このソフトのレビューを書く

【PS3】ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル レビュー

発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2013-08-29
価格 7980円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 セクシャル 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:スタイリッシュ対戦格闘ジョジョアクション
■ プレイ人数:1〜2人

総合ポイント
33
(難易度)
1.43
レビュー数
44
スコアチャート ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルレビューチャート


0%
0-9
11.4%
10-19
27.3%
20-29
25%
30-39
11.4%
40-49
4.5%
50-59
6.8%
60-69
13.6%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
20.5%
【標準偏差】
19.38


デフォルト:新着順

317人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 4pt 1pt 2pt 2pt 1pt
総合点
46pt

GOOD!

グラフィックスは文句なく5点。立ち絵などのグラフィック、演出は非常に良いです。特にHHA、GHAの演出は、最初に見た時は鳥肌もんでした。

サウンドは4点で。期待以上の出来だと思います。キャラのテーマや、ロード中のBGMまで、耳に残る曲が多く、作風やキャラクターにもあっていると個人的には感じました。

また、声優に関してはやや良いという感じでしょうか。これは個人個人の換装がかなり違うと思いますが、私はアニメ勢を抜かせば、億泰、康一、ピストルズ辺りは非常に好きでした。

ギャラリーモードではスタンドを様々な方向から見ることができ、今まで疑問に思っていた細部のデザインまで理解することができました。

BAD/REQUEST

他の方も書いているので、ゲームバランス等は後で書くとして、私が一番残念に思っていることをまずは書きます。それはシステムボイスのウザさです。特にダービー弟。私はGOODでも書いた通りギャラリーモードが、特に3Dモデルビューアーが大好きなんですが、そのページのシステムボイスがダービー弟です。「NoNoNo」というセリフが妙にイラッとする声な上、ボイスをオフにすることもできず、延々とNoNoNoを聞き続けなくてはなりません。最後は聞いているだけイライラしてしまい、ギャラリーページを見ているのが苦痛になりました。他にもスティール氏など、ウザいのに飛ばせないボイスがかなりあります。キャラ個別に音声のオンオフができればよかったのに。

最大の売りのグラフィックスですが、GHAのカットインに感動するのも最初だけで、すぐに飽きてしまいます。しまいには長ったらしい演出が飛ばせず、いらいらすることに。

ゲームバランスが非常に悪い。キャラゲーということで、この手のゲーム初心者に配慮しているのかもしれませんが、それにしても……な作りです。あまりにも強すぎるジャンプ攻撃+イージービートだけで勝ててしまう。また、スタイルが一部ゴミ。流法とか使っている奴見たことがない。これだったらイージービートにゲージを使う方が百倍まし。もっと格闘ゲームとしてのクオリティが高ければ、使う機会もあったかもしれないのに……。

また、ストーリーモードにはムービー等はなく、文字と戦闘の繰り返しで、アッサリとクリアできてしまう。一つの部にステージが二つ以上なく、手抜き過ぎると思う。そして、ステージギミックが邪魔なことの方が多い。すぐに飽きてしまいます。

オンラインについても、課金しなくても遊べるけど、課金しないと不便な作り。また、DLキャラが最初にしげちーとか、ファンをなめてるとしか思えない。こいつを用意する前に、人気のあるキャラは無数にいただろう。リサリサとか暗殺チームとか。小出しにしていって、順番に買わせる気なのでしょう。いかにすれば金をむしり取ることができるか、ソーシャルゲームのノウハウがいかんなく発揮されていますね。

COMMENT

総じて、製作者のジョジョ愛とやらを疑ってしまう作り。
所詮課金だろ、という感じです。

グラフィックスの評価が高いおかげでギリギリクソゲーではないかもしれないが、定価で買うのは完璧に損するゲームだと思います。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
Youtaさん  [2013-09-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

379人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 4pt 2pt 1pt 2pt 1pt
総合点
41pt

GOOD!

まず、私はこのゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』を題材とした格闘ゲームとして意見させえていただくこと、そしてジョジョはあまり原作を読んでおらず、アニメもまちまちで、ジョジョのファンではないということを了承していただきたい。

 まずはキャラクターグラフィックは、原作のペンタッチを再現したということもあり、原作の独特な面白さをちゃんと落とし込めてると思う。原作が漫画であり、静止画というところから考えると、ちゃんと動いている『ジョジョ立ち』というのも面白さを感じる。

 ボタンの割り当ては『弱攻撃』『中攻撃』『強攻撃』、『スタイル』。『弱→中→強→(特殊技→)コマンド技(必殺技)』の繋ぎが基本。バンナムの格ゲーでは珍しく(?)、上、中、下の判定がある。珍しい。
 そしてこの連携に関して『イージービート』というシステム。弱攻撃を連打するだけで『弱→中→強→必殺技(あらかじめ設定されているもの)→ハートヒートアタック(超必殺技)』までつなげてくれるので格ゲー初心者でも最低限のコンボは可能。

 このゲームの最も特徴的なところは、『挑発』だろうか。相手がダウンしているときに行うと、原作を再現した演出が入り、相手のハートヒートゲージ(超必に必要なゲージ)を削ることができる。かつてSNKのゲームでは挑発にそういった効果を持たせたものもあったが、それらは無防備になる故にリスクを負うのが当然だった。自分の身の安全を確保しつつ挑発で攻撃が行える稀有なシステムといえよう。
 この挑発の演出やセリフも、収集してカスタマイズでき、いろんな挑発ができる。

 原作再現のステージには、特定の場所でダウンすると発動するステージギミックがある。車が走り抜ける、物が落ちてくるなどステージによって様々。

BAD/REQUEST

 見た目は確かに面白いし、演出もなかなか目を見張るものがある。ただし、ゲームとしては残念ながら難点のほうが多い。

 たしかに挑発を本格的に戦略に組み込もうとするシステムは面白い。しかしあれではまだ目玉として弱い。削れるゲージの量も少ないと言える。さらに相手がダウンした度に行えるため、毎回演出が入っていたら試合展開がもっさりとしたものになる。

 もっさりと言えば、このゲーム、1ラウンドの時間が非常に長い。というのも、一撃のダメージ量が非常に少ないのだ。デフォルトが1ラウンド勝負ならば一撃の量が少ないゲームも多々あるが、このゲームはデフォルトが2ラウンド先取なのだ。もしゲームセンターならば、客の回転率が悪いことだろう。

 システムとしては、キャラごとに戦い方が異なるスタイルというシステムは存在するものの、これは単にキャラの個性とも捉えられる。他に、攻撃がかち合う『相殺』、攻撃を強制キャンセルする『プッツンキャンセル』、直前ガードで回避行動を行う『スタイリッシュムーブ』、などの一連のシステムはあるが、昨今の格ゲーでは特筆するものではない。いわゆる『ロマキャン』の類も、最近ではさして珍しいものではなくなった。
 なお、回避行動のはずのスタイリッシュムーブは、軸移動の距離が短いために割とよけきれない。使えなくはないシステムではないが、たやすく出せる分暴発することも多く、難点だろう。

 技の関連でいえば『キャラゲー』の宿命なのか、ロック系の超必が多い。多少ならばロックしないものもあるが、『あたりどころが悪かった故に途中で抜ける』ということが起こりにくいのは格ゲーとしては退屈と言えるのではないだろうか。

 ステージに関しては、原作全体を内包している割に少なすぎると言わざるを得ない。一般の格闘ゲームから比べると少ないとは言えないだろうが、そこは天下の『ジョジョの奇妙な冒険』。ストーリーモードの存在、ステージギミックという個性を付けたことで、全体を抑えきれていない感が否めない。

 致命的なのは、『永パ』の存在。格闘ゲーム、特にシリーズ初期に一つ二つあるのはある意味宿命ではあるのだが、いかんせん発見された数が多い。この存在はコンボの難易度にかかわらず、プレイヤーのモチベーションを萎えさせる原因になる。

 あとは有料DLC。これは捉え方だろうが、やはりゲーム単体以上のお金はできるだけ払いたくはない、というのが本音だが、発売日前日に4人の有料DLCキャラが発表され、これからもそういった発表がされる可能性もある。
 有料DLCの事情については、恐れながら私は把握できていない。しかし、楽しみにしつつも、先に述べた理由によりBADに書かせていただく。

 格ゲー以外のシステムとしてはどうだろうか。
 まずはストーリーモード。1部から現在連載中の8部までが収録されているのだが、文字のみの進行で、かなりストーリーを端折ってある。端折っている部分はシリーズ処女作ということで、キャラ不足という事情もあるのだろうが、文字のみの進行というのはわびしすぎる。しかもその文字はロード画面で行われており、おまけのような感じが否めない。さらにステージ不足も相まって、完全にお話しと矛盾が生じ、盛り上がりにも面白みにも欠ける。
 次にキャンペーンモード。これはエネルギーを消費してキャラを探索して云々という説明はあるが、簡単に言うとソーシャルゲームを模倣したもの。さらにこのゲームの売りの一つであるカスタマイズのパーツは全てではないがこのモードをやり込むことで収集することができる。さらにこのキャンペーンモード、オンラインによって配信されるので、くじ引きのような要素が大きいこともあり、サクサク集めることができない。延々と戦闘をこなしていく様は、どうしても作業感にあふれてしまう。退屈である。

 そしてオンライン対戦だが、これがラグが酷い。電波が三本立っている相手であっても、ラグが無いということは皆無であり、当てにはならないくらいラグがあることもある。
 オンライン対戦に関して他に大きな欠点は特にないが、やはりアクションゲームでのラグは致命的に思える。

 一応一通り書いたと思うが、長くなりすぎるのも好ましくないので、この辺で区切ろうと思う。

COMMENT

 永パの存在を無視したとして、このゲームを一言で評価するなら、残念ながら『凡作』ということになるだろうか。発売までの盛り上がりがすごかっただけに残念な限りだ。
 素人の意見で申し訳ないが、思うに、このゲームが発表された当時から、松山氏が自ら格ゲーが苦手だと自称しているが、これは格ゲー制作の強みにならないのではないだろうか?ゲームが下手な人間はゲームが上手い人間の本当の本心を理解しうるだろうか?

 たしかに、格闘ゲームというのはプレイヤーにとって敷居が高いものかもしれない。対戦である以上、勝てなければ面白みはないだろうし、強くなるというのは必ずしも簡単なことではない。そんな人のために敷居を下げるという考えは共感できる。しかし、敷居を下げることと甘いこととは違う。
 以前、CC2社のゲームを題材としたアニメで登場人物が「ゲームにログインすればそれで楽しめると思ったのか?」と、うろ覚えで申し訳ないが、そういった発言をしていた。私はその言葉にショックを受けたものだ。
イージービートをその対策とした旨を松山氏はイベントで語っていたが、上手くなる努力をしない人間はイージービートしか使わないのではないだろうか。対して、与えられている条件はみな同じなわけだから、努力する人間はいろんな可能性を試し、イージービートだけに頼らない柔軟なプレイができ、上達することができるだろう。結果、前者は面白さを見いだせず、辞めていってしまうのではないか、そう疑問に感じている。
 それでも私はこのゲームをそれなりに楽しめている。初めに断った、ジョジョのファンでもないのにだ。

確かにゲームを触ったときは、これまでの盛り上がりに対してのギャップを感じた。しかし、だからと言って楽しめない訳ではない。楽しむことができるゲームだった。


 このゲームが手にしている素材は最高なものだと思う。
 ストーリーにしても、同社のナルティメットストームを例にとっても、ちゃんとキャラクターが演技をして物語が展開されている。今回のゲームは、長い歴史を誇る『ジョジョの奇妙な冒険』全『部』を扱ったゲームだ。時間が足りなかったという印象が強く感じられる。これまでの熱の入れ方からすると、ちゃんとキャラクターに演技をさせて、細かく作りたかったに違いない。何の根拠もない話しだが、私はそう思いたい。
発展の仕方で、オリジナリティ溢れる楽しい格闘ゲームにも仕上がる予感がしてならない。
今後のシリーズ展開が楽しみだ。だって、『ジョジョ』初心者の私がこんなに文章書けるゲームだもの。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
MUSKAさん  [2013-09-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

367人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 2pt 2pt 1pt 2pt 1pt
総合点
40pt

GOOD!

○ジョジョのクセの強いキャラクターを上手く動かしている
ジョジョの作中での様々なポーズや動きをちゃんと組み込んでしっかりと味を引き出せていると思います。
中々クセが強いですが、キャラクターごとに動きはちゃんと作られていますね。

○格闘ゲームが苦手な人でも比較的簡単にプレイできる
敵AIも弱く、ボタン連打だけで比較的簡単にクリアできるのは、格闘ゲームが苦手な人にとっては救いなのではないでしょか?

BAD/REQUEST

●明らかな容量不足
究極のジョジョゲー!といいつつ容量不足からかストーリーモードはつぎはぎ、キャラクターの3分の1はDLCという状態です。

第六部にいたっては3戦でゲームクリア。
ステージも同じ所ばかりで正直ガッカリしました。

●前日に明かされるソシャゲ要素
バカバカしいのはスタミナシステムを搭載しているキャンペーンモードですね。
なぜフルプライス8000円のゲームにスタミナシステムなんか搭載したの?と聞きたくなります。
しかも罪深いのは余計な事は発売日前日まで明かさないバンダイナムコのやり口。

キャラクターをカスタムしたければキャンペーンをクリアしてね!
でもスタミナシステムがあるからすぐにプレイできなくなるよ!
回復させたかったら課金してね!

バカバカしいですよね。
まぁ課金してまでやる必要はないですけど、課金を当てにしているつくりがすでに気分が悪いです。

●作りこみの甘さ
ロード時間、対戦システム(観戦、多人数部屋なし)格闘ゲームとしては攻撃力も低く、回避アクションが強すぎて格闘ゲームが得意な人とネット対戦すると一方的に弄ばれることもあります。
永久コンボもあり、平気でネット対戦で使ってくる人もいます。
ラグも多少ありますし、正直格闘ゲームとしては微妙な出来です。
キャラクターの性能差も強く出ているので、相手によってはかなりの確立で勝てないということも多いです。
またAIも弱すぎて話しにならないレベル・・・。

●バンナムのDLC戦略
ユーザーを舐めてるとしか思えないですね。
キャラクターの3分の1がDLC、そして価格はひとり600円。
全て買うと8000円弱、限定版を買った人だと24000円を超えてようやく完成です。
ふざけるなといいたいですね。
この会社は自分達さえ儲けられればユーザーや原作者の事なんてどうでもいいということなのでしょう。

●ステージアクションが少々うざったい
ヌケサクが非常にうっとうしい・・・。
というかこのステージ毎のイベントはファンとしては「おお!」と思うんですが、ステージ数が少なすぎるせいで何度も何度も何度も何度もヌケサクに斬られたり、駅のホームで釣られたり、車に撥ね飛ばされたり・・・・。
疲れてしまいます。

COMMENT

PS3 60GB
AQUOS37型


ジョジョファンとしてキャラクターの動きをここまで作りこんでくれたことはすごくうれしいです。
細かいポージングなどもあり、素直に楽しいなと感じてプレイできました。

最初のうちはね・・・。

それと原作のファンには絶対にお勧めできません。

「愛でカバーできる」と言う人がいますが、愛があればこそバンナムの汚い戦略を批判すべきです。
ジョジョだからとか愛があるからだとかそういう理由で盲目的にDLCを購入していくということは、彼らの「大作すらお金稼ぎの道具」というスタンスに拍車をかけるだけです。

動きやキャラクターの細かい作りこみが素晴らしいぶん、ゴミのような部分が余計に目立ってしまって大変残念な作品になっています。

これに8000円だすというのは個人的にすごくもったいないと思います。

究極とは、課金が・・・という意味だったのでしょうか?

あと、格闘ゲームじゃなくてキャラゲーだから!と言う人がいますが、そんなものは言い訳でしかありません。
キャラゲーだからこそファンを納得させる作品に仕上げるべきですし、手を抜く部分をもう少し考える必要があります。
キャラゲーだから手抜きでいい、なんていう人は本当のファンでもなんでもないです。
ただのにわかファンではないでしょうか?

私はDLC購入も課金もするつもりはありません。
けれど売るつもりもありません。
バンダイナムコ要因以外はジョジョという作品をしっかりと作りこんでくれたという感謝の気持ちもありますので・・・。

ただ、このまま飾って終わり、という状況になるとは思います。

 
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
ユーリさんさん  [2013-08-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

379人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 5pt 3pt 1pt 2pt 2pt 2pt
総合点
40pt

GOOD!

通りすがりのジョジョ好きです。
格ゲーは苦手です。原作は全巻持ってます。
さてこのゲーム、なんだかんだで、言われているほど酷くはないと思いました。

・まずグラフィック、及び再現度が素晴らしいと感じました。
超必殺技(神砂嵐、ロードローラーなど)だけに留まらず、
立ち、ダウン、ガード、ジャンプなど、殆ど原作で描かれていたものが使われています。
これって凄いことですよ。

・二部以降の登場キャラクターの声が聴けた。
花京院が遊佐さんとは恐れ入りました。
ジョルノを除き、全体的にマッチしていたと思います。

・演出、小ネタが面白い。
DIOで止まった時間の中を自分で操作できるなんて、ちょっと感動しました。
ちゃんと承太郎に時止め返しされます。これは素晴らしい。
あとはプッチのMIH(相手が鈍重化、自分が高速化)、カーズの究極生物化(空が飛べる)、
吉良のバイツァダスト(タイムが巻き戻る)など、こだわりが見られてよかったと思います。
あとは、シチュエーションフィニッシュでしたか。あれも面白いですね。
相手をゴミ収集車にぶち込むのは何回見ても笑えます。
ちなみに一番笑ったのは、キャンペーンモードで負けた際に出てくるジョースター卿でした。
「なに?全然バトルに勝てない?それは無理に勝とうとするからだよ…
逆に考えるんだ。負けちゃってもいいさと考えるんだ」

なにが言いたいかというと、このゲームには「ジョジョ愛」が確かに見受けられました。
節々に、愛なくしては作れないほどの小ネタが散りばめられていました。
確かに完成度が高いとは言えませんが、キャラゲーとしては褒めてあげたいところです。

BAD/REQUEST

「ジャンプ攻撃!」「カブト虫!」「課金商法!」「投げの威力!」「カブト虫!」
「ストーリーモードの手抜き!」「カブト虫!」「6,7部の冷遇!」「キャラの強弱!」
「ロードの長さ!」「ステージの少なさ!」「カブト虫!」「PVの曲!」
「究極のジョジョゲー!」

・ゲームとしては…
まず対戦ツールとしては、お世辞にも出来がいいとは言えません。
ジャンプ攻撃→□連打してれば勝てます。
正直なところ、そのジャンプ戦法を如何にして対処するかを考えるゲームです。
この戦法を「バッタ」と呼びます。ぴょんぴょん跳ねてジャンプ攻撃を繰り返すからです。
想像してみてください。あのかっこいいジョジョキャラがマリオの如く跳ね回る様を。
正直言ってつまらないです。そして、全てのキャラにおいてその戦法が有効です。
だから皆バッタです。勝ちたければこっちもバッタすりゃいいんです。
虚しくなった僕は、ネット対戦をやめました。

キャラゲーとしては良いと書きましたが、それはあくまでグラフィック、上辺だけの話です。
ゲームとしては全然キャラゲーじゃない。
――こいつは遠距離キャラだから、離れれば離れるほど強い。
こいつはカードを固めて、起死回生を狙うパワーキャラだ。
こいつは投げキャラだ、こいつはインファイターだ――
真のキャラゲーなら、そういった個性もしっかりと立ててやるべきです。
「これはジョジョゲーであって、格ゲーではありません。完成度低いけど許してね☆」
なんて、大人のする言い訳じゃない。仮にもプロなら、お客さんに甘えちゃ駄目だと思う。

・曲が…
どうしてPV6で使われていた曲が入ってないんですか!?
このゲームにおいて最も許しがたいところです。
ゲームに入っている曲はかっこいいですが、全体的に似たような感じで飽きてきます。
公式サイトにある「PV6」をご覧になってください。
あの曲がてっきり入ってると思ってたんです。はい、勝手に期待した僕が悪いんですけどね。

・6,7部の冷遇が…
キャラ数が少なすぎます。
1部のようにメインキャラが少ないならまだ分かりますが
4部の8人に対して、6部と7部はたったの3人ですよ。
ウェザーやFFもいない。ディエゴやホットパンツもいない。
つまり、全然オールスターじゃない。

・ストーリーモードの手抜き…
テキストのみという斬新さ。原作知らない人がやったらどう思うんでしょうか。
立ち絵で会話するのもなし。一枚絵もなし。地の文もやたら少ない。完全なる手抜きです。
それでも、各部の名シーンが、声付きで聴けたのはよかった。
「ぼくの名前はエンポリオです」とかね。たかがテキスト音声に泣かされましたよ。
でもそれって、結局声優と原作に頼ってるだけじゃないですか。
オリジナルストーリーぐらい作って欲しかったのが正直なところです。

・課金…
ソシャゲ要素を除けば、そこまで気にはなりませんでした。
キャラ追加の課金はまあ、こんなもんでしょう。
既に作ってあるなら、最初から入れて欲しいですけどね。
バンナムだからしょうがないですね。

・ステージの量…
少ない。おかげでストーリーも変なことになってる。
ツェペリさんとの修行がディオの館ってどういうことですか?
ステージ増やすのにも課金ですか?

・ロードの長さ…
もうちょっと早くしてください。

COMMENT

結論。
世間で言われてるほど酷くはないと感じました。
ただ、酷評されても仕方のない出来ではあるでしょうね。

宣伝の仕方が間違っていたんです。
「究極のジョジョゲー」ではなく「それなりのジョジョゲー」として売っていれば、
こんなことにはならなかったと思います。

ですが、それらを差し引いても、ジョジョ好きなら楽しめる部分が確かにあります。
長くは続かないかもしれませんが、お金に余裕があるならお勧めします。


スピードワゴン「このモードは、エネルギーの溜まっている分だけ、無料で遊べちまうんだ!」
…あいつにこんなこと言わせてほしくなかった…。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
GOATさん  [2013-09-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 同業者
レビュー日: 2013-09-14
キャラアクションゲー、格ゲーと現場で製作してきたことのある立場から言わせてもらいます。

まず、DLCが酷すぎます。
「オールスター」と銘打つには欠かせない主要キャラでさえDLCに入っているうえに、それが1体600円ですからね。
しかも、これら多数のキャラは皆さんが持っている定価約8000円のディスクの中に最初から入ってるんですよ。
そのアンロックフラグを立てるのに「600円払え」と言われてるわけです。
「ダウンロードキャラ1体でも作るのにお金掛かるだろうから600円は仕方ない」って方もいますが、
実は元々の開発費の中に、定価8000円の中に、最初から入ってるんですよ。
だから急遽「300円にしますー」「無料にしますー」なんて大幅値下げができるわけです。
今までのゲームならゲームクリアなどでタダでアンロックされてたような内容ですからね。
「600円でもバンバン金払うだろー」とユーザーをバカにしてるような設定です。

次にキャンペーンモードが酷い。
「ゆっくり時間をかければ課金しなくてもいろいろ手に入りますよ」って方もいますが、これも騙されてます。
20分だろうが5分だろうが、しなくていいはずの「貴重な時間の浪費」をさせられてるんですよ。
「戦闘でレベル上げるのに時間掛かる」とか「マップが広くて探索に時間が掛かる」とかのゲーム性につながる時間消費ではなく、
ただプログラム的に「はい、20分ウェイト」って書かれて「無駄に20分待機させられて時間が掛かる」だけです。
だから急遽「5分にしますー」なんて大幅短縮ができるわけです。
「0分ウェイト」ってすれば済むような内容ですからね。「20分は辛いからバンバン金払うだろー」と、これまたユーザーをバカにしてます。
さらに突っ込むと、「カスタマイズがウリだぜー」って大々的に宣伝してる商品のくせに、
そのカスタム素材が「揃いたけりゃーお前の時間も金も運も全部浪費しろよー。金だけじゃねー、時間も運もだぞー」となってるのは
本当にユーザーをバカにしています。

それから永久コンボも酷い。
確かにキャラが多ければ多いほど、調整は大変ですよ。
1体増えるだけで「その1体×残り数十体」と一気に調整する組み合わせが増えていきますから、掛かる時間も倍々ゲームで増えていきます。
ただ、あの多数の永久コンボはさすがにすぐ見つかるレベルでしょう。デバッグチームから速攻で指摘があったはずです。
それでもそのまま商品化された所を見ると、サイバーコネクトツー松山社長レベルの人が「1キャラ修正したら全キャラチェック・修正
しないといけないけど、マスターアップまで時間がないから仕樣で」や「キャラゲーで格ゲーじゃないから仕樣で」として通した可能性が高そうです。
その後出た対策パッチも、「通常コンボがつながらなくなった」という修正内容を見るに、恐らく時間的な余裕が無かったのでしょう。

イージービート。
キャラゲーの要素が強い今作では、アクションや格ゲー慣れしてない初心者救済用に有用なシステムだと思います。ただ、仕樣がまずかったですね。
ゲージ消費する行動であるHHAがイージービートで出せてしまうのは、
1.「プレイヤーがゲージをいつ使うか」というゲージの持つゲーム性を殺してしまっている。
2.GHAを見たい初心者ほど、2ゲージ必要なGHAを見る機会がなくなるという矛盾。
3.「よりカッコイイコンボを探す」という訴求力がほとんど無くなってしまう。
4.「チェーンビート」が死にシステムになりがち。
…といったゲームを飽きやすくさせる弊害の方が大きいです。

ステージ。
さすがにシチュエーションに対してステージ数が少なすぎます。ステージギミックに割く工数を少しでも新規ステージ作成に回すべきでした。
強いて言えば、キャラに回した工数を少し削ってでも。
シチュエーションを無視してずっと同じステージで戦わせるなんて、声高に叫んでいた「原作愛」が疑われても仕方ありません。

ストーリーモード。
いまどきPS3で顔グラフィックもないテキストのみとは「商品としてどうか」というレベルだと思います。
また、キャラ数的に端折られているのは仕方ないところがあるにしても、「ブッチ神父と3回戦うだけで6部完」などは痛いです。
正直、この商品レベル未達の内容では、企画内容的に「ストーリーモード」として用意する必要があったのか疑問を持たざるを得ません。
キャンペーンモードなんか作る工数があったらこっちに注いで「各章の名バトルを追体験できるモードだぜー」とダイジェスト的な
モードと割り切り、その代わりにバトル前後のシナリオイベントをきちっと作る…といった感じにした方が現実的でしたね。

全体通しての問題点を端的に言うと、「作り込みのバランスが悪すぎ」ですね。
キャラとデモばかりに注力しすぎて、他の部分をおざなりにしすぎです。
「キャラとデモのクオリティさえ高ければ、ストーリーもゲーム性も捨てていい。ファンはそれで大喜びで課金もバンバンしてくれるし、
究極のジョジョゲーとして崇拝してくれるはず」というコンセプトだったと考えられます。「ゲーム」や「ファン」を甘く見てる感が
にじみ出ていて、プロ失格と言えます。
それに40点満点つけたファミ通レビュアーも、内容の酷さに気づかなかったのか、それとも見て見ぬふりしたのかは判りませんが、
どちらにしてもプロ失格です。

で、同業者として一番問題だと思うのは、サイバーコネクトツー松山社長の今までの発言です。
「このゲームを作るために生まれてきた」「世界一ジョジョを愛している」「何度遊んでも飽きないように作りこまれてる。“覚悟はいいか?俺はできてる。”」
「ゲームデザインを原作者以上に考え抜くべき」「クソゲーなキャラゲー作ったヤツをぶっ殺す」「"神ゲー"にします。『誰に誓った、自分に誓った、
最高のジョジョゲーを作るって自分に誓った!』」…ゲームそのものの信用を更に貶めた張本人の口から、それぞれの発言1つ1つについて釈明を聞きたいです。

余談ですが、今作の声優と個人的に話をする機会がありました。ボイス録りのときに幹部のダメ出しが凄まじかったそうです。
ベテラン声優でも頭を抱えてしまうほどだったとのことですが、この商品の出来を見る限り、他人に厳しく自分に甘いサイバーコネクトツー側の姿が想像できます。

【PS3】ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。