このソフトのレビューを書く

【PS4】ペルソナ5 レビュー

発売元 アトラスオフィシャルサイト
発売日 2016-09-15
価格 9504円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 犯罪 麻薬 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
74
(難易度)
2.29
レビュー数
42
スコアチャート ペルソナ5レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
4.8%
30-39
16.7%
40-49
16.7%
50-59
9.5%
60-69
9.5%
70-79
31%
80-89
11.9%
90-100
【60点以上】
61.9%
【標準偏差】
19.09


18人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 1pt 2pt 1pt 3pt
総合点
41pt

GOOD!

シリーズは未プレイです。RPGというジャンルでは色々な作品をやってきましたが、このシリーズは未プレイでした。PVのかっこよさで惚れたので初プレイです。
ですので、過去作品との比較でレビューはしません。

演出…主人公達は怪盗ですので、演出がとてもスタイリッシュでかっこいいです。また、BGMもその雰囲気にとてもあっていたと思います。

戦闘システム…「ペルソナ」というジョジョで言うスタンドの様なものを使役出来ることが、一般的に言う魔法攻撃や特殊物理攻撃を行うオーソドックスなコマンドRPGに独自のスパイスを加えて個性的なものに仕上げているといえるでしょう。主人公だけ複数のペルソナを使役することが出来(所持数制限あり)、どのような属性のペルソナを所持すれば攻略が捗るかを考えるのも楽しみのひとつでしょう。

BAD/REQUEST

イマイチだった点、いっぱいあります…

~ダンジョン攻略~
カバーアクション…怪盗ですのでコソコソ動きます。物陰に潜んで敵をやり過ごしたり、奇襲を仕掛けたりするためにカバーアクションがあります。しかし、そもそもダンジョンが一本道で狭くて物陰がなかったり、無駄に広くてカバーの必要性がなかったり、カバーの操作がやりにくかったりと、一部を除き使えないシステムであったなと思います。

ダンジョンの長さ…無駄に広すぎます。無駄に広いマップ(逆に極端に細かったり狭いマップも多い)を多数の無駄に多いお使いでたらい回しにされます。攻略しているというよりは、開発者に攻略させられている、という気持ちになってしまう感じです。「またかよ…」みたいな感覚によく陥ります。

エンカウント…シンボルエンカウント方式で、敵がこちらを認識すると追いかけてきます。ここまではいいと思いますが、この見つかった場合、せっかくのカバーアクションが使用出来ません。また相当距離を離しても追いかけて来ますので、実質狭くて遮蔽物がなくカバー出来ないところは強制エンカウントみたいな感じになってしまっています。(お助けアイテムを使うか、根気よく隙間を抜けていくくらいのリアル時間的余裕があれば別ですが。)

通常戦闘…基本的に弱点属性をついてダウンを奪っていかないと、通常戦闘でさえ戦力差がなければゴリ押しは難しい戦闘で、歯ごたえはあったと思います。しかしながら、なれてくるととにかく「ただ面倒くさい要素の増えた作業」になってしまったと感じる点がよくなかったと思います。上記ダンジョン攻略の不満点と合わせて、とにかく敵をガン無視してさっさと王手の状態に持っていく為のただのお邪魔要素になってしまったと思います。

ボス戦…攻略の幅が全くありません。ザコ敵とは違い、弱点属性はなくクリティカル率も極端に低いため、開発者の用意したレールに沿って進めていくだけのイベント戦のようなものです。だらだらと面白くもない長いダンジョンを攻略させといて、最後につまらないボス戦が待っている。基本はこの形を繰り返す感じです。

~日常~
カレンダー方式…高校生の日常の傍らで怪盗業(ダンジョン攻略)を行います。日めくりカレンダーを一枚ずつめくるように毎日をプレイしていくのですが、とにかく「やること・出来ることが少なく・幅がなく」、「やれることをやりたいと思っても、イベントなどゲーム側に規制される」おまけに「学生ならではの学校行事も印象に残らない内容」といった感じです。ダンジョン攻略が時限式なせいも相まって、東京のラッシュ時の満員電車のように、とにかく窮屈に感じました()。このカレンダー方式は本当に必要なんでしょうか?

~ストーリー~
どの年齢層をターゲットに創作したのでしょうか。酷すぎます。とは言っても、序盤の出来はとても良かったと思います。しかし中盤以降、子供のダダっこを見てるだけです。ペルソナはキャラゲーだから、というならこんな内容でも問題ないんでしょうが。開発側はこのストーリーで中高生の心を盗むつもりだったんでしょうか?このお話では普通の大人の心は盗めませんよ?

~ペルソナ~
ペルソナの使役数…主人公のみが複数使役出来るので、他の仲間の使える・使えないの格差が酷すぎます。あまりにも格差があると思えるので、キャラの思い入れにも相当影響を与えてしまっているのでは無いでしょうか。仲間は複数使役出来ない代わりの何かを用意すれば、戦闘の窮屈さは劇的に改善できたのでは無いでしょうか。

会話交渉…意味の分からない開発者の提言に付き合わされるこのシステムはいらないと思いました。しばしばサイコパスの会話に付き合わされているような感覚に陥ります。こんな下らない会話やらされるよりも、ポケモンみたいにボール投げて、ゲットできるか出来ないかの方がよっぽどハラハラドキドキして面白いですよ。

~キャラ~
設定…キャラの言動や思考が年齢に合わないのは創作の世界では普通ですが、このゲームの「天才生徒会長」と「引きこもりハッカー」はぶっ壊れってレベルじゃねぇぞおいって感じでぶっ壊れてます。この二人が仲間になる辺りで他のキャラが蚊帳の外みたいな印象を受けてしまいました。上記2人は私はきらいにはなりませんでしたが、いなかった、もしくはもうちょっと控えめにしたほうがまだ高校生の感じがして良かったのではと思います。

COMMENT

発売日に購入して、シリーズを初めてプレイして、「ふーんこんな感じかー、次作があれば、評判見てから買うかな」ってのが率直な感想です。

メインのみクリアまで100時間かかりましたが、正直時間かかりすぎかなと思います。100時間のうち、「プレイさせられている」と思う部分は30時間以上あったのではと思います。
単純にボリュームがあるのはプレイヤーにとって嬉しいことであるとは思いますが、このゲームに関しては無駄にリアル時間を消費してボリュームがあるようにみせているだけな気がしてならないです。
また、規制が強すぎてプレイに幅がないので、そのプレイ時間、ずっと開発の用意したレールを進んでいくだけのように感じます。

率直に、社会人には消費時間・ストーリなどいろんな面でツラいゲームだったかなと思います。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
まったりゲーマーさん  [2016-11-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 3pt 5pt 5pt 2pt
総合点
83pt

GOOD!

私は社会人のおっさんですがこんなにゲームに夢中になったのは学生のころ以来です。その理由を述べていきます。

熱中度
何と言ってもストーリーが面白すぎる。先が気になる展開で理不尽な大人たちを懲らしめていくのですが、やめどきが見つからない。ストーリーなので多くは語れませんがこれは是非体感してほしい。

快適さ
非常に分かりやすいUIや、一度突いた敵の弱体はボタン一つで2回目以降つけるので戦闘もサクサク。

今となっては現実に近い美麗なゲームが溢れる中、このゲームはアニメよりのグラフィックです。ただゲームとして満足するかはグラフィックではなくストーリーや操作性だと感じさせてくれる秀作。美麗なグラフィックだけど中身がすかすかのゲームに飽きた方にオススメ!

BAD/REQUEST

強いて挙げるなら、戦闘終了後の画面から移動画面に戻るまで微妙に長い。ストーリーが気になる分サクサク進めたいので、若干ストレスとなりました。メメントスと呼ばれるダンジョンはひたすら下に潜るのですが、そういう先に進むだけのダンジョンだと尚更テンポを悪くしているのが気になりました。

COMMENT

おっさんになってからゲームにのめり込めなくなりましたが久々に会えた秀作。このゲームは、ゲームを楽しめなくなったおっさん達にも是非やってほしいです。

謎を若干残してゲームが終了するので恐らくペルソナ4ゴールデン的なものが出るのでしょう笑
こういう商法は感心しませんがあまりにも楽しかったので出たら絶対買います笑

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
A太さん  [2016-11-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

18人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 1pt 1pt 2pt 1pt
総合点
40pt

GOOD!

ペルソナシリーズは全てやってます

【戦闘システム】
コマンド式JRPGの中では独自の進化を続け戦略性もあり飽きづらい
良い出来映えだと思います。ただシステムの都合上ボス戦でクリティカルの発生を排除したのは残念でした。

【演出】
戦闘やストーリー上の見せ場での演出は素晴らしいです。後述しますがシナリオはやや難があるのですが演出が良いため最後までだれずにやりきれます。

【音楽】
個人的にはゲームの雰囲気と合っていて良かったです。予告状を出した後の曲はかなりテンションあげてくれます。

【コープシステム】
最初は「もういいよワンパターンだし」と思ってましたがもはや様式美として定着しており、目新しさはないものの楽しめました。途中影響されてゲーム休めて思わずリアルで渋谷や井の頭公園に遊び行ったりもするほどでした。

BAD/REQUEST

【シナリオ】
今作は歴代と比してもシナリオには難が多いです。
2つめのパレスが終わるまでは秀逸なストーリーで唸らられましたが、その後とつぜんに陳腐化する印象です。
シナリオがチープになりだすと同時に「正義とは何か」「法と大義の対比」「改心という行為の是非」等のテーマが投げ捨てられてしまいます。
終盤にいくにつれとにかく「味方は天才で正義、敵は愚かで絶対悪」の図式となり序盤の素晴らしいシナリオ、お洒落さ、深み、感動は遠ざかり安い物語に変化する印象です。

【キャラクター】
シナリオ同様、2つめのパレスが終わったあたりから初期メンバーの性格が陳腐に変わってしまったのが残念です。序盤、自己顕示欲の大人を嫌っていた竜司が突然に自己顕示欲の塊みたいになって驚きました。
活躍するキャラもかなり偏っており、主人公以上に話の中核を成し続けるキャラと空気すぎていらなかったんじゃないかという程のキャラまで極端なバランスすぎます。

【やり込み要素】
レベル70以降のペルソナを使う機会はありません。強いペルソナを作っても活躍の場がないのは残念でした。

COMMENT

ゲームシステムはとても良く、近年のJRPGの中では間違いなく名作なのですが、ペルソナシリーズとして見た場合、中盤からのシナリオが幼稚で陳腐すぎる印象で残念でした。
問題提起だけしておいて投げ捨てて勧善懲悪で終わらしてしまうとは意外でした。シリーズファンとしては少しガッカリです。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ろーぷれまにあさん  [2016-11-09 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

10人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 5pt 5pt 2pt 3pt
総合点
85pt

GOOD!

※ペルソナシリーズはP3フェスとP4Gを除くのリメイク作以外はプレイ済です

◎全体的にデザイン性やセンスが素晴らしい
 ・スタイリッシュな怪盗、理不尽な抑圧への反逆、赤のイメージカラー、
  表と裏の顔、現実にありそうな問題といったテーマが全体に散りばめられ
  細部まで非常に丁寧に作られたというこだわりを強く感じます。
  小さな頃からアニメのルパン3世が好きだった自分としては
  全体から漂う雰囲気や小ネタ、音楽までどこか懐かしく、ついつい引き込まれました。

◎戦闘中はテンポが良い
 ・女神転生シリーズから続く戦闘システムは非常に完成度が高く、
  やるかやられるかの緊張感がありながらテンポがいいので疾走感すらあります。
  また、今作ではスキル選択時にすでにペルソナを召喚するスタイルになった為
  さらにスピーディになってます。

◎敵のデザインがシャドウから悪魔へと復活
 ・女神転生シリーズのように敵が悪魔(設定上はシャドウ)に戻り、
  それに伴い、悪魔との会話も復活したのはすごく嬉しいです。
  会話もシンプルで分かりやすくなってるので、
  アイテムやお金だけ取られて仲魔にならないという事はないです。

◎相変わらず耳に残る素晴らしい音楽
 ・どの場面でも音楽が非常にマッチしており、心地よい気分になります。
  特に予告状を叩きつけてからのパレス内BGMは、その展開もあり
  とても印象的で、かつカッコイイと思いました。
  (思わずPS4のテーマもその音楽が流れるものに変更してしまいました)
  欲をいえばせっかく素晴らしい音楽なので、P4Gのように
  先制時と通常時のように戦闘中のBGMがいくつかあってほしかったです。
  きっと今作もサントラを購入すると思うので、音楽は5点とさせていただきました。

◎固定ダンジョン制の追加
 ・攻略していくパレスがランダム構造ではなく固定マップとなり、
  それに伴い様々な仕掛けや謎解き(難しくはない)が追加されました。
  それとは別に従来のような複数階層ランダムダンジョンもあるので
  メリハリのある攻略が楽しめました。

◎現代社会をテーマにしたストーリー
 ・どこかで聞いたような、見たような、誰もが感じたような
  そういう部分が多数あるストーリーはとても身近に感じられます。
  思わず『これって問題提起なのかな?』と思う事もしばしば…
  ただ、終盤の部分はBADにもなります。

◎モルガナが可愛い
 ・カバンに猫を入れて歩く主人公のシュールさがたまりません。
  話す時はカバンから出て、人が来ると隠れるとか仕草も細かいですし…

ネタバレを含めるともっと色々とありますが、長くなるので以上とします。

BAD/REQUEST

X一部不快な登場人物
 ・味方キャラの竜司、コープキャラの三島というキャラがとにかく不快でした。
  二人とも序盤から登場しますが、独善的で独りよがりな部分が強く
  『怪盗行為は正義か悪か?』というゲーム内の問いに一切悩むこともなく
  怪盗は正義だ!と騒ぎまくり、そして押し付けてきます。
  二人ともコープ(前作までのコミュ)がありますがやるのが苦痛でした。
  さらに竜司のとあるコープアビリティは主人公が強くなるほどに
  ストレスの原因となるので、自分は2周目やるとしたら放置すると思います。

X天才設定のキャラ
 ・このゲームに限らず、私は天才設定のキャラが嫌いです。
  そういうキャラがいるとどんな困難も『天才だから』という理由で解決されるからです。
  そして今作にも味方として登場し、様々な無理難題をすぐに解決してしまいます。
  キャラ自体は色々と突っ切った性格をしているの面白いと思いますが
  天才という便利屋設定はストーリーを薄っぺらく感じさせるので残念でした。

X戦闘中以外はとてもテンポが悪い
 ・場面の切り替えが多く、その都度ロードが入るのでとてもテンポが悪いです。
  特に毎日の日付変更時カレンダーアニメ、戦闘終了後のリザルト画面は
  回数も多く時間もかかるのでとても気になりました。
  また、パレス攻略は期限が決められますが、攻略するまでは仲間から急かされ、
  攻略後は『本当に成功したのか?』と心配され、とても鬱陶しいです。
  例え早く攻略しても、期限までは絶対にストーリーが進まないので
  先が気になって早く攻略したのに、数週間も味方の愚痴を聞きながら
  日常を過ごすハメになりかねません。
  さらに、その日常パートもいい加減に進めてるとコープが進まない、
  人間ステータスが育たない、期間限定アイテムが購入できない、
  ペルソナの強化やアイテム化が間にあわない等の問題が出てくるので
  後悔のないよう、やり残した事がないよう毎日を送る必要が出てきます。
  その為、1日に1~2時間しかプレイできない自分としては
  パレス攻略後、ストーリーが進むのはリアル数日後という事もザラでした。
 
X消化不良のストーリー
 ・途中までは少しずつ謎を散りばめ、そして真相に近づいていく…みたいな
  ストーリー展開なのに、終盤になると急にぶっ飛んだ超展開になります。
  過去のシリーズをプレイしてたら驚くような部分もありますが…
  キーワードのように出ていたとある学問についてや
  最終決戦時の混乱とその後について等、気になるのに語られない部分も
  多々あるので、とてもモヤモヤしたまま終わるのは残念です。

X学園生活をしているという感じが薄い
 ・主人公の立場上、学校で浮いた存在な為仕方ないのかもしれませんが
  学校生活のイベントというのが非常に少なく、あっても淡白な内容となってます。
  部活もないので、学校での人間付き合いが少ないので寂しく感じます。

Xカバーアクションが使いづらい
 ・物陰に隠れて敵に先制するという事ができますが、
  カバー時はカメラの移動が制限される為に周囲の確認がしづらくなります。
  その為、すぐ横や真後ろに敵がいるのが分かりながら襲い掛かれない、
  相手から丸見えなハズなのにあちらも気付かないという
  とてもマヌケな状況になりやすいです。

X仲間専用スキルがない
 ・せっかくP4Gで味方全員に強力な専用スキルがついたのに、
  今作では味方の覚えるスキルは全て主人公でも習得できてしまいます。
  しかも、味方ペルソナの弱点を完全に消す事はできない為、
  やりこめば強敵相手には主人公一人の方が戦いやすい事も…

COMMENT

BADではないのですが、キャラデザインをされた副島氏と金子氏のタッチの差が
色々と違いすぎて統一感がないと感じる事があります。
どちらが悪いというワケではなく、どちらも素晴らしいデザインなのですが
今作の副島氏のデザインでは上半身ムキムキなペルソナが多く、
敵キャラもシャドウではなく悪魔になっていたので
前作や前々作より違和感を強く感じてしまいました。

BADもたくさん書いてしまいましたが、丁寧に作られた
とても遊び甲斐のある素晴らしいゲームだと思います。

昨今のゲームによるみられるグラフィック重視で中身のないゲーム、
製作者の自己満足ゲーム、妙に媚を売るような露出の激しい女性が出るゲーム等と違い
ユーザーの事を考えて作られていると感じられる内容になっています。
ただ、作りこまれている、内容が充実しているだけに遊ぶのはとても時間がかかる為
2周目以降限定の要素があっても、すぐに2周目をしたいと思えないのが残念です。
また、あの時間のかかるイベントや日常パートをまたやるのかと考えると
ちょっと重い気持ちになってしまいます。
時間が経って少し忘れた頃に2周目をやりたいと思います。

決して不満がないワケではないのですが、個人的に夢中になって
途中で辞めることなく最後までプレイしたゲームは最近なかったので
とても満足しています。
この点から満足度と熱中度は5点とさせていただきました。

前作や前々作のフェスやゴールデンのように、完全版みたいなのが出るのか不安です。
とても満足した作品ですし、消化不良な部分もあるのも事実ではありますが
完全版みたいなのが出るとこの作品は不完全なのかなと思ってしまうので
その点だけはモヤモヤしてしまいます。出たら出たで嬉しいのですが…

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
youさん  [2016-11-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: アラフォーのトリックスター
レビュー日: 2017-01-21
私事ですが今年41歳になります。
ファミコンが発売されたのが小学2年生。
マリオやドラクエで遊び、その後PCエンジンの華やかなゲーム画面やメガドライブの地味なゲーム画面(笑セガ派ですからね!)、スーパーファミコンの回転、拡大機能やプレステ、セガサターンのポリゴン全盛時代と
ゲームハードの成長と共に自分も成長してきた。
そんな世代のおやじであります。

しかしながら、あれほど熱狂していたゲームも大人になるにつれてだんだんやらなくなりました。
社会人になり単純に遊ぶ時間がとれないこと、家族との時間を優先するようになったこと、その原因はいろいろありますが、一番大きな原因が『ゲームをおもしろいと思わなくなった』という自分の気持ちが大きいかと思います。

これは歳のせいなのかなぁとちょっと寂しい気持ちになっていましたが、よく考えるとそれだけでない気がします。

最近僕が買ったゲームといえば、メタルギア5とアイドルマスターPSの2本で、
メタルギアは未完成品かと疑うばかりの商品をメーカーの都合で押し付けられ、
アイドルマスターPSに至ってはバンナムお得意のDLC商法と課金ガチャ。
これらゲームの共通点はユーザーのことは放っておいて、「金」「金」の拝金主義が前面に来て、肝心のゲーム自体のおもしろさは二の次なことでしょうか。

口ではユーザーファーストというくせに、その実はゲーム会社と制作者ファーストだったような気がします。
多大な広告費をかけた過大広告と、ニコニコやツイッターによる制作ディレクターの吹聴で、バカなユーザーをだまして金を巻き上げようという心持ちが見えて、やり場のない怒りを抱えていました。

そんなだまし討ちのような誠意のない商売をしていたら、ゲーム業界だけでなくどんな業界でも愛想がつきますよね。
本当、最近そういうことばかりが続き、ますますゲームをおもしろく感じなくなってしまっていました。

そんなゲームに愛想が尽きかけてた中、たまたまレビュー高評価だったペルソナ5を手にとってみました。
アトラスさんのゲームはスーパーファミコンの『真・女神転生』以来であの鬼畜な難易度がトラウマになったこともありそれ以来はご無沙汰でした(笑)

遊んでみての率直な感想は「よくここまで丁寧に作り込んだなぁ」と思うほど、製作者の方の強い意思と、
ゲームをつくるということへのプライド、そしてユーザーを真に満足させたいといった気概と誠意がこのゲームのプレイを通じて感じました。
おかげさまで、すっかり頭の中はペルソナ一色、ゲームがやりたくて早く家に帰るなんて小学生以来でしょうか。
「あ、まだゲームを楽しいと思える感性が残ってたんだな」と気づかせてくれただけでも、ペルソナ5をやった価値がありました。

聞けばペルソナ5は発売するまでは延期の連続だったようで、
きっと社内での意思疎通や難しい問題がたくさんあったのだろうとお察します。
しかし、あくまでユーザーファーストを貫き、責任をもって制作されたアトラスさんには
久しぶりにゲーム業界の「良心」を見たような気がします。

きっと自分はこれからもアトラスさんが作ったゲームならば、例え新規ナンバリングタイトルでも
「アトラスが作ったんだから大丈夫だろう」と思って新品で買うでしょう。
そこには「誠意」を持ってゲームをつくってるアトラスさんとユーザーである僕との間に「信頼」があるからです。

家庭用ゲームが普及して35年になろうとした今、ペルソナ5は今いちどゲーム会社とユーザーの関係を考えさせてくれました。
ありがとうございます。

よし!ペルソナ6が出るまでゲーム業界に悲観することなく気長に待つかな!
頑張れアトラス!!

【PS4】ペルソナ5
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ペルソナ5」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。