このソフトのレビューを書く

【PS4】いけにえと雪のセツナ レビュー

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2016-02-18
価格 5184円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
68
(難易度)
1.82
レビュー数
11
スコアチャート いけにえと雪のセツナレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
18.2%
20-29
0%
30-39
9.1%
40-49
0%
50-59
27.3%
60-69
27.3%
70-79
18.2%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
72.7%
【標準偏差】
21.21


1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

VITA版未プレイ

・90年代風のRPGを意識した作り
 久々に据え置き機でコテコテのRPGをプレイした気がする。
 90年代RPGをが好きな人はたまらないと思う。

・フィールドからバトルへはシームレス
 クロノトリガーやポポロクロイスみたいな感じ。

・萌えや声優やグラフィックではなくRPGと低価格で勝負したところ
 なので本作でグラがショボいとかいう意見はお門違い。

BAD/REQUEST

・どこ行っても雪だらけ。全編ピアノのBGM
 演出であえてやっているのか、低予算で仕方なくやっているのか・・・おそらく後者だと思うけど。
 いろいろな場所を冒険するというのがRPGの醍醐味なのに、どこ行っても同じ景色、同じ楽器のBGMだと
 どこ行っても「またかよ」感がある。

・スキルシステムが複雑
 もうちょっとシンプルにすべきだった。

・範囲スキルの範囲がよくわからない
 自分と近くのキャラを回復する と書いてあっても範囲が表示されないので
 どの程度近くかわからない。

COMMENT

JRPGが衰退する中であえて挑戦した心意気に惚れる。
新規IPで荒削りなところがあるけどRPGを作ってくれたということで甘めの採点。
願わくば第二弾も作って欲しい。
色々低予算っぽいところがあるけど、低価格なんで多めに見てあげましょう。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
かぎさん  [2016-09-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
68pt

GOOD!

夏足さが蘇ってくるようなRPG。雪景色が美しく、全編で奏でるピアノ曲が心地よい響き。
戦闘自体もオーソドックスなものながら、それなりに戦略性を問われるもので、ちょうどいい難易度だった。
やはりシームレスにそのまま移行するとこが快適だった。
キャラクターもいい。

BAD/REQUEST

宿がないってのは、どうにもRPGとしては物足りなか。
雪景色はきれいだが、そればっかりずっ続く。
ボリュームもイマイチ。

COMMENT

クロノトリガーは良く聞く名作RPGってことだが、残念ながらしたことない。
まあ景色がずっと一緒ってのがちょっと飽きっぽかったが、普通に面白いゲームであったと思う。
あの頃のRPGを取り戻せにコンセプトは一応成功!宿がないのは除いて

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
海王様さん  [2016-06-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
0pt 1pt 4pt 1pt 1pt 1pt 2pt
総合点
23pt

GOOD!

・音楽
全てピアノ、他の音がないという独特なもの。
しかし戦闘の際は盛り上がるような、街やフィールドは物静かなもの等、作り分けができていました。
ピアノ音源の曲が好きな方は間違いなくハマるくらい、素晴らしい物でした。

BAD/REQUEST

・オリジナリティ
ないです。
まず、全ての箇所でベースになっているのがクロノトリガー。
クロノトリガーのストーリーや戦闘システムを劣化させたのがこの作品と考えてもらえば70%くらい間違いありません。
また、随所にFF(4,5,6)の成分が入っています。ストーリーやキャラクター、戦闘システム各所に。
特に技名が酷く、50%はクロノトリガー、他はFFです。

「このゲームだけのオリジナル部分」が全くないです。0に等しい。
過去のスクウェアゲーを細かく切り取り、ツギハギにしている感じです。

・グラフィック
PS4でやるレベルでは到底ありません。
頭身はリアルではなく簡略化されたもの(イメージとしてはPS2のロマンシングサガ・ミンストレルソング)であり、
背景や街の景色は書き込みが少なくペラッペラ。街は2パターンくらいのコピペ地形となっております。
「頑張ればPS3でできるレベル」と思っていただければ間違いありません。

また、ムービーが一つもありません。本当に一つも。

・ストーリー
各キャラの掘り下げは殆どなく、行き当たりばったりで仲間になっていくスタイル。
特に、「本編が始まる前に過去にいろいろあった世界」という設定なのに、その過去の出来事に殆ど触れないので、ユーザー置いてけぼり感が
すごいものとなっています。

・連携技及び戦闘バランス
このゲーム、連携技が非常に強く、良い連携技を早期に発見すればそれだけ放っているだけで本当にラスボスまでいけます。
筆者はそれを発見し、道中の雑魚敵は全てその連携技で1ターンkill→エーテルでMP回復という単調作業でした。

単調作業が嫌なら連携技を使わなければいいじゃない、と考える方もいるとは思いますが、そうなると逆に敵のHPが多すぎてテンポが
激悪となります。
「連携技を使うと弱すぎるが、使わなければ多すぎる」という絶妙に悪いHP設定がかなり足を引っ張っています。

・攻撃や技の範囲
各技に範囲が指定されています。敵中心に小範囲ですとか、敵の前方に○○ですとかそのような感じです。
しかし、これが実際の戦闘画面に可視化されておらず、感覚で覚えなければなりません。
敵は戦闘中自由に動いているので、コマンドで選択した時と実際に技を放つ時で場所が変わっていて、結果もう1匹の敵が範囲外に…という
出来事が珍しくありません。
というよりもそれを警戒して、通常攻撃or全体攻撃どちらかを使うというのが標準になります。不便利すぎます。

・状態異常
現在かかっている敵味方の一覧をすぐにパッと見れない。ゲージ制のRPGとしては論外な仕様。
一応キャラのエフェクトを見ればわかるのですが、複数の状態異常がかかっているとそのうち1つのエフェクトしか出ないので、
細部までわからない仕様です。

・開発室
開発スタッフの感想や雑談を見られる、所謂開発室が「本編クリア前」に見れます。
これは致命的だと思いますね。

COMMENT

過去のRPGを取り戻してないです。クロノトリガーをベースに過去流行ったRPG要素をペタペタ貼り付け、最後に劣化させたのが
この作品です。
褒められる部分は音楽と定価しかありません。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
オストラヴァさん  [2016-06-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
78pt

GOOD!

おもしろかった。素直に納得した。
王堂RPGゲームで、ストーリーは十分納得できた。
戦闘システムは、FFのようなターン式でけっこう考える時間があるのがいい。
勝てなければレベル上げをすれば勝てる。このあたりも親切設計。
音楽は前編ピアノ。これには意表をつかれたが終わってみるとなかなかよかった。雪の風景とピアノがこんなにあうとは驚いた。

BAD/REQUEST

私だけかもしれないが、刹那システムやATBやSPなどがよくわからなかった。ただただ魔法で攻めたので。
PS4でやったが、もう少しキャラを大きく描いてもよかったかな。

COMMENT

最近、めずらしく愛着のわくゲームだ。みんなに勧めたい。
ボリュームもあり、やり応えがあった。
ぜひぜひ、続編を期待したい。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
やまさん  [2016-04-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 秋冬
レビュー日: 2016-02-18
【世界観&シナリオ】

最初の島とか序盤がそうなのかなと思えば本当にどこまでも真っ白な雪国だった。ピアノの音色や鮮やかな色の木がいい味を出していて
雰囲気がとても良く出てる。全編同じ雰囲気で統一されてるのってどうよ、という心配は実際にやってみたらそうでもなかった。
過酷な雪の中、ひたすら最果ての地を目指すという冒険感がかなりあるし、何よりロケーションは想像以上に豊富だった。

物語に関してはFF10だと発売前各地で散々言われていたが実際やってみたら既視感のようなものは意外な程なかった。
というのもキャラクターの性格や言動がまったく被ってないし(ヨミは見た目に関してはまんますぎるけど)、
FF10よりも若干末期感があって静かな雰囲気がある。ちょっと静かすぎるし哀愁が漂いまくってる気もするけど嫌いではない。

キャラクターは思いのほか公式HPで紹介や絵だけ見たときと、大分印象が違ったのでそこはかなり驚いた。
主人公のエンドに関しては想像を超えた頼もしいクールなイケメンで
クオンに関しては想像より遥かにツンツンした子だった。だがそれがいい
一番意外だったのはヒロインのセツナが想像を超えて乙女ちっくなヒロインだった事。声も言動も異様なまでに可愛い(小並)

ただ昔のRPGよろしく、細かい部分はプレイヤーの想像や妄想で補う部分もある感じだった。
主人公がセツナの護衛を引き受ける気持ちになるまでのプロセスやセツナの主人公に対する好感度が最初からほぼマックスである事が
最序盤では少々わかりにくいのがその一例。
ある程度それらしい胸中を匂わせるような演出があっても、それを言葉にしたり明確な理由を提示したりはしなかった。
まぁ主人公のセリフはほぼ全て選択肢でプレイヤーに委ねられてるし
基本喋らないので「なんかこの子健気で可愛いから守ってやるか」と自分が思ったならそれでいいのかもしれないが。
テンポよくサクサク進むしゲーム部分がしっかり作りこまれてるのも相まって途中でダレる事はない様に思う。

【BGM】

BGMに関しては、これは大体の人が高評価なんじゃないかって思ったくらいには良いと思う。
全編ほぼピアノで構成されており、どこまでも広がる雪国との親和性は高いし、実際に雰囲気がある。
「泣ける」というのを前面に押し出してくるのを嫌な人もいるだろうから、この露骨な感動推しのBGMを嫌がる人もいるだろうなとも思う。
最初のワールドマップで流れる曲は特にお気に入り。日差しが出て少し明るい雪国で冷たい風が差し込んでくる様なそんなイメージ。
20代前半の無名の方が担当されたらしいけども、かなりの将来性を感じたのでこれからも頑張ってほしい。サントラは確実に買います。

【基本的なシステム部分】

宿屋がない事と、戦闘での逃走コマンドが無い理由が正直言って謎。最もRPGの逃走は確実に逃げられるかもわからず背中をボコボコ殴られるだけなので
アイテムを使えば確実に逃げられるというのは良いと思う。ただそんな中途半端な仕様にするくらいならクロノクロスみたいに100%逃走できる仕様の方がよかったように思う
ある程度システムに制限をかけて、割高な逃走用アイテムをどういった局面で使うかというのは確かに面白さの一端を担ってる気がしないでもないけど、それを強制するのは如何なものか。

宿屋がないので新しい街に着いても一発で体力万全にする事ができない。アイテムの補給や装備を整える事ができても、その後街の外に出てテントを張って休まねばならないのはちと悲しい。
魔物被害が問題になってる世界設定で基本的に皆引きこもっており、現地住民しか普段いないような町や村に宿屋があるのは変な話かもしれない。それならそれで空家の寝床くらい自由に使わせてほすい。イベントで使わせてくれる場合もあるっちゃあるけど。
まぁでも、普段こういうRPGやってると宿屋は滅多に使わない上に大体マップでセーブしたりテント使ったりしてた気がするので、無い物ねだりな気もする。

このゲームにはいわゆる図鑑システムがあり、これが中々よくできている。
人物や魔物、武器や世界設定なのが細かく項目が分かれていて、その一つ一つに丁寧な解説文があるので読んでて楽しい。
知らない人には解らない例えで申し訳ないけどFF12の図鑑を想像して貰えれば大体合ってる。
図鑑では武器が一つ一つちゃんとモデリングが解説付きで大きく表示され、装備を切り替える事で戦闘中もグラフィックも変化するのも◎。
割とどうでもいい事まで丁寧に書いてるし、キャラクターや魔物の3Dモデルをじっくり見ることができて楽しかった。

鎧や兜のような防具アイテムが存在しない代わりに法器、法石という装備アイテムがあり、これによるカスタマイズ要素がとても豊富。
詳しい内容については長くなるので省くけど戦闘中に使える技をセットしたり、パッシブスキルや追加効果を強化したりするものだと思えばおk。

【戦闘システム】

シームレスに戦闘に移るアクティブタイムバトルは非常に快適だった。
戦闘フィールドに飛ばずその場で戦うのでロケーションはかなり豊富で視覚的にも楽しませてくれる。

こういったコマンド製RPGではある程度の強化が終われば通常攻撃や強力なスキルの連発に終始するが
アクション中に特定のタイミング押す事で発動する「セツナシステム」によって戦略性の拡張がなされている。

これが非常に多彩で単純に威力を強化するものから特殊な追加効果を発動させるものとその種類もかなりのもの。
行動可能になってる味方が2人以上いる事で発動できる「連携技」も絡んでくるので、とにかく戦闘時の選択肢は多い。

そこから更に敵を撃破した時の条件でドロップ素材が代わり、そのドロップ素材を元に新たなスキルを生み出していく。
といった様にプレイヤーに常に思考を求める作りになっている。
なのでよほど強化が進んでいない限り「レベルを上げて物理で殴ればいい」といった事にはならない。
特に強敵との戦闘では操作が忙しく、独特の緊張感がある。強敵といえば、現段階では勝てないようなレア敵が所々におりこれもワクワクした。

【総評】

面白い、つまらないという意見を置いたとしても、嫌でも製作者の強いコダワリと愛が感じられるゲーム。

PS4持ちの旧スクウェアファンの方にとっては相当な需要が感じられる。
確実に賛否を分ける要素を多く含むものの、スクウェアがSFC時代に発売したRPGの延長線に存在する最新のRPGである事が最も突出した個性となっていて、十分な魅力も感じられる。
ゲーム内の全ての要素がうまく噛み合っており、ネタバレになるので多くは語れないけどもシナリオや、戦闘システムも間違いなく良作の部類に入ると個人的には思う。
感動させようという方向性に開き直ってぶっちぎった「切なさ=あざとさ」を受け入れられるかどうかでも大分変わってくるので
購入を考えている人は公式HPで詳細を見ることをオススメします。個人的にはかなり好きだけど。

星を一つ抜いた理由はPS4版は相当快適だけどVITA版のロードが若干長い事←ではなくVITA版のプレイ動画を公式で公開しなかった事。
携帯機は手軽に遊べて小回りが効くメリットがあるし、実際触ってみたらパッチ後の閃の軌跡と大して変わらないくらいなので
個人的にはプレイに支障はほぼ感じなかった。ただし、やはりスペックや仕様が異なる事はきっちりと明記するべき問題だと思う。
実際VITA版とPS4版を混同した情報を間に受けた人をネット上でかなり見かけた。

【RPG取り戻そうとしても、ユーザー側が今は・・・】

今なお世界中にファンを持つ、クロノトリガーの精神的続編であると言うこと。
旧スクウェア全盛期のゲームの基盤を持ってきたということ。
RPGを取り戻そうという少々過剰なキャッチコピー等でセツナは発売前から色々な意味で話題になっていました。

そのせいか発売前からのネガティブキャンペーンが一部で盛んに行われており、特にVITA版(PS4版かどうかの表記すらしない悪意ある表題だったが)のロード時間の長さが
徹底的に悪く誇張され、アスキーアートのコミカルさでごまかしながら不特定多数の人達を悪い方向へ扇動するゲハ系のブログで拡散されています。

VITA版のロードをちょっと長いなと自分も感じた事は間違いないし、正直この辺りの仕様に関しては擁護できないが匿名掲示板を中心とした
「万人にとって致命的な欠点でなければならない」という祭り上げ方にはうすら寒さを感じました。

フィールドに入ればシームレスに戦闘に移行する事や、据え置きと違った携帯機ならではの気軽にプレイできる利便性等、
機種に応じた一長一短はまるで触れられず、「クソゲーであってほしい」といった悪意の塊に満ちた書き込みは、ただただ異様です。

欠点を批判する事。不満点を列挙する事。決して悪い事ではないです。ただ、良い部分に目を向けない減点方式の人が明らかにネットでは多い。
何の欠点もない完璧な作品である事が前提で、そこから粗を徹底的に探し出す。

シナリオが面白いけど戦闘が単調だった←戦闘がつまらないってのはどんなに他が良くても致命的。クソゲー
戦闘が面白いけどシナリオがあまり好みに合わなかった←シナリオがクソなのはどんなに他が良くても致命的。クソゲー
全体的によくまとまってはいたけど、ロードが若干長かった←ロードが長いのはどんなに他が良くても致命的。クソゲー
いやいや、そんな事はn←クソゲー。クソゲー!クソゲー!

擁護すれば「信者」「工作員」「社員」
口を開けば「売上が」「○○より売れた、売れなかった」
「豚が」「ゴキが」「エアプ」「顔真っ赤」「必死」 

良い意見はこれらの悪意に埋もれ、覇権だの勝利だの爆死だの見えない何かとの戦いに終始する。本当にくだらない。
何より、RPG全盛期をベースにしたスクウェア系譜の国産RPGが、欠点探しの炎上ネタ探しで盛り上がる現状が終わってる。

個人的な例をあげると
優れたBGM、戦闘システムとグラフィックを持ち、シナリオが稚拙なFF13。
唯一無二のゲームデザインと遊び心に満ち、作り手の拘りが随所に光るが企業の問題でシナリオが未完に終わったMGS5。
当時では画期的な箱庭系フィールドデザインと魅力的なキャラクター達だが救いの無い結末しか用意されてないラジアータストーリーズ。
息が詰まるような世界。今までのシリーズとは異なる異質なシナリオ。とても高い難易度を乗り越えてEDに辿りつき
世界の美しさに涙するブレスオブファイア5

これらのゲームは、全て自分にとっては忘れらない大切なゲームです。
事実これらのゲームはネガキャン関係なく、多数の賛同は得られなかった作品であり、荒れに荒れたのは間違いない。
それでも、決して自分はこれらの作品が何もかもを否定するような悪いものだとはどうしても思えない。
これらのゲームは一例だが、様々な物の欠点探しだけでなく、良い所も探してほしい。見て欲しい。

何かを否定する事が肯定することよりも正しい真実であるという考え方は悲しいと思う。
このままだと業界が萎んでいく一方だし。何も良い事がない

記憶に残るRPGの原体験をもう一度。素敵な目標だと思いました。少なくとも自分にとってセツナは数ある思い出の作品の1つになり得たと思う。
これからも誰かの記憶に残るRPGが世に出ることを切に願います。
 

【PS4】いけにえと雪のセツナ
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「いけにえと雪のセツナ」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。