このソフトのレビューを書く

【PS3】KILLZONE 2(キルゾーン2) レビュー

発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2009-04-23
価格 6980円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ファースト・パーソン・シューティング
■ プレイ人数:オフライン:1人 / オンライン: 1-32人

【廉価版】
■ 発売日:2010/12/02
■ 価格:2,980円

総合ポイント
63
(難易度)
2.64
レビュー数
33
スコアチャート KILLZONE 2(キルゾーン2)レビューチャート

KILLZONE 2(キルゾーン2) 購入する
0%
0-9
0%
10-19
3%
20-29
6.1%
30-39
18.2%
40-49
18.2%
50-59
21.2%
60-69
15.2%
70-79
15.2%
80-89
3%
90-100
【60点以上】
54.5%
【標準偏差】
15.95


334人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 3pt 3pt 2pt 3pt
総合点
60pt

GOOD!

グラフィックはとても綺麗です。
ムービーキャラの肌質感なんか実写の様です。
全体的にステージ画面が暗いのが気になりますが。。

コントローラー設定が6種類も有ります。
某有名FPSの様なセッティングも可能なので快適性は評価します。

攻略を見出せば難なくクリア出来る程良い難易度。
ゴリ押しは通用しないところが良いです。

BAD/REQUEST

なにか物足りない感じが否めません。
前作PS2作品の方が楽しかった様な気がします。
武器種類が原因でしょうか。。

ズームはボタン押しっぱなしが良かったです。
解除をついつい忘れてしまいます。

結構ムービー中やゲーム中の見方のボイスがとびます。
オーディオCDが飛んだ時の様です。
字幕なければ何を喋っているのかわかりません。

COMMENT

ブラビア(KDL-710EX 40型)HDMI接続でプレイ。
ハードは250GB:CECH-4000Bにてプレイ。

前作PS2版はプレイ済。

可も不可も無くと感じました。
オーソドックスFPSと言ったところでしょうか。
個人的にはレジスタンスの方が楽しかったです。
廉価版は今でも手に入り易いので良い時間つぶしにはなります。
操作性は良いのでFPSファンにおススメします。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
Fusioneer♪さん(Webサイト)  [2013-11-19 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

350人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 5pt 3pt 3pt 2pt 2pt 3pt
総合点
52pt

GOOD!

宣伝文句通りの圧倒的で超美麗なグラフィック。
まるでムービーを動かしているかのような美しさで、カクツキやドットの粗さなどのポリゴンっぽさを全く感じさせない出来栄えです。
同じSCEから発売された『ゴッド・オブ・ウォーIII』のグラフィックも、ものすごく美麗でしたが、今作はそれを上回るほどの美しさ。

グレネードが爆発する時間のタイマーが目視で確認できるところ。
投げるときに、いつ爆発するのかが分かりやすい。

機密文書やシンボル破壊など、収集要素が充実。
それらをコンプリートした際の特典もしっかり用意されています。

難易度は4段階あるところ。
(BADで詳しく述べますが)今作は全体的に難易度は高めではありますが、難易度を選べるのは良かった。

BAD/REQUEST

遠い未来を描いたSFのストーリーですが、あまり特別なものを感じませんでした。
武器の性能は現代のものと変わりませんし、作中の世界観も薄汚い荒廃した場所ばかりで、あまり良い雰囲気ではありませんでした。

武器の種類やアタッチメントが少ないところ。
種類は1〜2つしかなく、アタッチメントに至ってはアサルトライフルのホログラフィックか、スナイパーライフルのスコープくらいしかない。

敵が強いので、全体的に難易度が高くて難しい。
ヘッドショットでも何発か撃たないと倒せない堅さで、ちょろちょろと動きながら接近してくるので、余計倒しにくい。
それでかなりの乱戦・銃撃戦で戦うので、かなり苦戦する場面が多いです。
私は最低難易度でプレイしましたが、それでもかなり難しかった。

自動で敵を狙ってくれる「照準アシスト機能」がないところ。
最近のFPSで搭載されているこの機能に慣れてしまった私には、上記の敵の動きに加えて、敵を狙うのが難しく感じました。

爆弾設置やバルブ回しで、モーションセンサーを使った操作が求められるのですが、これが反応がイマイチで煩わしく感じます。
普通に、ボタンの連打や長押しで充分だと思ってしまうほど。

COMMENT

26型液晶TV・HDMI端子使用
キルゾーンシリーズは今作が初プレイです。
今作は最低難易度でクリア、オフラインのみプレイ。

2〜3年ほど前に今作の体験版をプレイしてみて、そこそこ面白いと感じたので、以前から今作をプレイしたいと思っていました。
最近になって中古500円で売られていたものを購入してプレイ。

プレイし終えた感想は、正直あまり面白いと感じませんでした。
高い難易度と微妙なストーリー・世界観から、プレイしていて、大して面白さを感じなかったです。
私がFPSで感じている爽快感もあまり感じず、再度プレイしようと思えるほどの作品ではありませんでした。

グラフィックはものすごく良いんですが、それ以外の要素は正直微妙でした。
FPSが好きな人以外は、あまりオススメしません。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
CHAGEAS−FANさん(Webサイト)  [2013-10-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

346人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 3pt 5pt 4pt 3pt 2pt
総合点
81pt

GOOD!

Killzone2はオンラインが最高に中毒になるので以下オンライン中心に書きますが、オフライン(キャンペーン)に共通する内容もあります。

【グラフィック】
CELLの高い演算能力をグラフィック処理にも存分に活用し、昨今のFPSの中でもトップレベルのグラフィックを実現している。特に光の表現が素晴らしい。光源の数や位置によってちゃんと人物・オブジェクトの陰影も変化する。また人物のモーションもかなりリアルで、撃たれた時の体の各部の動きや爆風で吹っ飛ぶさま、リロード時の手の動きなど一見の価値あり。オブジェクトも、柱を撃てば表面のタイルが粉々になっていき、本棚を撃てば本が飛び散って紙切れが舞う。立てかけてある木の板も爆風で飛んでいく。地面のテクスチャもかなり細かいし、風が強い場所では砂埃やゴミが飛んでいく。
この他にもまだまだあるが、とにかく撃ち合いに夢中になってたら気付かないような細部までかなりこだわって作り込まれていて、見れば見るほど凄いと感じる。

【武器やマップの種類】
武器は銃火器で16種類と他はグレネードなど。
Killzone2の武器は種類による違いがけっこうはっきりしており、また兵科によって使用可能武器も変わるので、使い分ける意味や面白さがある。例えばARは2種類あり両方とも初期状態で使用可能だが、見た目はもちろん発砲音や1発あたりの威力、集弾率、連射速度、リロード時間などがそれぞれ体感できるほど異なるので、当然使い勝手も違ってくる。それがプレイスタイルのバリエーションを豊富にさせている。なお、使える武器の種類はポイントを積み重ねて階級が上がるにつれ徐々に増えていくが、他のFPSと違い、必ずしも後になって使えるようになる武器の方が強いわけではなく、単純に選択の幅が拡がるだけ。むしろ初期状態から使えるARの一つ、M82は非常にバランスの取れた良武器で、全武器アンロック済みのベテランでも愛用者は多い。
またマップはデフォルトで8種類、追加コンテンツで6種類の計14種類。追加マップがあればなお楽しいがデフォルトマップのみでも十分飽きずに楽しめる。スナイパーに有利な大マップから出会い頭の撃ち合いが起こりやすい小マップまでバラエティー豊富。

【オンの雰囲気】
Killzone2のオンは名物「カオス状態」が楽しい。どのマップにも、制圧のための衝突が発生しやすいポイントが何箇所か意図的に設けられているようで、ルールによってはそのポイントに最大32人が入り乱れての大乱戦が発生する。両陣営の弾幕とグレネードの爆発と煙で何が何やら把握できないほどで、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図、画面がカオス以外の何物でもない状況になる。初めの頃は「これは…すごいことになってる…」と口あんぐりだった(笑)。そういうのが嫌いな人もいると思うが自分はけっこう好きで、これはKillzone2ならではの醍醐味だと思う(CODではまず経験できない)。
また、そのルールもゲーム毎に分かれているのではなく、最大5種類のルールが1回のゲーム内で次から次へとランダムかつシームレスに切り替わっていくため、それに応じて臨機応変に行動を変える必要がある。息つく暇がほとんどないのでとても疲れるが、それでも「次は何だ!?」とついつい夢中になってしまう。
ちなみにマッチングは自身と同レベルの人に限定できる。

BAD/REQUEST

【グラフィック】
グラ関連で唯一の不満点は、フレームレートが30fpsなので、カクカクとは言わないまでも60fpsのCODほど滑らかではないところ。フレームレート以外は間違いなくCOD以上の綺麗さだと思う。

【チーム分け】
オンでは同じチームの中で最大4人の即席分隊を組めるようになっており、当初この分隊は原則そのゲームのみの一時的なものだった(1ゲーム終了後強制解散)のだが、修正パッチ以降は次のゲームにも分隊をそのまま引き継げるようになってしまい、これにより、一旦戦力が偏ると次ゲーム以降もメンバーがなかなかシャッフルされず一方的なゲームが続くことが多くなってしまった。これは修正前の分隊システムに戻して欲しい。

【エイム】
よく「もっさりエイム」と言われる通り、確かにカーソルの動き出しが一瞬遅れるため、特にCODに慣れてるとイライラさせられる。その不満の声を受け修正パッチによりある程度改善されたため慣れた今はほとんどストレスはないが、CODの方が快適なのは確か。ただ、エイムに限らずキャラの移動フィーリングも含め、ゲーム全体として、CODはサクサク軽快に操作するスポーツ系なのに対しKillzone2はより現実に近い重量感を出そうとしている?という、そもそものコンセプトの違いはあると思う。

COMMENT

COD4やCODMW2もやってますが、個人的にはオンの中毒度はKillzone2が一番です。最盛期は仕事が手につかないほどでした(笑)。また、他の方も書いてましたが、キルした時の「ピロリ」っていう音が最高に気持ち良い!病みつきになります。この音を聞くためだけに今日もKillzone2やりたくなります(ピロリ音はオンのみ)。
ちなみにオフは可もなく不可もなく、無難な作りになっています。敵AIはまるで個々に意思を持っているかのようにリアルに思考しながら動きますのでそれは素晴らしいのですが、ストーリーや演出に特筆すべきものはなく、一度クリアすれば2回目はもういいかな、という感じです。
でも、くどいようですがFPS好きならオンだけでも是非やってください。共闘感も大きいし、何よりKillzone2ならではのカオスな雰囲気は一度経験して損はなし!です。

【当方環境】
40インチFullHD液晶テレビ、21.5インチFullHD液晶モニタ、HDMI接続

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
うらやまけしからんさん  [2010-02-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

324人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 5pt 4pt 2pt
総合点
82pt

GOOD!

 オフラインについては可もなく不可もなくというレベルなので、以下、オンラインモードについて述べます。

・1回のゲーム中にミッションが次々に変わるため、だれにくく、プレイごとに新鮮な楽しさを味わえる。また慣れてくると、「次にこのミッションが来る」と先読みして動く楽しみも生まれる。

・兵科やスキルの個性が明確なので、気分次第でいろんな遊び方ができる。突撃するのに飽きたら、医療プレイで味方の支援に徹したり、ステルスで敵陣に忍び込んでひたすら偵察しまくったり、スナイパーをやったり。

・相手を倒したときに出る「ピロリ」という音が快感。この音は全FPSで採用すべきではないかと、冗談抜きで思う。この音があるかないかで、敵を倒したときの気持ちよさが全然違う。

・部屋に入る前に人数が確認でき、途中参加もガンガン行われるため、人数がそろうまでボーッと待ち続けるという事態に陥らずに済む。

・最大16人vs16人の戦いはにぎやかで楽しい。

・死んでも、記録に残るという点以外ではあまりデメリットがないため、初心者でも死を恐れずにガンガン突撃できる。変な脳内麻薬が出て、自分が殺されたのにゲラゲラ笑っていることもしばしば。敵が待ち構えているポイントで復活し、すぐに手榴弾のピンを抜いて、そのまま自爆、敵を巻き添えにするといったプレイもあり。

BAD/REQUEST

・各部屋におけるゲームのルールが、一部実際に入ってみないと確認できない。たとえば制限時間などはかなり重要であるにも関わらず、部屋に入るまでわからないのはマイナス。

・回復や索敵といった一部のスキルを使ってもポイントにならないのは少し残念。

・一部の操作や画面表示に関する情報が説明書に載っておらず、自力で見つけたりネットで調べたりしないといけない。

COMMENT

 僕はこれまでFPSを遊んだ経験があまりなく、いくつか遊んでみても、基本的に単調なジャンルだなと感じるに留まっていました。
 キルゾーン2に関しても、最初にオフラインモードをやったときは同じ感想で、そこそこ面白いけれどそれだけだという評価でした。
 しかし、せっかくだからとオンラインモードを試してみて評価は一変します。以後ハマりまくり、現在ではPS3のゲームの中で最も面白い1本となりました。

 その後、他の有名どころのFPSもいくつかやってみたのですが、いずれもキルゾーン2に比べるといまいちでした。
 理由はいくつかあると思いますが、最大のものは、僕が飽きっぽいことだと思います。他のFPSのオンラインモードは、1種類のミッションが終わったら新たなゲームをやり直さねばならなかったり、人数がそろうまでゲームが始まらずに待機しなければならなかったりと、なにかと面倒でした。キルゾーン2にはこの手の欠点がなく、ストレスを感じずに遊べることが、いまだにプレイを続けている大きな理由だと思います。

 
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
RYRさん  [2009-11-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: RED
レビュー日: 2017-05-19
FPSあんまりやらないけどクリア出来たし面白かったラスボスクリア出来ないと思ったけど

【PS3】KILLZONE 2(キルゾーン2)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「KILLZONE 2(キルゾーン2)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。