このソフトのレビューを書く

【PS4】トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX レビュー

発売元 コーエーテクモゲームスオフィシャルサイト
発売日 2018-09-20
価格 5184円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 セクシャル (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:新約錬金術RPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
92
(難易度)
4.50
レビュー数
4
スコアチャート トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DXレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
25%
80-89
75%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
4.42


3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 4pt 5pt 3pt 4pt
総合点
84pt

GOOD!

キャラクターが可愛い。
主人公トトリが特に可愛すぎる。他にもミミやメルヴィアやロロナなど可愛いキャラクター多数。イケメンもいるが、そっちの方も女性からは人気らしい。

雰囲気が良い。
割と毒のない世界観。ペーターを除いて良心的なやつがほとんどだし、明るめで爽やかな空気感がgood。

音楽が良い。
曲数が多く一つ一つの質も高い。音楽関連ではよく耳にするタイトルなので、Yellow zoneとかRed zoneとかラスボス戦とか主題歌ピルグリミッジもだけど聞いたことあってテンション上がった。 笛が綺麗な曲多し。
音楽に関しては破格の扱いを受けてるゲームだが、本当に凄い。

アイテム作成
アイテムクラフト要素かな?冒険に持ってくアイテムは自身が作成。
これがまた拘り要素で高みをめざし始めると終わらない。
たまらなく楽しい。

期限制
無ければ無いで魅力がありそうだが、期限があると気が引き締まる。無駄な行動を減らすように極力考えなければならないから眠い時にダラダラ遊べる感じはないが、集中して高い質の遊びが出来る。

グラフィック
綺麗ですね。移植なのでそこそこ時代は感じるけど。
キャラクターのモデルの柔らかさが素晴らしい。

オリジナリティ
アイテムクラフトが主軸のゲームってのがまず珍しい。
課題&期限制も今では少なく、そういった今でこそなかなか見ない要素が奇跡的にいくつも噛み合ってるのがこのトトリ。オリジナリティは高い。

BAD/REQUEST

イベントフラグ
分かりにくいものがひとつかふたつある。これのせいでトロコンに手こずる。

期限制の初期印象。
難しすぎると感じた。慣れれば楽しいが、厳しい期限の中厳しい課題をこなすのは骨が折れる。
最近はゲームを遊ぶのに練習をしたくないというかなり弱気なプレイヤーも多く、気楽ではないこのゲームはそういう人には合わないだろうなと。

COMMENT

トゥルーエンドまで5周、面白かった。本当にトトリが可愛い。岸田メルというイラストレーターの描くヴィジュアルがかなり美しく、立ち絵も気合が入っている。
優しい雰囲気に絶望的な難易度のゲームが合わさって良い意味の阿鼻絶叫を楽しみたいヘヴィーゲーマーならオススメしたいところ。っていうかそういう人は大抵この作品を知ってるかな。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
メッシーさん  [2020-09-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

12人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 5pt
総合点
93pt

GOOD!

▪練られたゲームシステム
簡単に言うならば、決められた期間内に目標を達成することです。主人公トトリには行方不明の母親を探すという目的がありますが、冒険をするために冒険者として登録し支援を受けたり、海に出るために船を作成する計画を立てたり……etc
これらを4年程度でこなさなければならない訳ですよ。
しかし魔物と戦う事も、マップを移動することも、錬金術を使い有利にゲームを進めるアイテムを作成することも、錬金術に使う素材を採取する事も、全てが4年という制限時間を消費して行動する事になるのです。戦闘に負けたり、行く場所を間違えたりしたら、目標から遠のいてしまいますし、無駄な行動を減らして、より計画的に、広い世界から本当に大切な狭い範囲で活動し、母親を探す旅において何が無駄で何が必要かを自分で考え切り開いていかなければならない。
しかしながら、初見ではそんな事は分かるはずもなく、行かなくても良い草原でウロウロして無駄に素材を採取し日が暮れる頃に帰り、これを繰り返すと気づかないうちにバットエンドへと向かっている。何があるかは進まなきゃ分からないし、何が必要かは使わないと分からない。失敗に失敗を重ねる。
その中で、母親を探す旅の強力な助っ人である数多く存在するキャラクター達と絆を深め、自身の目的と仲間の目的のための支援をマルチタスクでこなしていく。
このゲームには周回システムが存在します。つまりはバッドエンドを繰り返しながら学び続け、そこまでの経験を活かした効率的な旅と、経験の効かないそれ以降の旅への対応力、イレギュラーにより追い込まれても、手持ちから逆境を乗り切る切り札を見つけ続ける思考力と、イレギュラーに追い込まれない為の保険。
これを完璧にこなした時に、やっとトゥルーエンドを迎えられる訳です。
非常に知的なゲームだと思います。素材もランダム要素が強く、タスク管理も難解なため、ネットで丁寧に紹介されてる攻略チャートを見てもその通りには進めず、目安にしかならないため、自分で考えて厳しい期間の中にある課題に立ち向かわなきゃいけない日が来る。
プレイヤー自身に考えさせる事に特化している。また、学び続ける事で恐ろしい程快適な旅になる。失敗を潰していくわけだから、単純な話、大人の知識で子供の頃に戻ってテストで100点取る様な感じです。
学びを活かした旅で成長を感じては、好奇心から新たな世界に挑み、その度に失敗してまた学び成長するリプレイ性の高さもさる事ながら、
出来ることが多く、場所も、人も多く、アイテム作成も素材採取も休憩や戦闘も何かも自由にやっていいが、自由には責任がつきまとい、これが思考停止しない為の良い仕掛けになっている。自由度って言うのは、ただ広いだけの世界を歩く事ではなく、自分の意思で自由に選び続けた時、その自由に応じた結果が反映されることだと思います。
もしそうならば、トトリのアトリエはゲーム史上稀に見る自由度の高さを持っていると言えます。

このゲーム最大の魅力は、この高いゲーム性ではないでしょうか。私はそう思いました。

▪主人公トトリが魅力的
非常に可愛らしい妖精のような見た目をしています。パッケージの感じから絵柄は少女漫画に近いと最初に感じました。
性格は少し子供っぽいですが、基本的には心優しく純粋で、年相応の可愛らしさというか"良さ"があると思います。
また纏っている錬金術士のドレスのデザインが美しく、ゲーム内モデルでも透過された青から白のグラデーションのリボンやスカート、岸田メルの描くスチルなどヴィジュアル関連は芸術的です。

▪サウンド
戦闘曲Yellow zoneやterminus、アトリエ内BGMやエンディングテーマなど、ほぼ全てのサウンドが耳に残っています。
しかも耳に残っているというのは何となくではなく、良い音楽として脳内に細かなメロディまで記憶されている。
中でも私はゲーム起動時に流れたオープニングテーマ「Pilgrimage」が衝撃的でした。
言っちゃあれですが、ゲームなんてそこそこのそれっぽい音楽がついてればいいと思ってました。オープニングテーマはアニソンみたいなのか適当なロック流したり世界観に特化したイメージビデオにそれっぽい曲当てれば雰囲気出るだろみたいな偏見というかある意味での諦めがあったので。
そんな半端な気持ちでオープニングを流して、僅か1分ちょっとのオープニングテーマに心を奪われて再起動し2度見してしまった訳です。

衝撃的と言いましたが、その感情を今でも覚えています。
ゲームセンターのピコピコした低俗な音楽じゃなければ最低どんなのでも良いと思えば、なんと一流ミュージカル映画のオープニングみたいなガチな物が来たのでモチベーションというか掴みは100点です。
調べてみたらアトリエシリーズは音楽が凄いことでゲーム音楽を少しでもかじっている人ならば、誰とが認知してるクラスだとか。

▪仲間キャラクターと日常イベント
立ち絵による楽しい会話がよく発生します。キャラクター数も1人あたりのイベント量を考えるならかなり多く、アニメのような感覚で見ています。楽しいです。
最終的に主人公の親友にあたるミミという少女は、最初こそぎこちなかったけれどもトトリと次第に背中を預け合う存在になっていき、他キャラクターより一層ドラマチックに思えたので特別印象的です。

▪アイテム作成
引き継げるのは、装備やアクセサリなど1部ですが、自分だけの装備やアイテムを作成し戦うのは面白い。
特性の付け方でアイテムの性質が変わっていきます。クリア後の余った期間でより理想的な装備を作るため模索したり、引き継いで無双したりと、かなり楽しい。
もちろ、本編がまともにクリア出来ない内は、最低限の装備しか揃えられませんがね……

▪グラフィック
昔のゲームらしいですが、可愛らしいアニメモデルはリアルなグラフィックと違いあまり寿命がないので見てて辛くないです。例としてフォトリアル路線のPS3傑作ラスアスの一作目が大好きなのですが、昔は相当リアルに感じたけど今となっては結構キツいと感じるほど、リアルではない。
対してこのゲームは、元からリアルじゃないからして、そういうアニメモデルなんだで割り切れる。そして可愛い。
こう考えると技術の変化により見劣りしにくいアニメモデルはコンテンツを長寿化する上で合理的な気がします。

▪脚本
母親を探す旅は、トトリのこれからの生き方を考えたり、広い世界に触れて少女なりの成長をする旅でもありました。
大きな目標の前にある、いくつもある小さな目標を達成し続けるトトリはどこか応援したくなるし、まだ幼いからこそ、理屈で考えたら亡くなっているとしか思えない母親の為に、生きていると信じてどこまでも一生懸命で一途。健気な姿には度々心を打たれます。
後半では母親の歩いた道を探しとある島へ。その場所で母親が果たせなかった約束を、その血の運命なのかトトリが果たすことになり……
この先は自身の手で見てください。トゥルーエンドの達成感は別格でした。強いメッセージ性は無いけど、成長譚として一級品であり、起承転結も完璧、隙と無駄のないシナリオになっていたと思います。

▪快適性
UIはそこそこ快適です。素材やアイテムが多く、図鑑関連はもう少し便利な機能が欲しかったけど、欲を言えばの話であり充分ではある。
ロードは速いし、倍速機能もあるのでテンポを損ねる事無くプレイできます。

BAD/REQUEST

▪あまりにも難しすぎる
この手のゲームが初見だったこともあり計13回も周回を重ねて初めてラスボスを倒すルートでクリアしました。
期間が厳しすぎるし、心が折れそうになることも沢山ありました。特にはヤケになって日数を消費しない水汲みを繰り返し水を1コールで売り飛ばす奇行を繰り返したり、装備作成のために一周まるごとクリアを捨てた行動をしたりと、

考え続ける事の難しさと学びを活かす楽しさのゲームである以上、悲しいことに思考停止なプレイヤーはまともに物語を見届ける権利すら与えられない。トトリが夢破れる悲しいエンディングを繰り返すことに。
つまり、適当に遊びたい人には向かない。仮に考えるのが苦手でもクリアするまで粘りたい!という覚悟をお持ちの方が居たとしても、クリアするまでバッドエンドを繰り返す訳だから、要領しだいですがまぁ、長い時間がかかる事でしょう。

時間と、知能。この2つが必要。
アクションじゃないから反射神経とかまるで要りません。

自分は苦手なタイプなため、どちらかと言えば厳しかった。
私はアクションゲームは得意なタイプと自負していますが、DARK SOULSやキングダムハーツのリミカが出来ても難しいのベクトルが違うため初見は悲惨でした。
更に心が折れた要因ですが、lolやR6Sなどそこそこ頭を使うと感じていた対戦ゲームを長い時間やっていた方なので、思考力には自信があったのですが、そういう感じでもないです。

ぶっちゃけ1ターンの持ち時間が決まっている将棋で複数人と同時に勝負し全部勝たなきゃいけないという無茶ぶりに近い何かを感じました。
今でこそクリア出来たから傑作と言えますが、初見での感想は「地獄そのもの」でした。何も出来ない。何もさせて貰えない。船作れなかったから海にすら出れない。冒険者免許剥奪。
どこまでも無慈悲。

▪一部イベントのフラグ条件が難解
トロフィーに関わるイベントもある中で、一部イベントのフラグ条件が分からずネットで調べましたが、どこも曖昧で……
公式攻略本とか買えば分かるんですかね。
分かりやすくしろとは言いませんが、本筋と関係ない事で悩むのはちょっと辛いです。

COMMENT

名作扱いされていたので純粋に興味がありました。
可愛らしい絵柄とは裏腹に難しいゲームなので、想像を遥かに超えた苦戦をしましたが、結果としては傑作という判定で間違いないと感じております。概ねネットでの評価と同じになったわですね。
登場人物が全員割とまともな倫理観を持っており、この辺もゲームにしては珍しいと思いました。主人公と幼なじみが一番子供っぽい可能性すらある。
日常的なイベントに関しても、会話シーンは面白いものが多く、動画にまとめられたものを思い返して見ることも。
キャラクターに魅力を感じるだけではやっていけるか分からない難易度の高さですが、クオリティは保証します。

あとは、最後まで折れずに頑張ってください笑

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
まゆらさん  [2020-08-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

15人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 5pt
総合点
91pt

GOOD!

PS3版プレイ済みで懐かしく思い購入

■サウンド
アトリエは毎回曲がいいですね。オープニングから、戦闘曲からエンディングまで聞いてて耳が幸せです。
未だに歴代最高と言っても過言ではない。ソフィーといい勝負です。

■ストーリー
日常イベントパートと母親を探すメインパートが同時進行という形ですね。もちろん進行具合はプレイヤーの行動で大きく変わりますが。
面白い会話や、ほっこりするイベントが多く周回しても毎回しっかり見るくらいには気に入っています。
メインパートも良いです。ネタバレ防止の為に詳しい内容は言えませんが、やり込めば最高の結末が待っています。
ちょっと難易度高いけど

■オリジナリティ
期間制限が最も上手く活かせているアトリエだと思います。
厳しいスケジュールの中、周回しながら順序を覚えつつ、出来ることを徐々に増やしていく。
錬金システムというアトリエシリーズ独自の要素はこの頃はパズル的なものはなくアイテムを選ぶだけですが。
この錬金は素材を採取して調合する単純なものですが、他のアトリエシリーズと違って一筋縄ではいかないのは期間が厳しいことと採取での時間の経過を考えなければ行けないために思考停止のプレイが許されないこと。
思考型の極地であるアトリエシリーズの中でも最も難易度が高く、当時はロロナまで経営色が強かった為に異質なアトリエとして扱われていました。
絶妙なバランスで他のゲームには無い、戦闘以外でも焦りを感じることが出来る。ほぼ全ての行動が物語に影響を及ぼします。

■グラフィック イラスト
グラフィック……リマスターされてるのか綺麗です。3Dモデル作り直したのか若干昔より良くなってる気も。(公式がそんな事を言っていたような)
だいぶ前なゲームだけありグラフィックに驚くことは大してありませんが、3Dモデルは簡潔で見やすくクオリティも高い上に、髪がなびいたり服がひらひらしたりと割と動きもあるため丁寧な作りと感じます。
イラスト……イベントシーンでは立ち絵での会話が多いです。
立ち絵は最高だと思います。下手に人形劇で粘るより、表情の多い立ち絵での形式にしたのは高いクオリティを保つことに大きく影響しています。

■キャラクター
今となってはそこそこの知名度を誇る人気キャラクターがいっぱい……
基本的にみんな良い人です。嫌味はないですが個性が強いキャラクターが多く、割と特徴も捉えやすい背景やデザインや口調で親しみやすいです。声優も合っていますね。

■難易度
正直めちゃくちゃ高いと思います。システムが理解出来た時、常に時間との戦いで無駄を避ける感覚に追われますが
本作はそれを前提で、開発はそれを意識した作りにしています。利用できるものをくまなく利用すればやり過ごせたり、思わぬ抜け道があったり、そうやって何も知らず挑めばBADEND間違い無しの難易度に、意図的に用意されたのかもしれないいくつもの抜け道と、自分自身の直感やプレイスタイル、一か八かの賭けを混ぜ合わせたどり着くトゥルーエンドは大きな達成感を得られます。
トトリのアトリエが、ゲーマー向けだの、ゲーム性の塊だのと評されるのはこの高い難易度と寝られたゲーム部分の為です。
しかしながら異質なゲーム故に経験を必要とせず割と初心者でも考えるのが好きな人や根気のある人、物覚えの良い人はクリアできると思います。

アトリエは女性ユーザーも多く、それを意識してか可愛い絵柄ですが
可愛い絵柄に対して硬派すぎるゲームです。そのギャップもまた人気の秘訣だとも思いますけどね笑

BAD/REQUEST

特にないんですがね……

私は基本的にクリア後のやり込みを楽しむプレイヤーですが、トトリのアトリエは期間制限付きでクリア後も延々とその周でやり込みできる訳でもなく、一定の期間に達すると強制で終わりとなります。
装備などの引き継ぎは可能。
ですのでやり込み期間やクリア後ダンジョンは、ラスボス撃破から一連の流れを終え、余った期間でやることになるのですが……
私は普段だらだらとPVPをしていたり、マルチで誰かとPVEをだらだらしていたり、俗に言うゆとりゲーマー寄りである為にだらだらしてもいいフリー期間を儲けて欲しかったかなと。
トトリのアトリエは、怠ける人や思考停止のプレイヤーや、制限のないゲームに慣れてしまった私のような無駄の多いプレイスタイルの人には容赦なくBADENDを突きつけてくるので正直厳しいです。乗り切った達成感は一生忘れられないものになるけども。

COMMENT

考える楽しさと、目に見える爆速の成長。プレイしていて慣れてくるとまるで脳が一段階拡張されたかと錯覚してしまうほど思考する快楽の虜になる傑作です。
音楽から人気なキャラから興味を持ったか、はたまたゲーマー向けと聞いて血が騒ぐ猛者が……興味を持つ動機なんて山ほどあると思いますが、是非手に取ってクリアまで投げ出さずに遊んで欲しいです。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
Daigoさん  [2019-11-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

19人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 5pt 5pt 5pt 4pt
総合点
96pt

GOOD!

伝説のアーランドシリーズの中でも一際人気なトトリのアトリエ。PS3トトリはmk2レビューでSランクを獲得した数少ないソフトでした。今回はその完全版であるvita版トトリのアトリエplusの移植に当たる作品です。

・サウンド
アトリエと言ったら有名なのはハイレベルな音楽の数々です。
戦闘曲やイベント曲、オープニングテーマ、エンディングテーマ等など、ありとあらゆる音楽が芸術の域に達しております。まず文句は出ないでしょう。

・システム
アトリエシリーズは錬金術をメインシステムに組み込んだオリジナリティ溢れるゲームです。採取して調合という流れは至って簡単。戦闘にも使える錬金アイテムは特性の組み合わせ次第で恐ろしい効果を発揮しやりがいがあります。
また本作は期限制のアトリエです。(現在ではフリー期間のアトリエが主流です)
決められた期間の中にどれだけの事が達成できるのか。
周回事に出来ることが増えていき、また前の周でプレイしたところまでは何が起こるか把握出来るので効率が違う。
明確に上達を感じられる本作は最もゲーム性が高い作品と言われることもしばしばあります。

・グラフィック
透明感のあるキャラクターの3Dモデルは今なお高いクオリティです。もちろんPS4はハードの性能を発揮したフォトリアルのゲームが人気な為、そういう感動はありません。

・イラスト
イベントはキャラクターの人形劇ではなくイラストによる会話です。度々イベントスチルが入ります。Tonyと並び世界的に認知されるほど有名で人気なようです岸田メルの美麗なイラストは圧巻です。

・快適度
テンポ良く進む本編、爆速ロードと快適な作り込みに隙がなくストレスフリーです。素晴らしい。

・達成感
満足度の項目に当たります。本作は期限が厳しく、優しい世界感に対して手を抜けば容赦のない現実を突きつけられます。
だからこそ次こそはもっと先へ、さらに早く、さらに正確に、そうやって何度も試行錯誤し、挫折を乗り越え続け、周回を重ねて辿り着くトゥルーエンドは何よりも価値があります。
エンディングを迎えられた時、凄まじく達成感と大きなひとつの旅を終えた充実感の余韻に浸り言葉では表しきれない気持ちになるものです。

・キャラクター
人気な前作主人公ロロナも登場、主人公トトリは20周年ほ人気投票で未だに2位の人気を誇るキャラクター。
ステルクやミミなど有名なキャラが勢揃いしています。
アトリエシリーズのキャラクターは基本的に思いやりがあったり、優しい人が多いので嫌な気分にさせられることはありません。また岸田メルが手がけただけあり完成度の高いデザインのキャラクターが多いです。

・ストーリー
行方不明の母を探し旅する本筋は努力次第では悲しくもなりますし幸せな気持ちにもなれます。、キャラクター事のエピソードも娯楽としては極上のもので、笑えるイベントがいくつもあります。

BAD/REQUEST

本作は高い達成感を得られる事が人気な作品です。
が、しかし高い達成感を得られるというのは厳しい期限を乗り越えたからです。
スケジュール管理が難しく、攻略をみても上手くいかないこともあるかもしれません。
本作はその難易度の高さからゲーマーの登竜門というような扱いを受けており生半可な気持ちで挑むもので無いかもしれません。

つまるところ気軽にできないということです。

メルルやロロナ、エスカ&ロジーやフィリスなど他にも期限制アトリエはあるのでそちらで慣れてからのプレイをおすすめしたいところです。

COMMENT

岸田メル渾身のデザインのトトリと優れたゲーム性は今なお人気で、正しく不朽の名作に相応しい作品です。
トトリのアトリエのトゥルーエンドを達成することはゲーマーてして鼻が高く、高いステータスに繋がります。
苦戦してる人達が立てたスレやブログがネットにはゴロゴロありますね。自信があるなら挑むも良し、そうでなくてもゲームとして完成度が高いのでトトリがやりたい!と言う人は手に取ってみては如何でしょうか。
元々女性向けシリーズですが男性からの人気も高く幅広い層にオススメ出来ます。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
SH33さん  [2019-10-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。