このソフトのレビューを書く

【PS4】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2019-03-22
価格 8208円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクション・アドベンチャー
■ プレイ人数:1人
■ PS4 Pro ENHANCED:PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます

総合ポイント
75
(難易度)
4.14
レビュー数
7
スコアチャート SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
28.6%
40-49
0%
50-59
14.3%
60-69
28.6%
70-79
14.3%
80-89
14.3%
90-100
【60点以上】
71.4%
【標準偏差】
16.67


デフォルト:新着順

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 5pt 5pt 5pt 4pt 5pt
総合点
96pt

GOOD!

・世界観

徹底した時代考証による圧倒的なリアリティーを持った世界観

・バトル

こっちの攻撃のターンでも攻撃を食らう、カウンターにカウンターを食らうとかするので対処が分からなければ反射神経や操作テクニックだけでは絶対に攻略できない

アドリブが許されない、全ての行動に対して正解行動がほぼ決まっているので、それを見つけ出すまでが難いってゲーム

攻略方法が分かれば全ての敵をあっさり倒せるバランス、瞬殺され続けても攻略方法が存在すると分かってるから心が折れない

ストレスを食らう→相殺する達成感のループで中毒になる

・バトルの難易度以外でストレスが存在しない、無駄がなく全ての面で計算し尽くされているゲームシステム

BAD/REQUEST

・死にゲー仕様

全ての敵に攻略方法が存在する、そう意味じゃバランスはいいんだろが正解行動を見つけ出すまで1体のボスに何時間、下手すると数日間つまずくというのが果たしていいバランスといえるのか

敵の攻撃力が高すぎて1~2発食らって死ぬ死にゲー仕様になってれば、そりゃ正解行動が見つけるまではほとんど何もできずに瞬殺されるのを繰り返すしかない

せめて5、6発は耐えられれば死にゲーにはなってないが、そうすると死にゲーで売ってるここのブランドがなくなる

COMMENT

クリア出来たら100点満点しかありえないゲームだと個人的には思っていますが

この難易度でも攻略方法が分かれば反射神経や操作テクニックを必要とせず誰でもクリア出来るというのがやはり凄い

途中で挫折して投げ出す前に攻略サイト等は見るべきだと

そうすれば誰でもクリア出来ますから

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
THさん  [2019-08-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

5人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt
総合点
80pt

GOOD!

散々語られていますが、高難度であるが故の達成感。

アクションアドベンチャーとしてのゲームらしさを追及しており、シビアではあるものの絶妙なバランスによってプレイヤーをのめりこませる、フロムのお家芸が本作でも遺憾なく発揮されています。良くも悪くも一切の妥協なく完成された作品を仕上げる職人技のような製作力には、やはりゲーム好きとしてリスペクトを禁じ得ないですね。

そして本作の特徴として、和がテーマになったことで世界観がぐっと身近になり(源の宮の雅さは思わず見惚れるほど)、鉤縄(ワイヤーアクション)によって立体的なステージ攻略というある種のカジュアルさが生まれ、何より、ガードと回避だけでなく弾きや見切りをも用いた剣戟アクションがひとつひとつの戦闘にヒリヒリとした独特の緊張感をもたらしています。
ストーリーやキャラ造形を含め、必要なもの以外を削ぎ落としたゲーム性は、手探りで歩みを進める1周目においては凄まじい程に熱中させてくれますね。落ち着いて目を凝らし耳を傾けるとそのクオリティに驚く、アートデザインやBGMもお見事。

BAD/REQUEST

リクエストベースとして表裏一体ではありますが、その難易度の高さによってプレイヤーやプレイスタイルを選んでしまうところを、もう少し間口を広げられなかったかな、と思います。もちろんボス戦についてですが、個人的には心折れることなく何とかクリアまで漕ぎ着けましたが、マルチもなく相変わらず情報量も限られた内容では、初見プレイで兎にも角にも忍耐を強いられるのは間違いありません。
例えば、探索要素を更に充実させてNPCイベントと絡ませることで、共闘したりヒントを貰えたり、ちょっとした優位性をプレイヤーに与える機会を作ってみたら(もちろんフロムなりのシビアさは残したままで)、投げ出す人も少なくなるのではないかと。まあこれは賛否あるでしょうが。

また、上述したとおり凝縮されたゲーム内容のため、周回プレイをする際に新たな面白さを見出し辛く、熱中度が持続しないところが残念ですね。

COMMENT

ソウルボーンのシリーズは一通り経験済み。
年齢的にゲームをすることが少なくなりましたが、以前はコアなアクションも色々とプレイしていました。

フロムソフトウェアの最新作、しかも戦国時代の日本が舞台の新規IPということで、否が応にも気になりながら発売トレーラーを見て矢も立ってもいられず、一度は手放した本体を買い直して始めたゲームです。やはりフロムファンやアクションゲーマーには先ず抗えないタイトルでしょうね。

瞬間的ではなく期間的なゲームプレイを目指しておそらくデザインされており、一方で高い試練を乗り越え続ける極上の体験も幅広さに難あり、エッジの効きまくった秀作。この作品が王道だとは露にも思いませんが、多くを惹きつけるメーカーが次に何処に向かうのか、期待したいです。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
mewskenさん  [2019-05-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
76pt

GOOD!

レベルを上げれば何とでもなるというゲームではなく、プレイヤーの技術力を上げなければならない点。
様々な敵のモーションに対して観察し、考え、実践するという流れが没入感に大きく関わってきます。
逆に言えば、レベルを上げて無双するようなプレイヤーには不向きのゲームとも言えます。

グラフィックや音楽に関しては文句無し。
特に源の宮の桜なんかは綺麗でいいですね。

BAD/REQUEST

壁際だとカメラ視点が暴れるときが稀にあります。
狭いところでの戦闘を強制されることもあるため、これは改善してほしい点ですね。

ハードモードクリア特典が無い。
やり込み要素としてハードモードを搭載したのでしょうが、クリアしても特典が無いのは少し寂しかったです。
苦労したので何かしら欲しかったですね。

COMMENT

ソウルシリーズは全部プラチナトロフィー取得済みであり、フロムの新作ということでかなり期待して遊びました。
プラチナ取得までは攻略サイトや攻略動画を見ないというある種の縛りをかけていましたが、同様の縛りをかけていたソウルシリーズよりもプラチナトロフィーは格段に取りやすかったです。
探索好きならストーリー進めて各種エンディングに到達するだけで自然とプラチナ取れます。
自分の場合は1周目55時間、2周目20時間(ノーマル)、3周目25時間(ハード)、4周目10時間(ノーマル)で合計110時間でプラチナ取れました。
推奨はしませんが、攻略サイトや攻略動画をみたりバックアップ利用したりすれば30時間くらいでプラチナ取れると思います。

難易度はそこまで高くは無いですね。
ノーマルモードならガードしてれば安全に観察できますし、弾きのタイミングもかなり緩いのでアクションが苦手な方でもL1ボタンカチャカチャしてれば弾きを取れるのでは無いでしょうか。
敵の危険攻撃に関しても、わざわざ【危】マークが出てから攻撃が来ます。なくても良かったんじゃ無いですかね、これは。

ハードモードはジャストガードじゃないとダメージ貫通しますので、敵のモーションを覚えたあとにプレイしないと酷いことになると思います。
ノーマルに比べると格段に難しくなりますが、やりがいはありますよ。隻狼?楽勝だったよ!って方は是非どうぞ。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
迷えば破れるさん  [2019-04-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
75pt

GOOD!

◇攻撃で体力を削り、弾きで体幹を削るというコンセプトが、敵の攻撃と攻撃の間隙を縫って攻撃を仕掛けるだけではない、非常にリズミカルで熱中度の高いアクションを楽しめた。
◇各忍具に特徴があり、使いこなせると戦い方の幅が広がる。一週目は全く使いこなせず、剣戟だけで乗り切ったが、二週目以降に使用してみて、非常に攻略が楽になった。
◇忍者という設定のためか、雑魚をスキップしやすく、結果的に周回しやすい。
◇ダークソウル3やブラッドボーンのようなスタミナの概念がないため、移動がスピーディ。
◇話が比較的分かりやすい。

BAD/REQUEST

◇鉤爪で屋根に上れるが、ひっかけられるオブジェクトは決まっており、ステージ攻略の幅は狭い。
◇忍殺というシステムはあるが、中ボス以上は忍殺だけで済ますことはできず、必ず戦闘が必要。
◇敵のアクションは一見では見抜きづらく、死んで覚えるしかないが、死亡後の再開ロードがストレス溜まる。
◇セーブポイントに戻るアイテムはあるが、発動までに時間がかかり、誤ってボス戦に突入すると逃れることがむつかしい。
◇死亡した時のデスペナは、ダークソウル3やブラッドボーン程重くないが、回避が確率で発動する冥助のみのため、救いがない。
◇ダークソウル3やブラッドボーンのような突き放したストーリーではないが、突飛な展開は多い。

COMMENT

ブラッドボーン->ダークソウル3とプレイしてきたので、sekiroにも興味を持ち購入。
一週目は、40近い歳のせいかボスの払いと突きを全く見切れず、正直クリアできる気がしなかったが、ボスとの剣戟が面白くて何度もリトライしてしまった。一周クリアすると、ボス戦にも慣れ、すべてのエンディングを見るために四週した。
ボス戦の緊張感もあり、一戦一戦に疲れるが、熱中度と達成度は高く、面白かった。反面、ステージ攻略は自由度が低く、私にとってはボス戦までのつなぎのようなイメージであった。

シンプルなアクションゲームとして、攻撃で体力を削り、弾きで体幹を削る戦闘をお勧めできると思う。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
negatiさん  [2019-05-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。