このソフトのレビューを書く

【PS4】NieR:Automata レビュー

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2017-02-23
価格 8424円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 犯罪 麻薬 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
78
(難易度)
2.33
レビュー数
12
スコアチャート NieR:Automataレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
16.7%
60-69
33.3%
70-79
50%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
7.51


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
68pt

GOOD!

洗練された操作性が素晴らしく、きびきびと動いてくれるのでストレスナッシング。
様々なカスタム要素や成長要素があるので、強化の過程が楽しめる。
世界は大変良いし、キャラクターも心に残るものとなっている。
グラフィックもキレイに仕上がっているためゲームに入り込みやすい。
周回前提というか何週もして行って真エンドにたどり着くという流れなんだが、
それゆえのボリュームがあっていい。中身が濃いので周回も苦にならない作りだ。

BAD/REQUEST

やはりプレイした多くにほとが感じるであろう、STGの邪魔具合。
ジャンル的になぜ唐突にSTGをやらされてしまうのか、これはちょっと納得いかなかった。
僕があんまりこのジャンルが得意じゃないってのもあるんだけど、苦労させられる箇所があったし
テンポがやや乱れてしまった感じだった。
周回によって面白さに落差があったりする。
しょうがないにしろクエストはお使い系が占めている。

COMMENT

ps3で出ていたレプリカントはちょうど発売された頃にやったので、もう7年近く経つんか。
今更になってシリーズ続けてくれて嬉しい限りだが、ちゃんと作り込んであって素晴らしい。
キャラクターがいいし、ゲーム自体がやりやすいからあんまりゲームしない人も助かるかと。
STG要素は蛇足と思うけど、これも慣れれば大丈夫だろうし、
FFといい最近のスクエニはいい仕事してる!

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
カミンオードーヘイ!死ぬ気でラナウィさん  [2017-04-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 5pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
80pt

GOOD!

良い点
  
ロボット戦、
このゲームシューティング要素もあるんですが、このロボットでの戦闘は何気に面白い。その理由は、一応シューティングと銘打っていますが、ちゃんと剣での接近攻撃もありますので、ただ撃って落すと言った単調さが薄れ撃ったり、切り裂いたりとシューティング苦手の自分も結構楽しめた。

キャラクター(尻)
サイコープリケツヾ(*´∀`*)ノ。ヨコヲさん、始めプラチナゲームズさん、ごっつぁんです(`・ω・´)b

オート戦闘の便利さ、
正直これは便利だわ。何故かって、通常ならばACTが苦手の人の為の所謂救済処置と言った所のシステムだが、私は違う、そう何故ならこのシステムをレベル上げに使っていたのでいやー快適快適レベル上げ中は布団に包まって鼾欠いて寝てました。んで気が付くとアラ不思議何時の間にやらLV99。イヤー、果報は寝て待てとは正にこの事だったんですねぇ。いやー感慨深いですねぇ。ワロスワロス。

釣り等のミニゲーム要素、
今回も釣りの要素等があるのですが、何とも釣りが楽しくて仕方が無い。その理由一々仕入れて来来なければならない餌の存在で今回のニーアは一々餌を使用しなくても、釣りポイントに行きボタンを押せば直ぐに且つ幾らでも楽しめる。そもそもに餌を付けると言う手間が存在しないのでアイテム欄を開いたりする必要も無くストレスフリー。後、ハッキングシューティングも結構楽しい、ちょっとした息抜きにプレイしたりすると良いかも。

スピーディーなハイアクション、
これに至っては言う事無しの素晴らしいバトルアクションでした。正直前作のニーアは今作みたいにこんな凄いアクションは出来ずただただ剣を振り回すだけで、弱~強と言った派生等も無く基本通常攻撃での戦いを余儀なくされる。一方で今作はまさにもう縦横無尽に暴れまわれる為、好きな武器等を選んで、様々な組み合わせを楽しめる。

<動物に乗って回れる>
前作同様一定の条件を満たすと自由に乗り降りでき、フィールドを所狭しと走り回ることが出来る。勿論敵を吹き飛ばしても行けます。何気に爽快。

BAD/REQUEST

悪い点

ハッキングシューティングの不要さ、
この事については皆さんが仰る通りこのシューティングは要らないと思うちょっとしたミニゲームとかなら対して指摘される事は無かったと思うが必要以上に多い為流石にダレて来る、しかも失敗を繰り返す内に段々イライラして来る、その中で一番最後のハックシューティングは屈指のイライラゲーで終盤は仲間の助けが無いとクリア不可に近く自分も年甲斐もなくキレてました。出来る事なら救済無しでクリアしたかったのですがイージーですらこの難易度の為、自分も何時までも時間がある訳でもないので仕方なく救済に肖る形となり非常に悔しく非常に腹ワタが煮えくり返ったです。こんなクソ要素二度と入れて欲しくない。(私としては、出来れば最後位自分の力でクレアしたかった、だって誰かに助けてもらってクリアしてもやり遂げた感も無ければ勝った筈なのに無償頭に来るのはこのシューティングがゴミその物と言う以外の何物でも無いからである。マジでもう入れないで欲しい。)

2BとA2の攻撃モーションが一緒、
9Sは武器モーションが異なって居たのに関わらず、何故、A2は2Bの流用なのか、全て違くしろとは言わないが多少差別化はして欲しかった。(因みに違う所は挑発が出来る所)

ロボット戦での理不尽さ、(レベルの概念の無視)
ロボット戦は前途で面白いと称賛してはいたのですが正直昔のゲームで有りがちな一発即死ゲーになっている。と言うのもイージーやノーマル辺りは何回か受けても問題は無いが、問題はハード以上の場合、言わずもがなベリーハードは有無を言わず一撃死だが、何故ハードでもそれが適用されている。その理由が敵のレベルがこちらのレベルにキッカリ合わせたLVで出現して来るだけでなく、その敵の弾一発当たっただけで即死になる、そもそもレベルが差が異常に高い敵なら即死でも致し方ないにしろ同レベルでしかもLV99で即死って一体どう言う計算したらそうなる、その癖こっちの攻撃は複数回ヒットさせないと落せないのに(ポットをフル改造していなかったのもあるかも。)何かさすっごく理不尽極まり無いと思った。そのお蔭で、LVの概念が著しく低下いや無に等しくなっているので苦労してLV上げした人は手酷い肩透かしを食らう事になる。正し普通に地上戦の場合は相応の難易度になっており寧ろこれらのシューティング要素は要らないです。自分はストレスMAXでクリアした後も達成感も無かったので出来ればこの様な一撃死ゲーにするなら次回は絶対に入れないで下さい。

余り感動しなかったストーリー、
これは悪魔で個人的の感想なのですが、全部が感動しなかった訳ではないのですが。特にデボル達の事や、Eエンドの内容がシューティング込みで余り感動しなかった。先ず、デボル達の過去の過ちに付いては何も語られず結局そのままあやふやに私は前作をプレイしているので一応知っているので、良いのですが、前作を知らない人は、あれ、で終わってしまう可能性があるのでは無いかと思われる。次に最後のエンドなのですがそれほど感動するものでもなく、何かあっさり終わった感が拭えないと感じた。そのルートに入れば長ったらしく理不尽なクソ○ュー○ィン○を延々やらされ、挙句最終的には前作同様○ー○○ー○の除去を求められる、まあそれ自体は良いのだが問題はその除去するに至っての内容、理由だ。前作は○○を〇〇〇する為に〇―〇の除去を求められたに対し今作はとても呆れる内容だったので今更ながら後悔している。これなら前作のDエンドの方が感動する。(そもそも前作のエンド理由の方がしっくりくるしプレイヤー自身にもかなり葛藤がある事だろう。今回の最終エンドは、ストーリーに対しての葛藤ではなく○―○○去に対する葛藤しかなかった。だってそうしたらその様になったんだもん。)

難易度普通以上はロックオン無し、長文御免_(._.)_(VERY HAEDで一撃死にする意味ってあったのであろうか)
これは、是非入れて欲しく存じます。私には何故にノーマル以上の難易度はロックオン機能を消したのか、否、消す必要があったのであろうか。確かに敵をロック出来なくする事で、難易度向上を図っているのは間違いないが、逆に言えばそうするやり方でしか難易度のバランスが取れないなんて浅はかなのかな頭が、別にロックシステムを消さなくても、今回はプラグイン・チップと言う所謂スキルがありこのスキル基本搭載されているHP等の表示等から強化、補助等全てがチップで構成されていてこれら外したり装備したり出来るのだから、ロックオンのチップがあっても何の問題もないはず、そもそもに開発者達はロック出来ると簡単になるとでも思っているのか、もしそう言う考えならはっきり言って、ドが付く程の勘違いをしていると思います。そもそもロックオンと言うのは、悪魔でゲームを快適にプレイさせる3DACTゲームでは必須のシステムであり、決して簡単にするシステムでは無いと思うのです。その証拠にロックオンが出来た、じゃあノーダメ、無限コンボ出来るかと言えば、そうでは無いはず、それにACTゲームは1対1ではなく1対多数が基本ですよね、つまり仮に敵をロックしてもしなくても画面外から等の不意の攻撃や狙撃には対応しかねると言う訳です。私はACTゲームは長いですがロックが出来たからと言って、ノーダメだとかそう言った芸当は殆ど出来た記憶が無い(個人的な意見として)後、VERY HAEDでの一撃死って本当に意味があるの。こんな事言うのも可笑しいのかも知れないが、そもそも一撃で死ぬんだったら、LVに概念要らないんじゃないのかとさえ思う。だってどんなに強化しても、LVを上げても一発当たれば即死ってこれじゃ時間かけてLVやスキル等で強化しても何の意味もない、何か苦労も水の泡みたいな、ですのでこれらの事をアップデートでせめてロックオンだけでも、プラグイン・チップで装備出来る様にしてください。よろしくお願いします。(それにロックオンを使うも使わないもプレイヤー次第なのだから制限するのも考え物である。)

COMMENT

総評
まず、DLCで良いから、カイネを出してくれ~。勿論有料で構わない。何故こんなお願いをするかと言うと、前作ではNPCキャラとして登場した彼女だがNPCキャラなのにストリーには重要人物であり、ヒロインでありと、おまけにDOD3では、初回特典コスの選挙で堂々の1位獲得する等兎に角人気のあるキャラであるのに、何故としか言いようがない理由があります。それは、このカイネと言うキャラクター、ニーアでは使えない。(他のタイトルでは知らないが)そう、カイネを使ってゲームをプレイすると言うのが出来ないのです。私は以前から、このニーアオートマタが発売前から、カイネを使ってプレイしたいとずーっと思っていました。そこで、ヨコヲさん、並びにプラチナゲームスさんどうかこのコメントを読んでくれる事があれば、是非、カイネをニーアオートマタで登場させて下さいませんでしょうか、例えば、ショートストーリーでも良いですので登場させてほしいです。勿論それをクリアしたら本編でも使える様にしてくれたら嬉しいです。どうぞ、ご検討の程宜しくお願いします。
あ、そういえば、感想を述べていませんでしたね。私としてはBADで挙げたロックオンのシステムをアップデートで改善して欲しい事と、まあ皆さんが言っているシューティング位ですかね。後、GODなのはムービー等で一々2Bのパンツをチラチラとかモロに見えたりして、その度に、ウム、と頷いていました。有難う、2B君の事は一生忘れない。
(同じ様な事を、カイネで出来たらどんなに良いか、(´Д`)ハァ…カイネでプレイしたいなーヨコヲさんお願いだよ~)

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ヨコヲさん頼むよ~さん  [2017-04-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 5pt 5pt 3pt 3pt
総合点
86pt

GOOD!

・戦闘がとても面白い
前作のニーアはストーリーはすごく引き込まれるものがあったのですが個人的には肝心のアクションが単調で全然面白くなくコアな人しか受け付けなかったように思ったのですが今作はアクション部分がかなり派手になり簡単な操作で自分がさもアクションがうまくなったんじゃないかと錯覚させてくれるような仕上がりになっており間口がかなり広がっているのではないかなと感じました。
・ストーリー
ニーアシリーズはストーリーがすごく魅力的なものになっていますが今作は個人的には最高のストーリーだなと感じました。感動する場面もあるし熱い場面も盛り込まれていて引き込まれるものがありました。前作がコアなファン向けとよく言われていますが今作は特にそんなことはないように感じました。
・キャラクター
主人公が複数いるのですが全員とてもいいキャラをしていて(特に最初の主人公はとてもいいキャラだと感じました)ストーリーをより引き立ててくれました。
・サブクエスト
これがかなり数がありひとつやってしまうとどんどんやってしまいたくなりストーリーそっちのけで中盤はやりまくってしまいクリア時間が長くなってしまいました。どれも小さなクエストですがストーリー性があり先が気になったりして良かった部分だと思います。

BAD/REQUEST

・ハッキング
これがすべてだと思います。ほんとに単調でしかも強制的に使わざるを得ない状況が結構あり苦痛です。単純におもしろくない。これが無ければ90点以上つけていたと思います。
・シューティングとニーア特有の視点切り替え
シューティングになる場面がちらほらあるのですがこれもハッキングほどではないのですがそれほど面白くありません。上質なアクションの後にこれをやらされると結構きついものがありました。この作品はニーアシリーズ全般に言えることなのですが途中要所要所3人称視点のカメラから俯瞰視点のカメラや横スクロールみたいなカメラになるのですがはっきり言ってずっと3人称視点が良かったです。アクション部分がかなり面白いだけにこういうのは眼につきました。

COMMENT

前作はアクションや諸々のシステム面がかなり未熟だったように感じていましたが今作はまさかのオープンワールドでさらにアクションがとてもよくストーリーもよくほぼ完璧な進化の仕方をしています。それだけにハッキングだけがすべての評価を下げているように感じ惜しい作品だなといった印象でした。ただ満足できる仕上がりになってり次回作あるなら必ず買いたいと思えたかなりの良作でした。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
カイトさん  [2017-03-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 5pt 4pt 5pt 4pt 3pt
総合点
89pt

GOOD!

・グラフィックがすばらしい。風景も遠くまでよく描けている。遠くまで行けそうな気がするほどである。
・キャラも非常に魅力的で服の質感まで伝わる。特に2Bのコスチュームは女らしくかつクールですてきである。アクションも激しくバトルの爽快感がある。
・自由度が高い。どこへ行こうが、どこを探検しようがOKである。
・音楽は秀逸。とてもすばらしい。ゲーム音楽の中で五本の指に入ると思う。とにかく官能的で心にしみる音楽である。。
・ストーリーは少し突飛なところもあるが、だんだんと納得していく。
・やりこみ要素が多くて、クリア後も楽しめる。
・ロード時間が短くテンポよく進められる。
・クリア後はさらに自由度が増し、様々なクェストをこなしたりできるし、取り忘れたものを取りにいける。

BAD/REQUEST

・ハッキングやシューティングが難しかった。もう少し簡単にしてほしかった。
・二段ジャンプでぎりぎりの距離のところがあり、これが難しい。

COMMENT

・ニーアレプリカントで感動したので買った。期待を裏切らなかった。前作以上のボリュームだと思う。最近では珍しいほどの優れた芸術作品だと思う。
・とにかくすべてにおいてゲーマーを飽きさせない。
・2Bの色気はクールなキャラとあいまって際立っていた。操作しているとすごくうれしくなる。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
やまさん  [2017-03-23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ING
レビュー日: 2017-03-04
前作にあたるニーアレプリカントは全ED確認済み。
また関連作であるドラッグオンドラグーン1、2、3でも全てのEDを確認済みの、所謂シリーズファンです。
今作はサブクエストを積極的に埋め、約40時間かけてA~Eエンドを見ました。

この作品を作り上げてくれたクリエイターの方々に感謝を伝えたい。
大げさかもしれませんが、心からそう思いました。

発売前から積極的にプロモーションが行われていたために入ってくる情報が多く、
キャラクターの魅力、アクションパートへの安心感、劇中曲への期待はとても高いものでした。
しかし同時に、ヨコオタロウ氏がどんなシナリオを書くのか、どんなゲームに仕上げるのか…という不安も大きくありました。
それが蓋を開けてみたら不安に感じていた部分は綺麗サッパリ消え、積み上げてきた期待にしっかりと応えてくれました。

体験版での感触どおり、操作キャラはデザインもアクションも洗練されていて操作が楽しい。
戦闘に関しては基本ノーマル、素材集めやハッキングに疲れたときだけイージー(オートチップオン)という感じで遊んでいたのですが、丁度いい難易度でした。
アクションが得意な方はヌルい・単調と感じてしまうかもしれませんが、この作品はおそらく普段ACTに触れない人をターゲットにした調整なんだと思います。
自機をカスタマイズするチップ(装備品みたいなものです)には、攻撃や防御、移動速度などの基本性能を上げるものももちろん用意されているのですが、
それ以上にオートアイテムをはじめとする多数の回復手段、被弾した際のリカバリーなど、生存性を上げる効果を持つものが多く見られました。
実質プレイヤーの手で難易度を調整できるような作りになっているので、アクションはちょっと…と尻込みしてしまっている人にこそ触れてみてほしいです。

物語に関しては、せめてC・Dエンドを見るまでは。可能であればEエンドを見るまでは評価を下さないで欲しいです。
おそらくAエンドまでならゆっくり遊んでも15時間といったところでしょうし、内容もここで終わり?とボリューム薄に感じるでしょう。
しかし、A・Bエンドは終わりではなく区切りです。そこから始まり、C・Dエンドを経てEエンドで終わる。これはそういう物語だと思います。

周回ゲーだと言われると億劫に感じるかもしれませんが、二周目は新規カットを加えた総集編といった内容でサクサク進みますし、
三周目に入ればまるで一周目のときのような驚きとワクワクを感じられると思います。少なくとも私は三周目が一番のめり込めました。
そして周回中に気が向いたらでいいので、サブクエストをやってみたり、手に入れたアーカイブに目を通したり。どうかより深くこの世界に触れようとして下さい。
その方がきっと、ずっとこの作品を楽しめると思います。

私はこの作品を非常に楽しめたし、心底好きだと言えます。
ですので好意的な感想を多く述べますが、唯一惜しかったと言うか、納得はできるけど批判されても仕方ないと思う部分があります。
多くの人が挙げている、「ハッキング時のSTG要素」についてです。
ただしその内容についてではなく、その要素との出会い方についてです。

ハッキング時のSTG要素が強く批判されるのは、実のところプレイさせられる場面の多さでも内容でもなく、
『STG要素があるということが完全に伏せられていたから』ではないでしょうか。

シリーズ経験者が当たり前のように受け入れ、そして今作でも採用されているトップビューも、サイドビューも、イクラ弾幕も、サウンドノベルも、
初めて触れたあの時は、なんだコレと思わなかったでしょうか。思いました。なんで急に文字を読まされているんだ…と思いました。
それが今やノベルキター!と大喜びで受け入れているのは、そもそもこういう要素がある、と知っているからに他なりません。

もし、事前にSTG要素があると知っていたら。ストーリーの最中にハッキングイベントが起きても、
「おっ、STGパートきたか!」と好意的に受け入れられていたのではないかと思うのです。
ただしその場合、「なんなのだこれは!?どうすればよいのだ!」という衝撃は絶対に味わえません。

STG要素を伏せてのプロモーションは、スタッフ側にも博打のような怖さがあったのではないかと思います。
それでも伏せたのは、ジャンルの枠に囚われないという異質さを持ち、驚きを与えてくれるゲームこそがニーアだからではないでしょうか。
どうか「A・RPGなのにSTGがあるのかよ…」ではなく、「A・RPGだけどSTGもできる!」と感じて欲しいです。
もっともそんな事を言っても、既に不快感を味わってしまった人のその気持を拭うことは難しいのですが…。

これからこの作品に触れるという人に対して、新鮮な驚きを覚えて欲しいという気持ちもあれば、
事前知識を持ってすんなりと受け入れて欲しいという気持ちもあって、とても複雑です。

最後に。

生きること、生きているということは?
たとえ機械でも、作られた命でも、感情と自我を持ったそれらと人間は何が違うのか?

そんな事を考えさせてくれる作品だと思います。

どうか一人でも多くの方が触れて、最後を見届けてくれますように。
私の40時間が、その手助けになってくれれば幸いです。

【PS4】NieR:Automata
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「NieR:Automata」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。