このソフトのレビューを書く

【PS4】英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐ レビュー

発売元 日本ファルコムオフィシャルサイト
発売日 2018-09-27
価格 8424円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 セクシャル (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ストーリーRPG
■ プレイ人数:1人
■ PS4 Pro ENHANCED:PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます

総合ポイント
70
(難易度)
1.85
レビュー数
13
スコアチャート 英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐レビューチャート

0%
0-9
7.7%
10-19
0%
20-29
7.7%
30-39
7.7%
40-49
7.7%
50-59
15.4%
60-69
30.8%
70-79
23.1%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
69.2%
【標準偏差】
20.46


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 3pt 4pt 3pt 3pt 2pt
総合点
63pt

GOOD!

■ようやく完結
今作の一番の見どころではないでしょうか。
閃の軌跡シリーズはもとより、空から続いた15年越しの謎や伏線も次々回収されてやっと空、零、碧、閃と続いた話がやっと完結します。
特に閃の軌跡シリーズは、話の展開が遅く、なげー、まだ続くのかよ!って事が多かった(特に前作)のですが、今作は過去の伏線回収で大忙しのため、約70時間かかったものの「もう終わりか早いな」という印象です。
最後の怒涛の展開はドッグファイトやら大人数での空中戦等、過去最大級の盛り上がりを見せ、次回の話もチラ見せ程度に触れたため、次回作買わないつもりでしたが、ちょっと期待してしまう自分がいました。

■戦闘演出
新技が結構出てきますが、全体的に良かったです。
ただ一部で長すぎて、ほぼスキップする技もありましたが・・
最終戦の大人数バトルは展開と華麗な技も相まって最高の盛り上がりを見せてくれました。

BAD/REQUEST

■イベント演出、モーション
今作に限らず閃の軌跡シリーズを通して不満なのはここです。
グラフィックは100歩譲ってなんとかですが、仮にもPS4なのに、十何年前のPS2みたいなモーションは頂けない・・
戦闘の演出はあれだけ凝ってるのにイベントのモーションが全キャラ同じかつ、恐らく全部手付モーション。
3の時、とあるレビューアの方が書いていましたが、恐らくテンプレートみたいのがあってそれを組み合わせてるだけなのでしょう。

カメラワークもワンパターンです。緩急が全く無い。いつもキャラの周りをカメラがぐるーっと回るだけ。
近いか遠いかくらいの違いしかない。
戦闘の必殺技とかは絵コンテ切ってるのがわかりますが、イベントシーンは絵コンテ切ってるのかすら疑問です。
あと未だに「汗」、「!」マークによる感情表現を行っているのが違和感ありすぎです。

おかげで、シリアスなシーンも、感動の場面も、激しい戦闘のシーンも、全部興醒めです。

あと一応このシリーズ戦争の話、なんですよね。一応。
なのに、それらしさが全く無い。
非常線張られてるところに、二言三言ですんなり入れたり、戦闘中の地域で敵を目の前に味方同士で背中向けて話し始めたりと、リアリティー無さ過ぎです。
ドッグファイトも残念極まり無い・・
戦艦が右から左へ左から右へ飛んで行って、ただ爆発のエフェクト出してるだけ・・
別の方も書いてましたが、敵が迎撃してきた!こっちも応戦だ!って場面でキャラもロボもみんな棒立ちとか、戦場なのに「ありえない」です。
あと動きも会話も、現実ではありえないくらい遅いですね。スローモーションかかってるの?くらいに。とにかく展開のテンポが悪い。

技術力の低さから来るのか、総じて話してる時は全員止まる、動く時は全員動く、2つ以上の事を同時にしながら展開するという演出が出来ないようです。

あと、いい加減、声付くところは付ける、付けないところは付けない、ではっきりしてほしい。
突然声付いたり、消えたりで落ち着かないです。

■シナリオ
総じて台詞回し、台詞の演出が稚拙です。
本作はSF要素も結構あるので、戦艦による空中戦もあったりするのですが、ここはオペレーターの台詞で盛り上げるところだろ、ってところで全くしゃべらないとか、せめてグラフィックが追いつかないなら台詞で盛り上げるべきかと。
かと思えば、おい、ここのんびり会話してるところじゃないだろって場面で喋りまくるとか、場面の台詞の強弱っていうか緩急っていうのかそのあたりの分配がまるで駄目です。
敵目前にして、背中向けて会話するとか、敵が迫ってきてるのに決め台詞言ってから突っ込むとか。
まぁ敵もその時は律儀に待ってるんですが、戦場でそれはありえないだろ、と。

あと、気になったのは「させていただきます」症候群。
これつければ丁寧になると思っている人の書く文章。
他のレビューアも書いていますが、素人から見ても語彙、文章力なさすぎです。
同じような単語を連発します。もっといろいろな言い回しがあります。かと思えば「辞書で調べました的」な、やたら難しい単語を混ぜてくる。

■戦闘システム
いい加減古いです。
今どき棒立ちコマンド入力式とか、スマホゲーじゃないんだからやめてほしい。
スタッフも何を勘違いしてるのか、高速オートモードで快適とか書いてますが、それだったら戦闘も楽しませる努力をしてくれよ・・と思います。
まぁ高速オートをつける時点で、面白くないってことは自覚してるんでしょうが・・

COMMENT

総評としては、1-4の中では一番楽しめました。
3まではとにかく、回り道に次ぐ回り道で、1作あたり約6-70時間のプレイは、もっさり戦闘、イベントが相まって「なげー」の一言でしたが、今作は過去空からの8作分の伏線を回収するために話しの密度が高く、もう終わり?という体感でした。
勢いで一ヶ月くらいでクリアしました。以前なら3-4ヶ月くらい掛かってたので、久々に夢中になれました。

ただ、1-3のプレイは最低限必須の展開なので完全に新規お断りの内容ですね。4から始める方はあまりいないと思いますが、4だけやると、置いてきぼりでポカーンですのでご注意を。

ただ、相変わらずの語彙力、構成力の無いシナリオと残念なイベント演出が、シリアスシーンも手に汗握る、、はずのドッグファイトも見事にぶった切ってくれます(苦笑)

そんなわけで、想像力を働かせながらプレイすることをおすすめします。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
Masakiさん  [2019-03-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 4pt 5pt 5pt 4pt 1pt
総合点
87pt

GOOD!

軌跡シリーズは暁を除いてすべてプレイ済みです。プレイ時間は約90時間。かなり楽しめましたが不満点もちらほらと

・ストーリー
軌跡シリーズ9作、閃4作の集大成としてまとまっていました。空の頃からの伏線を回収し、今後に向けて新たな伏線を仕込んだといったところでしょうか。閃の軌跡で紡いてきた物語もきれいに終わり、EDではとてつもないくらいの感慨深さがありました。良くも悪くもこのシリーズの良いところでしょう。

・戦闘
オーダーが弱体化し、長い間一貫しつつも少しずつ変化してきた戦闘システムだけあって面白かったですね、前作ではオーダーが強すぎましたし

・BGM
正直なところ、過去作と比べてBGMが良いかと言われれば微妙なところではあります。終盤ではかなり良い曲が多かったのですが、空や零碧のほうがBGMでテンションがあがることは多かったと思います。まあそれでも他のゲームと比べるとやはりBGMは良いなと思ったのでこちらにいれさせてもらいました。

・キャラクター
キャラの心情というのはよく描けていると思います。葛藤や劣等感、そういう感情を行動や言動で描かれるのは見ていて楽しいですね。

・熱中はできる
いろいろとあって発売からクリアまで時間が空きましたが、プレイしている間はずっと熱中して続けていました。過去作が登場したときはやはりテンションが上りますし、伏線がどんどんと回収される様は見ていて面白かったです。それに終盤の盛り上がりはさすがファルコムさんといったところですね。

BAD/REQUEST

・難易度
難易度HARDで挑みましたが、苦戦というほどの苦戦はしませんでした。後半の騎神戦の難易度がかなり上がっていたことくらいでしょうか。これに関しては、過去作から騎神戦の難易度の低さが気になっていたので改善点であると自分は思います。
しかし、オーダーが弱体化したとはいえ、クォーツや装備を整え、雑魚戦をサボることなくある程度こなしていれば苦戦するような敵はいません。ボス戦がかなり多いですが、設定上はめちゃくちゃ強いはずなのに戦闘ではそこまで強くないということも珍しくありませんでした。アリアンロードやマクバーンなどが典型例ですね。

・台詞回し
これはもうみなさん書かれている通り、ひどいです。「~というか」「~っつーか」「いくらなんでも○○すぎだろう」「これは…」という似たような言葉遣いが頻繁に登場し、非常に気になります。かと思えば辞書を引かないと乗っていないようなよくわからない語彙が登場したりと、ちぐはぐです。「…あ……」はある種の伝統のようなものですので別にいいとしても、こういうのはやめてもらいたいところですね。あと「チートすぎんだろ」「オカルトすぎんだろ」というのも違和感を覚えます。ファンタジー作品でそういうことを言われるとかなり萎えますし、現実世界のスラングを使われるのも萎えます

・グラフィック
まあ、いつもどおりの感想ですが「ファルコムにしては頑張った」といった程度でしょうか。会社の規模が小さいので、他の企業と比べて見劣りするのは仕方ありません。別にスクエニと比較する気はないですし、3D化した閃1と比較するとかなり良くなったのは間違いありません。今閃1をやってみるとあまりの酷さに驚きましたからね、進化はしています。しかしまだまだです。モーションとかももっと頑張って欲しいですね。もうテイルズみたいに外注にしても良いんじゃないかと個人的には思っているのですが…まあ会社にもいろんな事情があるでしょうし、なかなか難しいのかもしれないですね。

COMMENT

いろいろと書きましたけど、90時間も楽しませてくれましたし、やはりこのシリーズには続けたくなるよくわからない魅力がありますね。おそらく僕のような人を信者と呼ぶのかもしれませんけど、次回作も買うでしょう。これだけ長いシリーズの総集編だけあって、EDでの感慨深さは他の作品では絶対に味わえないほどのものです。それをまた数年後に味わいたいがために買うのも悪くはないでしょう。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
ケースケさん  [2019-03-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt 1pt
総合点
73pt

GOOD!

◆軌跡シリーズ一区切り
 軌跡シリーズの主人公たちが集結。序盤から夢のパーティーを組めてファンにはたまりません。最終的に意外すぎるメンバーもプレイアブルに。
 空が発売されてから14年経ちますが、これまでは1進めて10伏線を張るみたいな、風呂敷の広げっぱなしと揶揄されるくらい謎が全然明かされませんでしたが、今作はレギュラーだった人が何人か離脱したり、空~閃3までに徐々に広げた伏線を一気に半分くらい明かした感じで、もの凄い情報量に思わず「ファルコムどうしたの!?」と言いたくなるくらい。続編は色々一新されそうな雰囲気。

◆ストーリー
 空時代からのネタや伏線も大量に使われており、これまで広げる一方だった風呂敷をかなり畳んでいるのでストーリーが進むごとに次が気になりワクワクが止まりません。正直コマがそろいすぎていて、中だるみもあり予想通りの展開ではあったのですが、怒涛の結末に盛り上がっていくのは素晴らしいの一言。

◆会話
 これも空から続く伝統。イベントの進度によって街の人の反応が逐一変わります。こういった世界観を大事にするRPGって最近あまりないですよね。Aボイスも何かが見えたときなどに効果的に挿入されるため、主人公たちの考えや心情が移動中に語られます。区切りごとに必須キャラ+任意キャラを何人か選ぶのですが、任意キャラも場面によって的確なコメントを言うのでパーティー選抜に悩まされます。

◆音楽
 これまでと少し変わった曲調もありましたが、全体として耳に残りいつも通り高レベル。

BAD/REQUEST

◆OPムービー
 専門学校1年生に同人で作ってもらったかのような酷い出来。顔が誰?ってレベルでとってもヤバイです。

◆敵が速い
 前作でブレイクが猛威を振るいどんな強敵もノーダメで倒せた反動なのか敵の行動力が全体的に高めで、行動力をつけ通常攻撃しかしなくても敵が連続行動することも多々。クラフトのディレイはさらに重く、使ってブレイクさせても味方に順番が回る前に終わることも。Sクラはとてつもなく重く、最後に4連発でしとめ切れないと発狂した敵にずっと俺のターンで惨殺されてしまいます。

◆BP
 BPは追撃で貯まり消費してラッシュやバーストを使えるのですが、今作はボスのSクラをしのぐ為に必要なので気軽に使いにくい感じ。

◆人数が多い弊害
 突入時やボス前の前口上が長く、しかも何回もあります。キャラを使わせるために必須キャラがローテーションしていきますが、お金やセピスは割りとカツカツなので、装備、クォーツを付け外しするのが面倒。挙句の果てにはイベントでキャラに「さすがに多すぎだろう」と自虐ネタまで。
 あとシリーズを重ねすぎたせいもあるとおもうのですが、似た性格のキャラに同じ声優を当てているため、しゃべり方や口癖も似ていて声だけだと誰か分からないことが。

◆凄さの見せ方
 ミュゼは凄い指し手能力を持っているということになっていたはずなのですが、今作ではむしろプレイヤーですら簡単に先を読める程度のことしか出来ていません。むしろ悪役はやたら裏をかいてくるため、そちらの方がミュゼを凌駕していそうに見えてしまうのが残念。

◆日本語
 閃でずーっとツッコんでいる、知的なキャラに難しい言葉を言わせたいために同じ言い回しを多用する点。だいぶマシになったとはいえ、やっぱり語彙力が足りないのが気になります。

COMMENT

 閃1,3は中途半端すぎる打ち切りで、2はワンパターンすぎる展開に辟易していましたが、今作はGoodに書いたとおり軌跡シリーズやゼムリア大陸、教会、至宝と結社の目的の一端などが垣間見え、空のネタもふんだんに使っているのもあり満足度は高いです。物語が前作ありきなので、最低でも閃からのプレイが必要。ぜひ空からのプレイをオススメします。
 真エンド後にもう一度見ると結社が話し合うシーンが追加されるので見逃さないようにご注意を!

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
miRokさん(Webサイト)  [2019-01-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 2pt
総合点
70pt

GOOD!

【昨今では稀少な王道RPG】
スマホゲーの台頭、据え置き機向けの売上減少で軌跡シリーズのような王道RPGは本当に最近少なくなりました。ストーリーはおまけというゲームが多くなっている中、じっくりと腰を据えて物語に没頭出来るRPGはやっぱりいいなと思える作品です。

【軌跡シリーズほぼオールスターズ】
空、零碧、閃シリーズの主要キャラからサブクエスト絡みのNPCに至るまで非常に多くのキャラクターが登場しておりまさにオールスターズ。故に過去作をプレイしていないと縁のある人物である事自体が分からず、面白みが半減してしまうのは仕方ないと思います。単なる顔出しだけではなく、きちんとそれぞれの物語があり、丁寧に描かれてる点は軌跡シリーズならではです。主要人物はほとんどプレイアブルとして戦闘に参加しますし、シリーズの垣根を超えたパーティーや共闘などシリーズファン向け要素が盛り沢山です。

【ストーリーRPGの冠に恥じないストーリー】
相変わらずテキスト量が膨大で、単純に閃シリーズの完結というだけではなく、過去作から張られた伏線がかなり回収されています。一つ一つ丁寧に描かれているので分かりやすかったです。ゲーム進行度としては僅かでも、かなりのテキスト量があるので結構疲れます(笑)。

【奇をてらわない分かりやすい戦闘システム】
ロストアーツが復活した程度で戦闘そのものは理解しにくいようなものもなく、都度チュートリアルがあるのですぐ慣れます。引き継ぎなしナイトメアは序盤~中盤までが諸々整わないのでかなり難しいです。中盤以降は楽ですがどの道1周でトロコンは無理なのでおすすめしません。

BAD/REQUEST

【既視感のあるゲーム展開】
閃3の時はリィンは教官に、舞台は分校に変わったもののまるで閃1を再プレイしているような錯覚を覚えましたが、今回は閃2を再プレイしているような感覚になりました。正直、似たような展開が多く4作目はちょっと長引かせすぎたという印象です。特に2から3までの空白期間が長く、ハード移行などもあったのでしょうがその割にグラフィックなど大きな進化が見られないのも残念でした。

【必要性の感じないボス戦】
今作からではありませんが「このボスと戦うの何回目だっけ?」というくらい同じボスと戦い、倒しても決着がつかないお約束の展開が多すぎてさすがにげんなりしました。ゲーム的にボス戦として展開せざるを得ないという惰性のようなものを感じます。

【相変わらずグラフィックが前時代レベル】
背景はあまり気になりませんでしたが、やっぱりキャラゲーなのでキャラのモデリングが気になりました。JRPGらしいアニメ調なんですが他メーカーと比べると素人目に見ても「もうちょっとどうにかならなかったの?」というレベル。閃1からですが、会話時にイラストの立ち絵ではなく3Dモデルのアイコンになったのも残念ですね。キャラが多いのでイラストを用意するのは難しいのでしょうが、主要キャラだけでもイラストの立ち絵に次からは戻して欲しいです。

COMMENT

【初めて軌跡シリーズをプレイする場合、どこからプレイすべきか?】
最低でも閃1から、出来れば空3作→零碧→閃と順番にプレイ推奨です。空、零碧キャラもガッツリ絡んで来るので閃シリーズだけではちょっとよく分からない展開も多いです。閃以外はオリジナル版(PSP)はシステム的にもちょっとしんどいのでリメイク版(Vita)を推奨します。単に閃シリーズとしての完結ではなく過去作からの伏線回収も多いのでシリーズ全てをプレイするとなると時間もかなりかかりますが…。

【トロフィーに関して】
絆イベントで女性キャラの特別な思い出を共有するイベントとその他人物ノートが更新されるもののせめぎ合いで、1周目では絆ポイントが足らず両立出来ないので1周目トロコンは無理です。周回限定イベントもないので完全に作業ですがトロコンには最低2周しないといけません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
hikkiさん  [2018-11-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。