このソフトのレビューを書く

【PS3】大神 絶景版 レビュー

発売元 カプコンオフィシャルサイト
発売日 2012-11-01
価格 3990円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ネイチャーアドベンチャー
■ プレイ人数:1人
■ PlayStation Move:対応

総合ポイント
81
(難易度)
1.08
レビュー数
13
スコアチャート 大神 絶景版レビューチャート

大神 絶景版 購入する
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
7.7%
30-39
0%
40-49
7.7%
50-59
0%
60-69
23.1%
70-79
53.8%
80-89
7.7%
90-100
【60点以上】
84.6%
【標準偏差】
15.7


デフォルト:新着順

209人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 4pt 1pt 0pt 1pt 0pt
総合点
33pt

GOOD!

・オリジナリティ(BAD項目でも解説します)
システムの根幹を為す筆しらべシステムが斬新です。
画面に筆を「描く」ことによって様々なエフェクトを起こすことが出来ます。

・グラフィック
非常に素晴らしいです。
作品自体は2006年が初出ですが、HDリマスターによって現在のグラフィック水準と同等以上のレベルになっています。
墨で描いたようなグラフィックの雰囲気を損なうこと無くHD化した点は非常に評価出来ます。

・音楽
和風の雰囲気に非常にマッチした素晴らしい曲が多く、作品を盛り上げてくれます。

・難易度(BAD項目でも解説します)
非常に低い為、普段ゲームを全くしないユーザーでもとっつき易いかと思われます。

その他、登場するキャラクターがかわいいので凄く癒されます。
「癒し」を求めてプレイするのも一興でしょう。

BAD/REQUEST

・オリジナリティ
HDリマスター版なので、ゲーム内容自体はほとんど変わっていません。
6年前のPS2版を購入された方にとっては新鮮味が薄いかもしれません。

・筆しらべシステム
斬新なシステムですが、これを使用する度にゲーム進行が停止してしまいます。
筆しらべは作品上必須のシステムで頻繁に使用することになる為、戦闘含むゲームのテンポを非常に悪くしているという弊害もあります。
個人的には単なる面倒な作業にしか感じませんでした。

・戦闘関連について
上記のGOOD欄にも触れましたが、戦闘の難易度が非常に低いです。
その為、戦闘の爽快感や達成感などが無いです。
ゲームにおいて戦闘や歯ごたえを重視する方にとっては非常に退屈な出来になっています。

・長いムービーが頻繁に起こる
これもテンポを悪くする一因になっています。

・相方の過剰な助言
これによりただ相方の指示に従って行くだけの作業となり、ゲームを「やらされている」と感じました。

・キャラクターボイスについて
この作品ではキャラクターが「何をしゃべっているのか分からない機械音のようなボイス」でしゃべります。
個人的に非常に不快でした。

その他和風の雰囲気にそぐわない過剰なパロディなど、細かい点が非常に気になります。

COMMENT

独創性や演出などは非常に素晴らしいです。
しかし戦闘やバランス、テンポといったシステム面においての短所も非常に多く感じました。
個人的に非常に「もったいない」と思う作品だと思います。

私は戦闘の爽快感やテンポをゲームにおいて最重要視するので、満足感を0点にさせていただきました。

「雰囲気や世界観」「戦闘の面白さや快適性」どちらを重視するかによって評価が180度変わってくる、かなり人を分けるゲームだと思います。
前者を重視するユーザーにとっては唯一無二の神ゲー、後者を重視するなら単なるクソゲーです。

購入される方は既存の評価や動画などを参考にしつつ慎重に検討することをお勧めします。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
ANTさん  [2012-11-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

271人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
54pt

GOOD!

PS2版(DSの大神伝も)プレイ済
PS3に移植してからロードが早くなり
画像の劣化もなく
初期はブラウン管テレビからやっていたものが
液晶でやると大画面で綺麗な大神の和の世界を味わえました。


和物のゲームがやりたい方にはお勧めBGMも聴き応えあり。
喋らないアマテラスをイッスンがぺちゃくちゃと代弁して
表情や感情もイッスンが全て口で説明してくれる可愛いコンビです。
キャラクターたちも独特的で覚えやすいです。


授かった技を筆で披露してゲームを進めていく
ボス戦や雑魚敵との対峙には発想力が必要なゲームだと思います。
ミニゲームがところどころあり

難しさは最初だけで、慣れたら簡単です。1度もゲームオーバーにはならずに済むし
物語は淡々と進むので難しく考える必要ないのでとても簡単です。

BAD/REQUEST

カメラ視点に苛立ちを覚えるところがあり

残念だと思えるトコは普通に進んで終った感じでもう一度やりたいと
思えるサブストーリー?のような裏話も2週目にはないが
2週目はスキップ機能が全体につくので全制覇したい人にはありがたい。

良い曲ばかりですが、ボス戦独自の曲はなく使いまわしがちょっと残念。

COMMENT

ここまで和を強調したゲームはあまりないかな?と思いましたが
ストーリーの内容に頭をつかわなくていい
とてもわかりやすい構成

勧めていくうちに絵がチラホラでてくるので
画集でまとめてみたいとおもい買ってしまった。
かなり分厚い画集でした

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
むぅさん  [2013-12-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

212人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 3pt 4pt 3pt 1pt
総合点
70pt

GOOD!

【グラフィックと世界感】

PS2発売当時から注目されていた日本昔話のアニメの世界に入り込んだような幻想的な世界感が絶景版になり、より色鮮やかに表現されています。
日本画風に描かれる景色やキャラデザインが、リアリティ至上主義のCGとは対照的な柔和な印象を与えてくれます。

また、日本画風にデフォルメされたアニメとは別に、「絵巻」として閲覧できる様々なコンテンツの中(例えばストーリー進行や妖怪データの閲覧)で、日本画風ではなく「日本画」としてしっかりと描かれており、絵心のない私でもその色使いや画力には圧倒されました。

主人公である白い狼のアマテラスの着地の際に足元に広がる草花、ジャンプした際に舞う紅葉、水面を走る際に足元に残る蓮の葉(※水面を走る為の特殊アイテムが必要)、飛び散る水飛沫や疾走感のある風の演出等、様々なアクションで起こる日本画風のエフェクトやBGMが世界感を更に盛り上げています。

【ストーリー】

アマテラス、ヤマタノオロチ、スサノオ、イザナギ、イッスン、ヒミコ、キュウビ、ウシワカ、カグヤ、アベノ(安倍清明)等…日本書紀や古事記などの神話、昔話や寓話を取り入れて構成されたストーリーになっており聞き覚えのある個性溢れるキャラクターが、その逸話に準えて登場してきます。
妖怪によって呪われた土地を浄化して恵まれた自然を取り戻しつつ、その根源を討ち果たすのがメインとなるストーリーですが、それぞれのキャラが巧みにストーリーと絡み合い、心温まるシーンや感動、粋な演出、時にコミカルに描かれています。特にアマテラスの仕草は、犬好きの方には堪らないかと思います。

【システム】

フィールド、ダンジョンでは様々な「筆調べ」と呼ばれる筆を使ったアクションを用いて攻略を進めていきます。
壊れた橋や枯れた木を再生したり、風や氷、火を巻き起こして足場を作ったり、蔓を伸ばしてワイヤーアクションさながらに飛び移ったり、雷を落としてカラクリを発動させたり等々…大きく分けて13種類の筆調べを状況や場合に応じて使い分け攻略するシステムは、当時から評価も高かったようですが、今やってみても新鮮な感じがします。

【戦闘システム】

装備できるのは、鏡、勾玉、剣の3種類。それぞれ「裏」と「表」と装備を入れ替えられ、同じ種類でも違う武器であればアクションも多少変化します。また「筆調べ」を利用した攻撃も可能であり、各種妖怪の弱点や特徴に応じた「筆調べ」を使用することで戦闘の幅を広げ、また各妖怪がアイテムを落とす特定の「筆調べ」が設定されており、それをどううまく発動させるかといった戦闘の楽しみも飽きさせない一工夫であると思います。

BAD/REQUEST

【グラフィック】

日本画風の3Dアニメが特徴とは言っても、やはりイベントシーンやムービーシーンにおける物足りなさは否めません。それと割り切ってしまえばそれほど気にはならないかもしれませんが、技術的なクオリティーをゲームに求める方は気になることと思います。

【ストーリー】

少々コミカルになりすぎているシーンも見受けられるため、興を削がれる方もいるかもしれません。

また、サブイベントは存在しても単発或いはミニゲーム的要素が強く、サブストーリーは皆無と言っていい程存在しないので、1本のストーリーでは少々物足りないと思われる方も多いと思います。

レベルが存在せず、攻撃力の上昇は武器のみ(武器の強化と言っても1回のみ)で、戦闘に直結する成長は生命力を上げる程度であり、お金に困ることはそうそうありませんから、苦痛なレベル上げやお金稼ぎといった作業は比較的少なく済みます。裏を返せば無駄な戦闘しなくてもいいという仕上がりになっています。
これの善し悪しは個人差がありますが、成長させるという楽しみは削がれてしまうのでBADの方にあげさせて頂きました。

【難易度】

比較的低いです。
前述したようにレベルや防具の概念がなく武器も数少なく、更に体力が失われても体力を自動で回復、最大で3回被弾するまで体力を削られない“バリア”のような救済システムがあり、回復アイテムは勿論、一定時間無敵や攻撃や防御力アップの道具も安価で開始の町から購入できますから、ゲームオーバーの危険性をクリアまで1度も経験せずに済む方も多いと思います。難易度の設定もありませんから、アイテムの使用や初期武器のみでのクリアなど、自分で制限を掛けることでしか難易度を上げることはできません。

ただ、各妖怪には特定の筆調べの攻撃方法を用いないと、一切ダメージを与えられないことが多いので、そこに気付けない場合一方的にダメージを受け続けるだけの不毛な戦闘にもなりかねません。
しかしながら「妖怪絵巻」を閲覧すればそのヒントが書かれてあり、各種攻略サイトを閲覧していったん攻略法を見つけてしまうと、被弾せずに瞬殺してしまえる程なので、この辺りも人を選ぶゲームかと思います。

またフィールド上でのアクションをする為のキーポイントが発見しにくい場所に多く、移動のタイミングや筆の置き方や線の引き方などシビアな事も多いので、それをうまく攻略できずに心が折れそうになる方もいるかもしれません。

【カメラワーク】

戦闘時のカメラ固定は多少難があるもののそれほど気になりませんが、フィールドでアクションする場合、一部見にくい場面などが多く筆調べをするためのポイントを見つけるのに苦労することもあります。
その為細かな移動や視点変更やカメラ位置を変えることが必然的に増える為、3D酔いしやすい方は特に注意が必要かもしれません。

COMMENT

【総評】

BADにも挙げたように難易度は低く特殊なアクションが多いことから、戦闘を繰り返して敵を駆逐していくアクションゲームではなく、アクションと雰囲気を楽しみながらストーリーを進めていくゲームであり、戦闘はおまけのようなものと思って差し支えないと思います。

周回プレイも可能で、あるアイテムをすべて集めるととんでもないチートプレイができるのも、製作者側にそういう意図があってのことかと感じます。

和の世界観や画風、共に旅するイッスンの粋な生き様や江戸弁で繰り広げられる掛け合い、アマテラスや動物の姿をした神の愛くるしい仕草や微笑ましいシーンが、呪いで暗く淀んでしまった世界に恵みと光を取り戻すアマテラスのように、シリアスなゲームや鬱ゲーなどで緊張し疲れたユーザーに、ほっと息のつけさせるような、そんな粋な作品です。

PS2発売当時は、購入したもののPS2故障の為にストーリー前半で投げ出してしまった作品だったので、HDリマスターと聞いたときからプレイするのを楽しみにしていました。
久しぶりにプレイしてみると日本画風の背景を走り回るアマテラスの動きに懐かしくもあり、新鮮な感覚もあり一息を付きながら楽しめる作品でした。
新品でも3,000円前後とリーズナブルなので、日本画の色合いが好きな方や戦闘よりも冒険や散歩が好きな方、犬が好きな方にはお勧めです。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
めろりんQさん  [2012-11-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

270人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 1pt
総合点
75pt

GOOD!

・和風なグラフィックが良い。
・花を咲かせた時の感動は何とも言えない。
・筆しらべが楽しい。
・ぬるゲーマーなので、簡単なのが良い。
・なんか走ってるだけで楽しい。

BAD/REQUEST

・悪い点はほぼ、見当たらない。
 簡単すぎて物足りないかもしれない。
・シンプル過ぎて、全く気がつかないと全く進まなくなる事ぐらいか?
 八犬集めで肉を食わせないといけない事に全く気が付かず、めっちゃ彷徨った。

COMMENT

・PS2でプレイしていたけど未クリアだったので、絶景版があると知り廉価版で購入。
・グラフィックの向上は、全く気が付かなかったので普通に良いのだと思います。
・ぬるゲーマー向きの難易度がちょうど良いですね。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(未クリア)
れいんさん  [2013-11-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: もぐもぐ
レビュー日: 2012-11-05
トロフィー100%コンプリートしました。
Wiiで初プレイしてから数周し、今回は37時間でコンプです。
妖怪図鑑、動物図鑑、魚図鑑、はぐれ珠集め…そしてカイポクレース。どれもWiiでプレイした内容を思い出し懐かしみながら埋めていきました。

神ゲーという言葉は普段使わないようにしていますが、これに関しては素直にその域と思います。
PS3で初めて興味を持ったという方のために簡単に紹介を…

【ストーリー】
多くの方が仰るように、素で「泣ける」ゲームは私は他に知りません。
それも同情を引いたり、悲しかったり、もらい泣きだったりということではなく、ただ単純に涙がこみ上げて来るのです。世界観に浸かってこのナカツクニに入り込み、住人たちと関わっていればいるほどに、ラストでは心を震わせられるものがあります。
一歩ずつ歩んでいくアマテラスの道程はそれだけでも楽しいものです。序盤から全速力。飽きさせることを知りません。
このゲームは「ただの良い話」ではなく、戦う神アマテラスの、そしてひとつの道を究めようとする者の、そして覚悟を持ってその道を歩もうとする者の物語でもあります。笑える場面もふんだんに散りばめられてはいますが、要所要所に見られるその「メッセージ」も見逃さずに見ていただきたい…そんなゲームです。

【アクション】
このゲームはアクションを楽しむものではありません。むしろアクションはただ殴ってるだけでも少し頭を使えば倒せる…その程度で、「難しいアクションを使いこなす」ことを前提にしていません。アクション自体は敬遠する要素がないくらい簡単です。
どちらかと言えばアクションも冒険も「謎解き」に重点があります。
戦闘の醍醐味はいかに筆技を使って楽しみながら倒すか。風で吹き飛ばして隙を作る、水をかけて火を消す、火をつけて氷を溶かす、雷を落として痺れさせる…等々、様々な遊び方、攻略の仕方があります。
それをひとつずつ自分で見つけていき、素早く華麗に倒すのが楽しいのです。
逆に言えば「筆しらべ」と呼ばれる「落書き」こそ中核を成す要素なのではないでしょうか。だって「筆しらべ」は使えば使うほどに面白みが増す「いたずら」なのですから。
どこでもどんな対象でも、使えばなにかしらのリアクションを起こしてくれます。それがたとえ道行く人であっても。そういったきめ細やかさが『大神』が人気たるゆえんなのでしょう。

【世界観・グラフィック】
「日本画のような世界」、そのままです。
筆の強弱も妖怪の絵も、アマテラスが使う筆技も、日本人なら懐かしいような親しみ深いような感慨を感じられるものです。
やはり序盤最大の感動は「大神おろし」。タタリ場となって妖気に染まってしまった大地が命を吹き返す様は何度見てもグッと来るものがあります。ゲームで大袈裟だと思われるかもしれませんが、「生命」を感じます。
「ただ走り回っているだけ」「ただ筆しらべを使って世界に落書きをしているだけ」でも十分に楽しめるのは、隅々まで作り込まれたグラフィックにもその一端が見えます。木に花を咲かせる演出も、風が吹いて花が散る演出も、どれも手抜きは一切なし。どこを取ってもプレイヤーが楽しめるように作り込まれている。製作者側がプレイヤーに楽しんで欲しいと望み、それを最大限に実現した作品だと思います。
また、HDリマスターに伴うグラフィックの向上は、Wiiから入った身としては
・文字が見やすい
・線がくっきりしている
・Wiiでは見えなかった些細な作りまで見える
などです。PSPをリマスターしたモンハンP3rdHDのような驚くような感動はありませんでした。少し色が落ち着いた感じになって暗いかな?というのは感じましたが、慣れてしまえるので気になるほどではないです。
画面にでこぼこしたものが感じられるようになったのはWiiではおそらく粗くて見えなかった部分なので私は割愛します。

【収集要素】
これも「お使い」の要素はほぼないに等しいと言えると思います。
次々と取り戻していく筆業、時には頼まれて、時には勝手に出向く妖怪退治、動物たちへの餌やり、魚釣り等々。どれも「やってやる!」と思わされてしまうのは、それが「出来る」範囲のことだからです。
一度取り逃してしまうともう取れないアイテムはなし(ただし一部妖怪のみ特定のエリアでしか出ないものがいますので、妖怪はお金稼ぎや妖怪牙集めも兼ねて出来るだけ倒していくと良いです)。こんな親切設計のゲームを極めずにいられません。

【キャラクター】
『大神』には魅力的なキャラクターが多過ぎると私は思いますが、中でも好きなのはやはりアマテラスとイッスンのでこぼこ隊。
なぜだか先に進みたくなってしまうイッスンの言葉。喋らないけれど皆に可愛がられて、野原を走り回るアマテラス。個性的な二人がどんどん進んで行けばプレイヤーも引き込まれていく。不思議な共感も生まれていく。
その世界で懸命に生きている彼らだからこそプレイヤーを動かす力を持っていると思います。

【音楽】
初回プレイ時にサウンドトラックを買わずにはいられませんでした。
最終決戦の一連の流れは忘れられませんが、もっと言えば「どこを取っても全力の作曲がなされている」のが伝わって来る出来です。日本風のゲーム音楽に挑戦した作曲者さんたちの成果は十二分に『大神』の中に詰め込まれています。
「日本っぽい音楽聴きたいな」というだけでも私は良い気がします。
ちなみに公式設定資料集には場面ごとにサウンドトラックを意識したトラック番号がふってありますので、興味があればぜひご一読あれ。
…ちなみに私は最終決戦で流れる「太陽は昇る」という曲が大好きで、無敵アマテラスの状態でプレイ中に放置して延々と聴き続けたことがあります(笑)

【クリア報酬】
クリアした後で引き継ぎ要素有りの「はじめから」が選択出来ます。また、はぐれ珠を100個全て集めれば「唯我独尊の数珠」を入手可能で、無敵アマテラスでナカツクニを駆け回れます。
他の特典としてはアマテラスの姿を自由に変えられたり、タイトルから音楽を自由に聴けたり、設定画を見れたり…「ここまでしてくれるの!?」という満足するしかないご褒美の数々がいただけます。
特に「唯我独尊の数珠」はストーリーをスピード制覇して感動に浸りたい、あの世界を楽しみたい、というのにはもってこい。
私は一周目で全て集めてしまいましたが、トロフィー集めも一度クリアしてからゆっくりやっても良いかもしれませんね。

それと、ファンにとっては重要なこと。
『大神』を手がけた今はなきクローバースタジオ…それに対するカプコンの愚弄。
今回はスタッフロールの削除などという暴挙はありませんでした。が、「クローバースタジオ」の文字はなし。それが寂しいです。
加えてHDリマスターによるスタッフの追加が最後の語りの後に長々と入れられてやや意気消沈…。終わったんだからすっきり終わらせてよ。それは仕様のないことでしょうが、それを抜きにしてもエンディングで一瞬音が飛んだのはいただけない。
そして最も嫌なことには特典のプロダクトコードによる絵巻。音声が入る、だけなら良いですが、「読み上げる」ことはなかった。『大神』の登場人物たちは特徴のあるフニャフニャ声で、ほとんど言葉らしい言葉を声に出しません。それをぶち壊しましたカプコン。あんなの彼の声じゃない。カプコンのスタッフは本当に『大神』を理解しているのでしょうか?
文句をつけたくなるのはいつもカプコンの『大神』に対する仕打ちです。本編に大きな害はなかったので我慢の範疇ですが…。

カプコンに文句もつけましたが、作品本編はすばらしいとしか言いようのないものです。
何度もナカツクニを駆け巡り、何度もこの世界を堪能しましたが、それでも足りないと言えるくらい、私はこのゲームが好きです。きっとずっとやり続けると思います。人にも勧め続けると思います。
美しい自然も人々との心の触れ合いも、笑顔も、涙も、そして勇気も一作に詰め込まれた、これまでプレイした中で最高のゲームです。人なら一度は望む世界かもしれません。
興味を持たれた方はゆっくりじっくり、ナカツクニを回ってみて下さい。

長くなりましたが、以上です。お付き合いいただきありがとうございました。
アマテラス大神があなたの元へも訪れますように!

【PS3】大神 絶景版
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「大神 絶景版」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。