このソフトのレビューを書く

【PS4】モンスターハンター:ワールド

発売元 カプコンオフィシャルサイト
発売日 2018-01-26
価格 9698円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ハンティングアクション
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます

【モンスターハンターワールド:アイスボーン】
■ 発売日:2019/09/06
■ 価格:6,990円
※超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』プレイするには、『モンスターハンター:ワールド』ゲーム本編が必要となります。すでに『モンスターハンター:ワールド』ゲーム本編をお持ちの方は「追加アイテム」をご購入でプレイいただけます。



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 2pt 3pt 2pt 1pt 2pt
総合点
47pt

GOOD!

・グラフィック
3dsでずーっと進化しなかったグラフィックがようやく現代の標準レベルには追いついた。
国内のそこらへんのサードよりは十分なグラフィックが表現できており、そこそこ十分。

・採取の快適さ
文字通りだが、鉱石の採取にピッケルが不必要になり薬草などの採取物は通り過ぎながらでも回収できるようになったのは素晴らしい(というか今までがなぜそのままの仕様で通していたかが疑問なのだが。。)

BAD/REQUEST

・ロード
むっちゃ長い

・拠点
モンハンというゲームにおいて、どうせ何回も同じモンスターを狩ることになるのだが、そう見たときに各施設
(食事場、鍛冶、農場)がクエスト後初期位置から離れた場所にあり毎度毎度走らされてイライラする。

・マップ(というか森)
上下に広いのだが、狭い場所が多くその上落ちたりしたら移動しなければいけないなどただ単に戦いにくい地形は過去最低。
導虫は従来のペイントボールだとこの糞マップでは迷ってあえないからの苦肉の策なのだろう


・各種色々なものの少なさ
モンスターのそもそもの総数/骨格/武器種全てやはりリブートした影響で足りていない

COMMENT

これまで数年間まったく進化をしなかったモンスターハンターがようやくまともに今世代のゲームとして成立するレベルになった、逆に言うとそれだけである。
プレイ感覚は3dsのころから変わっておらず、武器ごとのモーションは大剣のタックルマシーンなど改悪されている部分も目立つ。

初回作品ということで、色々”量”が足りていないのは今後どうせ2やらGやらがでて改善されていくとは思うので、リブートの最初としては一応評価できる作品になっている。
あとは、3DSの中で培ってきた要素、モンスターの数とか単調なモーションにアクセントとなる狩技の導入などをじわじわやっていってもらってまともな現代のモンスターハンターを遊べることを期待する。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
けみさん  [2018-07-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


モンスターハンター:ワールドのTOPページへ戻る

総合ポイント
61
(難易度)
2.16
レビュー数
25
スコアチャート モンスターハンター:ワールドレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
16%
20-29
12%
30-39
8%
40-49
8%
50-59
24%
60-69
20%
70-79
8%
80-89
4%
90-100
【60点以上】
56%
【標準偏差】
20.44