このソフトのレビューを書く

【PS3】Dishonored(ディスオナード) レビュー

発売元 ベセスダ・ソフトワークスオフィシャルサイト
発売日 2012-10-11
価格 5980円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(Dishonored Game of the Year Edition版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ファーストパーソンアクション
■ プレイ人数:1人

【Dishonored Game of the Year Edition版】
■ 発売日:2013/12/12
■ 価格:3,990円
通常版のDLCと同内容です。

総合ポイント
68
(難易度)
2.64
レビュー数
11
スコアチャート Dishonored(ディスオナード)レビューチャート


0%
0-9
9.1%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
9.1%
40-49
9.1%
50-59
27.3%
60-69
27.3%
70-79
9.1%
80-89
9.1%
90-100
【60点以上】
72.7%
【標準偏差】
19.9


284人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt 3pt
総合点
48pt

GOOD!

※個人の感想です

完全一人称にこだわった超能力ステルスアクションゲームです
ステルスゲームはメタルギア、デウスエクスしかやったことありませんが完全一人称視点は珍しいと思います
メタルギアのように敵の視点をかいくぐりながらマップを進み、要人を暗殺することが醍醐味になっています

時を止める、動物に乗り移る、ネズミを呼び寄せて敵を攻撃するなど超能力がいくつかありますが、瞬間移動する超能力がとても面白いです
高い建物に上る、気付かれないように敵の真後ろまでワープするなどステルスゲームをやっていてかゆい所に手が届かなかった不満を解消してくれます

敵の発見能力が高く、遠くから敵を眠らせることのできる武器が少ないためノーキルノーアラートを目指すとかなりやりこめるでしょう

箱庭のマップ探索もなかなか複雑で面白いです、アイテムの位置がわかってもそこまでどういうルートをたどればいいか試行錯誤する楽しみがあります。攻略情報を見てしまうと本も子もありませんが

BAD/REQUEST

※個人の感想です

完全一人称視点というのが特徴ではあるのですがこの特徴が合いませんでした
超能力かカバーを使うと第3者視点で全体を見渡せる機能が欲しかったです
ステルスゲームは状況を把握しつついかに切り抜けるか作戦を立て、タイミングを計ることが楽しみです
一人称視点ではこの状況把握がしづらく、作戦もタイミングも計り辛いため面白味が薄れます
透視で敵の位置を調べるスキルもあるのですが建造物のラインがあいまいになり、暗視ゴーグルをかけたように画面の色も単調になって見辛いことこの上ないです

ノーキルかノーアラートを目指さ無い場合、敵に発見されてもわりと楽に切り抜けられてしまうためステルスゲームの醍醐味がなくなります
かといってノーキルかノーアラートを目指そうと思うと難易度が跳ね上がります
両極端でアクションが下手だとステルスゲームの醍醐味がなかなか味わえません

ノーキルノーアラートを目指すとリスタートも多くなりますが、ロードが若干長いのでストレスが溜まります

COMMENT

バグが多いらしいですが2013年1月ごろに私がやった時は10時間やって一度画面が止まってホームボタンも反応しなくなるくらいでした

完全一人称視点ステルスが合う人にはやり込めるゲームです

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
おっとっとさん  [2013-02-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

286人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
77pt

GOOD!

 ストーリー展開・世界観・エリア設定は、暗殺・隠密が好きな人、ゲームに孤独と緊張を望む人にはきっとドハマリするでしょう。
 主人公は女王の護衛官。ある日女王が謎の超能力者集団に暗殺、王女は誘拐されます、その場に居合わせた主人公は罪を着せられ投獄、王政派の役人の手配で監獄から脱出し、女王暗殺を企てた者たちを逆に追い詰めていきます。最初のミッション実行前夜、何者かに超能力(ゲーム内日本語では「魔法」ですがイメージしやすいようにあえてこう表記します。他の用語も同様)を贈られ、以後、新しい超能力を獲得していきながらミッションを解決していきます。

 レベルアップとクリア方法の自由度が高いです。良質のRPGとも言えます。
○超能力は道中取得できるアイテムで覚醒させます。種類は予めすべて開示され、最初以外は自分の意志で得手不得手・好みに合わせて選べます。縛りのためのレベルアップの拒否もできます。
○武器や超能力をフルに駆使してクリアするだけでなく、ほぼ使わないでなおかつ不殺プレイを目指すこともできます。どのスタイルでクリアしてもまったくかまわず、厳密なストーリー進行要件がありません。
○ただし「この要件を満たしてもクリアになる」「よりややこしい要件もこなしてみよう」という分岐ストーリーが用意されていることがあります。ロールプレイ重視なり難易度重視なり選択できます。
○超能力発動にはMPを消費しますが、基本技に関しては数秒で回復します(ただし連発すると回復不足になる)。いったり来たりの偵察をするだけならコストが一切かからず、いくらでも時間をかけられます。
○攻撃方法・隠密方法が多彩です。男らしく修羅場を駆け抜けるもよし、陰険な罠を仕掛けるもよし、超能力で瞬殺するもよし、遠隔攻撃で狙撃するもよし。囮を使うもよし、チャンスがくるまでじっと待つもよし、相手の動きに合わせて慌しく死角から死角へ移るもよし。

 面設定は箱庭で、ビルの谷間や屋内を進んでいきます。資金・アイテムは最短ルートだけでなく、秘密部屋や金庫にもあり、それらにたどり着くためには路地裏の目立たない道や、鍵・暗証番号を見つけ出す必要があります。つまり、脱出系ゲームのような探索要素も加わっています。ただし、クリアに最低限必要な謎解きに関しては難易度が低いです。
 主人公は義のために闇に身をやつす者ではありますが、「単に盗賊プレイがしたい」という人にも楽しめるでしょう。

 私は主観視点のゲームが苦手で、自分の隠れ具合が分からないなんてほんとうに楽しめるのか不安でしたが、「ここにいれば隠れたことになりますよ」という誘導が読み取りやすく作られていてよかったです。ただし、巡回兵が予想外のパターン変更を行ないますので、モロバレに慌てふためくこともあります。

 ミッション中に拾得できる品の合計数は、クリア時に開示されますので、やりこみ・コンプリートがお好きな方の意欲をそそるでしょう。

BAD/REQUEST

 敵の背後に立つとR1で一撃必殺、R2長押しで失神させることができますが、このアクションが出しにくいです。どれだけ近くに居ようとも画面中央の照準が敵に合っていないと発動できないようです(照準は腕などではなく胴体で無ければならない? 近すぎると敵の胴体の向こうに照準が合う? 3Dゲームのアヤが邪魔をしている気がします)。
 敵の背中が画面1/3も覆ってればもうそれで受け付けてくれればいいじゃないか、というのが率直な感想です。

 動物に対する憑依能力が惜しいです。配管がある。ネズミに乗り移れば行ける。でも、どこにつながってるか分からない。とんでもないとこに出ても、時間が来たら人間の体で放り出される。そんな能力です。
 ダークビジョンで配管の形状が見えるようにするか、ネズミを消費したあと元の場所に戻る選択もできて欲しかったです。ロードしなおしが嫌いな方には、単なるギャンブルになってしまいます。
 
 失神させるとアイテムが自動取得になるのがわかり難いです。敵が鍵を持っていたことに予め気付いてないと、暗視でチャンス待ち→接近→失神→かつぐ→逃げる→隠すという慌しい作業の中、いつの間にか手に入っている鍵に気付かないことになります。(観察してから襲いますので大概気付くのですが、高所からだと見えにくくて分かりません)
 重要な更新はユーザが応答するまで出しっぱにしておくか、どこで取った鍵なのかあとから確認できるようにして欲しかったです。

 ローカライズが雑です。
・セリフと字幕が違う ・字幕が足らない ・日本語英語交じり ・NPCの会話がかみ合ってない(これは原語でもそうかもしれない) ・ストーリーに関係ない文章なのにあまりに長すぎるので半分で翻訳を止めてしまった
 よくあるミスや雑な仕事が、それぞれわずかづつですが全種類揃っている感じです。

COMMENT

 ver1.01、難易度ノーマルでのプレイです。日本語の公式サイトに短い文章で記された主人公の境遇にほれ込んで購入しました。
 
 サイバーパンクともスチームパンクともとれる世界観(ホエールパンクという新境地?)も面白く、また、廃墟と要塞を突き進み、NPCの会話や独り言を盗みぎきすることで、人間の暗部にどっぷりつかることができて非常に満足です。暗殺ものは楽しいですねぇ。

 私は、序盤は主観操作からしてうまくいかず、「いいやもう」で殺しまくって進んでいましたが、超能力が幾つか揃った中盤以降は「何度ロードしなおしてもいいからとにかく不殺」を目指していきました。道と敵配置に明るくなる攻略が楽しめました。
 次はとりあえず完全不殺&完全回収かな? それとも、強化アイテム取りのがしで手の回らなかった攻撃用の超能力で、修羅プレイかな?

 セーブ画面で2回、ロード画面で1回フリーズしました(アプデ前に批判の集中した最終面ではそれぞれ1回)。その他はバグらしきバグはありませんでした。クリアまでに計3回なら、これまで私がしてきたPS3のゲームより多少多い程度で、心配したほどではありませんでした。
 ですが、この手のゲームは「気に食わない展開になったらやりなおす」というプレイヤーも多くなる(私は今回そうでした)のですから、セーブ/ロードでのフリーズは絶対避けるべきでしたね。再改善のアプデ希望。

 ゲームとしての完成度は充分でしたが、もっと洗練された次回作の登場に期待しています。また、近々DLCが出るようですね。そちらも楽しみです。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ての字さん  [2013-02-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

277人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

『ゲーム』
主人公は無実の罪を着せられ、そこから復讐していくと言う物語です。
プレイしていくと、大きい街に放り込まれ、その中で色々な手段を使って目標を排除するのが目的です。
屋根から侵入するのもよし、地下を通るのもよし、大通りから堂々と薙ぎ倒していくのもよし。
さらに、ルートを変えるだけでは無く、街の中で発生するサブミッションをクリアする事によって、目標を殺さずに無力化する事も可能です。


『MAP』
このゲームはステルスゲームでありながら、オープンな世界で行動出来ると言うのが素晴らしい。
と言っても、『GTA』や『FallOut』の様な凄く広大なMAPで行動すると言う訳では無い。
しかし、そのため一か所一か所の作り込みが凄く良く出来ています。

BAD/REQUEST

途中までは快適に進めますが、最後のミッションのみフリーズが多発します。
さらに、フリーズが発生するのは日本語版のみという始末。
そこまでとても楽しくプレイ出来たのに、最後だけ快適では無かったので、とても残念に思います。

COMMENT

最後のフリーズさえ無ければ、本当に良いゲームです。
しかし、フリーズも最後のミッションだけなので、最後だけ我慢出来れば良いゲームになりそうです。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
わんこさん(Webサイト)  [2013-01-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

277人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt 3pt
総合点
67pt

GOOD!

ステルスアクションの新境地といっても良い出来の暗殺ゲーム。
一つのミッションを終えるのにこんなに自分のやり方を反映できる作品が過去あっただろうか。

例えば堅固に警備された門があるとする。
一つ、警備兵を皆殺しにして悠々と通過する。
二つ、遮蔽物や廃屋を利用して陰から蔭へ移動しながら誰にも見とがめられず、誰も殺さず通過する。
三つ、瞬間移動・時間停止・動物への憑依ができる魔法を駆使し超自然的に通過する。
四つ、防衛システムの標的を反転させ敵軍への攻撃をしている混乱のうちにドサマギで通貨する。
などなど。
この手のゲームで「こういうやり方もあったんじゃない?」ということが実行できる。これはすごい!結果はほぼ同一でも手段は選べるというのは他には無いすばらしい特徴である。よってオリジナリティーに最高点。

また、疫病が蔓延する暗く陰鬱な社会が実によく表現されている。生きている人間が住まう町は比較的清潔で明るい。しかし、一歩裏通りに入るとそこにあるのは死体死体死体・・・。人間社会の表と裏を独特の世界観で極端ではあるが大局的に表している。その構図はすばらしい。
成功しているものと底辺で生きるもの。とらえ方を変えればこう描かれるのだろうかと想像してしまう。

アサシン○○に飽きた、また、ジャック・ザ・リッパーの頃のなおかつJOJO第一部のイギリス裏通りの暗くじめじめした水浸しの街をうろうろしたい方お勧め!

BAD/REQUEST

購入後オープニングロゴで初めて気づいてしまった・・・「しまった!ベゼスタだ!箱にすればよかった・・・」
案の定フリーズの嵐。行動中ならまだ許せるがセーブ画面でセーブそのものを選択するとフリーズするとは何事だ!毎度、毎回、何故この会社はピンポイントでクレームを出すような作りをするのか?それでいてゲームの作品としての評価が高レベルというのもの腹が立つ。何故もう少しデバックをがんばれないのか。最後の詰めが甘いから全体の評価を貶めてしまうというのに。
修正パッチがようやく配信されどうにか回避できるようになったものの、事前に避けうることなのだから完成品を販売してもらいたい。

さらに、何故「強くてニューゲーム」が無いのか??
ルーン一つ取るのに苦労した序盤、よくわからないので取り逃した絵、イベント。今は諦めるけど後で必ず取ってやるからなというのが楽にできない。そこはほらクリアした装備のまま再チャレンジできれば楽しいじゃない?あくまでプレイヤーレベルの向上で乗り切れっていうのはせっかく購入してくれたユーザーになんのサービスもしてないのと同じ。ここを厳しくしても面白くは無い。再考してダウンロードコンテンツにでもしてもらいたい。(2013.1.5現在)

COMMENT

ペストって怖いのね。1600年代のこの病が流行したロンドンでは一日で実に6000人も死亡したとか。14世紀のヨーロッパで約3000万人も死亡して実に全人口の3分の1から3分の2ぐらいが死亡したとか!(ByWikpedia)そりゃあ街角や廃屋やドブ川に死体が山積みになるだろーね。ゲームの中とはいえ自分が死体の山にいると解ったときは少なからずビビりました。だいたい病原菌はネズミが媒介するのにそれを操っちゃう主人公って・・・・あ、ミッ○キー・マ○ス・・・く、駆除しなきゃ!あんな巨大ネズミ!
で、鯨油で支えられた文化。捕鯨絶対反対の欧米社会から作られたゲームとは思えない発想ですな(糾弾されそうな発言ですな)。これだけでも嫌悪感満載なんスかね。あちらさんは?日本人だと油から肉、髭にいたるまで全部余すところなく利用して成仏させていただきますが、なーんかゲーム内だと日本式に近いようなんですけど?缶詰になってるし??欧米の方はやはり嫌悪感があるんですかね〜?

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
シュウさん(Webサイト)  [2013-01-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: mageres
レビュー日: 2015-04-22
本編(標準難易度)クリアと DLC のダウド編(標準難易度・前後編)クリアでの感想です
ダウド編は(前後編合わせて)本編の 60~70% くらいのボリュームで、これが最初から入っているのは嬉しいです
本編をクリアしてからのダウド編のラストには感心させられました

良い点:
・ストレス皆無の快適な操作と理不尽な仕様やルールを排したゲームシステム
・非常にレベルの高い完全日本語音声吹き替え
・本編主人公が(音声で)喋らないので、主人公=プレイヤーという没入感がある(DLCのダウド編は少し喋ります)
・徹底的なまでの不殺(各面の暗殺ターゲットですら)プレイや目に付く敵を全て倒すプレイが自由に楽しめる※
・侵入ルートや手段が幾通りもあり、難易度やプレイ毎により新鮮なプレイかつ新たな発見がある
・各面のサブクエストが適度に知恵と工夫を要求され、それなりに良い対価が貰える
・本編のカオス度(どれだけ殺したか)がエンディングだけでなく、中盤~終盤のプレイ内容に影響を与える(仲間が非協力的になる等)
・自動セーブが2つ(直前とその1つ前)なので、間違って進め過ぎた際からの復帰がし易い(戦闘時以外であれば任意のタイミングでのセーブもできます)

※一部で敵が無限湧きするエリアがあるので全滅は無理っぽいです(シーン移動で復活)

残念な点:
・死亡時のロードがやや長い(15~20秒くらい?)
・周回プレイの持越し要素がないので、全ての装備・能力を最強にしたプレイができない(あったらあったで飽きが早くなりますが)
・無力化(気絶)した敵は慎重に扱わないとすぐ死んでしまう(ちょっとした高さから落としたら死亡扱い)
・殺害または無力化した敵が重要キャラ以外すぐ消える

総評としてはここまで洗練されたゲームはそうないんじゃないかと思います
Dead Space 2 と同レベルの出来の良さだと思いました

暗殺ターゲットのキャラクター付けと無力化(殺さずに報いを受けさせる)の方法もなかなか面白く
結構(性的に)変態だったり悲惨(死んだ方がましなレベルまで)だったりと、プレイヤーの裁量に任せた方法が用意されています
中世の西洋文化に鯨の油を動力とした技術が融合した バイオショック のような世界観も魅力的です

グロ表現に関しては、ネズミが死体を食い漁る、斬撃による首切断、爆弾による部位破壊と
CERO Z に分類されているとは言え、かなり思い切った内容になっています

【PS3】Dishonored(ディスオナード)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Dishonored(ディスオナード)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。