このソフトのレビューを書く

【PS3】Eat Them! 〜博士の怒れるモンスター〜 レビュー

発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2011-07-20
価格 1000円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク
タギングトップ3
タイトル概要 ■ オンライン配信専用
■ ジャンル:アクション
■ プレイ人数:1〜4人
■ 必要容量:390MB

総合ポイント
64
(難易度)
1.67
レビュー数
3
スコアチャート Eat Them! 〜博士の怒れるモンスター〜レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
33.3%
50-59
66.7%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
66.7%
【標準偏差】
5.19


308人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 2pt 3pt 3pt 1pt 1pt
総合点
53pt

GOOD!

 PlayStationStoreで見かけて、気になったので、つい購入。


<ゲームの概要>
 設計したモンスターを操作して、街を破壊するゲームです。オンラインランキング対応。

 モンスターのライフが以下の行動で減少します。「?モンスターを動かす」「?敵(警官、戦車、ヘリ、戦闘機など)に攻撃される」
 それに対し、ライフを回復する手段が「人間を食べる!」となっています。PTAから文句がきそうで素敵です。

■ゲームモード
・Time Attack …時間内にどれだけ壊せるか
・Destroy(破壊)…指定されたいくつかの建物をどれだけ早く壊せるか
・Race …街中のチェックポイントを回る早さを競う
・Survival …指定時間を生き残る

■ステージ
(1)工場エリア 8ミッション
(2)郊外エリア 7ミッション
(3)商業エリア 8ミッション
(4)高層エリア 6ミッション
(5)最終エリア 1ミッション

 各ステージごとに、金・銀・銅・なしと4段階の評価があります。報奨として各ステージに2つずつ装備が当てられており、銀メダルで1つ、金メダルで2つ解除されます。

 余談ですが、「破壊モード」はメダル取得の基準はタイムになっています。ところが、ランキングは総合得点(タイム、破壊した建物、食べた人数などの合計)で比較されます。結果的に、時間ぎりぎりまで建物を破壊しまくった方が断然高い得点になります。


<良い所>
○息抜きにどうでしょう
 一ゲーム1〜4分程度とちょっとした空き時間にできます。
 それなりに爽快です。モンスターを強化していくにつれて、建物もサクサク壊せるようになります。


○アメリカンコミック風
 全編アメコミ風の画像で表現されています。好みはあるでしょうが、斬新さは抜群です。


○ゲームバランス
 なかなかいいと思います。
 得点の関係上、できるだけ都市破壊に時間をまわしたいのですが、防衛隊が邪魔してきます。防衛隊の攻撃力は結構高いので、出てきたら無視はできず何らかの対処を強いられます。そしてライフが減り、やられてしまうと15秒程度のペナルティーを受けますので、すかさず人間を食べてライフを回復する、というのがゲームの流れです。

 ここで、15秒のペナルティーと、防衛隊をつぶす時間、ライフ回復の時間の兼ね合いをどうするか、が面白いところです。回復を無視して、ペナルティー覚悟で壊しまくる戦略もありです。
 防衛隊への対処ですが、ずっと対処していると時間がなくなります。私は、戦闘機とヘリは出てきたらすぐにつぶす。地上部隊からは逃げて別の場所で破壊活動、という感じでした。

 各ステージの評価ですが、銀メダル狙いなら難易度はそれほど高くなく、金メダルもちょっと頑張れば取得できます。


○パーツバランス
 攻撃方法は、左腕、右腕、蹴り、踏みつけ、頭攻撃、背中(にしょってるもの)攻撃とあります。

・腕パーツ
 “通常腕”と“武器腕”があります。通常腕は人を捕まえやすく、武器腕は攻撃に優れています。はじめは通常腕ばかり何種類も出てきますが、メダルの報奨で武器腕が追加されます。

 通常腕は、L1を押すと左腕攻撃、R1を押すと右腕攻撃、両方を押すと両腕攻撃となります。一方、武器腕はボタン押しっぱなしで照準まで勝手に定めて攻撃してくれます。よって、L1R1は押しっぱなしで、同時に他の攻撃を繰り出すと、はるかに早く建物を壊すことができるという仕組みです。
 ところが、ランキングの極めて上位を狙うようになってくると…実は、まだよく分かっていないのですが、通常腕の方がいいのかもしれません。最終的には、建物を全壊するのは余裕になるので、点差は、食べた人の数とコンボ点のような気がします。

・脚パーツ
 主に移動速度が変わってきます。四脚は移動速度が速いかわりに、足元の人間を食べにくくなったりします。

・頭パーツ
 頭は吠えて人間をすくみあがらせるものと、攻撃できるものの2種類あります。私は前者を好んで使っていました。

・背中パーツ
 攻撃できるものから、移動速度を上げたり、装甲を強くしたりするものまで様々あります。最終的に手に入る装備がバランスブレイカーで、ちょっと困りものですが。

BAD/REQUEST

<悪い所>
■ゲーム内容
・(×)街が狭い
 暴れる舞台である街が、あまり広くありません。


・(×)ストーリー
 アメコミ風の映像が流れるのですが、セリフがないため、よくわかりません。
 しかし、公式ページをみるとセリフ付きで説明してありました。…いや、ゲーム中で説明して下さい。


・(××)強すぎる装備
 一つだけバランスブレイカーな装備があります。最終面を高評価でクリアすれば手に入ることから、ゲーム自体の面白さは損ねていません。しかし、問題はランキングです。

 レースで、タイムをみるとトップクラスは1/3の時間でゴールしていたのです。ずっと不思議に思っていましたが、最終装備を手に入れてみて、納得しつつ、納得いきませんでした。
 周りの時間がゆっくりになるのはいいのですよ(防衛隊を倒しやすくなるので)。しかし、計測タイムまで遅くなるからダメなのです。もしこれが、計測タイムだけは現実の時間になっていれば、ゲームとして他の攻撃重視装備とバランスが取れていたと思います。

 試しにちょっとやってみると…たった1回で極めて上位に。TimeAttackモードもやってみると、制限時間3分で、残り1分もあるのに、もう何も壊すものがない。敵もいない!
 例えるなら、小学生のマラソン大会に、車に乗って参加したような、そんなちぐはぐ感がありました。


・(×)ランキング
 総合ランキングがありません。これは痛い。

 レースは上記装備なしで50秒程度、ありでも20秒程度かかります。しかし、1位のタイムは0.7秒…仕様変更があったのか、バグなのか分かりませんが、ランキングをちゃんと管理しないと、プレイヤーがしらけます。


・(△)マルチプレイ
「2〜4人のオフライン協力プレイ対応!」…って、“オフ”ライン!?
 4人と書いてあることから、てっきりオンラインだと思っていました。


■その他、システム関係
・(××)ロード
 頻繁にロードが入ります。ハードディスクにダウンロードしているとは思えません。しかも、1ゲーム終わって簡素なメニュー画面に戻るのにも、しばらくかかります。1ゲームの短さが災いして、気になりました。


・(××)メニューまわり
 かなり悪いです。ちょっと今時のゲームとは思えないぐらい。
 悪いところをまとめてみたのですが、長いのでとばして下さい。私はクソゲーに対する論評が大好きなので、同好の士のために書いておきます(残念ながらゲーム自体はクソではありませんが)。


 まず、基本的なところでは、メニューのカーソルは一番上と一番下が繋がっていません。次に、カーソルは連続で動きません。一つ一つボタンを押さなければならず、さらに、左スティックでは動きません。う〜ん、香ばしい薫りがただよってきています。

“アドバンスカラー”
 初期値は“いいえ(OFF)”になっていますが、これをオンにすると、モンスターの色付けが各部位ごとにできるようになります。マニアなあなたは、ぜひ、オンにしてみて下さい!理由はすぐ下で。

“モンスターラボ”(モンスターの装備を変える場所)
 ロボットアクションゲームに似た感じのものではありますが、使い勝手は凄いです。
 「頭→左腕→右腕→胴体→背中装備→足→名前→色3箇所→決定」と毎回、順に指定させてくれます。前回と同じなら丸ボタンを押すだけですが、上記のアドバンスカラーをオンにすると、色指定が18箇所になります。装備1コ変更するだけで、指が鍛えられる演出です。

 装備は、頭(18種)、左腕(21)、右腕(21)、胴体(5)、背中装備(13)、足(10)あるのですが、横ボタンを押すと順に付け替えていきます…これ、現装備と比較するのではなく付け替えるのです。よって、パラメータ(棒グラフ)も隣の装備としか比較できません。記憶力が鍛えられます。

“名前”
 モンスターの名前付けができるのですが、一文字ずつ指定していく形式です。上下ボタンで順に、「ひらがな(小さいものや濁点付きのものも)→カタカナ→アルファベット(大文字のみ)→記号」と変わります。200個近くを縦に並べて、さぁ選べ!とは何たる男塾仕様。

“作成モンスター”
 デフォルトで4体のモンスターが用意されています。しかし、自分で作ったほうがいいでしょう。
 モンスターは何体でも作成できるので、マニアなあなたは力の限り作って下さい。コンティニューの時に特典があります。デフォルトのものも含めて、一度作ったモンスターは削除できないところがまことに潔いです。

“コンティニュー”
 モンスターがやられると、制限時間のペナルティー(15秒ぐらい)と減点(5千点:得点が50〜100万ぐらいなのでたいしたことない)を受けます。体力回復には手間も時間もかかりますので、使い捨てで暴れまくるのも作戦のうちです。そして、次のモンスター(今やられたモンスターでもいい)を選んでゲーム続行します。

 ところが、このコンティニュー時、おそらくバグでしょうが、まずデフォルトモンスターの一体目が表示されてしまいます(ちなみに、2回目のコンティニュー時には、ちゃんと今使っていたモンスターが表示される)。
 そしてあろうことか、モンスターを選ぶ間も残り時間が減っていくという素敵仕様ですので、大量にモンスターを作っていると…判断力が鍛えられます。

COMMENT

<感想>
 トロフィー全獲得済み。ただし、本作にプラチナトロフィーはありません。

「わるくはない」…本作を一言で評すると、この言葉ですね。“わるくはないけど、そんなに期待しないでね”と。

◇こんな人にお勧めします
 ・現在やるゲームがない
 ・大作が出るまであと3日間、時間つぶしがしたい
 ・気楽にできるゲームで、癒されたい

◇混ぜるな危険
 他のパッケージ販売のゲームと比較してはなりません。
 ダウンロード専用のミニゲーム(1000円)としてみると、合格点をあげてもいいでしょう。私が値段をつけると…550円ってところですが。

◇客観的には
 最後に客観的データを紹介しておきます。

 このゲームは2011/7/20に日本でDL販売が始まったようですが、その前に海外で先行販売されていたようです。それも含めて、8月現在のユーザー数ですが、第1面の登録者が3.75万人います。で最終面のクリア数が0.3万人…3面ぐらいですでに登録者が3万人いないです。

 一方、私はトロフィー全獲得していますが、実は、延べ3日間しかやっていません。気合があれば1日で十分とれます。

 つまり、そんなに時間がかからないのに、クリアした人が1/10以下という状況です。こういう傾向は低額で気軽にできるDL専用ゲームにはよるあることなのですが、それにしてもちょっと少ないかな。

 主観的には、飽きが少し早かったです。でも、後味はそんなに悪くないです。
 また、どんなゲームでもそうですが、“究極”を目指すと新たな視点が開けてきて、面白いところがあります。それなりにお気に入りのゲームとなりました。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ゲッチュー上田さん(Webサイト)  [2011-08-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

278人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 4pt 2pt 1pt
総合点
64pt

GOOD!

巨大モンスターを操作し、3Dの小さめのマップ内で建物を破壊したり軍隊と戦ったりするゲームです。

特定の人物や車を護衛するなどのミッションもありますが、基本的には街を破壊して一定以上の被害金額を出せばクリア、さらに成績が良ければモンスターのカスタムパーツをもらえるというシンプルなゲームです。
簡単、爽快なゲームに見えますが、単純に連打で何とかなるわけでもなくそれなりにゲームとして楽しめました。

破壊できるものは大きく分けて建物、車、人間の三種類です。
建物の破壊はメイン要素です。エフェクトも火を吹いたり崩落したりと凝っていて爽快感があります。ただ攻撃すればいいわけでなく、回りこんで色々な方向から攻撃したほうが効率良く破壊できるなど、それなりにコツが存在します。

車は戦車、パトカー、ヘリ、装甲車などですが、これらは硬い上に獲得できるスコアが低いのですが、放っておくとあっという間にこちらのモンスターが倒されてしまうこともあり、戦略的に対処する必要があります。

人間は逃げるものと攻撃してくるものがありますが、どちらも捕食して体力を回復させることが出来ます。

総合的には難易度はそれほど高くなく、ゲーム内のオプションから解説モードが見られますが、そこを参考にすれば最終ミッションまで問題なくクリアできると思います。
トロフィーのコンプリートもそれほど難しくありませんが、コントローラを2つ持っていないとマルチプレイのトロフィーは取れません。

グラフィックはアメコミ調のトゥーンレンダリングで、綺麗というよりは味のあるグラフィックですが、ゲーム内容とよく合っています。

BAD/REQUEST

オンラインモードは欲しかったですね。

ロードが長くて多いです。

モンスターのカスタムモードの操作性がよくありません。
方向キーを押してパーツを一つ一つ方向キーで送っていく方法で、反応が鈍い上にパーツごとの性能差がわかりにくく、カスタムに凝る気になれません。
さらに酷いのは、モンスターの命名も方向キーを押してあいうえお順に一文字ずつ送っていく方式なんです。カタカナにたどり着くまでに100回以上方向キーを押さないといけないという非常に面倒な仕様です。英語版ではアルファベット26文字だけなので問題にならなかったのでしょうが…。

COMMENT

体験版をやってみてなかなか面白かったので購入しました。
1,000円のダウンロード専用ゲームなのでボリュームは少ないです。
その分気軽に遊べるのでその点は問題ないと思いますが
やはりオンラインがあればもっと楽しかったですしモンスターのカスタムも凝ってできたと思うのですが。

 
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
Steakさん(Webサイト)  [2011-08-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

301人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 3pt 3pt 4pt 3pt 3pt
総合点
64pt

GOOD!

オリジナリティ:今までにも破壊するゲームはありましたがHP補給が人食いという点が斬新。
サウンド:可もなく不可もなく・・・
熱中度:やりこめばやりこむほどカスタマイズパーツが増えてくるので自分のモンスターが強化
    できる。

BAD/REQUEST

若干ですが、ロードが気になる程度かと・・・
リプレイするのもいちいちロードが入ります。

人間が集まって攻撃してくると下手こけば瞬殺されます。モンスターの割に弱すぎ。
捕食しづらい。足元にいる人間は捕食できないのがイラッときます。

COMMENT

グラフィック:特に綺麗なわけではなく、ちょっとポリゴンちっく?な為2点

¥1000ゲームとしては非常にいい出来かと思います。
ただ、爽快感を売りにしている割には建物を破壊しにくい事や、人間が物量戦で仕掛けて来た時の脆さはストレスが溜まります。もう少しサクサク建物を壊せたら爽快だっかかも・・・

プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
たかつさん  [2011-07-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS3】Eat Them! 〜博士の怒れるモンスター〜
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Eat Them! 〜博士の怒れるモンスター〜」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。