このソフトのレビューを書く

【PS4】マッドマックス レビュー

発売元 ワーナー エンターテイメント ジャパンオフィシャルサイト
発売日 2015-10-01
価格 8208円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:オープンワールド カーアクションアドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
67
(難易度)
1.60
レビュー数
5
スコアチャート マッドマックスレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
40%
40-49
0%
50-59
40%
60-69
20%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
60%
【標準偏差】
11.03


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 2pt 2pt 2pt 3pt 2pt
総合点
49pt

GOOD!

■マッドマックス独特の荒廃した世界観の再現は素晴らしい。映画を観た人なら特にこの点は感動出来るかと思います。
他作の完全オリジナル作品ではなく、大元があるタイプの作品は再現度が大事ですので、そこをきっちり押さえて
くれたのは高評価。


■ワーナーなので、同社から出している「シャドウ・オブ・モルドール」と操作等のシステム系はひじょうに似ています。
なので、そちらをプレイしている人にはスムーズに入れるかと。
ただ、UBIソフトのアサクリ等に慣れ親しんだ人達からしたら、最初は結構操作に戸惑うかもしれません。

操作性自体は悪くありません。が、独特の慣性があるので妙に動かしづらい時があります。まぁそれでもBADまでは
いかないかと。


■映画ありきなので、映画を観た方は良く分かっていると思いますが、キャラもきちんと世界観を再現した人達ばかり
なので、基本主人公含めまともな人はほとんどいません。
まぁタイトルからしてマッドマックスなので当然と言えば当然ですが。キャラもちゃんと個性をもって活かされて
いるのは好評価。

BAD/REQUEST

■世界観の再現は素晴らしいが、全体的に何か物足りない。それはワイルドな世界観のわりに全体が単調な所が原因かも。
敵拠点破壊にしても道中で遭遇してのバトルでも、何か終始淡々としてして盛り上がる要素があまりない。

やり込み要素もあるにはあるが、どうしてもこれだけオープンワールドゲームが出ていると、その中でも中の下程度の
内容でしかない。結局ゲームとしての詰めが甘いという事。
ただ、本作最大要素の自分の車を強化していくという箇所は楽しいので、結果あと一歩といった所でしょうか。


■戦闘もアサクリ等によく似た、カウンターを上手く取りながら殴り合う戦法。これはどうしても先に出している
アサクリに軍配が上がるし、戦闘自体の面白さもむこうが上。
決して面白くないわけではないが、真新しさを感じる事もないので満足感には繋がりません。


■結構UBIのアサクリと比較してしまっていますが、要は本作らしさがほとんどないというのが最大のマイナス点。
車のカスタマイズだけは良いと思いますが、その他の拠点要素・敵とのバトル・システム周り等も本作ならではと言える
新要素がほとんどありません。
良く言えば無難に遊べますが、悪く言えばアサクリやファークライ等の人気オープンワールドに似ているとしか言われない
でしょう。
あと、何となく日本独特の規制が関係しているのかそれとも元々からなのか、マッドマックスらしいマッド感・グロさがない。
そこを上手く表現出来ていれば評価はまだ高かったと思えるだけに勿体ない。

COMMENT

本作と関連がある映画の方を観て面白かったので、衝動的に購入。世界観はとても良く再現されていましたが、
ゲームとしては何かと惜しい所です。
決して面白くないわけではありませんが、総評となると素直に頷けないかなと。
それは他社からも幾多もオープンワールドゲームが出ているので、どうしてもそれを踏まえて比べてしまうと、
全体として・ゲームとしての独自の面白みはもう少しかなという所。
これはマッドマックスに限らず、同社のソフト全体に言えます。一応要所は掴んではいるものの、そこからの進化が
ないので結局凡作という評価になりがち。決して品質が悪いわけではないので、勿体ない所です。

ただ、今は値段も2000円台くらいなので、それくらいの値段なら十分楽しめるかと思います。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
流禅さん(Webサイト)  [2016-09-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

世界観
マッドマックスの世界感を余すことなく描ききっている。気分はヒャッハー!

グラフィック
すごくきれい。そこらのオブジェとか空の模様とか最高。そのばのくうきかんをよく表現してる。

簡単アクション
シビアなアクションは要求されない。殴ってカウンターしてる潰していくのみだ!


かっこいい

BAD/REQUEST

単調
最初はいいが、しばらくやってると同じような拠点を潰して、そこにいる同じようなボスを同じアクションで潰して回るだけ。

スクラップ
拠点制覇するたびに拾い集めんだが、もうどこの散らばってんのか分かりにくく、最後の2個が見つかんないとか腹立つ。


最初らは極端に性能が悪いポンコツなので、性能アップするまで移動がタルい

COMMENT

昔のメルギブのマッドマックスからこないだの新作まで、世代を超えて愛されるシリーズ。ゲームとしばらくてゃ単調な部分が目立ったが、マッドな世界をよく表現できててやって損はないだろう。映画好きなら尚更。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ナッシュさん  [2016-06-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 2pt 4pt 4pt 2pt 1pt
総合点
67pt

GOOD!

○抜群の世界観
映画『マッドマックス4 怒りのデスロード』とリンクしており、知っているとより楽しめる。
とにかく世界観の構築が素晴らしく、ただ歩いたり走ったりしているだけでも楽しい。
ぶっちゃけ、どこまで行こうが荒れ果てた死の大地でしかない訳だが、それでもそこに生存している連中もいる。
走ってると荒野の違いも分かるようになってくるのも楽しい。昔は海だったと言われるとなるほど、というような部分も多い。

○魅力的なキャラクタ
主人公マックスを始め、キャラは全体的に魅力的と言えよう。
はっきり言ってしまうとマトモな連中は一人もいない訳だが、まあこんな世紀末世界になってしまうと仕方ないのかもしれない。
しかし一番おかしいのはやはりマックスだろう。
彼の行動原理のすべては車であり、V8エンジンの為に生きているような男である。
物語の最初に愛車インターセプターを奪われてしまい、代わりとなる車を探し求める話である。
敵と戦うのも誰かを助けるのも全てはマシンの為という、ある意味分かりやすいシンプルな話である。

○車のレベルアップが楽しい
最初は本当に鉄屑みたいな愛車マグナムオプスである。
ちょっとコツかれただけで大破しそうな車ではあるが、頑張って強くしていくと、いつの間にか頼れる相棒になっている。
敵車輛集団のど真ん中に突っ込んでいき、ひたすら破壊していく楽しさは、中々のものである。

BAD/REQUEST

○やる事は地味
ヒャッハーな世界観の割に、やる事は地味である。
いや、敵拠点を破壊したり、車輛集団を破壊したりと、絵的な見栄えはあるのだけれど、ゲームとしてやる事は最初から最後までずっと一緒である。
特に各拠点でのスクラップ集めがかなり面倒である。
それぞれの地点にはスクラップと呼ばれるゲーム内通過みたいなのが落ちてるが、これを拠点毎に拾い集めていかなくてはいけない。
別にコンプリート用のクエストなのでやらなくてもいいのだけれど、でも全部拾いたくなるのが人のサガである。
ゲームの大半は薄暗いマップの中、あと一つのスクラップを探し回っていた気がする。
せめて落ちてる場所が分かるシステムなりアイテムなりがあればマシだった。

○敵も地味
個性的なキャラと書いたが、敵は全体的に地味である。
大ボスであるスクロタス以外にも各拠点を守るボスが出てくるのだが、こいつらが全部色違いとなっている。
まあ色違いなのは別に構わないが、戦闘スタイルも全く一緒なのは、少しだけ残念。
もう少し敵にも個性というか、ぶっ飛び具合が欲しかったところだ。

○処理落ち
一部のエリアでかなりの処理落ちが発生する。
結構広範囲で戦闘中に起きる為、まさに水中戦といった感じ。
仕方のない部分かもしれないが、少し残念。

COMMENT

いわゆる一般的なオープンワールドゲーと言える。
システム面もそこまで目新しいものではないし、マップの広さも特筆するほどでもない。
でもマッドマックス世界をイカれた車で走り回るというのは、他にはない味だろう。
そう言う意味で、映画のファンや荒廃した世界が好きな人にはオススメ出来る。

逆に基本的に一つ一つ拠点を落とし、各地でアイテムを拾うだけのゲームなので、そういった作業的な要素が嫌いな人にはオススメ出来ない。
チマチマと少しずつアイテムを揃え、砦を強化して人を助け、いつの間にか救世主になり、ひたすら改造車で走りまくる。
そんな地味でド派手な作品である。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2016-03-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

・「あの荒野」を爆走できる
マッドマックスのあの荒野を思う存分走り回れる。
これがこのゲームの最大の個性であり長所。
もう本当になんにもない荒野で、普通のゲームだったら「なんか作れよ」といいたくなるが、マッドマックス的にこのなんにもなさは正解。大正解。
荒野といっても砂漠風だったり岩場だったりと微妙な違いがあるので、荒野の違いのわかる男になれる。
また定期的に訪れる嵐が映画の映像に負けず劣らず大迫力で恐ろしくも美しい。
特に砂に埋もれた空港に侵入して逃げ出すシーンはお気に入り

・カーカスタマイズが楽しい
強くすればするほど頭のおかしいマッドマックス的な車になっていくのがたまらないし、車が強くなっていくのがゲーム的にも楽しい。

・カーチェイスが楽しい
槍をバンバン投げながらニトロで加速してガンガンぶつかっていくカーチェイスがつまらないわけがない。
気分はすっかりマッドなマックスだ。

・快適なシステム
UIも無難な作りで、ダメージを受けた車も走りながらどんどん勝手に回復していく。
ファストトラベルもオープンワールドゲームにしてはロード時間が短く、全体的に快適。

・怒りのデス・ロードの回想シーンの意味がわかる
怒りのデス・ロードで思わせぶりに入っていた回想シーンの辺りのストーリーを描いたのがこのゲーム。
厳密にいうとその部分を描いたコミック版をベースにしたらしいが、とにかく映画のストーリーを補完できる。

BAD/REQUEST

・いまいちな格闘戦
アサシンクリードというかバッドマンというか、ようは□で殴って△でカウンターをとる、という洋ゲーの基準みたいなあの操作なので、決してつまらないわけではないのだが、その他のゲームに比べて動きにしろ戦法にしろ個性がまったくない。モーションも少なく、見た目的にすぐに飽きてしまう。

・単調
コピペ拠点にいるコピペボスを上記のいまいちな格闘で淡々と倒していくのがほとんど。
さらにコンプリートを目指すと目を皿にしてその拠点を歩きまわりジャンク収拾をしなくてはならないのでわりと苦痛。
自分はその辺りのコンプは早々に諦めた。

・目新しさがない
システムやプレイ感覚に既視感が強い。
マッドマックスというタイトルでなければわざわざこれを手に取る理由がない。

・映画と微妙に噛み合わない
コミック版が原作だが、アレンジが加わっているため、コミックとつながるようになっている原作映画と微妙に噛み合わない

・メインストーリーが短い
メインだけなら十時間もせずに終わるのではないだろうか?
この手のオープンワールドゲームはメインだけなら短いのが常だが、それにしても今作は短め。

COMMENT

ボーダランズやアサシンクリードやバットマンシリーズのシステムや映像を継ぎ接ぎしてマッドマックスっぽくした、といえばそれだけのゲーム。
そして元となったそれらのゲームにはどの要素でもあと一歩及んでいない。
ゆえにマッドマックスが好きかどうかで評価が大きく分かれるだろう。
が、十分に及第点の出来ではあるし、なによりあの荒野を頭のおかしい車で爆走するというのは無二の楽しさなので、映画を観て上がったテンションでプレイして欲しい一作。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
うなぎさん  [2016-02-21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ハシビロコウ
レビュー日: 2015-10-04
怒りのデス・ロードを見てブルーレイトリロジーを購入し、すっかりマッドマックスがかった流れで購入。

良い点
○広大な世界
広々オープンワールド。走っても走っても荒野。空の美しさと対照的に、地面に広がるのはオイルの沼、ウジのわいた死体、ガレキ、
壊れた文明の痕跡。普通だったらどこもかしこも砂漠じゃねぇか!となるとこですがマッドマックス的には正解の世界。
とはいえそんな中でも断崖絶壁にへばり付くように作られた小さな住処では、中空にむき出しになった板の上に連なる岩山を
見下ろすようにマットレスが敷かれ、こんなとこで寝てるとかスゲーな、と妙なイマジネーションが刺激される景色も多々あります。
そして各地で見つかるメモや写真、「歴史の遺物」は世界崩壊前から今に至るまでを繋ぐ補完アイテム。シリアスで興味深いものから
ちょっと笑っちゃうジョークものまで様々。
たまに襲ってくる嵐は視界を埋め尽くす砂の乱舞、打ち付ける雷に迫力の音響と、わりと本気でびびる。
この嵐の描写の何がいいって、警告が表示されて周りを見回すと、荒野の地平線の向こうから大きな大きな砂の塊が、徐々に徐々に
こちらにやってくるのが見える事。唐突に嵐だ!ゴワー!ではなく、「やってくる」。やべぇ、逃げなきゃ!となります。
嵐は味方領の拠点に避難すれば即回避可能で、敵拠点や地下、建物内の場合も数分待てば過ぎ去ります。
○格闘戦
ある程度方向を定めてボタンポチポチ、殴りかかってくるタイミングに合わせて三角ボタンでカウンター。
バットマンシリーズを思い出させるシステムですが、制圧する為の動きがもはや華麗なバットマンと違いマックスの必死に繰り出される
殺す為の「暴力」が爽快。ボグリボグリと殴りつけ、バックドロップで荒々しくフィニッシュするとテンション上がります。
強化していくうちに飛びつき腕ひしぎとか使い始めました。ボキボキです。
ゲームが進むにつれナイフと弾丸の携行数も増え、わりと気楽に使えるようになりました。元々入手の機会自体そこまで稀でもないですし、
拠点の発展で帰還すれば補充されるようにもなります。
(とはいえ一般的なACTとして考えれば携行数は少なめなので、その不便さというか不足感を世界観として割り切れるかはそれぞれかも。)
○カーバトル
敵の車とゴッツンゴッツンぶっつけあって、モーターストーム宜しく破片を飛び散らせてぶっ壊れまくり。
序盤は何かと近い距離でグルグルおっかけっこになってバターになりそうですが、慣れてくる+車のカスタマイズが進むと
バキバキ壊せるようになります。敵の車両隊のボスを初めて仕留めた時には思わず「よし、シねや!」と口走っていました。
ハープーンぶっ刺してドライバーを直接引きずり出せば瞬殺も可能。時々運転席付近を板で覆ってハープーン対策を
施してる奴も居て飽きさせません。が、そんな奴は火薬付銛のサンダープーンで爆殺。
サイドバイサイドになったなら、車の横から炎を吹き出して焼いてやりましょう。
最近はハープーン強化でタイヤを直接ぶっこ抜けるようになったので、車を無力化して(敵はタイヤを奪われると車を乗り捨てる)
駆け寄ってくるドライバーを同じく走っていってゲンコツ繰り出すのがマイブーム。どちらの拳が先にめり込むかがアツイ。
車のエンジン音もカッコイイし、ドライバー視点があるのもポイント。実用性は抜きにしてマックス気分が高まる。
人だけを無力化して車を無事に残せれば、そのまま拠点に持ち帰ってコレクションに加え、走りに出かけることも可能。
サスがビヨンビヨンだったり、異常なピーキーさと異音が常にする車だったり、いかにもな車が揃ってて楽しい。
また、スクラップを大量に積載している車も居るので、同じく持ち帰ればスクラップも大量ゲット。
○マックス&車カスタマイズ
マックスは体力や技の習得に加え服装、髪型の変更が徐々にアンロック。
車はエンジンやサスの内部から、グリルやボディの外部と多岐のカスタマイズが可能。
タイヤとボディから針を突き出してヒャッハーな車に仕上げましょう。
○拠点
アジトとして間借りする砦は、パーツの収集やクエストクリアによって徐々に発展。
最初はうめき声と苦しそうな咳、マックスへの悪態と未来への絶望しか聞こえて来なかった拠点が、発展するにつれ笑い声や、
鉄を打ち仕事をする音が聞こえて来るように。
実際ただ寝そべって死に掛けてる人ばっかだったのが、いろいろと働いてたり元気そうにしているのを見るのはなんとなく
嬉しい気持ちに。
敵車破壊時にいちいち車から降りて拾ってたパーツも、拠点を発展させて「後処理班」が出来れば自動で回収してくれるように。
弾丸も作成されるようになります。

悪い点
●規制
・血しぶきの量を低減、血液の色味変更なし
・部位欠損など、特に残酷描写がされている死体削除
・部位欠損部分の切断面を暗色に変更
・暴力的な表現を含むムービー内の1シーンを削除
暴力を含まずしてマッドマックスが成り立つかよ。色々事情はあるにせよ、やはり残念。
●はじけ不足
映画並みは難しいにせよ、イマイチ敵にヒャッハー感が足りない。太鼓持ちも登場するがテンション不足。
まだ序盤なのでこれからイモーターン!でV8!V8!な崇拝必至のカリスマクソ野郎の登場に期待。
●奇妙な挙動・バグ
洋ゲー独特のキャラクターの動きの慣性がやや微妙。
丘の上で唐突に強風が吹いてきたと思ったら(嵐にあらず。どうやら竜巻で巻き上げられた模様。)マックスが風車のように回転して、
あっという間に谷底まっさかさまでゲームオーバー!もごくまれにあり。
前述のタイヤ抜き&格闘戦をやろうと車を降りたら、走ってきたウォーボーイ3人と車が目の前でパッと消える、なんて事もありました。
新しい砦に入ったら流れてるカットシーンと別のカットシーンの音声がごっちゃになるバグも発生。
その後通常画面に戻ったら画面の大半が真っ暗になるアクシデント。一旦ゲーム終了して再開したら普通に遊べるようになったものの、
肝が冷えました。フリーズバグも1回発生。
●字幕
小さい…。UI画面等は問題ないものの、走ってる最中に流れることもある音声字幕は読みづらい。
もう少し大きくてもいいなぁ。吹き替えの収録はありません。

V8に身を預け(序盤はV6)轟音を撒き散らし荒野を駆け抜け、奇声を上げて襲い掛かってくる男達を殴って殴ってバックドロップ。
スクラップをかき集め愛車をカスタムし、力なき民に水を与え(水筒で)、暴力に抗う者たちの拠り所に火を灯していく。
敵の拠点を破壊して物資を集めて、の繰り返しは作業的ではありますが、プチプチを潰す感覚でマップを見ながら「次ここ行ってみっか」と
続々敵アイコンを叩き潰し中。
狂気の世界をゲームに手堅く落とし込んだ1本。今のところとてもはまってます。

【PS4】マッドマックス
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「マッドマックス」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。