このソフトのレビューを書く

【PS4】モンスターハンター:ワールド レビュー

発売元 カプコンオフィシャルサイト
発売日 2018-01-26
価格 9698円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ハンティングアクション
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます

総合ポイント
43
(難易度)
1.57
レビュー数
7
スコアチャート モンスターハンター:ワールドレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
28.6%
20-29
14.3%
30-39
14.3%
40-49
28.6%
50-59
14.3%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
14.3%
【標準偏差】
13.92


デフォルト:新着順

14人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 4pt 3pt 3pt 1pt
総合点
65pt

GOOD!

基本的なゲームシステムは前作までと同じなので、主に改善点を上げていきます。
全体的に、前作までの無駄な部分や不便さが解消されて快適になっています。

・採取が早い:草やキノコ、虫等は走りながら止まらずに採取できます。ストレス減少!
・ピッケル、虫網が不要になった:全ての採掘ポイントから限界まで採取できます。
・砥石が無限に使えるようになった:残量を気にせず、隙あらば研ぎ、常に最高の切れ味で戦えます。
・切れ味の視覚化:研ぐタイミングを見て測ることができます。
・歩きながら回復薬等が使える:見ていて腹が立つ(笑)あのガッツポーズは今回はありません。
・釣りに必ずしもエサがいらなくなった:疑似餌で釣りができます。
・ペイントボールがなくなった:大型モンスターの足跡や爪痕などがフィールドに付いていて、それにいくつか触ると、
               光の粒がモンスターの居 場所まで案内してくれるようになります。
・調合が失敗しなくなった:調合書がアイテムポーチを圧迫しません。
・武器を強化前にダウングレードでき、使用された素材が戻る:素材を集める手間が減ります。
・スキルポイントの細分化:これまではポイントが一定以上集まらないとスキルが発動しませんでしたが、
             今回は効果が低いといえども装備一つから発動しますので無駄がありません。
・フィールドのエリア切り替えがなくなった:ロード時間のイライラ軽減。
・攻撃時に与えたダメージが表示されるようになった:効いているのかが見てわかるようになりました。
・クエスト中に装備を変更することが可能になった:装備を間違えても、いちいちリタイヤしなくて済みます。
・環境を利用した攻撃の増加:モンスターの目を眩ませる光を放つ虫が空中を漂っていて、任意に発動できたり、
              坂道を下りながら攻撃すると、ジャンプ攻撃になるなど、地形を利用した攻撃機会が増えました。
・頼りになる相棒や現地で出会う仲間:今回もオトモの猫を連れて行けますが、特殊効果のある「オトモ道具」を任意で選ぶことができ、
                  それぞれ、回復や拘束などにものすごく役に立ちます。
                  また、フレンドのオトモがフィールドのどこかに居ることがあり、出会うと協力してもらえます。
                  さらに、条件を整える必要はありますが、現地の猫が協力してくれます。(超有能!)
・クエストの途中参加
 オンラインプレイ中に救難信号を発信することができ、サーバ上の他プレイヤーに助けを求めることが可能。
 協力側は、要求している所に入るので、感謝されることが多く、知らない人とも気軽にマルチができそうです。
 見知らぬ他プレイヤーを助けることが、ゲームをやりつくしてしまった後の楽しみになるかもしれません。

BAD/REQUEST

・極彩色のフィールド
 きれいですが、一見して進めるのか壁なのかわかりにくい所が数多くあり、慣れるまでは目が疲れます。

COMMENT

このシリーズは、結局毎回買ってしまいます。
今作を含め、皆大体同じゲームで「集めて強くなる」の繰り返しですが、
それ程一作目の完成度が高いということで、悪いことではないと思います。
今作も、クエストをさっさと進め、早く先に進めることばかり考えてプレイし、買ってから三日程でエンディングを見ました。
(もちろんそれで終わりではありません。)

今作では、ピッケル、砥石無限や、調合失敗の廃止など、全体的に快適になっていますが、
例えば、ピッケルが全て壊れてしまい、採掘ポイントを前にして採掘ができなかったりというのも、
狩猟生活というテーマに臨場感を出すための、計算された不便さだったようにも思えます。

また、快適になったからというわけではないと思いますが、相変わらずの作業感が今回は序盤から漂い始めます。
これは私が毎回やってるからそう思うだけかもしれませんので、BADには書けませんでしたが、
序盤の大型モンスターを討伐し、素材を剥ぎ取りながら既に、
「どうせあんまり強い武器や防具は作れないんだろうな~」などと考えていました。
(これは違いました。今作では簡単に手に入る装備でも強めです。)

以下、今作が初めてという人向けのおせっかいとなりますが、
今後(もうあるかもしれませんが)、作業効率化の為に同じクエストを短時間に連続で回す部屋が立つだろうと思います。
そういう所では、作業をいかに効率的にこなせるかが問われますので、
慣れていなかったり、最適な装備で行かないと、それだけで悪質プレイヤーのような扱いを受けることがあるかもしれません。 
私はそういう効率部屋は立てないし行きませんが、基本的にこのゲームのマルチ(特に野良)は減点法です。
上手くて当たり前で、できないと陰で(時には面と向かって)叩かれることがあると思います。
このゲームには協力プレイしかありませんが、協力しかないからこそ、ダメな企業のサラリーマンのように、
表向きは協力しあいながら、陰で劣った人の悪口をいうような陰険なマルチになるのかもしれません。
とにかく、他人に寄生して進めようとは考えず、多少なりとも慣れてからマルチに行くのが良いと思います。

また、学校や勤め先の仲間となら、マルチも気軽にでき、殺伐としにくく面白いと思いますが、
一緒にやろうと人に勧める時は、相手が本当にやりたがっているかを見極めたいところです。
先輩に半ば無理やり買わせられ、マルチ漬けで帰宅後の時間を拘束され、
本当はやりたくないのでプレイに身が入らず、上達しない所を、
「お前全然うまくならねぇじゃねえか?」などと、いじめられたという人が身近にいます。
断れないのが悪いにしても、こういうハラスメント的なことが発生する要素は持っていると思います。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
結局毎回買う人さん  [2018-02-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 2pt 3pt 2pt 3pt 3pt
総合点
54pt

GOOD!

・コンシューマーであった今までの武器種類がリストラされていない
・ピッケルや虫取り網などの消耗品が廃止され、ポーチを圧迫せず回数制限もない
・道具に調合できない素材はポーチに入らないのでポーチがいっぱいではぎ取れないという事がない
・謎のガッツポーズが廃止され移動しながら回復薬が飲める
・ペイントボールが廃止され道が分からなくても誘導してもらえるようになった
・大半の採取が一瞬になったので、苦も無く採取できる
・アイテムを取得すると設定しているアイテムならその場で調合され、失敗もしない
・お守り廃止で、同じ様な部分が作成で作れるようになった
・スキルがポイント制ではなく、それそのもので発動するようになり、マイナススキルが無くなった
・クエスト中にアイテム補充や装備変更、食事などが行えるようになり準備ミスしても戻る必要が無くなった
・ショートカットに設定しておけば抜刀状態のまま武器が研げるし、砥石が消耗品ではない
・武器の消耗状態が表示されているためとても分かりやすい
・オトモアイルーが優秀過ぎる
・グラフィックが強化されてかなり美しくなった
・キャラモデルが良くなり、どうあがいてもゴリラという訳ではなくなった

BAD/REQUEST

・マップは広いが数が少ないし、寒冷地マップも無い
・モンスター数、武器数、防具数が明らかに少ないため幅が出ない
・罠に使うツタの葉や、乱入モンスターを追い出すモンスターのフンなど結構な数を使うアイテムは何故か量産できないため面倒
・私の環境が悪いのかもしれないが、ネットワークが高確率で切断される(ホストであっても)
・マルチだとソロの倍以上の体力かつひるみ値や部位破壊の耐久値も増えるため、マルチの方が下手をすると難易度が上がる。問題なくソロで倒せる人はソロ、倒せない人がマルチに期待するという部分が目立つためマルチの失敗率が著しく高い
・集会場が機能しておらず、専ら救難信号でマルチという形しかない。従来の形ではダメだったのだろうか
・お守りは廃止されたが、今まで生産出来ていたスキル珠がガチャ要素と化して君臨した
・動きながら回復できるが、飲んでる最中に回避や被弾なので中断すると中途半端しか回復しない上にアイテムは消費扱いになり消える。飲み始めた瞬間に咆哮を食らってアイテムだけ消えるなどザラである
・エンドコンテンツはひたすらに古龍を追いかけて痕跡を集めてクエストを出し、討伐してまた痕跡を集め……という明らかな時間水増し策。件の珠ガチャ等もコレをしないとならない
・エンドコンテンツとして武器の上限突破強化などなどが出来るが、武器を強化するアイテムが低確率でどの武器種が出るかランダムというクソっぷりである
・モンスターのところまで誘導してくれる虫は戦闘中だと引っ込むのは分かるが、移動中に雑魚にからまれても引っ込むので道しるべが無くなり物凄く面倒くさい
・モンスターが乱入してモンスター同士の相打ちというのがコンセプトの一つだが、高確率で乱入するため物凄く邪魔。縄張り争いで負けた方がそのまま居座ってこっちに向かって突っ込んでくるなど普通に起こる
・バゼルギウスという爆撃機の様なモンスターの乱入率が異常に高いので物凄く邪魔。
・クシャを倒すのに使う装備はクシャを倒さないと作れない、ヴァルハザクを倒すために使う装備はヴァルハザクを倒さないと作れない。これは製作者が疑問に思わなかったのだろうか
・属性武器の属性ダメージは何故か上限があるため、属性の必要性がかなり薄い上に無属性強化というスキルが強いため尚更
・今作からという訳では無いが、既存の武器種に余計なゲージやらなにやらの要素をつけ足していった結果非常に煩雑で使いづらくなっていった

COMMENT

一応一通りクリアしたので感想

全体的に面白くはあるし、今までのモンハンであった当たり前の要素を排除して遊びやすくしたのは非常に英断だと思う

しかし、やはりモンスター数が明らかに少ない。そのため武器の数も明らかに少ない
武器防具はほぼ選択肢がない。ネルギガンテの武器が頭1つ2つ抜けて強いため殊更に感じる

実際もっと属性武器を強くして、武器やモンスターの数もこの3倍は欲しい


モンスターが少ないからかエンドコンテンツがまさかの珠ガチャという、擁護のしようもないほどの時間稼ぎ

その珠を出すためにのクエストを出すためにモンスターの痕跡を探しすという2重3重な手間を要求され、結果がガチャである
これならまだ炭鉱夫よろしく鉱石掘りで出せたお守りの方がマシという有様


MH3からではあるが、太刀の大回転切りなど非常に不要だと思う。これのお陰で火力を出すにはこれを当て続けないとならないのに非常に出しづらいし出したら武器を収めるという面倒くささ。以前はお手軽に火力も出せ動きやすいため初心者にお勧めできたが、攻撃を欲張るようになるため全然初心者にお勧めできない

太刀だけに限らず、大体の武器がこの感じであり、ただただ手間

要素をつけ足すのは良いが、それで操作性や能力を劣化させるならやらない方がマシ

スラッシュアックスなどは初期のMH3が最も完成度が高いという皮肉であるし、そもそも変形機構が足かせにしかなっていない


シナリオが強化されたのは良いが、受付嬢にあまり好感が沸かない
相棒相棒とは言うが、相棒というより主人と下僕と言い換えた方がむしろ分かりやすい

受付嬢がクエストを出し、プレイヤーがそれを受けて出発する。唯一仕事してるというのが、現地で料理を作ってるくらいだがアイルーで良いのでは? という感じしかない
そもそもこの受付嬢、やることなすこと大半が邪魔してるだけであり、武器も持たず突貫し周りに助けてもらい助けた人を危険にさらしてる事が殆どである。お前は後ろで大人しくしてろと思ったことは多々ある
終盤、相棒(受付嬢)はいつでも共に居るだろうなどと言われるが、クエスト中ずっとキャンプで遊んでるだけで全然一緒に居ないのですがそれは……

むしろプレイヤーの相棒はとても優秀になったオトモアイルーであり、決してこの受付嬢ではない

だが、開幕時のムービーでプレイヤーではなく受付嬢に飛び込むオトモアイルー。このシーンに疑問を抱いた人はかなり多いのではないか

英気を養わねばなどと料理にがっついているが、受付嬢は受付しかしてくれないので英気もなにもあったものではない


やはりモンハンに茶番にしか見えないようなシナリオは要らないのだなと感じた。今まではクエスト文にいろんなエピソードが書き込まれていて楽しみもあったが、この辺りがとても雑になり大体似たり寄ったりという体たらく


今後DLCでモンスターを増やすという話ではあるが、数か月に1体とかいうペースならとてもやっていられない
有料でいいので10体20体増やしてほしいところである

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
壁さん  [2018-02-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

8人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 3pt 2pt 1pt 1pt
総合点
50pt

GOOD!

・雄大な大自然をくまなく堪能できるグラフィック

・耳に残りやすい音楽、リアルな環境音。
 特に中盤の山場で来るモンハンシリーズの
 テーマを流用したアレンジは素晴らしい。
 あの曲だけで相当アツくなれる。

・我が道を往く受付嬢
 拠点での彼女の行動が調査より
 明らかにメシ食う事に時間を割いている。
 その他諸々も含め非常にキャラが立っていて
 見ていて微笑ましくある。食い意地張ったヒロインとは珍しい。
 (そもそも本作にヒロインという設定が存在するかは疑問だが)

・多種多様なバトル展開が楽しめる
 通常のプレイヤーVSドラゴンとのガチンコ勝負
 敵同士の縄張りバトル
 段差や坂道を利用した変則戦術勝負
 罠や仕掛けを使った奇襲
 オンラインでメンバーを集めて挑む集団戦
 どれでいってもOKな間口の広さ

BAD/REQUEST

・薄っぺらいストーリー
 ブレスオブファイアシリーズが事実上無き今、
 カプコンに物語性を期待するのは無理筋かもしれないが
 最初から最後まで「頑張って龍を倒しました」で終わる。
 一応生態調査という名目なのでそれっぽい世界観の説明はあるが
 古龍とラストバトルを除き、ほぼ無いに等しい。
  

・無駄モーションの多さ
 痕跡調査時など、落書きを調べるのに何故かナイフで液体を筒に
 保存する様な挙動が入る。ほかにも一回一回匂いを嗅いだり等。
 初見時で序盤は確かに調査している感が出て良いが
 物語も中盤に差し掛かると
 痕跡発見→辿って標的発見→討伐
 の流れが決まってくるので、いちいち無駄モーションで
 時間を取られるがイライラした。
 これ、キャンセルできないので、次の痕跡を発見しても
 モーションが終わるまで待たなくてはならなかったりする。
 移動しながらの調査モーションもあるが、他の行動ができない為
 事実上の待機時間と変わらない。
 なによりストレスなのは終盤、ストーリーを進める為には
 探索しつくしたマップをもう一度痕跡探ししなくてはならない所だろう。
 新たな敵が出るたびに痕跡探しから始まるのは本作の特徴の一つだが
 想像以上に探さねばならない痕跡の数が多く、
 ここだけを見るとはっきりいって作業ゲーに近い。
 
・拠点のショートカット(リフト)の位置の悪さ。
 クエスト受注→食事→現地移動という流れで
 拠点帰還時の初期位置がクエスト受注場所になりやすいが
 食堂や工房に向かう為のリフトの位置がそこから離れている為、
 クエスト開始時の準備において、テンポが悪いように思える。

・調査ポイント全般
 正直何故これを設けたのか分からない。
 痕跡を辿ったりするとモンスターの知識レベルが蓄えられる
 その際に調査ポイントなるものが入るのだが
 これを使わないと、新しいキャンプを設置できなかったり
 装備を進化させる素材をバトル以外で入手できなかったりする。
 ゲーム開始時点では色々探索するので調査ポイントも溜まりやすいが
 マップや地形、モンスターの初期位置等を覚えてくる中盤に差し掛かると
 痕跡調査などせずに直接敵への最短ルートを辿る為、調査ポイントが増えにくい。
 
 よってバトル以外で素材の入手が面倒になる(前述の無駄モーションも関係している)
 →素材が集まらないので装備が揃わない→バトルが苦手な人は詰む
 という悪循環になっている。普通に金でよかったのでは?


・戦闘のテンポが悪い
 一部の敵は滞空時間が長く、ホバリングし始めると近接は当てにくくなる。
 解除するにはスリンガー等で閃光弾や尖鋭石を当てる必要があるが
 もう少しで倒せるという時に敵がホバリング、一旦戦闘を中断して
 スリンガー用の素材を探すのは、はっきり言って気分が萎える。
 そうでなくても、ただでさえ多い敵のHP、一定時間経つと逃げるという
 面倒な習性を持っているので半ば強制的にバトルが中断させられイライラする。
 もう少し簡単にホバリング解除や、敵の逃亡が阻止できても良かったと感じた。

・アイテム消費の操作性
 本作では消費アイテムは二つのルートで使用できる。
 十字キー左右でリールを回し、□ボタンで選ぶ方法と
 L1を押しながらアナログコントローラーで選ぶ方法があるが
 これが二つとも使えない。

 □ボタンのルートだと、事前に用意したアイテムの他、道中で拾った
 素材なども選択肢の中に入る為、目的のアイテムを利用するのに
 何度も十字キーでリールを回さなくてはならない。
 苛烈な攻撃を仕掛ける敵を前にして、そんな暇があるか。

 L1のルートも極めて操作性が悪い。
 L1を押しR3を傾ける時にショートカット画像が出現するのだが、
 この画像の表示が遅い上に
 「表示されてからR3をニュートラルに戻す」
 という作業まで行って初めてアイテムが使用できる。
 つまり戦闘中にパパっとアイテム使用を行うには、あまりに
 コマンド受付の開始時間が遅すぎるのだ。
 (オプションで使用をニュートラルかR3押し込みかを選べるが
  問題となっているのはコマンド受付開始時間の遅さなので、
  変更してもあまり操作性は変わらなかった)
 
 無論、敵は待ってくれないし、そういう時に限って状態異常付の
 事実上即死コンボを放ってくる。
 せめてショートカットの事前登録を□ボタンでも可能にしてくれれば
 必要最小限のアイテムのみで回せる為、楽になれたのだが、、、、

その他諸々、全て書くと4000字を超えかねないので割愛させていただく。

COMMENT

PS4、シリーズのプレイは本作が初。

これまでGOW、ダクソ、ニンジャガ、デビルメイクライ等のシリーズを
最高難易度でクリアしており、ハードなバトルが楽しめると聞き
購入したものの、評判ほどには面白くなかった。

細かなところでイライラポイントが多く、
それも不必要なモーションやら操作性の悪さに起因しており、
かと言って敵自体の行動が目新しいかというとそうでもなく
やることは敵の行動を見切って攻撃の繰り返しという
従来の3Dアクションゲームの域を出るものではなかったように思える。

もちろん縄張りバトルに乱入したり、爆弾を利用したりして有利に
進めることもできるが、これらの要素は勝敗を分ける致命的な何かに
なりえなかったというのが、残念。

推測でしかないが、オンライン共闘バトルを前提に難易度を
設定されているのではないかと感じた。

ソロだと武器によっては詰む可能性もある。

前評判も良く見ると、前作からどれだけ改善されたかという話が多く
逆に考えると過去シリーズがどれだけユーザーの不満点に対応して
いなかったかが伺い知れる。

ストーリーの道筋は決まっているので攻略の自由度は無く、

一見様々な戦術を取れるようでいて、ダメージ量の観点から
どの戦術を取っても決定的な要素にはならず、

調査ポイント回りの枯渇で、倒したい敵に有効な装備を
揃える為にはしつこく何度も素材を集める作業が必要で、

オンライン共闘プレイは、開始するまで地味に面倒。

振り返ってみると、良くも悪くも、典型的な和ゲーだった。

但し、あくまでビッグタイトルという色眼鏡があるから
こういった粗が目立つのであって、ゲーム単体で考えると
普通に良ゲーでないだろうか。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
初狩人さん  [2018-02-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 1pt 3pt 2pt 1pt 2pt
総合点
43pt

GOOD!

調合、スキル発動といった
今までのシリーズで特有の面倒臭さが改善された点は非常に良い。
モンスターの部位破壊可能ポイントなど、攻略本前提だったポイントもゲーム内で見られるようになった。

狩りに出てからも食事や装備変更、アイテムボックスが利用できる点も良くなった。

救援による途中参加も楽しい。今までと違うタイプなので全部が良い点だとも言えないが。

新モンスターが多いのはやはりワクワクする。

BAD/REQUEST

各種ゲージやアイコン、文字などが小さすぎる。
環境によってはまともにプレイできないレベルだと思う。
Switch版XXが最適化されていたのに何故できないのか。早くの修正を求む。

見た目はリアルになっても行動可能範囲が限られている。
スリンガーを使った移動と聞くと、「あの部分に引っ掛けてのワイヤー移動…」など想像が膨らむものだが、
使える場所は限定的でちぐはぐさを感じた。
ちょっとした段差も増えてはいるが、「よしここに登ろう」それができない場所が多い。

総じて海外受けを狙ったリアル寄り路線の弊害なのだろうが、
・効果音があまりにもしょぼすぎる。
・音楽も今までと比べると地味。
・回復薬後のガッツポーズや、寒暖時のモーションなど
 良い意味でバカらしいモンハン特有のケレン味がなくなった。
自分はあのオーバーリアクションな部分にモンハン「らしさ」を感じていたので、
例えばおなじみの効果音や曲がなくなったようなドラクエのような強い違和感を感じた。

COMMENT

良くも悪くも別物です。
スキルなどの快適さが増す一方で、モンハンらしさが消えた作品。
なんだかんだでやり込めはしますが、爽快感は薄い。

従来のモンハンらしさを残しつつ、スキル周りの仕様が改善されていれば良かった。
DLCで効果音・エフェクトパックなど出たら、熱中度と満足感が+2はされる気がします。

持ち寄って遊ぶのもまたモンハンだったので、従来路線はSwitchで発表されるのでしょうか。
いずれにせよ、今作で解消された面倒臭さ(特にスキル周り)は、今後のシリーズでは基本としてほしいです。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
三郎さん  [2018-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

 

【PS4】モンスターハンター:ワールド
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「モンスターハンター:ワールド」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。