このソフトのレビューを書く

【PS4】ウィッチャー3 ワイルドハント レビュー

発売元 スパイク・チュンソフトオフィシャルサイト
発売日 2015-05-21
価格 8856円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:オープンワールドアクションRPG
■ プレイ人数:1人

【ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション】
■ 発売日:2016/09/01
■ 価格:6,998円
通常版(2015/05/21)にDLCを同梱したものです。

総合ポイント
73
(難易度)
2.63
レビュー数
32
スコアチャート ウィッチャー3 ワイルドハントレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.1%
20-29
6.3%
30-39
6.3%
40-49
3.1%
50-59
12.5%
60-69
34.4%
70-79
25%
80-89
9.4%
90-100
【60点以上】
81.3%
【標準偏差】
17.04


1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 3pt 1pt 3pt
総合点
59pt

GOOD!

グラフィック
キレイです。プレステ4持ってて良かったと思うレベルです。

舞台
主な島は3つとなるが、一つ一つの島の広さが超級なので
果てしのない広がりを見せる。

ボリューム
これまたすごい。やる事が山のようにある。
選択によって分岐していく。
キャラのレベルを上げることで、様々な戦い方が
出来るので、冒険度満点

BAD/REQUEST

ロード
データ量が大量なのか、長い長いです。
たまにあるんじゃなくて、結構な頻度で発生するので
かなり辛いもんがあります。
フォールアウト4もでしたが、この手のゲームで長ロードは
避けれないのでしょうか?

操作性
あんまり良くないですね。
もっと直感的に動かしたいです。

COMMENT

psストアで安値で売ってたので、気になるタイトルだったしポチってみました。
世界観といいボリュームといい長く遊べそうだけど
長ったらしいロードがネックになっています。
ロードが嫌いな人は途中で嫌気がさすかもです。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
ジャイ子さん  [2016-06-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 2pt 2pt 0pt 2pt
総合点
38pt

GOOD!

・演出なども含め、グラフィクスがきれい
・ストーリーが探偵ものゲームのようにしっかりしている

この2点はしっかりと褒められます。
もともとの綺麗さもなかなかで、
さながら映画のようだというのに、嘘偽りはないと思います。

しかし、それ以外はほとんどBadという感じです。

良い部分は普遍的な要素なので問題ないと思いますが、
悪い部分は自分に合うか会わないかをしっかり確認することをお勧めします。

BAD/REQUEST

・ロードが全体的に長く、非常にストレス
・非戦闘時アクションの操作性が致命的に悪い
・戦闘時のアクションが単調
・ゲーム中UIが壊滅的に悪い(ロードも長い)
・クエストの進み方が単調
・ミニゲームのグウェントのゲーム性が低すぎる

とにかく”ゲーム”としての部分がかなり致命的にダメです。

ロードはメニューを開くちょっとしたロードも気になるレベルで長く、
マップ移動・セーブデータのロードは、トイレにでも行ってこようかというレベルで長い。
常時テンポが悪く、とにかくストレスです。

非戦闘時のアクションが致命的に悪いです。
フィールドに落ちているアイテムをとるのにも、かなりストレスを感じます。
なぜそこら中に無数に落ちているアイテムをとるのに、まるでマリオの1マスブロックに着地するような微調整をしなければならないのか。
また、ウィッチャーセンスという注視モードでかなり探し回らなければならないため、
これはオプションで魚眼レンズをOFFにすることをお勧めします。

快適さ0の部分は上記2つの部分です。
近年まれにみるレスポンスの悪さだと思います。
「これはリアル系操作体系だから」とひたすら自己暗示できる人間じゃないと、
この不愉快さは我慢できないでしょう。


戦闘アクションが単調です。
基本2発殴って回避してスタミナ回復を待って魔法の繰り返しで、基本多数を相手にするので、
回避のターンが増えて時間がかかるだけでした。
直前にダークソウル3をやっていたこともあり、非常に退屈でした。
ダークソウル3のようにメリハリのある戦闘ではなく、だらだらと剣を振って、
相手もブンブン剣を振るだけです。
爽快感はありません。RPGで特定のコマンドをループするような感覚に似ています。

プレイヤーのメニュー画面、いわゆるインベントリですが、
洋ゲーにありがちなバックの中を表現したようなスタイルですが、
重量しか見ないので取り回しの悪さだけ残ってしまっています。
幸いなことに、ほとんど装備品が誤差範囲なので、頻繁に装備を変えることはないため、
逆に気にならない要素になっています。
DPM表記などもあるのですが、どうせ複数に囲まれて殴られるだけなので、
装備云々は完全にやりこみ要素といえます

まるで探偵もののように進めていく本作ですが、
証言をとる、重要品を見つける、足跡をたどるの3パターンの繰り返しになり、
「はいはい次はこうなるんでしょ」というような予想のつく範囲になりがちで、
正直飽きます

ミニゲームのグウェントは、高性能カードをたたきつけてくるだけで、戦略性も何もありません。
CPUのチートレベルのデッキに対して、ミスプレイにつけ入るだけの繰り返し作業です(そして繰り返すにもロードが長い)
ボードゲームに精通している人間なら、すぐにこれが運ゲーなのがわかるでしょう。浅い。酷く。
ゲーム中ただでさえお金が厳しいのに、ストーリーが進むと手に入らない強カードも売っていたり、
ミニゲームなのに後半手を付けると入手不可とか、まったくこのゲームバランスは理解できません。
基本的にパワーカードで圧倒的につぶされるだけなので、
まったくやらないと決めて進めることによってストレスは大分解消されました。
無いほうが良かったまである。グウェントの文字を見るたびに不愉快になりました。

COMMENT

ストーリー演出の部分はよくできていると思いますが、
残念ながらゲームとしての部分は全然ダメです

おそらくハードゲーマーにはかなり不評でしょう。
集中してやるこむ人間には、悪い部分ばかりが目立つと思います。

海外連載探偵ドラマだと思ってやる分には良いでしょう。
アクションゲームとしては、おそらくクソゲーの類(及第点以下)に踏み入れていると思います。
私はドラマが見たいんじゃなくてゲームをやりたかったので、
まったくニーズにあっていませんでした。

ベセスダ系オープンワールドのような、
機能・ゲームテンポを大事にしたゲームではないので、
その点は肝に銘じておきましょう。

また、あらゆる場面でのテンポの悪さに加え、意味不明なバグが更にストレスを与えてくるのも、
ストレスに拍車をかけています。
馬が急に走らなくなる不具合は非常にストレッシーです。
ただでさえ簡単にファストトラベルできないのに。

随分と高得点をつけている方も多いのですが、
このように思う人間もいるのだということでご参考になればと思います。

最初からマイナークソゲーだと思ってやれば、
やっぱクソゲーだったなと確認しながら最後までやったかもしれませんが、
これが大衆に高評価受けるゲームなんて驚愕です。
私は最後までプレイできませんでした。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
おにさんさん  [2016-06-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
72pt

GOOD!

かなりユーザーために親身になってくれてる作品。

今までやってきた洋ゲー中で一番日本人がとっつきやすい作品だと思われます。

洋ゲーと言えば字幕、吹き替えなどが適当なのが多いですが、この作品は丁寧作られています。
操作キャラも1人だけなので育成もやりやすいですし、簡単にリセットし育成やりなおすことができますので
その辺りはとてもユーザーのために動いてくれてる作品ですね

キャラの造形も日本人に受け入れやすいと思います(特に女性キャラ)

戦闘に関しては少し癖がありますが、難易度をいつでも調整できるからすぐになれると思います。寧ろ育成で強くなるので、
後半は物足りなくなり難易度を上げるかも。
素晴らしく初心者には優しい設計になっており、ヘヴィーユーザーも満足できるとように作られています。

ストーリーは前回作品をやっていないとわからない部分がありますが、それでもゲーム内の書物や2周目などやってたら自然と
作品の世界に入っていける作りなってます。

マップの広さはオフラインでここまでできるのかと、驚くくらいの広さです。街の密度もすごいです。

決定ボタンを×から○に変更できる。
これにはびっくりしましたPS4の洋ゲーは×ボタンばかりだし、日本ゲームは○ボタンだったので
いつも混乱してました、これを変更できるのはかなり良いです。

BAD/REQUEST

ロードが長い。
これほどのクオリティRPGじゃ仕方が無いと言えば仕方が無いのですが、BGMが静かだしここでテンションが下がります。

アイテムメニュー画面が重すぎ&見づらい、使いづらい。
最新のパッチで大分見やすくなりましたが、重さは前より重い気がします。

goodでも書きましたが、ストーリーが今ひとつわからない部分があります。サブクエストは短編的でおとぎ話のような
展開だからわかりやすく面白いですが、メインクエストは話しが難しい上に前回の作品をやってないとわからない部分があるので、
途中で飽きる人がいるかもしれません。事実、自分は最初、サブクエストばかりやってました。

COMMENT

日本のRPGの主流がMMORPG、スマホや携帯ゲーム機の低スペックRPGに移行しなければ、辿ってた1つの未来を見た気がしました。

それをポーランドという、ビデオゲーム業界的には知名度が低い小国によって作られたことが、嬉しい反面、
今の日本の会社では絶対作る事ができないし、作られる事もないと言う寂しさも覚えました。
世界的にもオンライン協力プレイが主流なってきてるので、こういうソロ専門ストーリーRPG大作中々難しいのかもしれませんね〜。

まあなんにしても、このゲームは日本人が好きなのか?と思わせるほど日本向けな洋ゲーでした。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
liankさん  [2016-06-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
80pt

GOOD!

■まさにRPG
違う世界をリヴィアのゲラルトとなって冒険し、人と出会い、自らの選択によって物語が紡がれていく。まさにRPGである、という点。そういう意味では王道中の王道。しかし、そのぶん人の世の理不尽さも描かれるため、どの選択肢をとってもみんなにとって幸せとはならない場合もある(というか多い)。ゲームの中でくらいみんな幸せが良いという人には受け入れがたいだろう。そういった点も含めて違う世界と役割を味わうというところにハマることができれば、その世界はとても大きく複雑で冒険しがいがあることに気付くことができる。それは「体験」に近い没頭感を味わうことができる。

世界とそこに住む人々が描かれているため、ボリュームはすさまじい。地図上で遠くにある「?」に向かって馬を走らせていくその道程でも追い剥ぎに追われたり、助けを求める人に出会ったり、行商人が歩いていてそれを追い抜くとき「見てきなよ!」と声をかけられたりする。辺境の知られていない奥地でものやメモや書物や遺体を見つけ、その世界を探求する、それがすべてが冒険となる。


■リアルさとゲームである点のバランス
あくまで個人的な意見ですが、PS以降、リアルさとゲームである点とのバランスをゲーム業界は模索し、日本においてはゲームである点が重視され、親切であくまでクリアできるようにしていて、一方で洋ゲーではリアルさを重視していてよくわからない世界にほっぽり出されてよくわからないまま死ぬというようなイメージがある。本ゲームではきちんとチュートリアルがあるし、説明も豊富で次にすべきことや場所がほとんど明示される(一部不親切な案内があるが、攻略情報がネット上に大量にあるため、どうしてもわからないところはネットで調べれば解決する。)ため、ほっぽりだされている感はなく、ストーリーと探求に集中できる。愛馬ローチは一部例外を除いて呼べばどこでも来てくれるし、ストーリー上「今夜ここでしか」となっていてもゲーム内の時間経過でクエスト失敗になることも(私がプレイする限りでは)無い。安心して準備を進められる。(デフォルトのキー設定では)☓ボタンを押し続ければ、ローチは道なりに自動で進んでくれるというところも便利。景色を楽しめる。ほんとに重要な場面では手動セーブを促すダイアログが出るのも親切に感じた。


■グラフィック
景色は美しく、アイテムなどの質感もリアルさがあり、怪物はちゃんと気持ち悪いが不快ではない。洋ゲーは顔の造形がリアルにしようとしてリアルにまで達しておらず気持ち悪いというイメージがあったが、PS4世代になると実際にリアルでこういう顔の人いるなと素直に思える。


■音楽・効果音
自然に入り込める音楽と効果音だと思う。合ってないと感じることはなかった。ボーカル入りの音楽も控えめで良い。先頭に移行するときにも自然に音楽が切り替わり雰囲気が緊迫したものに変わる。演出として優れていると感じた。


■日本語ローカライズ
洋ゲーではあるが、きちんとローカライズされている。ストーリーを味わう上で重要であるし、謎解きもちゃんとローカライズされているので、意味がわからんというところが無い。この点はもっともっともっと賞賛されてほしい。一部誤字や字幕が違う点があるが、些末な点。


■アップデート
操作性が悪かったりフォントサイズが小さいなどの問題点が、アップデートで修正された。それでもまだ操作性が悪かったりする点はあるが、個人的には十分に思う。テレビの画面サイズが小さいとキツイかもしれない。私は37型でプレイしていてフォントが小さくて困ったということはもともと無い。

BAD/REQUEST

■インタラクト
樽や本棚や落ちているアイテム、ろうそくなどの選択がややめんどくさい時がある。

■バグ
街を歩いていて突然終了するなんてことも何回か。とはいえポイントポイントで自動セーブされるので、被害は少ない。手動セーブも細かくしていたし。
物語の重要な場面で落ちることは、幸運にもなのか無かった。まぁ、とりあえずプレイ前に最新バージョンにアップデートしましょう。


■納得がいかない点
・普通に一般人でも死なないであろう高さから落ちても死ぬとかあって納得がいかない
・怪物より素手の一般人のほうが強い時があって納得がいかない(ゲームオーバーにはならないが)。素手ファイトはコツを掴まないと難しく、納得いかない人多そう
・ジャンプで大抵のところから抜け出せるが、ほんとに抜け出せなくてハマりそうになったことがあった
・愛馬ローチが自動で崖に落ちようとする点
・戦闘状態と通常状態の切り替えで、剣を自動で抜くのが作動しない時があり、素手で敵に殴りかかってしまう点
・戦闘状態だと岩を登れなかったりする点
・戦闘状態だとわりと小さい障害物もスルーして回避行動ができず、敵に「嵌めボッコ」される点

■ロード時間
許容範囲ですが、セーブデータのロードは少し長いと感じた。


■DLC「ニューゲーム+」
いわゆる強くてニューゲームがダウンロードで追加できますが、敵もその分強くなるので、無双ヒャッハーはできない。

COMMENT

決められたストーリーラインを追っていくJRPGとはコンセプトがまるで異なる。主人公がただの人間ではなく変異した人間たるウィッチャーであり、人間世界では忌み嫌われているという点だけ見ても、「主人公は勇者」みたいな点とは大きく異なるので、そこらへんを許容できないと厳しい。

最初のうちは操作が難しいかもしれない。ある程度操作になれて、戦闘のコツを掴み、世界に慣れてくると冒険する楽しさを味わえる。

エンディングでは、それまでのゲラルトの冒険によって世界に与えた影響がそのまま反映されるので、「あぁ冒険してきたんだな。こういうふうに世界は変わっていくんだな。」と感慨もひとしお。

100時間以上プレイしてますが、まだ冒険してない地域やクリアしてないクエストがあるので、まだまだ遊べそう。

エキスパンションパスで「無情なる心」(Heart of stone)と「血塗られた美酒」(blood and wine)の両方をダウンロードし、前者はクリア済み、後者はプレイ中ですが、シナリオだけでなく新たな要素が追加され、また楽しめる。血塗られた美酒では、新たな地域・国が追加される。ゲラルトの家も追加され、拡張していく楽しみもある(そんなに自由度はないですが)。入手した絵や剣・鎧を飾れるのは個人的にはなかなか嬉しかった。

個人的にはずっと最高のRPGはドラゴンクエスト3だと思ってきましたが、本ゲームがそれを塗り替えようとしています。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
k4tさん  [2016-06-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー
レビュー日: 2017-01-05
グラもよくオープンワールドということで楽しめました。たまにある小さなバグがちょっとうっとうしかったかな。水溜まりにはまって抜け出せなくなって詰んだのは焦った。あと岩山滑って看板との間に挟まってつんだのも。ストーリーは凄く濃厚に感じました。やり込めて長時間できたので最高です

【PS4】ウィッチャー3 ワイルドハント
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ウィッチャー3 ワイルドハント」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。