このソフトのレビューを書く

【PS3】パペッティア レビュー

発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2013-09-05
価格 5980円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクション
■ プレイ人数:1〜2人
■ ダウンロード版:4,900円

総合ポイント
76
(難易度)
2.43
レビュー数
7
スコアチャート パペッティアレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
14.3%
40-49
14.3%
50-59
14.3%
60-69
28.6%
70-79
0%
80-89
28.6%
90-100
【60点以上】
71.4%
【標準偏差】
19.66


270人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 3pt 4pt 3pt 3pt
総合点
76pt

GOOD!

自分の頭を食われた木の人形・クウタロウが、自らの頭と月の平和を取り戻すべく冒険していく物語…
を舞台で上演しているという設定でプレイヤーがクウタロウを操作していくという二重構造のようなゲーム。
やっぱりオリジナリティは高く評価できますね。普通のアクションゲームでもあるのですが、「劇をうまく進める」という点も同時進行していくスタイル。
ゲームプレイングも一般的な「コスチュームチェンジ」「スタイルチェンジ」といった要素とは一味違うものの、ヘッド(人形の頭の部分)を手に入れて切り替えて進むというのが斬新。そのヘッドの数も100個あり、どれも特徴的で面白い!それぞれに込められた裏話も隠れた設定や、メタネタが入っていたりと様々。
一方、「舞台」という設定上ストーリーもなかなかの物。一般的な勧善懲悪物と思いきや笑いあり、そして最終局面では初めてゲームで泣いてしまったほどの「真相」が明らかになるほど、思っていた以上に厚みのあるストーリーだと思います。
なによりグラフィックも凄い!演劇という事を再現するかのような、木や布の質感が手に取るようにわかる「手作り感」が感じられるグラフィック。しっかり見てみるとかなり精巧に作られているのがわかります。
BGMも舞台の場面に合わせた音楽がうまく使われていると思いました。

BAD/REQUEST

難易度設定が無いゲームですが、全体の難易度的には「アクションに不慣れな人にとっては難しく」「アクションゲームがうまい人にとってはザル」というどっちつかずな設定。
自分はアクションゲームを多々やっている方ですが、ゲームシステムをばらして考えると「1機最大3ライフ・ダメージ直後ならリカバリーあり・落下したり挟まれても1ダメージで済む」というのは結構優遇されているんですよね。それでいて100個集めると1機増えるムンピーが大量に配置されているため、ある程度慣れた人なら1回通しでやれば終盤の方で99機も簡単に出来てしまう。
ボス戦ラストの方はQTAがあるのですが、表示個所がクウタロウのアクションに合わせて目まぐるしく変わるので、それに追いつくことに集中すると折角の劇中アクションが満足に楽しめなかった。
ヘッドアクションについては一部個所ではボーナスステージや難易度低下といった作用があるものの、「攻略に必須」というものは無かったので、そういったものを謎解きに組み込んだりすればもっと良かったかもしれない(ヘッドはすぐ無くす可能性もあるので不向きといえばそうですが)。
1幕が20~30分と通しでやるにはかなりボリューミーなので持続してゲームをやる気にはなれなかったですね。自分も1回インターバルがてら2週間ぐらい他のゲームをやってしまいました。
とはいえステージ途中でもセーブは利くのでその点はうれしいですね。

COMMENT

プレイステーションプラスのフリープレイで入手。
CMとかでもちらちらと見ていたので興味はありましたが、実際やってみると不満点もありますがとっても楽しいゲームでした。
熱中度という点では1幕の尺が長いという点ではマイナスでしたが、やり込み要素(ヘッド収集、全子供の魂解放、3兄弟の逃避行、いろいろなギミックの発動etc)が多岐にわたるということを考慮して相殺の3点としました。
ふと「『リトルビッグプラネット』的な感じで実際にゲームを作ってみたらこうなった」というのを途中で感じました。手作り感や不安定な点もありますが、それも「温かみ」と見ればまた面白く思えるのではないでしょうか。
少し人を選ぶゲームかもしれませんが、遊ぶ際は攻略情報などを仕入れず、まずは自力でエンドロールまで到達してほしいと思います。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
スイクンさん(Webサイト)  [2014-11-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

383人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 3pt 4pt 4pt 2pt
総合点
79pt

GOOD!

メインストーリーは、正統派な感じでクッパ的な存在のビックベアさんをぶっ倒し、家に帰るぜな物語。サブキャラ達のサイドストーリーが秀逸、とても大人向けで、観ててとても楽しかったです。

グラフィックは、リトルビッグプラネットの高品質NHK人形劇版のような感じかつ、細部まで作りこまれていて飽きさせない工夫が凝らされていたように感じます。
特に布の質感&それをハサミでチョキチョキする感覚が好きでです。

BAD/REQUEST

私個人の問題かもしれませんが、プレイしてると目が疲れます。
このゲームは、話の流れでとにかく登場人物・舞台等がめまぐるしく動いて切り替わるので、
多少負担をしいてしまうかもしれません(むしろそこがいい所だと感じる部分なんだけど)。
よって私は、一日一章プレイが限度でした。
しかしながら、時間がコントロールできる分よかったと思います。

COMMENT

ひととおり、エンディングまでやりました。

PS3を譲り受けて、初購入がこのゲーム。
体験版をやって、人形劇風で主人公以外しゃべりまくりな雰囲気が気に入り購入を決意しました。
もともとリトルビッグプラネットが好きだったというのもあります。

二人プレイもでき、楽しいと思います。
分担してステージをクリアすることで、一人プレイより難易度が下がり、物語に没頭したいときなどいいんじゃないかと思います。

クリア後のやり込み要素(強くてニューゲーム的なもの)もあるみたいなんで、もうちょっとやれそうで楽しみです。

ちょい外道物語好きで、
リトルビッグプラネット好きで、
ひょっこりひょうたん島な世界観好きで、
リトルマーメイドな雰囲気も好き。

なら、買いです。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
低靴さん  [2013-11-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

372人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 4pt 2pt 3pt 3pt 2pt
総合点
63pt

GOOD!

・オリジナリティ
人形劇の主役を演じる、というコンセプト。
往年のメガドライブの名作『ダイナマイト・ヘッディ』以外では見たことのないコンセプト。
常にナレーションが入り、劇中人物と漫才をしながら進行する、
というストーリーテリングもユニークで、かつ最初から最後まで濃厚。
映像作品としては十分なオリジナリティ。
ただしアクションゲームとして目新しいシステムは特になし。

・グラフィック
現世代機の頂点、その一つの形。
人形劇というコンセプトをこれでもかと再現したグラフィックは美しく、
キャラクター、背景、小道具の一つ一つにいたるまで一切の手抜きなし。
めまぐるしく入れ替わるシーンのすべてが見所にあふれていて、
こんな細かいところまでつくりこんでいて大丈夫なのかと心配するほど。
センス・クオリティ・ボリューム、すべてが揃った作品。
さらに今作はおそらく3D立体視対応を念頭において作られており
3Dでプレイするとあらゆる場所で飛び出す演出が効果的に使用されており
いままでプレイした3Dゲームでもナンバー1といっていいほどの出来。
ことグラフィックには関してはケチのつけようもなく、文句なしの5点。

・音楽
世界観にあったBGM自体も良く、さまざまな効果音もよくできている。
おおげさな声優の演技も舞台風でよく似合っており
総じてよく世界観やコンセプトを大切にしているのがよくわかる。

BAD/REQUEST

・ヘッドがたくさんあってもほぼ意味ナシ
ヘッドがたくさんあって入れ替えながら進んでいくが
ほとんどがボーナスステージ発見と演出のためだけにあり
アクションゲーム的な意味がない

・ヘッドアクションギミックが面倒
特定のヘッドを持って特定の場所に行くとギミックが稼動するのだが
このギミック稼動の演出自体は凝っていて面白い。
しかしその報酬がほぼ100%しょぼい。
基本的にはムンピー(マリオのコインとほぼ同意味)だけ。
だたでさえ残機があまりまくるので
苦労してギミック稼動して残機増えてもまったく嬉しくない。

・演出は素晴らしいがやっていることは単調なステージ進行
基本的にはスリルのないジャンプアクションとゆるい戦闘ばかり。
それを素晴らしい背景とスピード感のある演出でごまかしているだけ。
やれることは先に進むことに増えているはずなのに
どうも単調に思えてしまうのはなぜなのか。
また、滅多に死ぬことはないし死んでも残機があまるので
結果的にはかなりぬるいはずなのに
プレイ中は妙に難しく感じるのは何故なのか。

・だれる、というか疲れる
上記の通り、単調に感じてしまうせいか難易度のせいか
それとも単純に一面が20〜30分と長いせいか
とにかくプレイしていて疲れてしまい
一面クリアするごとに「今日はここまでにしよう」となってしまう。
なので熱中度は低い。

・リプレイがめんどくさい
ステージの合間にお話があるのではなく
ステージ中にお話が進行しているので
とにかくアクションしている時間とおなじくらいに観ている時間がある
なのでスキップを駆使してもおなじ面をプレイするのがめんどくさい。
ヘッド集めやヘッドアクションギミック稼動、ボーナスステージ探しなど
リプレイの楽しみ方自体はたくさん提示されているのだが
さっぱりくり返す気になれない。

COMMENT

ヘッドマウントディスプレイ、HMZ-T1でプレイ

今作はゲームじゃなくて
「一話三十分の人形劇が2クール分はいっている映像作品」
そうわりきったほうがいい。

今作はディレクターが「自分が子供といっしょにプレイできるゲーム」を目指して作ったそうですが
なるほど、1Pで親がゲームを進行しつつ2Pで幼い子供が手助けをする
というプレイスタイルが一番今作を楽しめると思う。
大人二人でがっつり二人プレイすると2Pが退屈だし
子供二人でプレイするには難易度が高い。
一人プレイでは探索がテンポを崩す。
まさしく大人と子供の二人プレイが最適。
逆をいうとそうでないと100%は楽しめない。
目標は完璧に達成したが、その目標地点にいる人はかなり少ないのではなかろうか?

ストーリーも子供むけにしてはブラックで大人にしかわからないネタも多く
かといって大人が楽しむには少々牧歌的に過ぎる。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」などのティム・バートン作品に影響を受けていると思われるが
あれ同様、結局子供向けではなくサブカル好き向けになってしまっている。

自分はゲームなら何時間でもプレイできるが
映画やアニメは好きな作品でも二時間も観ていれば疲れていやになるタイプなので
そういう意味で熱中度は低かった。
好きな映像作品なら何時間でも観られる人なら熱中できるのかもしれない。

映像作品としては最高、アクションゲームとしては凡庸
それが今作の妥当な評価だと思う。
アクションゲームとして観ても演出は素晴らしいのだけど
どうもそれが不思議とプレイ感覚につながらなかった。

ソニーが今作のようなゲームを大金を投じて作ることには大きな意味があると思う。
マリオに対抗することをやめてはいけない。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
うなぎさん  [2013-09-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

362人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
95pt

GOOD!

・人形劇の主役を演じる設定が斬新。自分の行動に観客がリアクションしてくれるのがいい

・キャラクターデザイン・背景の作り込み・ライティングどれも完璧。これは体験版でプレイすれば完成度の高さがわかると思います。3Dメガネを装備すれば目の前で人形劇が演じられてるような気分に

・背景が色々リアクションを返してくれるのが面白い。これが一番凄いと感じた。気に入った例をあげるとポセイドンが寿司を握ってる背景があるですが、トロなどの札を調べるとポセイドンがその寿司ネタで握ってくれて思わず爆笑。そんな面白い背景がたくさんあって飽きない。子供がいる家族では盛り上がること間違いないです。ウチの子供は大絶賛。

・全7章、各章は3幕にわかれてます。つまり全部で21ステージ。1ステージは前半と後半+ボス戦+ボーナスステージにわかれていて、前半と後半だけでもステージ内容がかわりボスも単純に21体以上で凄い賑やか。手抜きステージ一切なし。ボリュームもあり、予算いくらかかってるんだってこっちが心配するくらい作り込まれています。特定ポイントではヘッドを使った派手なアクションが起きて何が起きるか見てみたくなります。

・ハサミアクションも独特。若干クセがあるけど新鮮。

・他のレビューで難易度劇ムズって書かれていたので不安でしたが、そんな事はなく適度な難易度で安心しました。どちらかというと簡単。ちょっと連打が多くて疲れましたが

・ナレーションがゲーム中ずっとあって面白い。内容はどちらかというと大人向け。妙に詳しいトリビアとか漫才みたいのだったり、このナレーションだけでも面白い。

BAD/REQUEST

・ヘッドアクションを使う場合、特定のヘッドが必要なんですが、大抵は必要なヘッドを手に入れたことがあればその場で手に入る用になってるんですが、一部ではなぜか手に入らず前のステージに獲りに行かないといけないのもありました。

・ハサミアクションの空中での当たり判定が若干大きく感じた。どれくらいよけていいかわからない所が多かった

・突然現れる足場。舞台劇なので舞台が切り替わると足場が作られるんですが、足場ができるまでが遅く着地点がわからず落下したり、場所によっては跳ねて落ちそうになる所もあり馴れが必要でした。

COMMENT

 ゲーム機の末期にはハードのスペックを使い切った名作がよく作られますが、この作品はそれに該当するほどの傑作と言っていい出来です。そう断言できるくらい作り側の熱意をこのゲームからは感じます。

 子供向けなのかなーと思いましたが大人も楽しませてくれる演出も多く幅広い世代に勧められそうです。一度プレイしただけでは色々な背景の仕掛けを全部見ることは不可能なほど色々な仕掛けがあって、繰り返しプレイも楽しいです。
 最近ゲームが飽きやすくなってる自分が久々にクリア。しかも繰り返しプレイまでするほどの名作とは買ったときには思いませんでした。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
バロンさん  [2013-09-23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: インツテンポ
レビュー日: 2015-07-11
てすが、psplusのフリープレイにきたので売ってしまいました。
2が出たら絶対買います!

【PS3】パペッティア
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「パペッティア」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。