このソフトのレビューを書く

【PS4】龍が如く6 命の詩。 レビュー

発売元 セガゲームスオフィシャルサイト
発売日 2016-12-08
価格 8845円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 セクシャル 暴力 ギャンブル 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションアドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
62
(難易度)
1.85
レビュー数
13
スコアチャート 龍が如く6 命の詩。レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
7.7%
20-29
0%
30-39
15.4%
40-49
15.4%
50-59
38.5%
60-69
15.4%
70-79
7.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
61.5%
【標準偏差】
14.32


デフォルト:新着順

12人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 3pt 3pt 2pt
総合点
62pt

GOOD!

〇ライブチャット
本作の新要素の一つであるライブチャット。
はっきり言ってボタンをポチポチと押すだけという、ゲーム性は皆無だが、しかし実にエロいのである。
もうミニゲームなんて形だけで、ただライブチャットでエロい事をしたい、というのがよく分かる仕様になっている。
しかしそれがいい。それでいいのである。
キャバクラやマッサージと言った『龍が如く』のエロ方面の集大成がコレと考えれば、なるほど頷けるものである。

〇マップのシームレス化
街から店などもそのまま繋がるようになり、ビルに入ると事務所があったりハンバーガー屋の二階で飯を食ったりする。
これにより街の世界観がより緻密になったと言える。
まあ一番の使い道は風俗ビルに入ってセクキャバを眺める事が出来る、それに尽きる。

〇大人の遊びスナック
キャバクラ、キャバレーときて究極の大人の遊びとも言えるスナック遊びが追加。
ぶっちゃけこれもポチポチとボタンを押すだけでゲーム性なんてあったもんではないが、しかしあのどうでもいい会話をして、最後は笑いで終わる雰囲気は、まさしくスナックのそれである。
あとスナックのママはシリーズの中でもトップの美人だと思う。

BAD/REQUEST

〇キャラクターの扱い
前々から思っていたが、ここの製作陣は遥が嫌いなのだろうか。
好き過ぎるが故のこの扱いなのか、あるいは単に物語を展開する上での都合の良いキーアイテム扱いなのか。
どちらにせよ、本作における遥の扱いはお世辞にも良いとは言えない。
『龍が如く』シリーズの主人公が桐生一馬であるのは言うまでもないが、澤村遥もまた主役の一人である。
しかしまあ前作でなぜかアイドルにされたと思えば、本作では中々に微妙な扱いを受けている。
お節介かもしれないが、シリーズの看板でもあるキャラはもう少し大事に扱った方がいいんでないかい。

〇戦闘の雑さ
元々、このシリーズの戦闘パートの出来が良いとはお世辞にも言えないが、本作はシリーズの中でも非常にストレスが溜まる。
雑魚的が大量に登場するシーンが多いが、その敵はこちらが後ろを向いていようがお構いなしに攻撃してくる。
一斉に大量の敵が殺到する為、数の暴力でボコられるという、ある種のリアルな戦闘になっている。
必然的に戦闘方法は敵集団から距離を取って自転車や椅子などの凶器を拾って敵を一掃する、というのが基本になってきて、雑魚相手に必死で逃げる桐生の姿から、かつて伝説の極道を呼ばれたなんて思えないだろう。

またボスクラスの敵はこちらの攻撃を超反応でガードや回避してくる。
あれ、これクロヒョウだっけ、と錯覚するくらいの強さである。
そしてフィニッシュブローはほとんど当たらないので、通常攻撃をペチペチと繰り返すのが一番効果的となる。
まあシリーズの恒例としてステップ攻撃が強く、特に前ステップパンチで大抵のボスは完封出来たりもするが。

COMMENT

これがシリーズの最終章なのか、というのが率直な感想。

システムやゲーム性など、細かい部分はさすがにシリーズを続けてきただけあって洗練されているところも多い。
しかし逆に惰性で続けている部分も多く見受けられる。
キャバクラなんかはもう無くしてもいいんじゃないのかというクオリティなので、やるにしてももう少し気合いを入れてほしかったところ。
正直、ヤクザゲームと言うよりは、ヤクザ風ミニゲーム集みたいなものになってしまっている。

個人的にはこれがシリーズの最後でなければ、もう少し評価は出来たと思う。
今後もシリーズが続いていく中の一作として見るならば、今回は少し毛色が違うな、という程度で済んだかもしれないが、これがラストだと思うとどうしても、そうじゃないだろ感が生まれてくる。
特に脇役に関しては、今までシリーズを支えてきた真島や冴島がメインストーリーに一切絡まず、新規キャラばかりで固められたのは、評価の分かれる部分だと思う。
むしろ最後だからこそ『龍が如く』オールスターの活躍を期待した人も多かったのではないか。

最後はヤクザとの決別が描かれると思ったが、結局ヤクザはどこまでいってもヤクザ、というのがこのシリーズを通して描きたかった事なのだろうか。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2016-12-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 2pt 3pt 2pt
総合点
61pt

GOOD!

作りこみの極致に達した街作り
現実の企業もコラボしていることもあり、主観視点でみると現実にある看板とかと区別がつきません。全く関係無いポスターも現実からキャプチャしたみたいなリアル感があります。こんなに現実とリンクしているゲームは龍が如くだけでしょう。

シームレスな戦闘
イベント戦闘で無い限り、戦闘は街中歩き回りながら戦うことが出来、逃げたかった逃げることもできます。戦闘もヒートゲージを消費す津アルティメットモードで敵に大ダメージを与える事ができ、最初から爽快感ある戦闘ができます。

有名芸能人の起用
今作も有名芸能人を起用していますがなかなかの名演でまさに映画を観ているような気分になります。

よりリアルになったミニゲーム
セガのレトロゲー3本にぷよぷよにBF5、龍が如くを買ったのにこれらのゲームが遊べてしまいます。その他素潜り漁は昔ゲーセンにあった海中で戦うガンシューティングを思い出すようなFPSになっています。

BAD/REQUEST

2歩進んで3歩下がった戦闘システム
確かに戦闘の動きは最初からキレがありました。問題はそれが最後まで変わらないことです。原因は武器持ち運びの廃止とヒートアクションの大幅な減少です。いつもはいろんな武器でヒートアクションを仕様して様々なアクションを楽しみましたが今作は半分以下に減り、同じヒートアクションを繰り返すだけです。敵のパターンも最初から最後まで変わらず、ボスも特殊な行動もしないので最初に確立した戦法を続けるだけでいけます。

アルティメットモードの練りこみ不足
敵に大ダメージを与えるアルティメットモードですがスーパーガード状態ではなく、時間も短いため発動した瞬間ダウンさせられて無駄撃ちになることが多いです。さらに0にあった壊し屋みたいに勝手に周りのオブジェクトを拾ってしまうせいで大ダメージを与えられるとどめの一撃がだせないというイライラもあります。

絶対やってはいけない街探索の削減
なんと神室町で全作品いけてたはずの場所がいけなくなってしまいました。作りこみで泣く泣く削減したと思いますが龍が如く最終章なのに一切触れられないのは悲しくなります。いくらリアルに作りこんでも広さは今までと変わりませんから今まで過去作をプレイした人にとっては確実に不満に思うでしょう。

さらに小物になったラスボス
5でなんでこんな小物がラスボスなのかと物議を醸しだしましたがなんとさらに下を行く小物がラスボスでした。しかも桐生一馬最後のラスボスになってしまいました。5に比べて勝っているのは肩書きだけで、中身はいい年してこじらせている、身の程知らず、卑怯な手を使って物凄く偉そう、桐生以上に問題がある課題は気にしないなど、ラスボス定番の早脱ぎするに値しないラスボスでした。そして特別な演出もなく撃破します。5のラスボスは小物でも一応全力でタイマン張って挑んだ分5の戦いが熱くみえます。素直に今作の強キャラ扱いされていた人物をラスボスにしたほうがよかったです。

既存キャラが空気
大吾の逮捕はいつも通りですが冴島や真島が空気でした。今作の敵キャラ見るとこの二人どっちかが本気だせば簡単に壊滅させられる弱さです。
だけどどっちも静かにしてました。最終章なのにとても何もせず平和に終わっているこの二人にとても違和感があります。

クランクリエイターの面倒くささ
TD風なミニゲームでいろいろなルールがありますがメインミッションは何も考えずにやっても全滅するほう難しいレベルです。いろんな特性なんて無視してもいいです。だけどネットワーク対戦は課金キャラ&最高レベルが入り口など最初から全力で工夫の余地がありません。さらに今回はトロコンは簡単なほうですがこれの100勝とレベル100は作業でしかありません。

桐生一馬の最終章(仮)な終わり方
確かに桐生一馬は一通り片付けました。しかし現実は5スタート時点より悪い状況になっています。
あの状態ではアサガオの誰かがチンピラに絡まれた程度で桐生一馬の新章が始まります。
桐生は何がしたいんだ?と問い詰めたくなるような逃げです。

COMMENT

とにかくリアルに作りこみたいんだという意気込みは伝わりました
ただしそのために今までできた事を削除すれば十中八九不満が出るのが何故わからないのか。
前例はいくらでもあるのに理解できませんでした。

最終章と名づけても実は取り返しのつかない要素なんてほとんどありません
普通に新章を期待します。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
surumeさん  [2016-12-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 2pt 3pt 4pt 2pt
総合点
59pt

GOOD!

やっと最終章。
ひっぱりすぎで、アンチファンまで、ちらほらいる桐生一馬に、区切りがついたのは、英断だと、思います。
町の変化が、ちゃんと描かれている。
複数の勢力が絡むストーリー。

BAD/REQUEST

配役で、ある程度ストーリが、読める。
序盤のムービー無駄に長い>、<。
ボリュームが、本編は、短い。全シリーズで、一番早くクリアーできた。
戦闘は、やっぱり飽きやすい。

COMMENT

キャバクラ通いしたいから、作ったゲームだろうな、、、が、第一印象のシリーズ一作目だった。 結局キャバクラなくならなかったけど。
まずは、お疲れさまですが、クリアーした直後の感想です。
次回作は、どの時代で、どこの勢力か、今から楽しみです。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ぼんきちさん  [2016-12-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
68pt

GOOD!

シリーズでは毎回驚かされるが、今回の舞台はより磨きのかかったリアルさでもはや現実の街と変わんないよ。看板一つまでもがリアルに再現されてて、ほんとこれゲーム?って思えるほどの作り込み。しかもこのなかをシームレスで移動できるのですごすぎる。芸能人とのコラボも世界を崩しことなくうまく溶け込んでいるだろう。たけしや竜也がこんなに龍の世界にマッチするとか思わなかった。
ストーリーは好みによるわけだが、及第点以上の水準に達していると思われる。最後まで退屈に感じることはなかった。
人物描写なども優れているし、ゲーム展開も戦闘などやりやすくてよかった。

BAD/REQUEST

すとーりーは細々したとこでアラが目立つし、何よりそこを知りたいのにって箇所が欠けていたりしてそこは力不足か。
町なども一部が丸々削除されていたりと、龍ごとくの従来のファンを失望せるようなところが目についた。
音楽はこれも今まで通りにあんまり印象に残らない。
ボリュームも不足、タイアップとの件で予算がそっちに流れすぎてしまったのか、これまでよりも早々に終わってしまった。
トロコンも今回は異常に早く完了してしまった。

COMMENT

ここまで続けたシリーズをこの水準で完成させてきたのにすごい。特に今回は町のリアルさにビビったけれども、ゲームのボリュームがやや物足りなかったのでもっとこの世界に浸っていたかったなーってのが正直にところだ。興味を持った人は初代からプレイしよう。いっぱい出てるので、かなり長期にプレイを楽しめる。

 
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
両奈の中へさん  [2016-12-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: マサリオ
レビュー日: 2017-01-14
龍が如くシリーズは、1~5、OTE、極、見参、維新をプレイ済みです。
今回は「桐生一馬最終章」と銘打たれていたのと、PS4での発売とのことで、それ相応に期待していたのですが・・。
普段はレビューなどは全く書かないのですが、好きなシリーズがこのようなことになって寂しいので少しレビューさせていただきます。

◯評価点
・グラフィックはそれ相応に進化していて素晴らしい。街を歩くだけでも、その場に居るかのような雰囲気が味わえます。
・街の移動がシームレスになったのでわずわらしさがないです。
このお陰で、各種飲食店に立ち寄ろうという気が出てくるので経験値稼ぎも比較的しやすい。
・ゲームセンターのゲームに難易度設定が、「ぷよぷよ」を除いて実装されました。
これにより、苦手なゲームでも多少すすめることが出来るので自分としては非常に助かりました。
(特に、格ゲ―のVF5のVERY EASYは殴ってるだけで終わるので、格ゲ―が苦手な自分でもクリア出来きました)
・アイテムボックスが廃止されて、全て自分で管理出来るようになったのでアイテム整理などをしなくて済むのは地味に嬉しいポイント。

◯問題点
大方の問題点は様々な方のレビューで出ていると思いますが、気になったところを。

・バトルシステムの大幅劣化、ヒートアクションの減少
今作の桐生はめちゃくちゃ弱いです。攻撃スピードをMAXにしてもまだ遅く、相手のガードしているところに攻撃すると、怯んでしまいます。
フィニッシュホールドも全て同じジャイアントスイング、壁付近で行うと突然ホールドを止めてしまう(しかも相手はノーダメージ)、アルティメットヒートモードはスーパーアーマーになるわけでも、攻撃力に倍率がかかるわけでも無い名ばかりなアルティメット、
小牧に直接伝授してもらっていない所為か、虎落としも弱体化、捌き打ちも自己流スタイルでこれまた遅いととにかく上げていったら暇がないです。
その状態に加え、今作の敵は、
「桐生の初段攻撃をスウェイで回避して後出し攻撃」、「桐生の攻撃中にも横からぺちぺち攻撃して地味に体力を削る」、
「連続飛び蹴りでダウンさせる」、「アルティメットヒートモード中の攻撃にもスーパーアーマーで突撃してきてこちらの攻撃を中断してくる」
といったことを多々してきて、非常にストレスです。
これはそのへんのチンピラでもしてくるので余計にストレスです。
また、これは個人的に非常にゲンナリしたのですが、ヒートアクションが大幅に削除されています。
自分は、ヒートアクション=龍が如くと思っております。ヒートアクションで敵を倒す爽快感こそ龍が如くの醍醐味だと思うのですが、今作ではそれもままならず・・。
天啓ヒートアクションなどはともかく、出来て当然のヒートアクションも全くしてくれないので非常に残念です。
また、ほとんどのヒートアクションはアルティメットヒートモード前提なのですが、上記のこともあり使いづらいです。
そして、アルティメットヒートモードはスーパーアーマーがつかないのに、そのへんの武器を拾ってぶん回すときだけスーパーアーマーがつきます。そして、めちゃくちゃ強いです。殴るよりも強いです。
また、ドロップキックも使いやすさ、威力などでこれまた強いです。
その為、今作の戦闘は、始まったら敵にドロップキックをかまし、走り回ってオブジェクトを拾ってぶん回すのが一番楽です。
今作においてはそれが爽快感になりますが、「龍が如く」としてみるとあまりにもお粗末です。
そして、シームレスバトルを謳っている割には、バトル終了後の妙な間が気になります。特に、街の強敵とのバトルが終了したあと、
しばらくスマホが開けないというのは、シームレスというのでしょうか。

・プレイスポットの残念さ
今作のプレイスポットは既存のもの、新規のものの尽くが駄目です。
「ライザップ」は、最初こそ楽しいですけど、トレーニングメニューが一切変化しないので早々に飽きます。
そのくせ、結果発表画面はスキップ出来ないので回すときにも面倒です。
また、プレイスポットとは直接関係はないですが、ライザップで売っているアイテムが強力すぎて、他の回復アイテムが不必要になってます。
(2万ほどで、体力全快出来るアイテムがある。スタミナンスパークは7~8万するので明らかにライザップアイテムのほうが安い)
いくらタイアップ元とはいえ、ここまで強力にする必要はあったのでしょうか・・。
「ライブチャット」は「誰得」の極みです。再現度はそこそこだと思いますが、これまたスキップや早送りなどが出来ないので段々めんどくさくなります。
また、ムダにムービーの種類が多く、失敗パターンも1人3パターンあるのでコンプしようとするとこれまた面倒。
(そもそもライブチャットのムービーをコンプしようとする人はいるのでしょうか?)
そして、いくらミニゲーム中とはいえ、桐生が「おっぱいおっぱい」とタイピングする姿はいかがなものかと・・。
桐生さんそんなキャラでしたっけ?
「素潜り」も、一応収入源にはなりますが、3ステージしかないうえ、上級ステージでも経験値がそこまで貰えないので、
レベルMAXにしようとすると上級ステージをひたすらぶん回すだけの作業になり、苦痛です。
「草野球」はそこそこ面白かったですが、野球ネタを入れすぎてちょっとお腹いっぱい感があります。
「クランクリエイター」も、面白いのは最初だけ。亜門軍団が登場する頃にはひたすらにレベリングする作業になります。
しかも、ネットワークでランクをあげようと思ったらこちらもかなり回さないと1ランク上がるのすら大変です。
また、せっかく出演していただいた新日の方々と戦えるのもメインミッション1回のみ。
プロレス技も再現してるのにこれはちょっとひどいのでは・・。
「麻雀」は、今作では1ゲーム終了すると強制的に卓を追い出されるので、連続してプレーしたい場合に不便です。何故変えた・・。
「ぷよぷよ」は、ゲームセンターのゲームの中で唯一難易度設定が存在せず、
練習モードも無いので苦手な人はかなり苦戦します。
また、一部対戦相手が、20人以上撃破してからでないと出現すらしないという謎の仕様があり、
達成目録のコンプの大きな足かせになります。
元のゲームですら、ぷよの色が減るモードがあるのに何故こちらでは一切採用しなかったのでしょうか・・。
そして極めつけにダメなのが「キャバクラ」。これが本当につまらないです。
カードを投げても、相手が一言二言言って終わる場合が多く、桐生がそこから話を広げると言ったことが少なくせっかくのキャバ嬢との会話がつまらなくて苦痛です。
また、達成目録に、各キャバ嬢のプロフィールを埋めろ、というのがあるのですが、これを聞くためのカードがなかなか飛んでこず、ただでさえつまらないのに何度もキャバクラに足を運ぶことになります。
これが5人分もあるのです。コンプリートする気が失せます。
そして、上記仕様があるので、延長する際のボーイのお辞儀がスキップ出来ないのも、非常にイライラします。
唯一面白かったのは「スナック」です。これはついつい寄りたくなってしまうくらいメンバーの個性がいいです。
ただ、「思い出に浸る」の項目がワンクッション無しで再びミニゲームが始まってしまい、中断できないのはかなり痛いです。

・明らかに経験値バランスが悪い
今作入手できる経験値のうち「技巧」が格段に獲得できにくく、「筋力」「俊敏」「根性」の3つはコレでもかというくらい余ります。
エンカウントバトルで入手できるのは左3つだけ、ストーリーのボスを倒しても「筋力」「俊敏」「根性」が3桁もらえるのに、「技巧」は2桁なのはザラ。
クランクリエイター中のバトルでは一切入手出来ない、と、入手手段は限られているのに、
「技巧」を使う能力アップはかなり点在しており、また、クランクリエイターの能力アップにも使用するため、
常に足りない状態になります。
自販機でブーストかけても、手に入るのはわずか1、流石にもう少しどうにかならなかったのか・・。

・「説明不足」「描写不足」「違和感満載」なメインストーリー
ストーリーに関してはかなり皆様がレビューされてますので、簡単に。
今作はとにかく「説明不足」「描写不足」「違和感満載」でしょう。
遥が勇太を「いい人」と認めるのは何故か(プレイヤー側に、それを思わせる描写が一切ない。あるのは勇太が無抵抗の人間をマウントポジションで殴ってるだけのシーン)、
遥がなぜ最後アサガオに戻ってきたのか、(これも、序盤の行動と矛盾するので何か理由があるかもしれないが説明無し)、
染谷は桐生を「老害」っぽく言ってたのに何故他人に「老害」と言われたらキレたのか(染谷が桐生を見直した描写が無い)、
ハルトをラグビーの様にパスしまくった理由(そもそも赤ん坊をぶん投げる事自体が・・)、
など、細かいところを上げるとキリがないです。
また、花屋が一切出てこないのも気になります。
神室町での一件は、花屋に聴けば一発だと思うのですが、秋山はともかく桐生ですら一切名前を出さないところが・・。
これも何故花屋が登場しないか「説明不足」の一つでしょう。
(黒幕の陰謀で神室町を追放された・・など一言あればまだわかるのですが)
また、桐生も今までと違ってどことなく違和感のある行動ばかり取ります。
神室町ではタバコ吸うなといいつつ、まだ幼いハルトの前ではタバコを吸っているところを黙認していたり、
明らかに秋山の言うことが正しいのに、全く言うこと聞かずにぶん殴って黙らせたりとありますが、
一番気になるのは、遥が交通事故で生死をさまよっているのに、そばに付き添うこともなく、
「ハルトの父親を探しに行く」となるところです。
桐生は「遥が立派に育つまでは親代わりでいる」というならば、
こういうときこそ「親」として近くに居てやるべきではないでしょうか?
今作はかなり遥が悪く言われてますが、この点を見ると桐生も桐生でだいぶひどいことしていると思います。
それに、「桐生最終章」とするなら、真島との因縁に決着が着くべきじゃないですか?
その真島の登場は最初と最後だけ。バトルすらしません。それって、アリなんですか?

・バグ多め
例えば、ストーリーの途中で船に乗って敵の本拠地に乗り込むシーンがあるのですが、このときに「準備できていない」と選択すると、以後選択肢がでなくなり進行不能となるバグがあります。(バージョンアップで修正されたでしょうか?)
またこの他にも、町の人の間に挟まって出れなくなり進行不能(オートセーブした場合詰み、しかもお試し版から存在する)、
とあるステージで、ハンマーを使って進むところを、ハンマーを投げてオブジェクト破壊した場合、壊した判定にならず進行不能など、ちょっとプレイすれば気づくようなバグがちらほらあります。
上記戦闘バランス等のことも考えると、本当にテストプレイをしたのかどうかすら怪しくなってしまいます。

◯最後に
今作は「逃げ」の一手にも見えます。
「桐生最終章」とはしてありますが、あの終わり方と皆様の「夢オチのほうがマシ」という意見をみて、
本当にそう出来るようにしているようにも見えます。
(如く7あたりで、桐生が病院で目を覚まし「あれは一体・・?」と言わせれば夢オチの完成ですし)
決して全てがダメではないのですが、「今までの龍が如くなら出来て当然」なところが尽く出来ていないので、
「何故この出来でゴーサインを出したのだろう?」と疑問を抱かずにはいられません。
今作でハッキリしましたが、ユーザーの求めている「龍が如く」と、
スタッフが目指している「龍が如く」はもう、直ぐには埋められないほど深い溝が出来てしまったようですね。
スタッフは、キャバ嬢オーディションを開催する前に、もう一度、「龍が如く」が何か、というのを
原点に帰って考え直したほうが良いでしょう。

【PS4】龍が如く6 命の詩。
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「龍が如く6 命の詩。」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。