードにふんだんにあり前作には乏しかった「屋根から屋根へ」感が増した。

BAD/REQUEST

■前作よりも良くなくなった点

・各クエストの全体像は分かりやすいですが、細部の会話は分かりにくいです。ムービーや仲間との会話では、何が問題で、解決のために何を狙っているのか、一息には飲み込めないことが多いです。会話がひと段落してクエスト要約を読むか、最低でもクエストが終了するころにはどんな話だったか理解できると思いますが、それまでは幾つかの「?」を引きずってプレイすることになるでしょう。前作でもこの点は気になっていましたが、本作では少し増しています。

・前作はループ地区と他の地区との間のハイウェイがそれほど長くなく、カーチェイスで追われて誤って入り込んだとしても、またすぐごちゃごちゃした街に至って撒くことができました。本作のハイウェイは広い海を渡るので、絶望の直線が延々続きます。足止め手段は多少あるにしても、結局追いつかれてしまいます。誤って市民を轢いても警察を呼ばれますので、地理を覚えていないうちは、品行方正に運転しましょう。

・「地下道」「鉄道」が無くなりました。立体駐車場+階段という構造も、前作ではコピペのように沢山ありましたが、本作ではひょっとしたら無くなったかも。「複雑な建物構造やインフラを駆使して逃げる」というシチュエーションの出番が少なくなりました。「地下室」「路面電車」はあるけど、ちょっと違うんだよなあ。

■前作プレイ者への注意点

・GOODに述べたように、隠密プレイの主役は主人公ではなくラジコンになりました。強制バレはありますが、強制戦闘はありません。また、カーチェイスの場面も少なくなりました。ゲームクリアを最優先にしあらゆる手段を尽くした場合は、前作のようなクライムムービー的な作品からは遠ざかるでしょう。ガンアクションをふんだんに盛り込みたい人は、ラジコン不使用にするなどして、「自分にとっての面白いゲーム」になるよう調整しなくてはなりません。

・前作よりもハッキングでできることが大幅に増えました。例えば、前作では電源設備を爆破できましたが、本作では「音を出して人を引き付ける」「感電地雷にする」などの挙動も可能です。そのため、ハック操作がL1+○、L1+×などに変わり、その余波で色んな操作ボタンが変わっています。配置は一般的なゲームに倣ったものにほぼ収まっており、不自由はありませんでしたが、前作と立て続けにやると大混乱に陥るかも知れません。

COMMENT

ストーリーDLCについて:本編要素ではないので参考のためここに書きます。1作目DLC「BAD BLOOD」は、新要素あり骨太のストーリーあり、「ウォッチドッグス1.5」とでも呼ぶべき作品でしたが、本作のDLC「ヒューマン・コンディション」「ノー・コンプロマイズ」は、それほどではありませんでした。プレイ中はわくわくしつつも、プレイ後は印象にあまり残らず。あくまで本編付属のサブクエスト程度のものと考えてください。ただ、面白いことは面白いです。

オリジナリティ:5点。「ハッキング隠密」としてのオリジナリティは、前作をワンランク以上アップさせています。自動車のラジコン化などで、創意工夫の余地が大幅にあがりました。
グラフィック:5点。全部高品位。人物が少し甘いですが、それを補う圧倒的な「鮮やかさ」があります。
音楽:4点。主人公や仲間の「ノリ」に合わせ、作品世界に則した印象に残るBGMでした。
熱中度:4点。「ブルームを倒すんだ!」というストーリーの根幹がぶれず、最後まで持続して主人公達についていくことができました。
満足度:4点。攻略箇所たっぷり、手段たっぷり、遊び要素たっぷり。
快適さ:4点。作業プレイは特に無く、しかし必要ならいくらでもする余地あり。操作は前作と違い、決定○キャンセル×がベースです。カーオンデマンドが敵アジトの真ん中に車を置くなど、細かい点が気になります。

難易度:前作同様ごり押し困難。その一方、ガンアクション、カーチェイスの必要性が前作よりも少なく、ラジコン活用や警察突入スキルがかなり便利。しっかり工夫すればごく簡単なので、差し引き「普通」にしておきます。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
ての字さん  [2017-06-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 3pt 4pt 4pt 4pt 1pt
総合点
80pt

GOOD!

■グラフィック
前作は割と同じようなオブジェクトが多いような感じがしたが、今回は細部まで手抜きや使いまわしが感じられない(感じにくいだけで実際はあるでしょう)。サンフランシスコの街並みがリアルに再現されています。NPCの動きもリアルでけが人が出たら勝手にレスキューを呼んでレスキュー隊員が到着したりとこちらが何かしなくても勝手に行動していて生活感が凄いです。
ミッションを忘れてひたすら観光して写真を撮ったりNPCにちょっかいだしたりしてました。

■豊富なサブミッション
普通に敵を倒すようなミッションからランドマークの写真撮影、タクシードライバーのような事まで豊富で楽しいミッションが多い。UBI独特のつまらないサブミッションがほとんどないです。

■進化したハッキング
カメラをハッキングして様子を見るのが主だった前作とは違い、他人の携帯を操作して気をそらしたり、車両をハッキングして勝手に動かしたりかなり戦略の幅が広がりました。ラジコンやドローンを使って主人公は一切敵の敷地に入らずクリアすることもできます。

■快適さ
NPCの挙動が少しおかしい程度のバグはありましたが、それ以外のバグには遭遇しませんでした。バグがないのが普通だとは思いますが、ほかのどんなオープンワールドのゲームでもありがちなバグがほとんどないのでGOODに入れます

■カスタマイズ
今作は服の種類がかなり多いのでいろんなお洒落を楽しめます。車や武器もそこそこの種類がありペイントできます

BAD/REQUEST

■便利すぎるハッキング
進化はしましたが便利すぎて難易度がかなり低く感じました。特にドローンから爆発物を落とせるようになるスキルや任意のNPCを指名手配犯にできるスキルはゲームのバランスを崩しています。敵の敷地に入って○○を調べろみたいなミッションが多いのですが、これらスキルを使いギャングを警察と銃撃戦にさせその間に侵入することで簡単にクリアできてしまいます。
また、このゲームの魅力であるオンラインハッキング(かくれんぼ)ですが、ドローンのせいで侵入側がかなり不利です。犯罪者のプレイヤーを警察や味方のプレイヤーと追いかけるバウンティハンターも立て籠もってるプレイヤーならドローンで空中から爆弾お見舞いするだけで難なく倒せてしまいます

COMMENT

前作が凄い好きで期待して待ってましたが期待を裏切らない出来でした。前作の悪かった部分は完全に削除・修正され、むしろ前作がつまらなかった人に2をやってもらいたいぐらいです。
ストーリーは外人独特のノリの中でも特に悪ノリの酷いゲームなので賛否は分かれると思います。

簡単になりすぎているのとそのせいでオンラインもつまらないのが唯一の不満です。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
akkiさん(Webサイト)  [2017-01-19 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
78pt

GOOD!

〇侵入する楽しさ
ハッカーである主人公を操作し、監視社会を作った企業の不正を暴こう、的なストーリーとなっている。
ただまあそういう社会正義系のゲームと言うより、「とりあえずムカつくからハッキングだ!」的な軽いノリのゲームでもある。
導入はともかく、ハッキングがメインテーマではあるが、しかしパソコンで遠くからピコピコやるのではなく、物理的に敵企業に侵入し、建物の奥底にあるサーバーに忍び込んだり不正を盗んだりという、物理的なハッキングがメインである。
それもうハッキングというか泥棒じゃね、と思わないでもないが、これこそフィジカルハッキングなのである。
侵入する場所は企業のオフィスビルだったり謎の教団の地下だったりと様々ではあるが、ハッキング手段も様々であり、忍び込むスリルも様々である。

〇直感的な操作性
基本的にはステルスゲームなので、敵に気付かれずに進み、目標まで辿り着くのが大事である。
やろうと思えば正面突破も可能であるが、増援のペースは早いし、敵も結構強いので、なるべく見つからないように侵入した方がいいだろう。
ただ敵の目を盗むだけではなく、監視カメラの映像から別の端末をハッキングしたり、ドローンやRCヘリを操作してハッキングしたりと、出来る事は多い。
特にドローンとRCヘリは非常に便利なツールで、ある意味これが本体と言ってもいいレベル。主人公はオマケ程度である。
最初はすぐに見つかって銃撃戦になってしまいがちだが、慣れると強固な警備もドローン一体ですり抜けて、敵の監視を掻い潜れた時の快感は素晴らしいものがある。

〇ミニゲーム要素
オープンワールドゲームの重要な要素として、メイン以外のミニゲーム部分であるが、本作はそこにもそれなりに力が入っている。
配車アプリを利用したドライバーなんかもその一つだ。
まあゲーム自体は客をピックアップして、言われた通りに走るだけなのだが、数も豊富だしそれなりに楽しい。
配車アプリは一年前くらいから海外で話題になり始めた要素で、日本は白タクが法律的に禁止されているので馴染みはないが、まあこういう海外文化を肌で感じれるというのは中々に趣深いものがある。
他にも街中で流れている曲を自動的に収集するアプリとか、人気スポットを巡るアプリとか、スマホ要素を上手く生かしたゲーム設計は良かった。

〇シームレスに繋がるオンライン要素
本作の一番の特徴であるオンライン要素は、自動的にマッチングし、なおかつプレイヤーは煩わしさをあまり感じない点が嬉しい。
例えば普通に道を走ってると唐突に敵プレイヤーからハッキング被害を受ける。
この時プレイヤーは無視してもデメリットはないし、その場で相手を探す事も出来る。
面倒なら最初からオンライン要素をオン/オフで切り替える事も出来るし、その時の気分に合わせて参加不参加をある程度は自由に出来るのは良い点である。
人の来ないようなビルの屋上にいたらいきなりハッキング被害を受けて、まさかこんな場所に!?と思った事もあり、いつどこでマッチングするか分からないという要素は中々に良かったと思える。

BAD/REQUEST

〇侵入経路が少ない
ハッキングのために侵入する際、侵入経路は割と限られている。
色々な方法で侵入する、という事はほとんどなく、基本的に正解のルートがあってそれを探していくゲームと言える。
なので自分で色々と考えながらやる、という感じではない。
また敵を気絶させようが殺害しようがデメリットというのはあまりなく、華麗に侵入しようが力技で突っ込もうが結果は一緒である。
まあこの部分は正面突破スキーからすればメリットとも言えるが。

〇ストーリーが割と意味不明
ストーリー自体はそこまで複雑ではないので理解しやすいが、クリアした時に「結局あの人は何がしたかったんだろう」というのが数人いる。
この辺は洋ゲー特有のものというか、情報が断片的に提示されれ分かりにくいと言うか、結局どないやねん的な。
この辺は翻訳の妙があったり、そもそも他の作品にも関わってたり、それこそアメリカ人だから分かるノリとかもあるので、難しいところではある。

COMMENT

前作に比べると、非常に明るくハイテンションなノリになっている。
前作はどうもGTAシリーズとの差別化を意識してたような部分も多く、それが逆にネックになっている点も多かったが、今作は逆に明るくした結果、GTAっぽさが増したものの、逆に差別化出来た部分もある。
上手くブラッシュアップしており、正当に進化した続編という作品になっている。

オンライン要素に関しては、良い部分もある反面、微妙な点もちょこちょこある。
そもそも対戦を意識したゲームではないのでバランスはガバガバで、狙撃銃で一撃だったりと、細かい部分はそもそも調整する気はないのかもしれない。
相手プレイヤーをハッキングするのは中々スリルがあり、慣れるとここぞというタイミングでバレないようにハッキング出来るようにもなる。
とはいれどれもオマケ程度の要素であり、GTA5のようにそれ自体が売りになるのはまだ難しそうだ。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2017-01-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ああああ
レビュー日: 2017-06-25
残念な部分も少しはあるけど、新しいゲームを作ろうという情熱が伝わってきて良かったです。次回作も期待。

【PS4】ウォッチドッグス2
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ウォッチドッグス2」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。