このソフトのレビューを書く

【PS4】GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動 レビュー

発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2015-12-10
価格 6372円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクション・アドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
75
(難易度)
2.00
レビュー数
6
スコアチャート GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
16.7%
50-59
0%
60-69
66.7%
70-79
16.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
83.3%
【標準偏差】
6.96


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 4pt 5pt 2pt 1pt
総合点
81pt

GOOD!

オリジナリティ:
空を飛ぶゲームは世の中にいくつもあれど、空に「落ちる」という体験は独特な体験で凄く気持ちの良いゲームになっている。
できるアクションといえば数が少なく重力の向きを変える、ちょっと浮いて地面を滑る、物の重力をなくし浮かせたり投げる
のこれくらいなのですが、本当にどんなルートでも移動できる自由度のおかげで全く新しいゲーム体験を生み出している。

気持ち良い体験を支えるグラフィックと音楽:
遠景からぼやけて近づき徐々に鮮明になっていく街やカートゥーン調で描かれるストーリーは世界に独特な印象を生み出している。
音楽は特に効果音が素晴らしく、落ちていく音・重力エネルギーが貯まる音・アイテムを集める音と気持ちよさが引き立っている。
音楽自体も素晴らしく、ミッションの時の音楽は楽しさと緊張感を兼ね備えたいい音楽。

熱中度:
全てが気持ちよく、正直なところ同じようなことを繰り返すだけのゲームなのだがロケーションの違いやなにより操作の楽しさのおかげでずっとやり続けたい衝動に駆られる。ミッションはオーソドックスにタイムアタックや戦闘のスコアアタック、変わり種の人運びなどがあるが難しすぎはしないが一発で最高ランクをとるのはぎりぎり難しいくらいの絶妙な難易度設定で難しすぎや簡単すぎで飽きることがない。

満足感:
以上すべてにおいて独自の体験を磨き上げられた環境(音楽・グラフィック)で楽しめることで、全体を通し新しいゲーム体験ができたと思う。
プレイ時間はトロフィーコンプの上で20時間程度と長くはない作りだが、プレイ時間に一切の無駄がなく気持ちよいまま終わりを迎えられるゲームだった。
また、幸福感をもたらす要因として主人公であるキトゥンがいい子であってシナリオに毒など不快な要素がないことも挙げられると思う。

BAD/REQUEST

シナリオ:
なんとなくグラビティデイズの世界の根幹にかかわるようなシナリオ展開が続いていたと思ったらなぜか小物の野望を阻止してエンドみたいな
尻切れトンボっぽいシナリオは、ゲームに物語性を求める人からはうーんといった評価になると思う。

ボリューム:
最近のゲームでは珍しく、オフのみ20時間程度で終わってしまうので物足りない人には物足りない

リトライなどのシステム(快適さ):
このゲーム唯一の不満点なのだがサイドミッションのリトライがないのがすごくイライラした。
タイムアタックがあるので最初ミスったらすぐやり直したいのだがリトライがなく、やり直しにはクリアするまたは諦めて専用フィールドから出た後再度ミッション挑戦という流れになっていて、地味なロード時間などでイライラする。
また、一部サイドシナリオで目的物の場所が見えないままうろつかされるが特に面白みもなくめんどくさいだけだった

COMMENT

(vitaからの移植ではあるが)新規IPとして全く新しい体験を生み出せた傑作
空に落ちるという体験は操作しなければわからないと思うが、操作してみるとこれほどしっくりくるとは驚いた。
ゲームとしてはリトライなどの細かいシステムに難は見られるものの、ゲームのつくりとしては完成している。

フリープレイに落ちたこともあるのでぜひPS4を持っている全員に遊んでほしい傑作。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
けみさん  [2016-09-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 3pt 3pt 2pt 2pt
総合点
59pt

GOOD!

・重力操作
落ちる方向を操作するというちょと変わった空の飛び方。
TPSのような操作で、Rボタンを押すと主人公が照準に向かって落ちていく。
自由飛行とはちょっと違う快感。

BAD/REQUEST

・重力操作に制限がかかるステージが多すぎ
重力操作が売りのゲームなのにそこを否定してどうするのか。

・戦闘が単調
飛び蹴りの繰り返しでほぼ片が付く。
というか重力操作中に使える攻撃がこれぐらいしかなく、わざわざ普通に歩いてノーマルキックを使う利点もない。

・チャレンジミッションのリトライが面倒
ミッションを中断してまた選び直す必要がある。
この手のハイスコアチャレンジはリトライをつけるのが常識だろう。

・ストーリーが退屈
主人公に目的がなく漫然と頼まれごとをこなしていくだけなので全然先が気にならない。
主人公の記憶喪失等思わせぶりな伏線もそのままで、せっかくのハッピーエンドも最後にわざわざクリフハンガーにする有様。

・重力グラブ
掴む射程が短く、近くを飛んでいるのに掴めないということ多々。
いちいち地上に降りて目標物にぶつかるまで近づいてから掴んでいた。
投げる時もキトゥンと目標の間ではなく、物と目標との間に障害物がないかを注意しなければいけない。
当たり前だろうと思われるかもしれないが意外とこれが面倒くさい。
精度も悪くちょっと離れると全然当たらない。

COMMENT

VITA版未プレイ
42型プラズマテレビ
HDMI接続
SRS-5スピーカー使用
トロフィー取得率65%
上記の状態で書いたレビューです。

本編とサブクエストをクリアしたところでやめました。
チャレンジミッションはあまりやっていません。
重力操作の爽快感はいいのですが、ゲームとしてのデザインは上手とは言い難いです。
次回作に期待。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
三枝さん(Webサイト)  [2016-06-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 3pt 4pt 4pt 2pt
総合点
72pt

GOOD!

vita版は未プレイ

重力を操って上へ横へ縦横無尽に移動するのが爽快!
うまく操れるようになると、あっちこっちとスムーズに移動できます。

主役が可愛いぞ。久々にど当たりなヒロイン。
動かしてるだけで萌えてくるぜ

サイバーパンクな世界観もゲームにマッチしている

ロードなどはほぼないのでやり易いです。

BAD/REQUEST

ストーリーの尻切れトンボ感がすごい

重力管理の操作が煩雑なので、慣れるまでが大変

戦闘なんかはけく単調

ミッションがめんどくさくなる。

COMMENT

vitaのほうでゲーム賞だかを受賞したとか。それも頷けるような出来の良さです。
ちょうどこれが出た時に、販売記念でアバターが3種無料提供されて
今でも好んで使ってます。
ちょっと操作が煩雑ながら、重力を操るこの独特なプレイ感覚は
多くの人に体験してもらいたいです

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
アタックIN THE RAINさん  [2016-06-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
78pt

GOOD!

PSVITAからPS4へ移植ですが、違和感なく遊べます

ロードが早い、待たされることがほとんどありません

重力を使った新しいアクションが面白い、上に行ったり下に行ったりと激しく画面の中を行ったり来たりするのですが
それが面白い、空を飛んで移動が楽しい

独特なグラフィックが良い味を出しています

BAD/REQUEST

ストーリーが未完ですね。次回作が出るのでストーリーの続きが気になりました。

一部難しいミッションが有ります。

非常に酔いやすい、画面を上や下に激しく動くので酔いやすい人には注意です

COMMENT

酔いやすいですが面白いです、重力を使ったアクションが新鮮で面白かったです。
空を飛ぶととても気持ちが良い
独特のグラフィックで世界観とマッチしています
ストーリーが未完なので、次回作を買わないと分からないことが有ると思います

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
レミアさん  [2016-02-19 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 星空☆む〜〜〜ん
レビュー日: 2015-12-11
『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』

という、ビックリする程長ったるいタイトルのこのゲームは元はVitaで登場し、
なんと発売したのが2012年2月9日という事で、あれから3年10ヶ月経過してPS4でのフルHDリマスター版となります。

このゲームの購入を思い立ったきっかけは今でも忘れません。PlayStation Vitaというゲーム機の名前すら決まっておらず、
Next Generation Portableの略称で、「NGP」というコードネームで呼ばれていた時期がありました(たしか2011年の初頭だったと思います)
そのNGPのプロモーショントレイラーにこの、「GRAVITY DAZE」がほんの数秒だけ映っていました。
あのトレイラーを見た瞬間、「主人公が街中を飛び回っている!面白そう!!」
と、興奮したのを今でも印象深く心に刻まれています。
発売日が決定してから急いで店舗で予約をして、発売日当日には朝一で自転車をこいで受け取りに行きました。
長く、長~く心待ちにしていたこの作品は期待を裏切ること無く、僕を無我夢中にさせてくれた非常に思い入れのある大切な作品です。
そんな『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』がPS4で再登場。
今回も問答無用ですぐにPS Storeにて予約をさせて頂きました。ゲームディレクターの外山さんを始め、制作スタッフの皆様ありがとうございます。
3年10ヶ月前に僕を熱中させてくれたこの作品は、やっぱり今回も楽しんでプレイすることができ、見事クリアまで到達しました。

さて、前置きが非常に長くなってしまいましたが、
「GRAVITY DAZE」とはなんぞや?というこのゲームの存在を知らない方に、念の為にこのゲームの概要を解説していきたいと思います。
このゲームにつけられたキャッチコピーは、「少女は、空に落ちる」です。読んで字の如く主人公は女の子で、空に落ちるんです。
なにを言ってるのか意味がわからないと思いますが、この子は常に落ちるんです。360°全方位を下と定義して、その方向に落ちる事ができる。
というトンデモ能力を秘めた女の子の物語です。

この360°どこへでも落ちるというゲームシステムは非常に斬新で、唯一無二の「重力アクション」です。
キャラクターの能力強化で、重力操作ができる時間を延長したり、落下速度を大幅に上げたりと、あらゆる能力アップをする事ができます。
普通のゲームだったら、「このマップ広いなぁ~あんな遠くの目標地点まで行くのは疲れる・・・」となるところを、
このゲームは、全方位を下と定義してマッハでお目当ての場所まで落ちることができるんです。この操作だけでもう既に楽しい!
今まで在りそうで無かったこの斬新な「重力アクション」。他のゲームでは決して味わう事のできない「落ちる」感覚を存分に堪能してください。

≪このゲームを知らない・未プレイであるという方へ≫
複雑なコマンド入力はありません。RPGのような村人達と会話していくゲームではありません。主人公が強すぎて無双できてしまうようなゲームではありません。
ただただ、広大な街を360°どこへでも落ちるという快感。落下速度を利用して敵を蹴り飛ばすアクション。テンポ良く進むメインストーリー。
できることは単純明快、だけど味わった事のない体験が沢山詰まっている、そんな作品です。
ビジュアルデザインは所謂、フレンチコミック調(バンドデシネとも呼ばれます)となっています。
3Dで動くムービーはもちろん存在しますが、フレンチコミックを意識したコミック風のストーリー展開も存在するという新しい試みがあります。
絵やプレイムービーを見て、「ちょっと気になる」と思った貴方、そんな人は是非とも迷わずに購入して頂きたい一本です。
絶対にこのオリジナル感溢れる雰囲気を楽しんでもらえるはずです!

≪Vitaで既にプレイしたという方へ≫
まず、解像度が大幅にアップしました(正確に言うと544pから1080pへ、画素数が約2倍です)
そして、ヌルヌル度が大幅にアップしました(正確に言うと平均30fpsから、60fpsへ、コマ数が丁度2倍です)
Vitaではボタンが少なかったので、操作が画面タップと、ジャイロに振り分けられていましたが、PS4版では全部ボタン操作が可能です。
Vitaではメモリが少なかったので、マップの読み込みに15~20秒程かかっていたのが、読み込みが一瞬で終わるようになりました。
個人的にVita版と一緒にプレイし比較して、遠景が見えない、ジャギーが目立つ、ロード時間が気になる、重力スライドの画面タップ&ジャイロが面倒、
こういった気掛かりな点がPS4版になって一気に解消されたのは非常に大きなアドバンテージです。
本体を傾けさせる余りに、画面の映像に集中できない。サブミッションを開始する度に長いロード時間に悩まされる。
これらの苦悩を味わう事が無い分、ゲームプレイに、より一層専念できることかと思います。マシンスペックの上がったPS4様様です。

かなり長文になってしまいましたが、個人的に以前Vitaで味わった感動を、パワーアップしたPS4で再び体験できた事を本当に嬉しく思います。
やっぱりこの作品は何回プレイしても楽しさは色褪せず、素晴らしいゲーム体験へと導いてくれる傑作であると再認識できました。

この作品のストーリー完結となる続編「GRAVITY DAZE 2」が2016年に発売予定となっています。この感動を、今以上に味わえる作品になるよう期待して、心より発売を待ち望んでおります。制作スタッフ一同の皆様並びに、レビューを読んで下さった方々、本当にありがとうございました。

【PS4】GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。