このソフトのレビューを書く

【PS4】DARK SOULS III レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2016-03-24
価格 8024円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(THE FIRE FADES EDITION版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~6人)

【DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION】
■ 発売日:2017/04/20
■ 価格:5,832円
通常版にDLCを同梱したものです。

総合ポイント
76
(難易度)
3.79
レビュー数
28
スコアチャート DARK SOULS IIIレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.6%
20-29
3.6%
30-39
3.6%
40-49
0%
50-59
17.9%
60-69
35.7%
70-79
28.6%
80-89
7.1%
90-100
【60点以上】
89.3%
【標準偏差】
15.55


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
76pt

GOOD!

<グラフィック>
PS4だけあって細かく美麗なグラフィックだと思います。装備品ひとつひとつに細かな表現がされており(古からある武器は劣化の痕、傷や打痕等)武具の意匠などはなかなか凝ったものがあるかと。

<システム>
基本的にやるべきことは他のRPGと同じでレベルを上げ、武器を強化してボスを倒していく。
その道中でレベルアップの時に上げられるステータスとステータスによって装備できる武器や防具、魔法の自由度の高さが面白いところです。
重量武器を振り回し重鎧を纏う騎士、魔法強化した武器を使いこなす魔法戦士、高火力の魔法と回復魔法の両方を使いこなす魔法使いなど
自分がやりたいキャラを作ることができるのが最大の特徴かつ魅力だと思います。

<戦闘と達成感>
主人公は不死身ですが最強ではないので基本的に死んで経験していきます。
意図して初見で死ぬであろう罠や分からん殺しを繰り出すボスを配置しあの手この手でプレイヤーを苦しめてきます。
 ぶっちゃけ理不尽です、ですが何度か死んで繰り返しくいく内に自分の中でどんな状況で戦っていくの良いのか、もしかしたら罠があるかもしれないと予見できるようになります。
 危険を察知する嗅覚と武器の特性を理解して正しく運用する能力がプレイヤーの中で培われて克服していく。
ただ漠然と戦っていても光明は見えません、試行錯誤を繰り返して時には逃げたりアイテムを使ったりして困難を達成できた時に得られる快感
が他のゲームにはない美点です。

BAD/REQUEST

<ロード>
死んで覚えるゲームである以上やはりロードのストレスは可能な限り少なくしてほしいです。
体感15~30秒の間くらいでしょうか、もっと短くしてほしいところ。

<マラソン>
環境によってはオンラインのマルチが遊べない人もいるでしょう、誓約アイテムというのがあるのですがオフだと集めるのが非常に大変です。
ストーリーに必須ではないのでまだいいですがオフだと何時間にも渡って同じ敵を倒し続けるマラソンが必須となります。
もう少し気配りがほしかったです。

COMMENT

自分はブラッドボーンを含めソウルシリーズを遊んできましたが今回はその集大成ということでレビューを書かせていただきました。
 高難度で知られる当ゲームですがしっかりと段階を踏んで対策を重ねていけばクリアはできるように設計されているかと思われます。
慣れが必要なのとそもそも体質にあわない方がいる、いわゆる人を選ぶゲームであるため決して万人に薦められるゲームではありませんが
オンラインを含め骨太なゲームであるのは確かなので興味を持っていただけると幸いです。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
VANDさん  [2017-05-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 3pt 5pt
総合点
69pt

GOOD!

シリーズは2と同スカラーオブ~版もやってます。
ブラッドボーンもやりましたがあっちは合わなかったので1周しかやってません

・グラフィック(4点)
ダークソウル2でも美麗さに驚きましたが、さらにパワーアップしてます。
細かいギミックから遠景まで美しいです

・オリジナリティ(4点)
代名詞が鬼難度の死にゲーという、一見クソゲーにしか思えない内容ですが、その難易度故の達成感はこのシリーズでしか味わえない要素だと思います。細かいバランス云々はありますが、オンライン要素も、メインとなるのが他プレーヤーの妨害や嫌がらせと言う何とも他のメーカーが思いついても実装しない事を平気でやってのけた元祖です。

・熱中度(4点)
攻略一つとっても過去作同様一筋縄で行くはずもなく、対人戦の面白さが分かれば、寝ても覚めても自キャラのビルドを考えてる事請け合いです
単純にストーリーを追っていくにも、対人戦に没頭するにも、時間を忘れてプレイできます。

BAD/REQUEST

そこまで低評価にするような事は少ないですが
前作2と比べると、イマイチだったかなという印象です。前作を上回ってきたのは装備品のデザインくらいでしょうかね・・・

以下、特に低評価ということではないですが、個人的に気になった部分です。

・ストーリー
このゲームは2もブラッドボーンもそうでしたが、本編ただやるだけではまず内容は入ってきません。
ネットで調べるなどして補てんしないと中身を把握できないです。
主人公がそもそも何者で、何のためにここに居て、ていうか舞台が一体どこなのか、何を目的にやってるのか、何一つ良くわかりません。
ただ、出来が悪いとか考えてないとかそういう話ではなく、あえて多くを語らないという感じです。
が、一見さんお断りな感じなので、初心者が取っ付きにくい要素ではあります。

・あまり絵替わりしない
2は、冒頭からいきなり断崖絶壁の大海原に目を奪われ、その後も森に入ったり沼に行ったり、燃え盛る溶岩の上に立つ城やら雪景色、ひたすら不気味なクズ底など、フィールドがバラエティに富んで陰鬱なりに幻想的だった印象ですが、今作は城から城、また城・・・また建物なの?となってきた頃に山、あとは毒沼・・・そしてまた城・・・
なんかそんな感じで終始画面は茶色系か、後は真っ暗、とにかく陰鬱さばかりが印象的でした。そのエリアの一部だけ画像で見て何処か分かる場所は少ないと思います・・・
また、景色がガラッと変わるというのが少なかったので、イマイチ次のステージに来たと言う感じもなかったです。
ブラッドボーンもひたすら入り組んだ街ばかり歩かされた印象が強く、そこが気に入らなかったですが、これはちょっと残念でした。

・ボスがイマイチ
強いとか弱いじゃなく、キャラクターが弱い印象です
一応カンスト周回の8周までプレイしましたが、何度も死んだボス以外は名前も覚えてません。前述の印象に残らないフィールドと合わさって、エリアボスがなんだったか覚えてない場所も多いです。
2ではカエルやら死体の塊、迫力満点の甲冑姿のイケメンボスに、倒そうなんてふつう考えない巨竜とか、濃いキャラで印象に残ってたのが多いですが、何か今作はその辺がちょっと薄いかなぁという印象でした。
一番記憶に残ってるのは何かと考えたら、ぱっと思いついたのが、終盤に出てくる敵NPCのハベル騎士でした・・・

COMMENT

期待は超えてこなかったですね
2はほぼ1年遊んでましたが、今作は攻略と、たまに侵入してくる闇霊と遊んでただけでおなか一杯になりました
総評としては世界観とキャラクターがイマイチという感じです。

難易度的には相変わらずの死にゲーです

ただ、これからDLCがまだ出てくるので、化けるかもしれません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
5さん  [2017-04-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 5pt 5pt 2pt 3pt
総合点
82pt

GOOD!

■オリジナリティ■
【難易度の高い世界での共闘・敵対】
ソウルシリーズはデモンズから全てプレイしております。
難易度が高いアクションRPGはこのシリーズの独特のオリジナリティです。
基本的にソロプレイでも難しい世界、その中でオンラインによる共闘が可能で非常に心強い存在となる。
それでけでは難易度が下がるため、敵対プレイヤーの進入があり非常に良いバランスとなります。
同シリーズで何度も体感し、慣れてしまっている部分はありますが、このシリーズのオリジナリティという意味での高評価です。
シリーズ化が進んでいる為、世界観、キャラクター、武器、難易度全てが非常に良く練られています。

■グラフィック■
【綺麗とも汚いとも言えない】
今となっては綺麗で当たり前ですし、グラフィックに関してはそこまで綺麗とは言えません。
とはいえ、良く作りこまれているダークファンタジーです。
このシリーズでは毎回ですがボスがどれも魅力的です。
初見ではドキドキ必至です。

■音楽■
【盛り上げる音楽・効果音】
音楽は基本無音で、ボス戦でミュージックスタートというのが基本です。
そのボス戦を盛り上げる音楽が素晴らしい。
その他にも武器で切りつけた際の効果音、モノを破壊する効果音、ゲーム中当たり前のように聞こえますが、非常に爽快感です。

■熱中度■高評価
【周回プレイしてこそ】
1週目では武器を強化し自身もレベルアップし強くなりますが、進行具合により敵の種類、ステージが程よい難易度に変化していきます。
周回プレイによりアイテムも変化しよりレベルの高い装備が手に入るなどの魅力もあります。
何度も周回し、複数のキャラクターを作りプレイしておりますが、召還する味方プレイヤー、侵入する敵対プレイヤーにより毎回違う展開があります。
そこがなかなか飽きない要因だと思います。

■満足感■高評価
【ベースは変えないシリーズ】
基本的なソウルシリーズのベースは変えず、さまざまな要素で変化を与えてくれます。
今回印象的なのは「干からびた指」の存在です。
このアイテムにより召還できる味方を1名増やせますが、侵入プレイヤーも1名増えるため、新たな楽しみ得られました。
自身も含めると最大で6名のワチャワチャプレイが可能で、様々な事故を誘発し、笑えることもあります。
非常に面白い要素でした。
そんな中でも基本のベースは変わらないこのシリーズにやはり満足してしまいます。
ユーザーが何を楽しみにプレイしているかを開発側が理解してくれているのだと感じます。

■キャラクタークリエイト■
いじれるパーツも多いため頑張れば思い通りの容姿に近付けます。
考えられないモンスターも生み出すことが可能で。個人的には楽しめる要素のひとつです。
オンライン時も様々な顔と出会い、刺激を受けます(笑

BAD/REQUEST

■快適さ■
【ロードの長さ】
死にゲーの為何度もロードを挟む事になりますが、なかなかの長さです。
召還されたり侵入したりする際に、なかなかのロード時間の結果、ホストが死んでいると再度ロードを挟む事もしばしば。
もう少し改善してほしい所。

■武器の偏り■
実用性のある武器が偏り、オンラインプレイ時にもとある武器への偏りが多いです。
武器を装備する際には自身のステータスが影響する為、ステータス不足で装備できる武器も限られます。
もう少し実用性のある武器を増やすか、武器装備に必要なステータスを見直すか。
全て装備できるのもどうかとは思うので難しいところですが・・・その辺りが不満です。

COMMENT

発売してから何度も他のゲームに浮気し、何度も戻ってきています。
総プレイ時間は500時間を越えていると思います。
そのようなプレイヤーも多いのか、発売して1年近く経ちますが、未だにオンラインはまだ盛り上がっています。
新たなDLCも間もなく配信なので、更に盛り上がりそうですね。

浮気したゲームに最近発売した仁○もありましたが、早々に飽きてこちらに舞い戻りました(笑
仁○をプレイし、レビューしたくなった為、今更ながら記載してみました。
やはり全体的なバランス、飽きない要素、難易度、共闘感、いろいろな魅力が詰まった良作です。
これからも新作、新シリーズが楽しみなゲームです。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
コンセプトゼロさん  [2017-03-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 4pt 4pt 2pt 4pt
総合点
69pt

GOOD!

【素人目にはほとんど胡散臭さを感じさせず、魅力もある世界観・デザイン性】
映像を見てピンときた人も多いはず。ガッシリとした鎧、禍々しさを感じさせる敵、西洋の城や住居や教会、雪国や泥沼に浸かった森林、地下に潜む巨大な建物など西洋ものRPGの定番が現代グラフィックで手堅く描かれる。

【ランダムな攻撃パターン】
動きのパターンがランダムなため、「今が攻撃チャンス!」と思いきや敵の不意打ち攻撃でダメージを受けることがある。つまり油断禁物な緊張感を持ってプレイすることができる。

【レベル上げのバランスがシビア】
体力だけ上げていても敵を倒すのに時間が掛かり集中力が持たず殺されたり、筋力や魔力だけを強化すると一発一発のダメージが増えるがたった一度のタイミングや操作ミスで死ぬこともある。つまり偏った強化をすれば「致命的な弱点」ができてしまう。また、偏らない強化をしても「偏らないなりの難しさ」が常に付きまとうことになる。

【豊富な武器・盾・装備】
説明するまでもないが「あいつが使ってた武器・盾・装備が手に入る!」「こんな不思議な見た目の武器があったのか!」「前作キャラクターの武器・盾・装備も登場!」と嬉しいサプライズがあるのは間違いない。

BAD/REQUEST

【ロード時間】
ゲーム開始時、リトライ時、転送時に約20秒掛かる。転送時はともかく本作は死にゲーという称号を持つだけあって、復活後1分もしないうちに死ぬパターンもある。そういう時の20秒は腹立たしい。ブラボもそうだがこういうゲームほど「快適性」を重視してほしい。

【自由度を極端に落とす武器の強化要素】
どんな武器を使うにもまず自身のレベル上げ(強化)が必要である。具体例として重いが攻撃力・防御力の高い大剣や大盾、重装備を使うにはレベル上げで「筋力」と「体力」をかなり強化しなくてはならない。また魔法を使うにも、回復魔法は「奇跡」という項目を、攻撃魔法には「魔術」という項目を、いずれにせよどちらも「集中力」という項目も強化しないと多くの魔法を使うことはできない。
また一度のレベル上げで使うソウル(要するに敵を倒して得た通貨)の量は多めに要求されるため、使いたい武器・盾・魔法を使うにはいやでもゲームを進めてより多くを求める=時間を掛ける必要がある。
これ自体はシビアなゲームシステムの一部として受け入れられるが、問題なのは武器自体を強化するシステムだ。武器自体を強化するにはある特殊なアイテムと武器に応じたソウルが必要になるのだが、一つの武器を強化するのにある場所まで戻り、レベル上げ、購入に必要なソウルを消費しなくてはならない、というデメリットや面倒事が付きまとう。つまり種類が豊富なだけあって「気分転換」に普段使わない武器(例えば直剣から釜へ)を使おうにも武器を強化していないため、使い物にならないという流れができる。
難易度と強化システムはシビアなうえ、お遊び気分でプレイできる要素は少ない。そのうえで豊富な武器・盾の使用に対する自由度まで低くするのは本作のおもしろさを削ぐポイントだと思う。

【一つの武器と盾を使いこなすよりも戦術の数を要求されるゲーム性】
※かなり個人的な意見なのでご注意を
敵キャラクターは単体なら戦いながら攻撃パターンさえ覚えれば難しくはない。しかし複数が相手になると武器によっては運絡みの戦闘になる。例えばAとBの敵がいるとして、Aの隙を突こうとすればBに攻撃され、Aの攻撃を回避した時にできた隙を突かれてBに攻撃されるといったケース、盾で防御するとAとBが交互に攻撃してきて逃げる隙が見つからずスタミナが切れて攻撃をもろに食らうというケース。
なんにしてもこの状況を良好に打破するには魔法、大型盾、アイテムを使うというふうに戦術が限られてくるのだ。
もちろん本作はアクションでありRPGでもある。こういったゲーム性はおかしくない。しかしその反面、複数の敵が相手になった時のゲームバランスの危うさをあまり調整しなくてもいいとか、どの武器でも複数をスマートに倒せるようなシステムを作らなくてもいい、というふうにゲーム性の奥深さの底が見える感じを受けた。

COMMENT

ソロプレイの評価。
シリーズはあくまでブラボと本作しかプレイしたことがないため、ファン向けではなく新参へ向けたレビュー。
現代グラフィックで手堅く、魅力的に描かれた西洋アクションRPGとやりごたえのある難易度。
もちろん難易度ありきの欠点を多少抱えているがプレイする価値は十分ある。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
プレイヤーさん  [2017-02-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon Customer
レビュー日: 2017-05-25
どはまり中。ボスキャラ倒すのメッチャ難しい。20回くらい戦ってもまだ倒せないボス、今だ健在中。雑魚キャラでも気を抜くとばしばし切られ、叩かれる。

【PS4】DARK SOULS III
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「DARK SOULS III」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。