このソフトのレビューを書く

【PS4】魔女と百騎兵2 レビュー

発売元 日本一ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2017-02-23
価格 7776円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ダークファンタジー・アクションRPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
55
(難易度)
2.67
レビュー数
6
スコアチャート 魔女と百騎兵2レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
16.7%
40-49
83.3%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
-%
【標準偏差】
5.44


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 2pt 3pt 3pt 2pt 3pt
総合点
55pt

GOOD!

クリアしました。
ストーリーは万人受けはしないものの、感動させられました。独特の世界観は健在。
プレイヤースキル重視と言うよりは、狩りゲーのような積み重ねで確実に強くなっていくので、
個人的にはそこは評価したい。と思いきや、アクション面は結構シビアな面も。
システムバランスは、このシステムにしてはよく取れてる感。
正直このゲームは相変わらずレビューし難い。
続きはBADコメントにて。

BAD/REQUEST

非常に勿体無い。
以下今後に期待したい点

・装備アイテムが単調
ハクスラ(本来の意味と違う)を謳うならば、セット装備や特殊効果(装備すると全方位攻撃になるとか)の装備が欲しかった。
強い武器が出た→ただ攻撃力が強い はモチベーションが保てない。
いい意味でのハクスラフラッシュゲーム。悪い意味でのハクスラフラッシュゲーム。
組み合わせを考える楽しみがほとんど無い。(戦略や武器の種類を抜きにしても)

・ファセットについて
ファセットに関しても、今作からはトーチカ専門職ができた。
幅が広がると思いきや、切り替え自由の上、スキル再振り替え可能。
「このファセットで攻略するんだ」っていう事がない。ただ最適装備の切り替え作業の負担にしかならない。

・音楽
BGMは踏襲しつつ、確実に継承。もっと種類があっても良かった。だが、EDは、何だこれになった。
せっかくいいEDなのだから、もっといい音楽があったろうに・・・・。
単純に「ラン、、ラン、、ランランラン」でも流したほうが個人的に良かった。

COMMENT

このソフトが時を経ても1000円だったら買う。あっさりを深めた、、、感じ。
面白いフラッシュゲームのような。。。。
単純だからいいのか分からん。

個人的には、もっと作りこめばダクソやディアブロに匹敵すると感じて仕方ない。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
るなぱっそさん  [2017-04-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 2pt 2pt 2pt 2pt 3pt
総合点
42pt

GOOD!

・前作も比較的遊び易くてそう極端な不満点はなかったのですが、本作はその前作よりも更に遊び易い作りに
なっています。
前作で不評だったスタミナも廃止され、散々言われたカメラワークもちゃんと改善されているのは好印象。


・操作性も前作と比べたら良くなった印象。ただし一部BADもあり。

BAD/REQUEST

・システム面では遊び易くなった反面、ストーリーが何だか薄っぺらい印象。盛り上がる様な・引き込まれる
様な展開もなく、ただただ淡々と進みます。
更にそこにBGM等前作からの使い回し要素という追い打ちが重なり、途中からやる気が一気に削がれて
いきます。

キャラも前作の良くも悪くもインパクトがあったえげつない鬼畜乙女を超える存在もおらず、良く言えば
全体的に程よくまとまった仕上がり、悪く言えばこれといって突出したものがない印象。
折角面白い素材なのに、これは本当に勿体ない。
もうちょっと尖った設定でも良かったのでは。


・バトルは敵の強さが増した事により、ただただ面倒な仕上がりに。
その強さも、妙に理不尽さが垣間見える仕様なので、死にまくって途中からもうゲンナリ。
せめて難易度設定があったら少しは違ったかもしれませんが、現状ではマイナス。
これで周回必須が前提なんて、まずあり得ません。

COMMENT

面白いことは面白いのだけど、前作をプレイした人がはたして満足いく仕上がりかと聞かれたら、決して
頷けるレベルではないかと思います。
確かに進化している箇所もありますが、全体を比べたら前作の方が良い面が多く、最後まで楽しめました。

ただ、頭ごなしに面白くないと言えるまで悪くもなく、何とも中途半端な評価になりがちな仕上がりかと
思います。
結局、中の下レベル。2000円台前半なら買いかも。
ほんと日本一ソフトウェアは当たり外れが大きいですね。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
流禅さん(Webサイト)  [2017-04-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 2pt 3pt 3pt 2pt
総合点
55pt

GOOD!

〇全体的なバージョンアップ
前作に比べるとスキルが追加されたりと、幾つかの基本的な要素が追加されている。
逆に削られた部分はほとんどない為、前作とほぼ変わらないレベルでプレイが可能。

〇魅力的なキャラ
魔女シリーズ特有のゲスいキャラも多く、敵味方に関わらず一癖も二癖もある。
またボスもそれなりに歯ごたえのある攻撃をしてくる敵も多く、武器やスキルを上手く使わないといけない場面もちらほらあった。
そういう意味ではアクション面、シナリオ面においてキャラは魅力的である。
ただ難を言えば全体的にキャラが少なく、もう少しキャラを増やしてシナリオに絡めても良かったかな。

BAD/REQUEST

〇シナリオのインパクトが弱い
ボリューム自体はそこそこあるものの、シナリオのネタバレが本当に最後の最後であり、その後すぐにラスボス戦の為、盛り上がったらそのままクリア、みたいな状況になっている。
そこに至るまで盛り上がりは少なく、ローテンションで進んでいく為、どうしても、さあここからだ!みたいな勢いにはならない。
ラストもここから一捻りくらいあるのかな、と思いきやそのまま終了、という感じなので、奇をてらったとまではいかないものの、もう少しプレイヤーの予想を裏切る展開が合っても良かったかも。
良くも悪くも魔女シリーズはアクの強さが売りだと思うので、今作のような王道的な内容も悪くないと思うが、もうちょっと尖った部分があっても良かったかな。

〇大きな変更点はない点
GOODで前作に追加要素が加わったと書いたものの、実質的には前作と大きな変更点はない。
一部武器種の追加はあったものの、武器自体はほとんど前作と一緒だし、フォーム変更とスキルが追加されたくらいだろう。
それ以外の大部分はほぼ前作のままなので、前作プレイヤーからしてみると新鮮味は薄い。
まあ逆を言えば前作の時点でアクション要素の部分はある程度完成していたと言えるのかもしれないが。

〇割と大雑把なバランス
武器の強化したり攻撃する順番によってダメージに補正が付いたりするが、後半の敵は攻撃力が高く、一発食らうだけでヤバい敵も多い。
悠長に5発目まで攻撃するよりは、1発目に最強武器を装備して連打してる方が安全かつ高威力という身もふたもない結果になってしまう
結果的に一つの武器だけをとことん鍛えた方が強い、という状況に陥りやすい。
5発目まで当てないと相手のカロリーを奪う攻撃を出来ないという制限はあるものの、それもスキルで補えたりするのも難点。

COMMENT

総評としてアクションゲームとして見るなら良作といったところ。
ただ前作のファンが『魔女と百鬼兵』の続編として見るなら少し「うーん」となるかもしれない。

個人的にはクリア後の要素の少なさが気になったところ。
一応、クリア後に強敵が登場してそれを倒すという要素があるもののそれくらいだし、もう少しストーリー的な部分で追加があっても良かったかもしれない。

細かい不平不満はあれど、ゲームとしては良く出来ていると思うので、アクションゲームが好きな人にはオススメできる作品ではある。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2017-04-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 3pt 2pt 3pt
総合点
58pt

GOOD!

前作は未プレイです。

音楽は良質なものが散見されて
耳に残るものが多かったです。かなり印象いい。

ハクスラ系としてやり込みに対応してるし、
ここのバランスは優れていたと感じます。

キャラのデザイン自体は好きなのが多かったです。
ここは個人差が大きいでしょうけど。

トゥルーエンドに向けて頑張れる。

BAD/REQUEST

ストーリー自体はかなりベタな流れでしたね。
これといって山や谷があるわけでもなく、かなり単調な展開でした。

マップも単調で同じような地形のマップが繰り返しと移譲するので飽きます。
とくにハクスラ系でこの単調さはいただけないでしょう。

COMMENT

見た目と裏腹に結構な難しさなので、
適当にやってるとボスで詰んでしまったりします。
DLCで難易度を大幅に下げる救済アイテムが発売されているので
どうして持って人はそれを購入するのもアリでしょう。
ストーリーがもっと盛り上がるとよかったように思います。

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
世界の錦織さん  [2017-04-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー
レビュー日: 2017-03-03
前作(PS4)魔女と百騎兵Revivalをプレイした時は感動の連続で、トロフィーコンプでクリアし、
人生での名作ゲーム10本には入るほどの面白さでした。
超絶神ゲーなので是非続編を作ってくれと日本一ソフトウェアにハガキで送りました。

続編が出てくれただけでもう大満足なのですが、今作(限定版)を購入・クリアして少し、というか多くの点が気になり、★3としました。
レビューなんて滅多に書きませんが、今作はとにかく書きたくなりました。
以下はそういった信者目線での、個人の主観が多く入ったレビューとなります。

■ゲームシステム
前作より格段に遊びやすくなっており、文句無しです。
特にスキルシステムは戦闘の幅が広がって面白くなっています。
スタミナも廃止され自動ダッシュ+無限回避可能に、マップの穴埋めも必要なくなってストレス要素も減りました。
ボス戦も以前よりミスティカルダッジが弱くなったため歯ごたえが増しています。

しかし、本質的な部分は前作と変わっていないため、前作がつまらなかった、という人は今作も合わないかもしれません。

■ストーリー
前作に比べると盛り上がりどころが少なく・・・敵も少し薄っぺらく感じました。
全体のストーリーもこちらの想像を越えてくるような事があんまり起こりませんでした。
主人公達以外の登場人物の過去もあまり語られず、さっくりと会話中の軽い説明で終わるので感情移入もあまり出来ず。
ロケーションの変化も少なく森ステージの比重が高いので、プレーしていて新鮮味も薄かったです。
進行上、2Dイラストの会話画面での魔法によるどつき合いが多すぎるのもちょっと気になります。(表現的に)

■キャラクター
デザインが原田たけひとさんから変わったのはとりあえず置いておいて、
やはり魅力的なキャラクターが少ないように感じました。
覚醒魔女プリムやカラスのフニンムギンは個人的に気に入りましたが、そもそも登場キャラの総数が少ない。
メインキャラクターの覚醒魔女もあと3人ぐらい欲しい。
前作は登場回数の少ないサブキャラクターですら強烈な個性を持っており、好きなキャラは両手で数えられない程です。
こいつがボスとして出ないの!?戦いたかったのに!とゲームクリア後に驚くぐらい、とにかく個性派揃いでした。
アートブックが絶対欲しくなるほどの前作と比べると、今作はかなりスケールダウンした印象です。

雑魚敵も9割以上が使いまわしで、これもちょっと・・・見た目の飽き以上に戦略性そのままなのが。

■音楽
前作と同じ佐藤天平さん担当なのですが、体感では6~7割ぐらい前作からの流用で、これも使いまわしの印象が強かったです。
アレンジも入っていない?ので、前作をやり込んでいた身からすると少々聞き飽きていて、
しかも使いまわした曲が、イベントやステージの場面場所と合ってないような気がしました。
(例えば、今作はかなりの部分が森ステージですが、その森のBGMが前作の陰鬱な終盤の曲ばかりなのはちょっと・・・)
せっかくの新作なのに、前作のDLCをプレーしてるような気分になるため、新規楽曲を多めにしてほしかった所です。

ボス戦などは新規楽曲ですが、前作の対魔女ボス戦曲の「百輪の薔薇」のような強烈な曲も無かったように思いました。
今作イベント曲の「Romantica」は良い曲だったのでこれが覚醒魔女戦とかのテーマだったりしたら面白かったかも。
新規で良い曲の登場機会が少なくて、旧作の聞き飽きた曲があまりに多く使われているのは勿体ない。

■最後に
予算とスケジュールと人員都合が厳しかったのか、とにかく使いまわしが多く感じました。
ですが、流用がどうとかそういう細かい粗を吹っ飛ばすほどの勢い(話、キャラ、音楽、何か)が、欲しかったです。

今作はゲーム部分が70~80点以上の出来だと思います。
ラストまでそこそこ楽しく遊べるゲームだとは思います。
しかし前作の魔女と百騎兵1は、たとえゲーム部分が50点でも、
驚きと感動のストーリー・魅力的な多くのキャラクター・素晴らしい音楽が欠点を補うほどの良さを持っていて、
その結果100点、いやそれ以上のゲームが生まれていました。

今作はゲームとしてうまいことコンパクトに収まっていますが、
作品から匂い立つオーラというか、これがやりたいという意思や、燃えたぎる何かがあまり感じ取れませんでした。
前作には確実にそれがあったと思います。
「百輪の薔薇」のような凄みのあるBGMがかかりながら、悲哀を背負った魔女達と戦うあの時の感動を、もう一度新しい形で味わいたかったです。

何だかんだと言っても本シリーズのファンなので魔女と百騎兵3を熱望しますが、
今度はぜひ泉達也ディレクターに作って頂きたい所です。(ルフランの地下迷宮と魔女の旅団も良かったし・・・)

【PS4】魔女と百騎兵2
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「魔女と百騎兵2」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。