このソフトのレビューを書く

【PS4】DARK SOULS III レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2016-03-24
価格 8024円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(THE FIRE FADES EDITION版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~6人)

【DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION】
■ 発売日:2017/04/20
■ 価格:5,832円
通常版にDLCを同梱したものです。

総合ポイント
76
(難易度)
3.78
レビュー数
27
スコアチャート DARK SOULS IIIレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.7%
20-29
3.7%
30-39
3.7%
40-49
0%
50-59
18.5%
60-69
33.3%
70-79
29.6%
80-89
7.4%
90-100
【60点以上】
88.9%
【標準偏差】
15.82


2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 4pt 3pt 3pt 4pt
総合点
72pt

GOOD!

・世界観の良さ
これぞダークファンタジーといった世界観はしっかりと受け継がれています。
マップや敵のデザインは相変わらず秀逸、装備もバリエーション豊かでコスプレなどの楽しみ方も色々あります。

・死んで覚える難易度
初見で何度も死んだ場所を2キャラ目ではサクサク攻略出来たり、上達が肌で感じられるときは楽しい。

・BGMが良い
まずタイトルBGMで鳥肌が立ちました。ボス戦では前半と後半でBGMが変わるので盛り上がります。

・外見やビルドの変更が可能
地味にうれしい要素です。特に外見はキャラクリ画面とフィールドでは結構違うので微調整がしやすくなりました。

BAD/REQUEST

・歴代シリーズに比べゲームバランスが悪い
敵の移動速度、攻撃速度が速いため、モーションの遅い武器は産廃と言ってよく、基本怯まないボス戦では尚更です。
こと攻略においてはモーションが早く火力がそこそこ高い直剣が最強で、他の武器の存在価値が薄れています。
また、カテゴリ毎に多くの武器がありますが、カテゴリ内でも性能差が著しく、新要素の戦技も格差を広げる要因となっています。

防具についても防御力ステータスが飾り同然、そこそこ耐久力のある装備は非常に重く、動きが遅くなり、
まともに動けるようになるようなステ振りをするくらいなら他に振った方が効率が良いという、本末転倒なバランスです。

レベルをかなり上げれば幅広い装備が楽しめるようにはなりそうですが、それには途方もない労力がかかります。

・クソモブは相変わらず
十字架猿、素手グルー、火球デーモン、獄吏など、強さ以上にストレスの溜まるモブも健在です。
歴代のクソモブ達に訓練されてきたプレーヤーは問題ないレベルですが、シリーズ初の人は発狂してしまうかもしれません。
ただ、猿、獄吏など、アプデで弱体化されているモブもいるので、初期ほどストレスは溜まらないと思います。

COMMENT

発売直前までブラッドボーンをプレイしていたためか、武器バランスの悪さが目立ちました。
PvPではアプデによる微調整が行われているので選択の幅は広がりますが、攻略に合わせた調整は期待しない方が良いです。
世界観やビルドの自由度は相変わらず独特の良さがあります。過去作のネタも豊富なためシリーズプレーヤーにはオススメです。
直剣ソウルではありますが、他の武器でも問題なく攻略可能です。半分縛りプレーのようなものですが…
難易度はソウルシリーズの中でも比較的シビアなため、アクションゲームが苦手な方は注意しておきましょう。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
K13さん  [2016-11-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
73pt

GOOD!

〇「やらされない」適度な距離感あるストーリー性

 最近の大作RPGのように、何から何まで設定が用意されているわけじゃない。
 ただプレイしているだけでは、ほとんど語られないといってもいいくらいです。
 前作シリーズを遊んでいる方には馴染みのある事も色々あるようですが、シリーズ初プレイだと正直、主人公が何者で、何を目的に戦っているのかすらわからない状態。
 けれど、アイテムのフレーバーテキストや、NPC・ボスとの会話、その断片情報を繋いでいくと、見えてくるものがあります。
 ただし明確な答えが用意されているわけではなく、あくまでプレイヤーが各々のストーリーを推測するスタイル。
 もちろん手抜きではなく、一つ一つは作り込まれているけれどお節介じゃない。
 そんな所が今時新鮮で、深みに嵌る一因でした。

〇緊張感あるステージ、歯ごたえあるボス

 序盤でもワンミスで簡単に即死できる程の難しさですが、どれも理不尽さはありません。
 道順や出てくるエネミーを覚えて対処していけば、アクション不慣れでも全然対応できるレベルです。
 フィールドも作り込まれていて、アイテム探しの探索も楽しいです。
 ボスもチュートリアルエリアからしてとんでもなく難しく、自分は10回近く死にましたが、倒せたときの達成感は他のゲームでは味わったことのないほど強いものでした。
 1周目に限れば、どうしても辛い時はNPC白霊を呼ぶだけでも大分楽になります。
 オンラインプレイに抵抗が無い方なら、助けを呼ぶのも良いでしょうし。
 覚えゲーと揶揄される事も多いですが、アクションゲームはスーパーマリオの時代から全て覚えゲーです。これに始まった事ではないですね。

〇死闘を盛り上げるBGM

 BGMは基本的に一部のエリアとボス戦だけですが、プレイの邪魔をしない控えめな感じに好感を持ちました。
 普段は亡者の息遣いしか聞こえないような静かな状態で進んでいって、ボス戦に入るなり思い出したようにBGMスタート。
 序盤は静かに始まるのですが、中盤以降ボスの強化と共に曲調がさらに緊迫したものに変わります。
 何度も死んで、何度も聴くから……というのを抜きにしても、ややしばらく耳残りする名曲揃いだったと思います。
 一番はオープニングタイトル画面にで流れるコーラス曲ですかね。

〇わかりやすいシステム
 昨今のゲームは、インベントリとか改造とか、システム周りを複雑怪奇にしたがる傾向があるのですが、このゲームは至ってシンプル。
 プレイに必要な操作も、ちょっといじればすぐ覚えられます。

BAD/REQUEST

〇キャラメイク

 頑張って作ってみても、どうも自キャラが不細工気味になってしまいます。
 全体的に寄り目な感じ? 最初は海外製ゲームと勘違いしたほどですので・・・
 細かく設定もできるのですが、スライダーを動かしても変化がわかりにくかったですし、項目の並び順などにも不親切さを感じました。
 自分は男性キャラを作成していたのでそんな感じでしたが、女性キャラならもう少し美形に作れるのかも知れません。
 
 〇ロックオン時のカメラワーク

 敵にそこそこ接近していなければロックオンできない仕様ですが、仮に範囲外からR3を押した場合、カメラがくるっと回転して方向を見失いがちになる事が多いです。
 そんな時は大体敵が前進してきているので、方向を見失ったまま殴られて「YOU DEAD」ということも…… 
 ロックオン時にカメラを合わせるのはテクニックだと思いますが、この点には若干理不尽さを感じます。

〇装備の不自由さ

 魔導士系装備はいいですが、戦士系の装備はどれも重すぎて装備できない事がほとんど。
 実用するにはステータスを振るしかなく、いい装備が充実している割に自由度が低いですね。
 防御力も、後半ステージの敵の火力を考えると、数値とは裏腹に紙装甲過ぎてあまり意味がない。
 当初は謎だった、上級者の方が裸で攻略している意味が、プレイをしてみてわかるようになりました。

〇NPCが見えにくい
 背景に溶け込んでしまい、気が付かず通り過ぎてしまったり、敵と間違えて殴ってしまったり……

COMMENT

 最初は、オープンワールドRPGと勘違いして購入。やってみて超アクションが必要な難ゲーと知り若干尻込みしましたが、プレイしてみるとあっという間にこの世界観にハマってしまいました。
 アクションゲームは元来苦手でほとんど触ってこなかったので、正直苦戦はしました。
 チュートリアルエリアで2ケタ死ぬとか、こんなゲームがあっていいのか?という気持ちがずいぶん心をよぎりましたが、何度やられても、なぜか投げようとは思わなかった不思議な魅力がありました。今はトロコン目指して2周目プレイ中です。
 さすがに、今作より難しいとされるシリーズ作に手を出すつもりは無いのですが、ちょっとした勘違いからとはいえ、いいゲームにめぐり会えたな~というのが率直な感想。
 クリアが難しいという方は、レベルを150くらいまで上げてみると大分楽になると思いますよ。
 だからといって、武器を適当にブンブン振っているだけでクリアできるほど甘くは無いのですが。
 興味があったら食わず嫌いせずやってみてほしいし、合わないと思ったらさっさと見限れば良いです。
 本当に難しいですが、間違いなくこれは名作に分類されるゲームです。
 ちなみにオンライン要素は、侵入されるのが嫌だったので全くやっていません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
はとみそさん(Webサイト)  [2016-11-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
82pt

GOOD!

※過去作はデモンズ・ブラボを含め各数百時間以上プレイ・トロコン済
※レベル23で1周目全ボス・2周目DLC1作目をクリア済(1ボス除き全てソロ)その他、本編は計6回クリア・トロコン済
※主に前作に不満が多かった者の視点でのレビューとなります。また、経験者向けの内容が多めになります。あしからず
※オンライン、特に敵対プレイはほとんど興味ありません。レビューでも触れません。あしからず
※その他楽しんだARPGはウィッチャーシリーズ3作・ドラゴンズドグマダークアリズンなど

 「アクションゲーム」としての評価点は、とにかく【最初はズタボロ、慣れればスムーズ、極めればノーダメも狙える、という絶妙なボスたち】というところ。個人的に、これこそ、いいアクションゲームが備えている要件だと思っています。提示された問題に対して自分なりの答えを出し、自己の動体視力と操作テクニックで実現、理想に足らない部分はレベルアップと鍛えた武器の火力、アイテムの有効活用でカバーする、というARPGの楽しさが詰まっています。
 デモンズからほぼ一貫して「立ち回り」と「回避」「スタミナ管理」が重要な本シリーズですが、そのあたりがクリティカルになる「スタミナ初期値」という条件でも初見クリアできました。しかも、ラスボスで詰まって全エリアを見直すときまで、スタミナ回復向上の指輪を見落としてました。こんな悪条件でもクリアできるのは、自分・敵双方の各種モーションとクール時間のバランスがしっかり調整されている証拠でしょう。「こんなの無理だろ!」という連撃や弾幕は、考察と工夫、攻め時と退き時の見極めで、実はしっかり対処できます。
 また、各種指輪や武器・魔法の中に、効果を理解して戦略にうまく組み込むと大きな力を発揮するものがあり、苦心惨憺・効果検証を繰り返し頭をひねれば、低レベですら単発火力に頼った勝負やごり押しが可能な場面があります。「こんなの無理だ」という固定観念を捨て去り、「ちゃんと作ってあるはずだ」と信じれば、どんな条件下でも、解決法は必ず見つかります。
 俺自身、ラスボスでのあまりの猛攻に毒づきながら何十戦も負け、しかし攻め時退き時を理解したらむしろ余裕の域までに上達。大反省。繰り返します、本作もソウルシリーズの根幹が守られた、「ちゃんと作ってある」アクションゲームです。
 また、キャラクターレベルが勝手に上がってしまわないのもこのシリーズの特長のひとつで、自分が楽しいと思える段階にキャラの成長を抑えたり伸ばしたりが自由にでき、かつ悪条件に悪条件を重ねたとて割となんとかなる、という幅広さも備えています。デモンズ~ブラボを初期レベだの回復禁止だので様々乗り切った経験からすると、本作もその手の縛りが無理なくできるような域にまで、アクションゲームファンの期待に応え、がっちりと作りこんであるのでは、と感じます。(自身では今のところ未だですが、多くの方が実証していますね)

 アクション性に重きが置かれた本シリーズですが、本作ではストーリー・サブストーリー上のロールプレイも楽しめるよう、そして周回に耐えられるよう、従来よりも手を尽くしてあります。
 周回を重ねる中、自分とNPCの行動に関するさまざまなイベントデータを記録し、試していない手順を踏んでみることで、次々に新しい展開を見て楽しめました。こいつがこのイベントに絡むんか! この状態だとこいつも召喚できるんか! などなど。シリーズ従来作にまったくなかったタイプのイベントも数々登場します。

 以下、前作、または初作より良くなった点を列挙します。シリーズ未経験者は読み飛ばしてもOKです。また、「良し悪し」の判断含め、個人の感覚による部分が多々ありますのでご了承ください。
・特大武器の攻撃対象が必ずロック先に向くように戻った(オプションで前作どおりか初作どおりか選択できるようです)
・武器モーション後の盾構えがダーク初作並みの速度に戻った
・スタブモーションも初作ぐらいのスピーディーさに戻った
・バックスタブの空発動は前作どおりあるが、「掴み」ではなく「突き刺し」になったため、隙だけの無駄アクションではなくなった(ブロードソードの例です)
・プレイヤーキャラクター・敵キャラクターのモーションや歩幅が自然になった
・ローリングの無敵時間がデモンズくらいに長くなり、カジュアルになった
・ローリングはデモンズと同様明確に3種(軽ロリ・どっすん・不可)になり、軽ロリは装備重量70%までに緩和された
・ダウン直後のローリングがブラッドボーンから輸入され、スピーディーに復帰できるようになった
・バックローリング時に、ロックしながらのダッシュ移動が暴発しなくなった
・指輪枠は前作どおり4つ。取捨選択悩ましくも、構築の幅が広い
・盾の受け値・カット率は初作ではなく前作準拠。強すぎない程度に抑えられた
・上記に示すような各種性能の総合的な調整の結果、初作のような盾万能・前作のような盾虐待のどちらでもなく、「盾は頼れる味方だが頼りすぎるな」という絶妙な難易度になった
・強化素材の無限入手タイミングはエリア攻略順による差が出にくく、前作よりまっとうになった
・誓約云々に関わらず、敵は枯れない
・枯れないがゆえに、ほぼ全ての消費アイテムに無限ドロップ入手または無限購入の機会が確保された
・枯れないがゆえに、ボス再戦を繰り返す際の障害とならないようモブの配置を初作準拠に配慮
・前作にあったような、リスポンしてすぐ敵が来るような危険な篝火はなし(ただし1ヶ所だけ、煩くしてると来ます)
・死亡時に異次元箱からの物品自動補充が可能になった。また、補充対象外とする指定も可能
・初作の世界観がしっかり引き継がれ、「後日談」が多く語られるストーリーと、ニヤリとできるシーンの数々
・一方で、過去作にあまり類を見ない、本作ならではの「サスペンス」なサブイベント
・数周に耐える各種イベント分岐、エンディング分岐
・ブラボと同じく、一粒で2度以上美味しいボスばかり。そしてそれを盛り上げるBGM変化
・デモンズ・初作のようなイベントボス戦もあるが、迫力が段違い
・隠し扉はデモンズ・初作・ブラボと同じく、攻撃またはローリングで暴ける
・ほとんど全ての隠し扉に、「あのアイテムどう取るんだろう」「この壁何か違くない?」というヒントがある
・「旅」を演出するエリア構成は初作の再来。どこからでも遠く離れた他エリアを眺めることができ、世界に没入できる
などなど。まだまだたくさん、たくさんあります。

BAD/REQUEST

・どうやら、レベルを上げないと見れないイベントがある。初見キャラの周回プレイはレベルを上げない、というキメのある俺には、大分がっかり(俺が回避方法を知らないだけかも知れません。そのときはごめんなさい)
・武器強化素材の中位版である「大欠片」のドロップ率が低い。潤沢にドロップする頃には既に買えるようになっている。それができる直前のエリアでも、少し率を上げてよかったのでは
・「壁」の当たり判定の作成基準がイマイチ分からない。8角形様の柱なのに4角形のような雑な判定になってたり、かと思えば微細な出っ張りにいちいち当たり判定を作り、一見平たいのに敵にハメられるとローリングでも抜けられない壁があったり
・カメラの回避判定もイマイチ。カメラが接近・離脱を高速で繰り返すポイントが幾つかあり、目に悪い。一方、カメラとキャラクターの間に入れてもカメラ機能を阻害しない細い柱もちゃんとあったりします。手すりなんかが全部これならよかったのになあ
・公式メッセージがネタバレしすぎ。中盤以降は従来のものとは存在意義が大分違います。読まない派は、オフラインであろうとも何も読んではいけません

COMMENT

 アクション入門向けには、簡単なゲーム、愉快なゲーム、プレイ人口の多いゲーム、様々ありますが、本シリーズは「難しいが達成感のあるゲーム」として筆頭に上がるひとつでしょう。何かひとつのことに、根をつめて長い長い時間をかけて挑戦したい、そういう方にお勧めします。もちろん、本作ではなくデモンズやダークソウル初作からでもいいでしょう。そしてどれかひとつをクリアできたとき、シリーズ他作品だけでなく、さまざまなジャンルのアクションゲームに対応できるだけのスキルが身について、楽しめるゲームの幅が広がっていることを願います。
 GOODに書いたのとは別に、【プレイヤーキャラクターは初期レベルでも既に超人であり、プレイヤースキルで無敵の存在にできるが、それができずともレベル上げ・知識・工夫・努力で解決できる】という俺個人の要件も、本作はクリアしています。ただ、【何も考えず、気楽に爽快感が得られる】というのもまた、世にアクションゲームが求められる理由のひとつでしょう。そういう方面を期待している方には残念ながらお勧めできません。

 個人的にはブラッドボーンの方が好みではありますが、乗りこなすのに時間のかかるじゃじゃ馬なアクションで、回避行動の無敵時間も短く、あくまでコア向けの派生作品という感じです。本作は同様にスピーディな調整にしてありつつ、かつ個々のアクションの取っ付き易さ、無敵時間のカジュアルさで、ブラボよりお勧めできます。

オリジナリティ:5点。既にシリーズが世間の評価で「高難度」「ARPG」の代名詞的存在になっているのは元より、本作の完成度はシリーズ随一です。
グラフィックス:4点。キャラクタ・エフェクト・UIなどは非常に良い出来。遠景などにグラフィック抜けがよくあり、美麗なだけにかえって目立ちます。惜しい。
音楽:4点。動きの激しいボスに合わせた勇壮な曲、キャラの誕生・存立過程にマッチした、過去作のアレンジ曲や荘厳な曲などが印象的です。
熱中度:4点。イベント巡りが楽しく、周回の積み重ねを過去にないペースで行なえました。
満足感:4点。ARPGとしての完成度の満足もさることながら、アクション面・ストーリー面両方において、多くのプレイヤーが「続編とはこうあるべきだ」と薄らと感じていたものを、見事に具現化してくれたように思います。しかも、前作を見直すのではなく、デモンズ・ブラボを含めた関連全作品を見直した上で作られた、素晴らしい出来です。(対人はどうだか知りませんが・・・)
快適さ:4点。アクションの充実度、UIの構成など、過去の反省点をしっかり踏まえているようです。BADに述べた調整の甘さが惜しい。
難易度:過去作より難しくはあるようですが、盾がある分ブラボより少し抑え目でしょうか。

本編1周クリアには、初挑戦者は100時間程度を見てください。はまった人には1000時間でも遊べる内容です。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ての字さん  [2016-11-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

11人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 3pt 2pt 1pt 3pt 5pt
総合点
41pt

GOOD!

自キャラの動作が快適になった。
ブラッドボーンほどでは無いが、前2作にあった常時モッサリ感は廃止されている。

アートワークも終末の世界観が良くでており、
どこへ行っても絶望しかない様子がよく表現されている。

鎧や床、粘液等の「質感」が大変良く描画されており、
ブラブラと彷徨うだけでそれなりに楽しめ、
現行ゲーム機の能力をフルに使い込むのは流石と言える。

BAD/REQUEST

自キャラが素早くなった分以上に、敵の挙動も早くなっており
その上、無尽蔵スタミナ、何発攻撃しても倒れないタフネス
いつまで続くか分からない連撃コンボ等
こちらの性能以上の動作をする敵が多く、
ほとんどのボスは上記に当てはまる為、自キャラの性能を良くした
意味が、ほぼない。

また中盤以降、敵の火力が非常に高く
どのような育成をしても大抵は2~3発攻撃を受けたら
ゲームオーバーとなる上に、魔術師育成なんぞしようものなら
ボス戦で一発KOされる場面がほとんど。
その度に短くはないロード時間とダンジョン道中をマラソンする必要がある。
とどめに、自キャラは攻撃モーションをキャンセルできないので
結果、「敵の攻撃を終わりまで回避して、その後の僅かな隙を突く」
という固定された攻略方法でしかクリアできない。
(もっとも私は100回以上リトライして気合で撃破したが
 そこまでリトライせざるを得ない設計自体が不満、
 前作まではこういう変なバトル難易度ではなかった)

この決められた攻略方法でしかクリアできないのが最大のネックで
前作、前々作では

「育成がどうあれ、バトルテクニックでどうとでもなる」
「バトルが苦手であれ、攻略法次第でどうとでもなる」
「敵の強さがどうであれ、攻略ルートを選べばスルーでき、
 効率的にレベルを上げた後で再挑戦できる」

といった、ソウルシリーズの醍醐味である「攻略の自由度」が
完全になくなっており、その結果、決められたルートで
決められた育成方針でプレイするのが最適となってしまう。
これは非常につまらない。
(その救済措置か、能力値一括変更できるNPCがいる)

色々な所でスーパープレイ動画が上がっているが
一部を除き、そのほとんどが「隙を突いて殴る」ばかりであり
ダークソウル3のバトルにおける間口の狭さを感じさせる。

個人的に一番の不満がオフラインなら
コスプレ(気に行ったキャラの装備で)攻略が
事実上不可能という点にある。
ソロ攻略にあたり、最適育成やバトル方法等の間口が狭い為
自キャラに何かしらの制限を課すと著しく難易度が上がる。
本作はRPGであったはずだが、バトルを難しくさせすぎた結果
ロールプレイ自体に制限がかかるという本末転倒の事態に陥っている。

バトルを難しくするのは結構だが
敵キャラがこのスピードと火力なら
自キャラはGOWやDMCくらいの性能にしないと
モーションキャンセルができない為、単にストレスが溜まるだけであり、
バトルアクションとして見ると、本作は駄作と言わざるを得ない。

COMMENT

デモンズ、ダクソ1・2、全てトロコン済み。各シリーズ100時間以上プレイ。
DLCクリア済み。
対人戦は語りつくせないので、触れない事とする。

ニンジャガシリーズやDMC、GOW等のアクションゲーにて
全て最高難易度でクリア済みの私からすると
本作のようなシステム面でバトルにストレスが掛かるゲームは
まったく受け付けれなかった。

というかバトル難易度の上げ方が理不尽極まりなく
モーションキャンセル不可なのに、何故敵の挙動を
こんな風にしたのか疑問でならない上に
画面外からの攻撃も多く、それも一撃で結構削られる
タイプのボス戦でこれをやられると、ストレスしか溜まらない。

攻略も道中一か所のみ分岐があるだけで、残りは一本道であり
ボス攻略方法も、ソロが無理なら
白ファン呼んで数の暴力で倒せ、ばかりであり
ソウルシリーズの一番の持ち味「プレイアブルの自由度」が
完全に殺されている。
操作性が向上したのに、バトルはつまらなくなった。

どのレビューサイトを見ても軒並み高評価だが
個人的にはシリーズ最低だと思う。
「ヘタクソ」とか「分かっていない」とか言われるのが怖くて
絶賛しているんじゃないの?と思わざるを得ないほど
私には本作は向かなかった。

RPGとして見た場合、自由度が無く
アクションとして見た場合、システム面での理不尽さが目立った。

これまでは名作を出したフロムソフトウェアに敬意があり
ソフトは全て新品で購入していたが
本作にその価値はない。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
DS3さん  [2016-10-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: gloe
レビュー日: 2016-05-29
私もおばさんです、40台半ばの。
けど、タイトルのお年寄りってのは私のことではない。

母は76歳。
2、3年前だったか、わたくし、かなり遅ればせながらデモンズソウルのベスト版が出たのをきっかけに購入、それまでこの手のゲームはやったことがなかったのに、無謀にも手を出してしまった。
当然ドヘタクソで死にまくり。でも、不思議にストレスもたまらず、飽きもせず楽しくて楽しくて・・・ふと気づいた。
「これって、ボケ防止にもいいんじゃないの」
母もドラクエVIIIくらいはやり込んでた人だったので、「この年でもう無理・・・」というのをなだめすかしてコントローラーを握らせた。

で。
いつのまにやら、デモンズは3キャラほど作り、それぞれ周回を回し、ダークソウル(無印)はキャラはひとつながらこれまた周回を回す母。
無職で時間があるのをいいことに私よりうまくなっている。

マップもないから道を頑張って覚えなければならないし、テクニックがない分、敵に応じて装備も作戦も変えなければ勝てない。
そんなことがとても脳トレになっているようだ。
地下墓地でいくら迷おうが、現実と違って脱水になるわけでも交通事故に遭う心配もないから(死ぬけどね、ゲーム内で!)、自分で道を思い出すまでこちらも気長に見守っていられる。

もちろん、闇霊とも果敢に戦っている。
侵入がある度に、『相手のプレイヤーさん、まさか70半ば過ぎのお婆ちゃんと対戦してたとは思ってもみないだろうね』と話して笑うのだが、なんと、ときどき撃破しているのだ!

ダークソウルに夢中になってた時期だったので2は買わずじまいでやってないのだが、今春、PS4本体と共に3を購入。
新しいシステムにもすぐ馴染み、毎日頑張っている。
今作からは、白ファンを呼ぶことも覚えたようだ。(私はなんとなくビビってまだNPCしか呼んだことないのに)
見ていると、ちゃんとジェスチャーで挨拶なんかもやっている。

今日、ようやく冷たい国のボスを倒して喜んでいた。
クリアするにはまだまだ時間がかかるだろう、けれど必ずクリアして、きっとまた周回を回すのだろう。
ありがとうフロムソフトウェア、うちの老母に、庭仕事のできない雨の日、美しく過酷な世界で冒険に出る楽しみを与えてくれて。

【PS4】DARK SOULS III
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「DARK SOULS III」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。