このソフトのレビューを書く

【PS4】龍が如く6 命の詩。 レビュー

発売元 セガゲームスオフィシャルサイト
発売日 2016-12-08
価格 8845円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 セクシャル 暴力 ギャンブル 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションアドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
62
(難易度)
1.85
レビュー数
13
スコアチャート 龍が如く6 命の詩。レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
7.7%
20-29
0%
30-39
15.4%
40-49
15.4%
50-59
38.5%
60-69
15.4%
70-79
7.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
61.5%
【標準偏差】
14.32


1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 2pt 5pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
50pt

GOOD!

・BGM
シリーズ通してBGMは中々良く、今作が特別良かったというワケではありませんが世界観に引き込まれるものがありました。
染谷戦のBGMは必聴。

・挿入歌
世界観に合っていないと批判も多い山下達郎さんの挿入歌ですが、私は大変良かったと思います。
今作は過去作と比較して暖かい描写や切ない描写が多く、山下達郎さんの楽曲はそういった描写に凄く合っていて沁みました。

BAD/REQUEST

・グラフィック
龍が如くシリーズはムービーさえ綺麗にしていればいいやという手抜きが常であり、グラフィックをあまり考慮しない私でさえ苦痛に感じる程でした。
それが今回エンジンを一新しかなり綺麗なグラフィックに変わり、動きも滑らかな物へと変わった点は良かったと思います。
しかしエンジンを変え綺麗にはなりましたが、中のモデリングは以前の製作工程と同じなのか、とにかく荒くマネキン気質。
また光沢が強過ぎて不自然な点もいただけない。
某スニーキングゲームレベルまでは求めませんが、せめて現行作レベルまでは頑張って頂きたい。

・挿入歌の多用
GOODに挿入歌を挙げましたが、少し乱用して感動が薄れる点は気になりました。
ここぞという所で使わないと、せっかくの素晴らしい楽曲が台無しです。

・バトルシステム
一新したチャレンジ精神は良かったのですが、連打ゲーに拍車をかけてしまって面白みがない。
龍が如く0のシステムに+αで良かったのでは?

・モブキャラの声優
芸能人キャストの棒読みは諦めもつくし、ある種の面白みかなとも思えるのですが・・・。
モブキャラ(特に子供)の声がプレイ中に気になる程酷い。
キャスト等に資金を使い過ぎたのはわかりますが、流石にオッサン声の子供とかはどうにかならなかったのか。

・ラスボス
ネタバレになるので一言。「お前じゃない!」

COMMENT

私は今作で批判の多かったストーリーについては概ね不満はありません。
シリーズ通して見守ってきた重要人物の未来が思い通りにならなかったという批判もあるでしょうし、今作はそれなりに893絡みがあった作品なので面白いかどうかはともかく遊びたかった893の世界観には入れはしました。
ただラスボスの存在とラストバトルのチープさは擁護出来ない程お粗末です。
また今に始まったことではありませんが、とにかく毎シリーズで代り映えが無く、しかも今回は特に薄味に仕上がっているかなと・・・。
同じ舞台を題材にしているので仕方がないのもわかりますが、流石に手抜きなのが露骨に見えてゲンナリします。
過去に大金をはたいて大コケし、なるべく少ない予算でという気持ちは解らなくもないのですが、ここまで酷いと怒る客が多いのも納得。
ましてや主人公のラストと歌っている作品なだけに、もう少し頑張って欲しかった。

龍が如く0はストーリーが良過ぎたために別格だとしても、今作のガッカリ感は拭えません。
5のストーリーが酷くて足を引っ張ったのかなとは思いますが、もし・・・もし次があるのであれば期待したい。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
YU-YAさん  [2017-02-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 2pt 2pt 3pt 2pt 1pt
総合点
48pt

GOOD!

PS3での前作でも十分綺麗なグラフィックだったが、今回、PS4専用となり、まるで実写のようなリアルな街の描写が美しい。

食事が重要な成長要素になり、その飲食店へ読み込みなしでシームレスに移動できる為、街をブラブラするだけでも十分楽しい。

面倒だったアイテム管理が一新され、使いやすくなった。

歴代でもダントツで取り易いプラチナトロフィ。

有名芸能人が多数参加され、企業のタイアップも数多く、良くも悪くも「リアル」な日本社会がゲームで感じられる。

BAD/REQUEST

背景は綺麗だが、人物の描写が美しくない。絵的にも表現的にも。突っ立って話してるだけのムービーを何度も見せられるのもセンス無し。

建物に入るのがシームレスになったが、行ける場所は驚くほど多いわけでもない。ほとんど飲食店。ブラブラするのも数時間で飽きる。

アイテムが体力回復に関するものばかり。武器が削除されたのはともかく、装備品が微妙なものが多い。あれこれ選ぶ楽しみが失われた。

プラチナトロフィーが取り易くなった原因は、ゲーム内容の過剰な削減であると言っても過言ではない。

芸能人のスケジュール、企業の都合を優先した結果、金を払うお客様に誇張広告を行った、と取られてもおかしくない責任者の行動。

COMMENT

自分は歴代全て遊んできた古参のおじさんですが、今回は何もかもが薄すぎた。
薄っぺらいストーリー、薄っぺらいオープンワールド、薄っぺらいミニゲーム・・・。
中でも一番耐え難いのは、メディアに過剰に露出している2名の責任者達の薄っぺらい「自画自賛」。
間違いなく今作は出来上がっていない。納期に間に合わなかったのだ。今までの作品に触れてきた人なら誰でも分かる。
それは100歩譲ったとして、その責任をどうしてユーザーである我々が被らなければならない。どうして未完成品を買わなければならない。
納期を延長できなかったのは、有名芸能人との完成披露会のスケジュールを変更できないからだろう。協賛企業とのコラボ企画の為だろう。
だったら、内容を薄くして発売しよう、大丈夫、メディアで上手いこと言っておくさ、という行動理念が見え見えすぎる。
なにが「893は幸せになれない」だ。結局、お前達が幸せになりたいだけじゃないか。カッコいい事言うのなら、まず行動で示せ。

このゲームは、未完成品です。それを、大々的に集大成と銘打って恥ずかしげも無く売りさばいた。まるで893のやり方だ。
金に目が眩んだ者達との戦いも描いてきた良質なシリーズが、こんな終焉に至るとは思わなかった。
ただただ、残念でならない。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
g.kenさん  [2017-01-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 2pt 0pt 0pt 1pt
総合点
28pt

GOOD!

グラフィック
さすがPS4!と言っても過言じゃないグラフィック。しかも案外似てるぞビートたけし!(後雨上がり宮迫も)
龍オリジナルキャラの顔はCGではあるが、凄く人らしく描けてるのでここは素直に褒めたい。

シームレス
一部イベントで「エリア移動」が求められる時にはちょっと不便だが、全体通して細かいロードが多数入るよりはこの方がはるかに良い。

BAD/REQUEST

ボリューム
大幅ダウン。
全編作り変えた、という事でいつもの年/1作レベルの超大幅アップデート的な出し方でなくなった弊害か。
そのくせそこには膨大なボリューム注ぐのね、なタイアップ系。毎回気持ちの悪いぐらいの媚び諂いっぷりだが今回のライザップのアレは間違いなくバランスブレイカー。個人的にはこのお陰で楽できたが自制心が働かない人にとってはがっかりポイントでしょう。
それと一番腹立たしいのが、昨今のゲーム会社の「自分達は少ない労力で、ユーザーには最大限の苦痛を与える手抜きプログラム」がこれは本当に酷い。
その最たる例がサブストーリー。
元々龍が如くはメインシナリオが短編小説集の中の一本レベルの短さだけどサブストーリーがおふざけも込みで沢山入り、誰が待ち望んでるかわからないけどプレイスポットも沢山入ってた。
しかし今回はどうだ?サブストーリーは大幅に減り、プレイスポットも減らされた。
そのかわりのトラブルミッションだろうが、SNSでの数行が始まりと終わりに出るだけ。
サブストーリーとやってる事は変わらないけどサブストーリーの演出は放棄したのと一緒。
なんでそういう手抜きをするの?作るのが大変??ユーザーに取っちゃそんな事知らねぇよ。そういう手抜きを擁護するのは「ゲームファン」だけで、そういう手抜きばっかりするからゲーム人口が減って行くんだよ。


戦闘+α
こんなんだったらいつもの過去作のちょい改変でよかったね。
今回は武器が「落ちてるもの」しかなく、その為町中を歩くただのチンピラがナイフだ大金槌だピストルだ…と日本の警察は仕事しないの?(笑)レベルの無茶っぷり。
しかもちょっと近くを通れば「おっ!いたぞ!」と暫く付け狙われるレベル。ドンパチギャングでお馴染みのGTAでもそこまで襲ってこんわ!(笑)

さらに過去作の(桐生+秋山)/2的な身軽さだからか、AIの作り込みを完全に放棄してただの雑魚がスーパーアーマー&怯み体制&終盤は能力MAXでも通常攻撃だけなら倒せない雑魚すら出る始末。
この手の雑魚はヒートか周囲アイテムで楽にはなる…が、その為周囲アイテムに異常な強さを持たせてしまい、ただのパイロンで素手5発分~以上の攻撃力。町中のパイロンは石ですか?鉄製ですか?(笑)

所謂ボスキャラはこちらのボタン読みと超反応ばかりでこれもAIの作り込み放棄。
EASYでもちょっと面倒でストレス発散には程遠いが、ヒート状態だと即死コンボ状態。間はないのか??
ここらへんは快適さ0点理由になります。EASYぐらいサクサク遊べて、上の難易度で調整しなさいよ…


グラフィック(芸能人キャラ)
GOOD欄にビートたけしと宮迫は似てる、と書いた。が後は不気味の谷レベル。
なまじ有名人の顔を知ってるだけにあの変に似てないのに声は本人というのが本当に気味が悪い。
声はゲスト声優(芸能人)でも良いけど、顔を似せる意味は何?
特に言いたいのが今回のキャバクラ。ご本人の顔を見てないのでなんともいい難いが数名露骨にどブス過ぎるでしょ。本人はあのモデリングで納得したの??自分の顔がゲームに出るからって無理から納得せざるを得ない…のレベルでしょ。
GOODにも書いたとおり龍オリジナルキャラは本当に良く出来てるんだから似せれないなら無理に似せずに声だけ当ててもらったほうが良かった…


声優
一部の俳優さん。芸人に負けてどうする…
クランに出てくるプロレスラーにちょっとだけ勝ててる…かな?レベル。
このゲームに限らずだがゲストとして起用するのは本当に話題性だけなんだな…とウンザリする。
せめて近場で声を聞いてるんだから感情が声に乗ってない以上はリテイクを何度もやらせなさいよ。だから「声優の仕事を奪わないで欲しい」って声優さんからもファンからも言われるんだよ。


ストーリー
過去の龍が如くに思い入れがあればあるほど叩きたくなる気は本当に解る。
多くは言わない。「お前は何を見てきたんだ?」でシリーズファンは解るでしょう…
それ以上にがっかり(満足感0点の最大の理由)だったのがあのラスト。
どうしてもネタバレになるし、「○○みたいな」と書いた時点でもネタバレになるのでどうしてもあやふやな記述になるが、ああいう展開にして最後の最後にあのシーンを入れるスタッフ(脚本?)の精神を疑う。

あんなシーンどう考えてもスケベ根性だろ。
どういう形にしろ「出す…かもね」と取られてもしょうがないぞ?

ストーリー全体もお粗末。
話の展開も水戸黄門か?暴れん坊将軍か?な時代劇のように毎回バカの一つ覚えのような展開で街のチンピラにナイフで刺され、刀身の長い刀で切られ、銃やマシンガンでバリバリ撃たれてもLIFEが多少減るレベルなのにムービーになれば「その程度で死ぬの?」というシーンばかり。
それこそ戦闘部分は作り変えたんでしょ?だったら初周は思い切って銃も刀も無くしなさいよ。そしたらムービーシーンにもある程度重みが出るのに結局ギャグ漫画レベルにバッコバコ雑魚をぶちのめし、ムービーでのちょろい攻撃で怯む&死ぬ。白けるわ。

後製作者に一番聞きたいのは「桐生って伝説の極道『堂島の龍』なんだよね?の割には一般人が知らないのはまだしも同業者がボスクラス以外知らないってのはおかしくない?」
もっと言えば龍5での突然のアイドルとか、今回の導入とかもそうだけど本当に上っ面の薄っぺらさに「大人が楽しめるドラマを描くのが龍が如くのテーマじゃなかったの?」と問いただしたい。
あのでかい会場で自身の過去を打ち明けたのがたった数ヶ月で「ほぼ沈静化」って…
芸能情報でしょ?赤の他人の不倫ごときですら1年以上経ってもまだ粘着して騒ぎ立てるレベルなのに???
せめてシナリオは裏社会を知ってる人に綿密に取材をして、その上で描きたい話を書こうよ。これじゃヤクザマンガ・雑誌好きの同人作品レベルだよ。
闇金ウシジマくんとかが人気があるのは作者が本当にそういう裏社会に通じてる人からしっかり取材を行った上で虚と実を織り交ぜながら描くから妙に気持ちの悪いリアリティがあり、そこが引き込まれるのにこれはジャンプ系漫画の展開ばかり。ジャンプ系漫画が悪いわけじゃない。「ヤクザ社会を描く作品の肝がこれじゃ駄目でしょ?」ってこと。


音楽
山下達郎に曲を作って貰ったのは解るが、要所要所に使いすぎ。
MGSシリーズの「またせたな」と一緒でMGS2のここぞという一発で使うから効果があるのにそれ以降お前はそれしか言えんのか?レベルに何度も使われると重みが無くなる。
折角のいい曲なんだからほんとに使い所が勿体無い。それでも聞かせたい!というならプレミアムアドベンチャーのカラオケに入れるなりの労力を使いなさいよ。


セーブデータ仕様
オートセーブはオートセーブを別に作りなさい。手抜きをするな。

COMMENT

正直ファンからしたら「またこいつか…」と思われるかもしれない。
でもゲームぐらい楽しく遊べてよ…ましてや自分はEASYでやったんだ。ベリーハードでやって「戦闘キツイ!」とか言ってたら身の程わきまえろバカ(笑)と言われても仕方ないがEASYで遊んでてストレス溜まる戦闘って段々プレイ意欲を無くす。

BAD欄は長文なので非常に読みづらく言葉を選ばずに書いてるので人によっては不快かもしれないが、桐生一馬の最期が「新ハードだから作るの難しくって♪」な出来では駄目でしょう。
だったらクロヒョウシリーズとか龍が如くで使うエンジンを使った新規DLミドルゲームでも手がけて満を持しての「最高傑作を作りました・・・桐生の生き様を焼き付けて下さい!」にしないと。


シリーズ初のプラチナトロフィー取れたのでEASYメインの自分が取れるんだから普通にゲーム好きなら取れる可能性が高いです。ただ本当に邪魔くさい作業ばかりだけど。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
MK4さん  [2017-01-21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 1pt 2pt 2pt 2pt 1pt
総合点
42pt

GOOD!

☆龍が如くシリーズはほぼ初プレイでのレビューです。


◆グラフィック
かなり頑張っているのではないでしょうか、人物の皮膚感などキレイに表現していますね。

◆色々な役者&芸人さんの起用
これについては賛否あるでしょうが、シリーズ初プレイのきっかけとしてたけしさんや宮迫さんの起用は興味を引いた部分でした(芸人さんが好きなので)
キャラとしても基本的には演技も良くハマってたと思います。藤原竜也さんはちと微妙ではありましたが。

◆過去作のキャラがあまり絡まない
これについても賛否ありまくりでしょうが、初プレイの自分にとっては新キャラ勢がメインで良かったです。
とはいえ過去作に思い入れがある人にとっては不満点になってしまうかと思います。

◆ミニゲームが地味ながらもちゃんと作られてる
麻雀だけでなくダーツやバッティングセンターは何故か黙々とプレイしてしまいました。

BAD/REQUEST

終わってみれば悪い点ばかりが目立ってしまいました。

◆兎にも角にも戦闘&単調
メインはおろか、どんなサブストーリーも基本は戦闘で解決です、
とにかく戦闘のみです。
それなのにビックリするくらい戦闘に深みが無いです、
ものすごい肝の部分なのだから、ここさえ押さえておけばつまらなくはならないのに、
全然詰められてないです。

雑魚戦→基本は近くの敵をつかんで振り回し投げで巻き込み
ボス戦→基本は近くのアイテムをつかんでヒートアクション
全共通→ライザップのアイテムを買い込んでおいて体力ヤバくなったら使用

ほんとこれだけです、通常打撃は威力が低すぎるうえガードされるはかわされるはで最後の削りくらいにしか使えません。
ちなみにお金も麻雀をやりこむと序盤で一気に100万くらい稼げるのでアイテム買いまくれます。

最初は色々試したりして楽しめましたが、結局上記が効率が良く、中盤以降作業でした。
ここが間違いなく一番の問題ですね。

◆レベル上げ
最初は色々なスキルが覚えられるんだ!と楽しくレベル上げしていたのですが、
上記の通り、戦闘が超単調なのでスキルを使う機会がほぼありません。
ただクリアするだけなら一部有用なスキルだけ取ってあとはステータス上げたほうが効率良いくらいでした。
また、手に入る経験値も項目によってバラつきが多いのも微妙に困りました。

◆ムービーゲー
っていうくらいとにかくムービーがしょっちゅう流れます。なのに内容は人物会話ばかりなので地味です。

◆よってストーリーも・・・
後半はただただダレてしまい、ストーリー展開に驚きや感動を全然感じませんでした・・・。
役者さんは頑張っていると思いましたけどね。

◆意外と行けるとこ少ないのね
結局神室町と尾道の2つの街しかいけなくて、ちょっと残念。
とくに尾道は店も少なくマップも狭いので移動が面倒なだけでした。

◆道行くキャラの服装が雑
グレーのパーカーとグレーのズボン、一昔前のギャルみたいな格好の女性、チンピラやヤクザは皆同じような格好
メインキャラ以外の服の作りが雑過ぎます、見ててつまんない。

COMMENT

とにかく何でもかんでも戦闘で解決なんだから、
戦闘が楽しくなるような作りにしてくれたらそこまで悪くならないのに、一番肝心なトコが抜けてる印象でした、
駆け引きや爽快感が薄い・・・!

お金が麻雀で一気に貯まるのも問題だったかもしれません、
ミニゲームをクリアしたらオリジナルのスキルが覚えられるとかなら色々プレイしようって気になるんですが、
経験値やお金は麻雀&ライザップアイテムで事足りるのでいまいちやる気が起きないんですなー。

ストーリーもずっとファンだった方々からしたら不満が残るかもしれませんね。

最初は色々楽しめそうな雰囲気でしたが、終わってみればダレたゲームになってしまいました。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
いづ~さん(Webサイト)  [2017-01-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: マサリオ
レビュー日: 2017-01-14
龍が如くシリーズは、1~5、OTE、極、見参、維新をプレイ済みです。
今回は「桐生一馬最終章」と銘打たれていたのと、PS4での発売とのことで、それ相応に期待していたのですが・・。
普段はレビューなどは全く書かないのですが、好きなシリーズがこのようなことになって寂しいので少しレビューさせていただきます。

◯評価点
・グラフィックはそれ相応に進化していて素晴らしい。街を歩くだけでも、その場に居るかのような雰囲気が味わえます。
・街の移動がシームレスになったのでわずわらしさがないです。
このお陰で、各種飲食店に立ち寄ろうという気が出てくるので経験値稼ぎも比較的しやすい。
・ゲームセンターのゲームに難易度設定が、「ぷよぷよ」を除いて実装されました。
これにより、苦手なゲームでも多少すすめることが出来るので自分としては非常に助かりました。
(特に、格ゲ―のVF5のVERY EASYは殴ってるだけで終わるので、格ゲ―が苦手な自分でもクリア出来きました)
・アイテムボックスが廃止されて、全て自分で管理出来るようになったのでアイテム整理などをしなくて済むのは地味に嬉しいポイント。

◯問題点
大方の問題点は様々な方のレビューで出ていると思いますが、気になったところを。

・バトルシステムの大幅劣化、ヒートアクションの減少
今作の桐生はめちゃくちゃ弱いです。攻撃スピードをMAXにしてもまだ遅く、相手のガードしているところに攻撃すると、怯んでしまいます。
フィニッシュホールドも全て同じジャイアントスイング、壁付近で行うと突然ホールドを止めてしまう(しかも相手はノーダメージ)、アルティメットヒートモードはスーパーアーマーになるわけでも、攻撃力に倍率がかかるわけでも無い名ばかりなアルティメット、
小牧に直接伝授してもらっていない所為か、虎落としも弱体化、捌き打ちも自己流スタイルでこれまた遅いととにかく上げていったら暇がないです。
その状態に加え、今作の敵は、
「桐生の初段攻撃をスウェイで回避して後出し攻撃」、「桐生の攻撃中にも横からぺちぺち攻撃して地味に体力を削る」、
「連続飛び蹴りでダウンさせる」、「アルティメットヒートモード中の攻撃にもスーパーアーマーで突撃してきてこちらの攻撃を中断してくる」
といったことを多々してきて、非常にストレスです。
これはそのへんのチンピラでもしてくるので余計にストレスです。
また、これは個人的に非常にゲンナリしたのですが、ヒートアクションが大幅に削除されています。
自分は、ヒートアクション=龍が如くと思っております。ヒートアクションで敵を倒す爽快感こそ龍が如くの醍醐味だと思うのですが、今作ではそれもままならず・・。
天啓ヒートアクションなどはともかく、出来て当然のヒートアクションも全くしてくれないので非常に残念です。
また、ほとんどのヒートアクションはアルティメットヒートモード前提なのですが、上記のこともあり使いづらいです。
そして、アルティメットヒートモードはスーパーアーマーがつかないのに、そのへんの武器を拾ってぶん回すときだけスーパーアーマーがつきます。そして、めちゃくちゃ強いです。殴るよりも強いです。
また、ドロップキックも使いやすさ、威力などでこれまた強いです。
その為、今作の戦闘は、始まったら敵にドロップキックをかまし、走り回ってオブジェクトを拾ってぶん回すのが一番楽です。
今作においてはそれが爽快感になりますが、「龍が如く」としてみるとあまりにもお粗末です。
そして、シームレスバトルを謳っている割には、バトル終了後の妙な間が気になります。特に、街の強敵とのバトルが終了したあと、
しばらくスマホが開けないというのは、シームレスというのでしょうか。

・プレイスポットの残念さ
今作のプレイスポットは既存のもの、新規のものの尽くが駄目です。
「ライザップ」は、最初こそ楽しいですけど、トレーニングメニューが一切変化しないので早々に飽きます。
そのくせ、結果発表画面はスキップ出来ないので回すときにも面倒です。
また、プレイスポットとは直接関係はないですが、ライザップで売っているアイテムが強力すぎて、他の回復アイテムが不必要になってます。
(2万ほどで、体力全快出来るアイテムがある。スタミナンスパークは7~8万するので明らかにライザップアイテムのほうが安い)
いくらタイアップ元とはいえ、ここまで強力にする必要はあったのでしょうか・・。
「ライブチャット」は「誰得」の極みです。再現度はそこそこだと思いますが、これまたスキップや早送りなどが出来ないので段々めんどくさくなります。
また、ムダにムービーの種類が多く、失敗パターンも1人3パターンあるのでコンプしようとするとこれまた面倒。
(そもそもライブチャットのムービーをコンプしようとする人はいるのでしょうか?)
そして、いくらミニゲーム中とはいえ、桐生が「おっぱいおっぱい」とタイピングする姿はいかがなものかと・・。
桐生さんそんなキャラでしたっけ?
「素潜り」も、一応収入源にはなりますが、3ステージしかないうえ、上級ステージでも経験値がそこまで貰えないので、
レベルMAXにしようとすると上級ステージをひたすらぶん回すだけの作業になり、苦痛です。
「草野球」はそこそこ面白かったですが、野球ネタを入れすぎてちょっとお腹いっぱい感があります。
「クランクリエイター」も、面白いのは最初だけ。亜門軍団が登場する頃にはひたすらにレベリングする作業になります。
しかも、ネットワークでランクをあげようと思ったらこちらもかなり回さないと1ランク上がるのすら大変です。
また、せっかく出演していただいた新日の方々と戦えるのもメインミッション1回のみ。
プロレス技も再現してるのにこれはちょっとひどいのでは・・。
「麻雀」は、今作では1ゲーム終了すると強制的に卓を追い出されるので、連続してプレーしたい場合に不便です。何故変えた・・。
「ぷよぷよ」は、ゲームセンターのゲームの中で唯一難易度設定が存在せず、
練習モードも無いので苦手な人はかなり苦戦します。
また、一部対戦相手が、20人以上撃破してからでないと出現すらしないという謎の仕様があり、
達成目録のコンプの大きな足かせになります。
元のゲームですら、ぷよの色が減るモードがあるのに何故こちらでは一切採用しなかったのでしょうか・・。
そして極めつけにダメなのが「キャバクラ」。これが本当につまらないです。
カードを投げても、相手が一言二言言って終わる場合が多く、桐生がそこから話を広げると言ったことが少なくせっかくのキャバ嬢との会話がつまらなくて苦痛です。
また、達成目録に、各キャバ嬢のプロフィールを埋めろ、というのがあるのですが、これを聞くためのカードがなかなか飛んでこず、ただでさえつまらないのに何度もキャバクラに足を運ぶことになります。
これが5人分もあるのです。コンプリートする気が失せます。
そして、上記仕様があるので、延長する際のボーイのお辞儀がスキップ出来ないのも、非常にイライラします。
唯一面白かったのは「スナック」です。これはついつい寄りたくなってしまうくらいメンバーの個性がいいです。
ただ、「思い出に浸る」の項目がワンクッション無しで再びミニゲームが始まってしまい、中断できないのはかなり痛いです。

・明らかに経験値バランスが悪い
今作入手できる経験値のうち「技巧」が格段に獲得できにくく、「筋力」「俊敏」「根性」の3つはコレでもかというくらい余ります。
エンカウントバトルで入手できるのは左3つだけ、ストーリーのボスを倒しても「筋力」「俊敏」「根性」が3桁もらえるのに、「技巧」は2桁なのはザラ。
クランクリエイター中のバトルでは一切入手出来ない、と、入手手段は限られているのに、
「技巧」を使う能力アップはかなり点在しており、また、クランクリエイターの能力アップにも使用するため、
常に足りない状態になります。
自販機でブーストかけても、手に入るのはわずか1、流石にもう少しどうにかならなかったのか・・。

・「説明不足」「描写不足」「違和感満載」なメインストーリー
ストーリーに関してはかなり皆様がレビューされてますので、簡単に。
今作はとにかく「説明不足」「描写不足」「違和感満載」でしょう。
遥が勇太を「いい人」と認めるのは何故か(プレイヤー側に、それを思わせる描写が一切ない。あるのは勇太が無抵抗の人間をマウントポジションで殴ってるだけのシーン)、
遥がなぜ最後アサガオに戻ってきたのか、(これも、序盤の行動と矛盾するので何か理由があるかもしれないが説明無し)、
染谷は桐生を「老害」っぽく言ってたのに何故他人に「老害」と言われたらキレたのか(染谷が桐生を見直した描写が無い)、
ハルトをラグビーの様にパスしまくった理由(そもそも赤ん坊をぶん投げる事自体が・・)、
など、細かいところを上げるとキリがないです。
また、花屋が一切出てこないのも気になります。
神室町での一件は、花屋に聴けば一発だと思うのですが、秋山はともかく桐生ですら一切名前を出さないところが・・。
これも何故花屋が登場しないか「説明不足」の一つでしょう。
(黒幕の陰謀で神室町を追放された・・など一言あればまだわかるのですが)
また、桐生も今までと違ってどことなく違和感のある行動ばかり取ります。
神室町ではタバコ吸うなといいつつ、まだ幼いハルトの前ではタバコを吸っているところを黙認していたり、
明らかに秋山の言うことが正しいのに、全く言うこと聞かずにぶん殴って黙らせたりとありますが、
一番気になるのは、遥が交通事故で生死をさまよっているのに、そばに付き添うこともなく、
「ハルトの父親を探しに行く」となるところです。
桐生は「遥が立派に育つまでは親代わりでいる」というならば、
こういうときこそ「親」として近くに居てやるべきではないでしょうか?
今作はかなり遥が悪く言われてますが、この点を見ると桐生も桐生でだいぶひどいことしていると思います。
それに、「桐生最終章」とするなら、真島との因縁に決着が着くべきじゃないですか?
その真島の登場は最初と最後だけ。バトルすらしません。それって、アリなんですか?

・バグ多め
例えば、ストーリーの途中で船に乗って敵の本拠地に乗り込むシーンがあるのですが、このときに「準備できていない」と選択すると、以後選択肢がでなくなり進行不能となるバグがあります。(バージョンアップで修正されたでしょうか?)
またこの他にも、町の人の間に挟まって出れなくなり進行不能(オートセーブした場合詰み、しかもお試し版から存在する)、
とあるステージで、ハンマーを使って進むところを、ハンマーを投げてオブジェクト破壊した場合、壊した判定にならず進行不能など、ちょっとプレイすれば気づくようなバグがちらほらあります。
上記戦闘バランス等のことも考えると、本当にテストプレイをしたのかどうかすら怪しくなってしまいます。

◯最後に
今作は「逃げ」の一手にも見えます。
「桐生最終章」とはしてありますが、あの終わり方と皆様の「夢オチのほうがマシ」という意見をみて、
本当にそう出来るようにしているようにも見えます。
(如く7あたりで、桐生が病院で目を覚まし「あれは一体・・?」と言わせれば夢オチの完成ですし)
決して全てがダメではないのですが、「今までの龍が如くなら出来て当然」なところが尽く出来ていないので、
「何故この出来でゴーサインを出したのだろう?」と疑問を抱かずにはいられません。
今作でハッキリしましたが、ユーザーの求めている「龍が如く」と、
スタッフが目指している「龍が如く」はもう、直ぐには埋められないほど深い溝が出来てしまったようですね。
スタッフは、キャバ嬢オーディションを開催する前に、もう一度、「龍が如く」が何か、というのを
原点に帰って考え直したほうが良いでしょう。

【PS4】龍が如く6 命の詩。
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「龍が如く6 命の詩。」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。