このソフトのレビューを書く

【PS3】DARK SOULS(ダークソウル) レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2011-09-22
価格 7800円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION)改訂版の設置基準について
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン時:最大4人)

【DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION】
■ 発売日:2012/10/25
■ 価格:4,800円
通常版にDLC(1200円)を同梱した廉価版です。

総合ポイント
69
(難易度)
3.85
レビュー数
168
スコアチャート DARK SOULS(ダークソウル)レビューチャート

DARK SOULS(ダークソウル) 購入する
0.6%
0-9
1.2%
10-19
0.6%
20-29
11.9%
30-39
13.1%
40-49
12.5%
50-59
11.3%
60-69
23.2%
70-79
22.6%
80-89
3%
90-100
【60点以上】
60.1%
【標準偏差】
19.42


305人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 5pt 4pt 3pt 4pt
総合点
80pt

GOOD!

 オフライン
・プレイヤーキャラのカスタマイズの豊富さ
甲冑に身を包んだ騎士や魔法使い、特大な斧を持った重量級戦士、二刀流戦士などなどなど、、
自分の想像力次第で色々なキャラクターを作り上げていく事が出来ます。キャラクターレベルの
上げ方も細やかで、自分のプレイスタイルにあわせて強化していく事が可能です。
・武器や装備品、アイテムの豊富さからくるやり込み度
武器、防具、魔法、など種類が多く、能力に個性があり、それらの収集、個性の把握、その組み合わせの良し悪しの研究など、プレイスタイルの幅の広さと、やり込み度は非常に高いです。
・高い難易度
自分の作り上げたキャラクター達に答えるがごとく敵が強いです。ボスも強いので、いかに戦い、いかに攻略していくか見出していくのも楽しめます。アクション苦手な方は少々厳しいかもしれない、くらいの難易度です。
・硬派な世界
萌やらアニメのような妙な要素はなく、癖はありますがプレイヤーに任せる世界で、難易度と
相まって懐古向けの赴きもあります。昔のRPGの正統派進化ゲームかもしれません。
・基本はプレイヤースキルのゲームバランス
強い装備品などよりプレイヤーの腕が大事だったりします。攻略していくにつれプレイヤー自身
が成長していくようなバランスはとても良いです。一部それを壊してしまうような魔法なども
存在し残念でならない。
 オンライン
・他プレイヤーとの協力プレイ
他プレイヤーの助けをかり、エリアを攻略する事も可能。プレイスタイルの新たな発見や共闘プレイを楽しめます。高難易度の救済にも繋がっています。
・敵対プレイ
協力プレイ可能な状況下にあると両刃のように敵対プレイも成立してしまいます。問答無用に
敵対プレイヤーが侵入してきます。この緊張感はなかなかの物でダークソウルの大きな特徴の
一つと言えます。プレイスタイルの発見、対戦プレイの楽しさにも繋がります。
前途の逆もしかりで、自分が協力プレイ、敵対プレイ側にまわる事も可能です。
・対戦バランス
プレイヤースキルがそんなに無くても、装備次第で格上プレイヤーにも勝利する事が可能だったりする。プレイヤースキルで戦うか装備の強さで戦うかはプレイヤー次第。
オンラインプレイはダークソウルのプレイの幅を大きく広げています。

BAD/REQUEST

 オフライン
初期バージョンはバグ、フリーズなどかなり惨いです。パッチは必須ではないでしょうか。
・装備品、武器、魔法などの性能バランスの悪さ
装備品の個性が幅広いのは良いのですが、性能に大きな差が有り、強い武器、魔法、防具など決まってきてしまい、結果プレイスタイルの幅が狭まってしまう。オンライン時は如実。
・一部ステージの処理落ちや作り込みの粗さ
良いゲームなのに足を引っ張ってしまっている、残念。
・オンライン前提のシステムやゲームデザイン
これは御時世的に仕方ない所もあるかと思うが、シングルプレイの方もいるのではあるまいか?
同社キングズフィールドなどの流れの人もいるだろうに、、
 オンライン
・マッチング
協力プレイのマッチングは悪いの一言、一方敵対プレイの侵入はしやすい、協力プレイで攻略したい方は厳しい物があるでしょう。同じ敵対プレイヤーが何度も侵入してきて、こちらは仲間を
一度も呼ぶ事が出来ないなんて事も多々あります。
敵対プレイは敵対プレイで厳しいものがあります。自身よりレベルの上なキャラクターに制限
なく侵入できてしまうので、恐ろしく高レベルなキャラクターが待ち構えていたりします。
酷い時は3対1で侵入キャラクターをいじめ抜こうというプレイヤーも多々います。マッチングの粗さをついて卑怯な事を平然としているプレイヤーが後を絶たない状況になり果てています。
・対戦バランスの悪さ
プレイヤー次第で幅広く遊べるのですが、強武器、強戦法、強魔法、強装備が確立されてしまい、同じようなプレイスタイルが横行してしまっています。特に強いのが相手の背後に回っての致命の一撃と即死級の魔法、それらを強化するアイテムまであり、対戦の幅広さを大幅に限定させてしまっているようなバランスです。
・対戦プレイ時のラグ
マッチングが世界中の方と繋がるのですが、どうしてもラグが発生します。時にはゲームとして
成立しなくなる程です。このラグを利用して勝負している輩も多々います。

COMMENT

同社キングズフィールドの進化の系譜に位置しているゲームだと思います。
とても面白いし、多くの人々の記憶に残る傑作だと思います。
デモンズソウルからダークソウルまで長く遊び尽くした感想として、、オンライン時の話です、
とても奥深く長くやり込める良いゲームなのですが、プレイヤーに託された結果、かなりマナーの悪い、殺伐としたゲームになり果ててしまいました。
ゲームのバランスとシステムからか回線を切ってしまうプレイヤーが後を断ちません。回線を切られる事が普通の事と感じてしまう程です。
協力プレイしていても、強魔法で一瞬のうちにボスを倒してしまうプレイヤーや、3対1で敵対プレイヤーを倒した際相手を不愉快にさせたり馬鹿にするジェスチャーを連発したり、
敵対プレイ時は、敵対プレイヤーが現れる場所に3人で陣取り敵が動けなくなる魔法を使いタコ殴りして喜んでたり、いじめを助長するような状況ですね、それらが当たり前のようになっている。これはコンシュマー機で恐ろしい状況ではないでしょうか?
果てはチートや、ラグを任意で発生させる機械を使って意地でも勝負に勝とうとする連中が現れる始末、、、もうメチャクチャになっています。
結果幅広い内容のゲームでも、今のプレイヤーはそれを乗りこなすセンスは持ち合わせていない事が浮き彫りになっています。乗りこなそうとした良プレイヤーは、周りの状況からか消えていってしまった方が大半でしょう。
それだけ人々を夢中にさせてくれる魅力をこのゲームはもっています。
これだけプレイヤーの質をためされるゲームも珍しいのではないでしょうか。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
うんちさん  [2013-09-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

311人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 5pt 3pt 1pt 5pt
総合点
66pt

GOOD!

中毒性が異常です。
たぶん、昔のファミコンの理不尽なくらいの難易度を経験している人にとっては、『久々に骨のあるゲームが来たか。』と思わせる内容です。
もう本当に嫌になるくらい、いや途中からため息つきながらプレイしてました。
ため息つくような内容なのについついやってしまうところがこのゲームの最大の魅力なんだと思います。
霧を抜ける前にボスが待ち受けてるかと思うと、思わず『はぁ…』とため息ついた人も少なくないはず。
とにかく難しい。
ただ、それだけに達成感はすごいです。
それとグラフィックも凄い綺麗です。綺麗だし、細かい。こんなところまで描いてるんだぁと感動します。
今作はデモンズソウルと違って篝火があるし、死んでもHPが半分にならないし、レベル上げが比較的しやすかったからデモンズに比べたらそれでも簡単です。

BAD/REQUEST

悪い点は、良い点とも言えますが中毒性がありすぎる、ということ。
このゲームの影響で生活リズムが大きく崩れました。
他のゲームはあっさり止められるのにこのゲームはもう止めてもまたすぐやりたくなる。
睡眠時間がぐちゃぐちゃになりました。
この中毒性のありすぎはちょっと危険なゲームだと思います。
それと、デモンズに比べたら簡単になりましたが、難しすぎるということ。
鬼畜。
『なんだよそれ!』と何度言ったことか。
ハメとかありますしね。
このゲームのジャンルを聞かれたら僕は『罰ゲームってジャンルだよ。』と答えます。

COMMENT

今回はたまたま時間があったため購入しましたが、普通に勤務してたら絶対に手を出さないゲームです。
時間がもったいない。
ゲームでストレスが溜まっても良いと言う人であればお薦めします。
とにかくストレスゲームですから。
僕はあまりにも難しかったのでプレイ時間140時間のうち、半分はひたすら作業のレベル上げしてました。
それでも倒せなかったので、オンラインプレイを利用して上手い方々と一緒にボスを倒しました。
正直、オンラインプレイを利用したらこのゲームの難易度はかなり下がります。
余裕でボスが倒せます。
なので、やりたいけど腕に自信がない、と言う方はオンラインプレイで召喚してパーティを組むことをお薦めします。
僕はもうあんなにドハマりするゲームに使う時間がもったいないので、ダークソウル2は買わないことにしました。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ちゃびりぼんさん  [2013-08-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

282人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
75pt

GOOD!

■アイテムの大幅増加
特に武器の増加、それにともなうモーションの増加。周回つど変える事によってマンネリ化しずらく、武器の特性にあった戦術、立ち回りなどを考えられるのはいいと思います。

■達成感の強さ
本作は敵の攻撃、配置がいやらしかったりと、俗に言う死にゲーに分類されるが、やり込みによってそういった所をサクサクと攻略できるようになった時の達成感はかなり強いと思います。

■移動などのスピード低下
デモンズに比べもっさりしたと言う意見もありますが、私個人としてデモンズのモーションは動きが軽すぎてあまり好きではなかったのでダークソウル位の方が良いと思います。

■対戦
仕様やラグを使ったテク、その対処方などを覚えれば基本的には楽しめると思います。

BAD/REQUEST

■白ファン
協力プレイや救済措置として廃止すべきではないですが、対人のバランスを崩しすぎてると思います。
1対3の場合マップ構造やギミックの仕様、高火力でのホスト狙いでもしない限りほぼ勝ち目はないし、白ファンに関し「体力&攻撃力半減、致命攻撃&バクスタ不可、ホストの使用したエストによる回復不可(自身のエストは可)」くらいの制約は付けてもいいと思います。

■強靭度
安易にごり押しクリアが出来てしまうし、対人において強靭あげて振り回すだけの方法が戦法として成り立ってしまうのはよくないと思います。
もっと強靭度を取りにくくするなり最大まで上げても特大剣などの重量武器には怯む位の強さにとどめておくべきだと思います。

■属性武器
魔法、神聖などを使うメリットが薄い。
神聖はある敵の復活を阻止できる効果が在るものの威力だけを考えると、雷か混沌になるし「雷-致命1.1倍、神聖-徐々にHP回復、邪教-毒の蓄積、魔法-1分つど魔法の使用回数1回復」などおのおのの属性にもっと特色を付けるべきだったと思います。

COMMENT

後半の出来に物足りなさを感じる部分もあったけどDLCによってかなり改善されているし、総評で言えば高い評価が出来る作品になっているので、高難易度のゲーム&やり込みが好き、諦めない心を持てる人にはぜひプレイしてもらいたい一本だと思います。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
BiBiさん  [2013-05-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

312人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 5pt 3pt 4pt
総合点
82pt

GOOD!

古今東西存在する様々な武器を使用して、自分なりの攻略を作っていける部分は非常に魅力を感じました。
武器には重量、長さだけではなく、突く、切る、叩くのか、あらゆる要素があり、どれか一つでも変わると自分の動きや戦略が変わります。
武器を使用する動作も縦や横の概念があるのですが、それが非常に重要な意味を持っているのが面白いですね。
扱う側に試行錯誤の過程を作り、ゲームにありがちな、やらされている感の払拭に成功しているのではないでしょうか。

よく言われる高い難易度についてですが、考えるを過程を経て、自分の扱っている武器の扱いに習熟していると驚くほど下がります。
初見殺しや即死も、それほど頻繁に用意されているわけではありません。
どちらかというと、それらを避けて通れる抜け道が用意されていることのほうが多いです。

基本音楽は無く、環境音で雰囲気を盛り上げています。デーモン遺跡あたりの不気味な音等、非常に凝っています。

自由度高く、着せ替えを楽しめる防具。

BAD/REQUEST

登場人物が悲惨な目にあうことが殆どで「どう?ありきたりな勧善懲悪じゃないから、深いでしょ?」「人間ってやっぱり悪だよね〜」という古臭いストーリーライン。
70〜80年代に大流行したカルトホラーにありがちな内容です。
ダークな世界であれば、かっこいいという一元的な方向性しか存在しておらず、なんだかヘルレイザー的なノリだったりします。
それらがストーリーへ深みを与える方向には作用せず、安直に「残虐であれば大衆が喜ぶ」というようなあざとさが見えてしまって、私にとってはマイナスポイントになりました。それが好きな人は多いでしょうけれど。

MAP自体は広いのですが、実は同じ場所を高さを変えていったりきたりしているだけのことが多いです。前作の嵐の祭祀場のような感じですね。しかしながらMAPの中にデッドスペースも多く、あまり計算せず、適当に作ったのではないかと感じてしまいます。
ただ、通路の狭さは、やりこんでいけば何も感じなくなるかもしれません。

発売当初のバージョンでは、致命的なバグ技が多量に存在し、ゲームバランスというものが存在しませんでした。現在になっても、せっかくレベル10以下で周回キャラを作っても、チートやバグを疑われてしまいます。
このような状況では対人戦を心から楽しむことは出来ないでしょう。
せめて、ゲームそのものを無意味にするような、あまりも酷いバグは無くしてほしいです。

その対人戦ですが、繊細な操作を求められる割にはラグが酷いです。結果、そのラグを使ってスレスタ等を連発する人が殆ど。細やかで奥の深い対人戦が楽しめるかと思いきや、かなり大味で味気無いものになってしまっています。
対処法を知らない人は、対人にすらなりません。

発生頻度は高くないのですが、白サインをひいたのにも関わらず、突如として赤や青になって進入するという現象があります。
ゲームの根幹にかかわる部分が不安定なのはいかがなものかと。

COMMENT

発売日に購入しました。550日以上経過し、ダークソウル2も発表され、アップデートも落ち着き、DLCの攻略も終わり、全ての要素を堪能し尽しました。

発売当初に問題のあった点は概ね改善されています。
ユーザー側の意見を真摯に受け止めた内容で、素晴らしかったと思います。
対人が絡むので、全ての人を納得させることは不可能ですが、あちらを立てればこちらが立たずという状況で、なんとかバランスをとろうとしていたのではないでしょうか。

企業の事情が先行し、売り上げを求めるあまり、安全パイで多数の人間にウケる平均的な作品ばかりが目立っていた中で、ダークソウルの存在は救世主ですらあったかもしれません。
製作側がはっきりとしたポリシーを持ち、強固な信念を持っていなければ、このようなゲームは不可能だったでしょう。
肥大化しすぎて、小回りが効かず、面白さを優先しなくなったゲーム業界において、これは非常に意味のあることだったのではないかと思います。
こういった製作の姿勢が、広がっていけばいいなと…。

また、プレイヤー側にも浸透していた「わからなければネットで攻略法を調べればよい」という環境にも一石を投じたのではないでしょうか。
このゲームは、攻略法は簡単には調べられても、最終的には自分で操作して乗り越えなければならないという工程が存在します。
それが「充実感」や「満足感」になり、カタルシスを得ることに繋がったのではないでしょうか。
ゲームを楽しむ為の方法を思い出させてくれたのかも。
昔のゲーム時代を懐かしんで賞賛するつもりはありませんが、以前はこういうゲームばかりだったのかも、なんて気持ちになりましたね。

とにかくダークソウル2を一日千秋の思いで待っています。
早くプレイしたくてたまりません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
リーゼロッテさん  [2013-04-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: さぁちゃん
レビュー日: 2015-06-09
初めて数時間、
牛頭のデーモンで絶望を味わった。
何だこの糞ゲーム...最悪だ。
と言いながら他の人はどんなプレイをしてるんだろうとふとニコニコで動画を検索してみたら、
みんなも同じ感じだった。
その中でRTAの動画がランキングの上位に上がっていて、そこで私は知識を付けまたプレイしてみたら、
その週にはクリアしていた。
そこから半年、ずっとプレイしていました。
完全にハマりました。最高です。
寝ている時間も夢の中でプレイしていましたので、完璧に浸かってましたね~世界観に。

【PS3】DARK SOULS(ダークソウル)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「DARK SOULS(ダークソウル)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。