このソフトのレビューを書く

【PS4】龍が如く6 命の詩。 レビュー

発売元 セガゲームスオフィシャルサイト
発売日 2016-12-08
価格 8845円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 セクシャル 暴力 ギャンブル 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションアドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
61
(難易度)
1.80
レビュー数
15
スコアチャート 龍が如く6 命の詩。レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
6.7%
20-29
6.7%
30-39
13.3%
40-49
13.3%
50-59
40%
60-69
13.3%
70-79
6.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
60%
【標準偏差】
14.45


デフォルト:新着順

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
82pt

GOOD!

■グラフィック
0や極みも十分凄かったですが、それらを圧倒的に凌ぐクオリティでした。
日本の普段良く見る風景をリアルに作りこんでいるため、ファンタジー系のリアルな見た目のゲームが多い中、より鮮烈に感じます。
特に新しい街、広島尾道は、行ったことも無いのに、ノスタルジックな気持ちで胸がいっぱいになりました。
人についても、ムービーはもちろん、リアルタイム中の表現もライトの当たり具合によっては実写にしか見えず、ゲームキャラのはずが実在するようにしか思えないようになるほどです。
好みは置いておいて、見た目に関しては日本のゲームの中では明らかにトップと言えると思います。

■シームレス感
お店に入る時や、バトルに入る時など、今までで一番ストレスがありません。
特にバトルは龍が如く1の頃からずっとどうにかしてほしい所だったので、一番感動しました。
名前が出るところから攻撃することができます。本当に素晴らしい。
バトル中にコンビニの中にまで入ってバトルできるのも感動しました。

■俳優さんの演技
一部を除き、新規投入された俳優さんの演技は見事の一言です。
特に宮迫と小栗旬が個人的には好きで、とてもいいキャラをしていました。

■サブストーリー
龍が如くの代名詞とも呼べるサブストーリーですが、全てプレイし、今回も面白かったです。
今までに比べてボリュームダウンしていたものの、その分外れも少なかったように思います。
個人的には小野ミチオとスナック関連がとても好きでした。
小野ミチオは衣装として買えないのでしょうか?あの姿のままプレイしたいです。
草野球もずっとやってしまう中毒性があり、全てのミッションをクリアするほど楽しかったです。
ライザップも今風で良かったです。ちょっとあっさりしてましたが。

■BGMや歌
場面場面に合わせたBGMが、今回は得にいいなと感じました。
特にバトルのBGMはいつも楽しみにしているのですが、今回はすごく好みでかっこよかったです。
あとカラオケの歌ですが、今作は今までで一番好きです。ポップになり、少し今風です。
カラオケムービーも凝ってて最高でした。
ストーリークリアで新曲「hands」が解放されたのにも感動しました。
サントラがほしくなります。

■ストーリー
いろいろ思う事もありますが、個人的にはすごく面白かったと思います。
遥の失踪や事故の真相、ハルトの親や尾道の秘密…
次から次へ起こる事件に、次が気になって仕方ありませんでした。
演出や俳優陣の演技が相まって、最高にドラマチックに仕上がっていたと思います。

■キャラクター
旧キャラの出番が少なかったのは残念ですが、その分新キャラが十分魅力的でした。
清美さんや広瀬一家やはもちろん、敵として魅力的だったハン・ジュンギ…
特に染谷(小栗旬)の最後のエピソードは胸に来るものがありました。
たけしはただの悪役かと思いきや、すごくいいキャラでした。
しっかりと驚かされる場面もあり、うまい配役だと思いました。
清美役の真木よう子は、ドラマではすごくいい演技をするのに、ゲーム中は棒読みなのが気になりました。
実際の演技と声優の仕事は全く違うものだと考えさせられました。
そう思うと宮迫や小栗旬は、さすがの一言です。声優の仕事が十二分に生かされていると思いました。

■アイテムボックスと武器所持の廃止
ずっと面倒に感じていた部分なので、今回のシステムは好きでした。
武器についても相手から奪うのが基本になったので、シンプルに楽しむ事が出来ました。
武器を集めるのが好きだった人にとっては、残念な仕様かとは思います。

■キャバ嬢のカラオケ
キャバ嬢の歌のうまさにはびっくりしました。
同伴時はカラオケ一択かと思います。
専用のムービーもあって凝っているなと思いました。
バグかもしれませんが、SORAとカラオケにいって、ほぼ満点なのに「桐生さんってカラオケ苦手なんですね」と言われたのは腑に落ちませんでした。

■クランクリエイター
言ってしまえばにゃんこ大戦争のようなものです。
思ったよりもおおざっぱな感じではありましたが、クリエイター集めや、誰(どの必殺技)を使うのかなど考えたりするのが楽しかったです。
桐生会がどんどん増える感じや、ミーティング時のいろいろなネタも楽しめました。
レスラー陣は棒読みで寒いシーンもありはしましたが、全体的には十分楽しめました。
個人的には最初の女の子との絡みがもっとほしかったです。マネージャー的にいろいろ働いてくれるとか。
元ボクサーの必殺技がドロップキックなのは気になりました。

■ライブチャット
今までもきわどいミニゲームは多かったですが、一番攻めたのではないでしょうか。
桐生さんのキャラ性がどうとか野暮な事は言いません。
こういうバカなノリは、龍が如くらしくて好きです。

BAD/REQUEST

■なれ初めの描き方
ネタばれになるので詳しくは言いませんが、なれ初めの描き方が最悪です。具体的にはルポライターの下りです。
Amazonの評価が酷く荒れていますが、一番の原因はここではないかと思っています。
どういう形にしても結局納得はいかないとは思いますが、それは仕方ないにしても、あのエピソードはあまりにもひどすぎます。
あれで好きになるのは頭がおかしいとしか思えません。
言ってしまえばたった一つのムービーです。
たった一つのムービーが、約十数年のユーザーの想いを裏切る結果となってしまったと言っても過言ではありません。
それだけ大事なシーンでした。
あそこが、たとえば命を張って守るエピソードや、桐生と重なる演出が入るなど、もう少し「こいつなら仕方ない」と思わせるシーンになっていれば、印象は大きく異なっていたのかと思います。
どういう想いで例のシナリオを書いたのか、是非インタビューで聞いてみたいです。

■バトルの単調化
相当ボリュームダウンしています。
ヒートアクションの数も少なく、スタイルチェンジもありません。
敵のガードも固く、毎回同じような戦い方になってしまいました。
今までも、最終的には一つの戦い方に収束していたように思いはしますが、今回はかなり割り切ったなとは思いました。

■トラブルミッション
急に発生するお使いのようなものです。
サブストーリーのように、もう少し話があれば変わったのかもしれませんが、非常にタンパクで面白くなかったです。
手抜きするくらいなら、最初から無いほうがよかったです。
どこかに爆弾を仕掛けた…は、まったくやる気が起きませんでした。

■猫カフェ
いろんなところにいる野良猫をなつかせて猫カフェを猫いっぱいにするというアイデアは素晴らしいと思いました。
ところが、猫をコンプリートしても、エサをあげるシーンが見られるだけです。
お客が増えたり、猫がいろいろ絡んで来たり、いろんなポーズしたり、写真を撮ったり、猫ごとにちょっとしたイベントがあるとか… さまざまな妄想をしていただけに残念です。

■キャバ嬢の棒読み
これも龍が如くの醍醐味と言ってしまえばそれまでですが、相変わらず棒読み感がすごく、疑似恋愛の妨げになって仕方ありません。
一番良かったのが0のユキちゃんです。
声優さんのすごさを改めて感じます。
プロフィールを埋めるためにいろんな話題を振ったり、評価を高めるために話題に気を付けたりするところは、会話の楽しさをなんとなく味わえました。
さりげなく過去作の話題が出たりと、会話のクオリティーには満足していますが、棒読みがすべてを台無しにしています。
監督は恐らく普段通りに…とアドバイスしているかと思いますが、普段通りでは絶対だめだと思います。
今後もやるのであれば、是非プロの声優からアドバイス、指導を得てやってほしいです。
それでも棒読みになるのであれば、キャバ嬢ではなく、アイドル声優と疑似恋愛をするシステムを組み込んで欲しいです。

■写真
スマホで写真が撮れますが、あまり意味がないのが残念でした。心霊写真くらい?
一部リアクションするモブもいるみたいですが、たとえばサブストーリーで指定の場所を写真で撮るとか、浮気現場を撮るとか、ハルトと広瀬一家がいるところに向けるとポーズを撮るとか、ミチオくんとみんなで撮るとか…、写真を撮りたくなるシーンがもっと欲しかったです。

■ラスボス
とにかくテンションの上がらないラスボスです。
ストーリー的には「あり」というか、クズなので倒すカタルシスもありはするのですが、いわゆる「カリスマ性」が皆無です。
最後の大どんでん返しの為、あからさまなラスボス感を出さないように配慮したせいかもしれませんが、個人的には龍司のような、かっこよくてわかりやすいラスボスのほうが好きです。

■自動販売機のUI
リアルな背景なのに、自動販売機すべてにやじるしアイコンが表示されているのが萎えます。
親切ではありますが、せめてオンオフできれば良かったなと思います。

■スナックでのカラオケ
女性が歌う曲では、誰もいない状態で歌声だけが流れます。
せっかくなのでみなとママか、あるいは清美ママが来て歌ってほしかったです。
他の知らない女性客でも良いです。歌っている人がいないのはシュールです。

■キャバ嬢の合いの手
キャバ嬢同伴でのカラオケで、キャバ嬢が歌うのは新鮮でとても良いのですが、桐生が歌うのは変化が少なく正直めんどくさかったです。
キャバ嬢が入れる合いの手が寒いので、できればデュエットとか、ハモリとかしてほしかったです。

■プレイスポットの大幅減少
今作は今までで一番プレイスポットが少ないです。
他に力を注ぐために、あえて減らしたのだとは思いますが、プレイスポットが魅力の一つだった龍が如くでは、残念としか言えません。
特に、卓球、ビリヤード、ボウリング、ゴルフ、UFOキャッチャー、ポケットサーキット、闘技場は欲しかったです。
仲間やキャバ嬢と、いろんなプレイスポットで遊びたかったです。
また、0の水商売アイランドが面白すぎたので、何かしらの形で復活することを願います。

■カラオケ
仲間とも行けるようにしてほしいです。
宮迫や小栗旬ともカラオケに行きたかったです。

■金庫
ほとんど開けずに終わりました。
やりこみ要素だとは思いますが、複雑すぎてめんどくさいです。
コインロッカーも微妙でしたが、今回はそれを上回っています。

■屋上
屋上に行けるのは最初感動しましたが、クリアしてみるとほとんど意味がありませんでした。
落ちそうな人を助けるイベントくらい?追いかけっことか、いろんなイベントで使ってほしかったです。

■海の中の表現
素潜り漁で海に潜れますが、地上の表現は素晴らしかっただけに、海の表現はいまいちでした。
ただのミニゲームなので仕方ないかとは思いますが、今後に期待したいです。

■街の移動
とにかく昔から街の移動が苦痛です。
今回はタクシーが街の中を走っていて、改善しようという心意気は感じられましたが微妙すぎます。
なにより苦痛なのは、人とぶつかった時のリアクションです。
うわあとか、あああとか、特にバトル後とかは悲鳴を上げられるので、イラっとします。
苦痛な事は逆にメリットを与える事で面白くなるのではないでしょうか。
例えば人にぶつかるとたまにアイテムやお金がもらえたり、ぶつかった時のセリフがさまざまで面白かったり、人とぶつかると逆に加速したり、経験値をもらえたり…
クロヒョウのような主人公であればスケボーに乗れて、モーゼのように人が避けていくとかならストレスも少なく移動が楽しくなりそうだと思いました。

COMMENT

十数年前の初代に始まり、外伝、クロヒョウ含め、龍が如くはすべてプレイしてきました。
正直マンネリ感もありましたが、0で持ち返し、今作は非常に楽しみにしていました。

結論としては、とても面白く、いろいろ思うところもありますが、やって良かったと思います。
ただ、最終章という事もあり、クリア後にこれほど考えさせられたのは、シリーズで初めてかと思います。

今回は親と子がテーマだったように思いますが、ユーザーは恐らく主人公の桐生、つまり親目線でストーリーを追っていき、基本的には子供に対して腹が立つ場面が多かったのではないでしょうか。
ここが今作のカラクリでもあるのかなと思うのですが、僕を含むほとんどのユーザーは、今作のストーリーに素直に怒りを覚えたと思います。
遥の件だけではなく、ローの息子や巌見兵三の息子も、ほとんどの人がクソ息子だと思ったのではないでしょうか。
作者の意図はわかりませんが、個人的にはこれはあえてやったことなのではないかと思えます。

僕は最終的にそれを許す桐生に、親の偉大さを感じました。
親の思う通りに生きる子供は、いったいどれくらいいるでしょう。
僕自身、親の満足のいく子供である自信はありません。
つまりは、いい意味でも悪い意味でも、すごくリアルだったように思います。

ゲームをしているとなぜか、自分の都合の良いように行くのが正しいと思ってしまいがちですが、こうやってことごとく裏切られ、怒りを感じる事こそ、これって実は普通な事なのかもと思いました。
実は親って、今作をプレイしたユーザーのような気持ちで、それでも尚、許しているのではないかと。
例えば娘が彼氏を連れてきたとして、娘がどれだけ彼のいいところをアピールしたとしても、いいとは思えないと思います。
あるいは99いいところがあったとしても、たまたま1悪い所みたら、それがすべてだと思ってしまうかもしれません。
今回はゲームなので、シーンで少し描かれますが、本来であれば見えないところで事は起きます。
無情な結果だけを突きつけられるという意味では、逆に掘り下げがあまりなかったのは、わざとではないかとすら思えます。

今作はわかりやすいほど子がクズに描かれ、親はかっこよく描かれています。
自分はどうでしょう。
親目線でプレイはしているものの、ストーリーに怒りを覚えた時点で、どちらかといえば子供なのかなと感じました。
子供がクズだと思っていたのは、ある種の同族嫌悪だったのかもしれません。
子供(ストーリー)がこうなってしまったのは、親(自分)のせいだと思えたら、初めて桐生たち親側の気持ちがわかるのかなと思いました。
今作のストーリーはかなり賛否両論かと思います。
僕自身、初代から10年以上、龍が如くを追ってきたファンとして、最終章として納得できるかと言われれば微妙だと答えます。
ただ、納得できるストーリーなんて人生に何回あるでしょう。
見た目ばかりリアルで、結局はすべてハッピーエンドのゲームよりも、ユーザーを裏切ってまでリアルを追及した今作こそ、歪でもユーザーの心に残り続けるのではないかと思います。

桐生さんの最後という事ですが、今後も期待せずにはいられません。
ひとまずお疲れ様です。
またいつか、新しい形でお会いできればと思います。
神室町よ永遠に!

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
pinkさん  [2016-12-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

・従来のシリーズより美麗になったグラフィック
 街のグラフィックがよりリアルになり、入り組んだ地形の街を歩いているだけで楽しい

・シームレス化による快適さ
 シームレス化したことにより戦闘も移動も快適

・豊富なミニゲーム
 相変わらず豊富なミニゲーム。
 ガンシューティングである素潜り漁やライザップ、ライブチャットが特に楽しかった

・サブストーリーの面白さ
 シリーズ恒例のサブストーリーの幅広さは健在。
 特に0で登場したポケサーファイターが再登場するイベントは笑えて泣けるのでお気に入り

BAD/REQUEST

・メインストーリーの残念さ
 多くの人がもっとも批判するポイントに挙げている通り、メインストーリーは残念な出来。
 遥の行動も納得できないしラスボスも威厳がない。
 ただ「尾道の秘密」はトンデモで好き。

・ボリュームの減少
 あらゆる部分のボリュームが減少し、神室町も行ける場所がかなり減っている。
 特にヒートアクションがかなり減って戦闘の見た目が単調になったのは残念

COMMENT

質があがってボリュームが減って総合的にはトントンみたいな出来
プレイ時間的なボリュームはむしろいままでが詰め込みすぎていたから今作程度でもいいのだが、マップの広さとヒートアクションが減ってしまっていたのはけっこう辛い。
メインストーリーに関しては、微妙なところだが総合してみると良作にはなっている。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
うなぎさん  [2016-12-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 3pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
71pt

GOOD!

最終章だけあって壮大で予測不可能なストーリーで予想外の展開ばかりで中々楽しめて感動出来たと思います。仲間の大切さと命の尊さが良くでていました。
エンディングは賛否両論かもしれないが、5のような中途半端な終わりではなくちゃんと最終章らしく龍が如くとして完結してくれてよかったです。
ただ敵の主要キャラクターが今までののシリーズに比べて小者っぽく存在感が少し薄いように思いました。染谷ぐらいしか印象に残ってません。

戦闘は殴りかたなどリアリティーが増していて、良い意味でも悪い意味でも地味になりました。雑魚敵も強く普通にガードや捌きを使ってくるので今までのシリーズのようなごり押しが通じなくなっており、より防御と避けの駆け引きが重要になっていって自分はわりと好きです。ただ雑魚が強い分、単体のボス戦より雑魚多々戦のほうがきついです。逆にボス戦は今までのシリーズのボス達に比べて体力が低く攻撃方も地味なのが多くあまり強く感じませんでした。


サブストーリーなど全てフルボイス化されていて非常に嬉しいです。スタッフもよく頑張ってくれたと思います。

BAD/REQUEST

上記にもあげたように敵キャラはほとんど新規で存在感が薄く地味なのが残念です。
登場人物は俳優を使いすぎですね。売れてる俳優達のうえ顔もそのままなのでなのでテレビでの影響が大きく画面にでてもヤクザに見えなく役者にし見えません。あとは俳優人を目立たせないといけないからだろうけど、峯や龍司のようなオリジナルキャラがいなくて残念です。最終章だからこそあまり俳優を使わずにオリジナルキャラで通してほしかったです。特に藤原竜也演じるキャラは3で演じたキャラと被るのでまた出す必要があったのか疑問に思います。

一部グラフィックが適当で、喋るとき口パクとあってなかったり、喋ってるのに不自然に無表情だったり違和感を感じました。
画質もps4にしては普通かなと思います。

COMMENT

最終章として素直に楽しめたし、充分満足出来ました。やっぱり龍が如くは素晴らしいと改めて思いました。
今後桐生一馬ではない新たな龍が如くを期待してます。

 
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
ロックさん  [2016-12-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 3pt 3pt 4pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

相変わらずリアルな街
いつものおなじみの神室町。今回も細かく描かれていて、『ああ、また龍が如くの世界に入ってきたなぁ』と思わせます。主観モードで歩いているとまるでリアルの街を散歩しているよう。スマホで写真も撮れます。通行人によってはピースしてくれたりもします

シームレス化
従来の戦闘では、雑魚戦がはじまると人垣ができて限られた範囲での戦闘でしたが、今回はどこまででも移動できます。逃げる事も可能です。コンビニの中まで引っ張りこんで中の商品棚をきれいさっぱりさせることも可能。爽快です。

戦闘
動きが滑らかになり、リアル感が増しました。その分かヒートアクションが減少、地味化しましたが、個人的にはよりリアルで好きです。戦い方もヒートアクション主体からアルティメットモード主体になるでしょう。育て方によるかもしれませんが、過去作とくらべて1回ごとの戦闘がサクサク進められる気がします。

キャラクター
今回も多くの新規キャラが出てきます。それぞれいい味出してます。また過去のようにカタカタ・・・とセリフが流れるだけでなくちゃんとフルボイスでしゃべってくれるので雰囲気が出てます。

ミニゲーム
龍が如くといえば寄り道とミニゲームですね。今回ライブチャット、クランクリエイター、素潜り漁、スナック、草野球など追加されましたがどれもそれなりに楽しめました。特にライブチャットは際どいですね。家族の前ではできません。伝説の極道、堂島の龍と呼ばれた元東城会会長4代目桐生一馬がライブチャットで盛り上がってる姿をみると笑えます。

BAD/REQUEST

マップの縮小とその他要素の減少
一番気になる事はこれでした。5では5都市で遊べたのに対し今回は2都市。広島は過去に登場したマップより狭く、神室町もこれまで行けていたチャンピオン街、ホテル街、賽の河原等に行けません。修行もありませんし、カジノもありません。闘技場もありません。天啓もありません。武器防具作成もなくなり武器を持ち歩く事も無くなりました。今回追加のミニゲームはありましたが代わりに多くのミニゲームが無くなりました。膨大なコンテンツが龍が如くの売りだったと思うのですが少し寂しいです。

キャラクター
まずシリーズ人気キャラである真島、冴島、大吾はほとんど出ません。花屋も古牧も出ません。それ自体はそれほどこだわらないのですが・・・代わりのインパクトのあるキャラがいれば。GOODでも書きましたが新キャラは良いキャラだと思います。しかし彼らの穴埋めができるほどかといえばそうでも無いのです。個人的には過去作の郷田、峯、渡瀬など、ベタでもいかにも強くて威厳がある絶対的な存在が欲しかったです。漢気はあるがイマイチ弱い、威厳があるが戦えない、権力はあるが見た目が弱い、強いが貫禄が無い、勢いはあるが無鉄砲など、どこか足りないのです。結局ラスボスも足りませんでした。


説明不足
あちこちで不評を目にしますがやはり原因は遥でしょう。5からそうですが、彼女の行動が大胆で強引、短絡的で突発的すぎます。序盤からいきなり疑問だらけです。終盤でさらに驚かされます。何故その土地へ行ったのか?もともとどう生活するつもりだったのか?彼女の身辺、心境の変化は?ほとんど描かれずに、納得のいく展開が無いままいきなり結果を突き付けられます。そしてそれらは最後まで描かれる事はありません。これでは古参のプレイヤーほど不満を抱くのではないでしょうか?もう少し納得のいく理由付けが欲しかったです。

COMMENT

12345プレイ、クリア済。0、極、その他ナンバリングは未プレイです。
6はプラチナトロフィーまでゲットしました。

どうしても過去作と比べてしまうのですが、すべてにおいて今一歩足りないというのが率直な感想です。5ではコンプに200時間ほどかかりましたが、今作は80時間足らずで達成されました。これがさらに次回作へ続いてボリュームアップするなら自作も期待できるとは思いますが最終章と謳っている手前、果たしてどうなのでしょう。個人的には龍が如くシリーズは大好きなので仮にタイトルが変わったとしてもこういったゲームは作り続けて欲しいところです。

ネガティブな意見も書いてしまいましたが、シリーズを通してプレイされてる方も、新規で過去作へ遡って良く方も十分楽しめる内容だとおもいます。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
もふもふさん  [2016-12-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: key
レビュー日: 2017-06-28
全作品を通して,一番悪役が悪役であり,一番殺意が湧くストーリー。
殺されまくるのもそうだし,ラスボスはとりあえず粉微塵にしたくなる。あんなゴミがラスボスだなんて。
なぜ武器がない。なぜ刀がない。なぜ四肢をバラバラにできない。なぜ顔面を粉砕できない。
今度バイキンマンを見たら,顔面ぶん殴ってしまいそうだ。

【PS4】龍が如く6 命の詩。
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「龍が如く6 命の詩。」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。