このソフトのレビューを書く

【PS4】ペルソナ5 レビュー

発売元 アトラスオフィシャルサイト
発売日 2016-09-15
価格 9504円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 犯罪 麻薬 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
74
(難易度)
2.28
レビュー数
40
スコアチャート ペルソナ5レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
5%
30-39
17.5%
40-49
15%
50-59
10%
60-69
10%
70-79
30%
80-89
12.5%
90-100
【60点以上】
62.5%
【標準偏差】
19.22


6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 3pt 3pt 2pt 3pt
総合点
62pt

GOOD!

ペルソナ4Gしかシリーズはやったことありませんので基本それ基準で話します。
○ストーリー
大雑把に言えば悪い大人の心に侵入し、歪んだ欲望を盗んで「改心」させよう!怪盗団として悪い大人を反省させよう!と言う話です。その人が歪んで見る現実の世界。正しいこと、間違ってること等色んな視点で展開していく物語はなかなか見物です。怪盗団自体もある程度筋の通る理由や決め事で活動しており、その点の説明はよく出来てるなと感じました。「怪盗団絶対正義!」って訳じゃありません。ここがある意味いいんですがね。
○キャラクター、交流
メインのキャラクターもいい意味で個性的。絆と言う面でいうと正直P4のメンツが圧倒的に好印象でしたがこっちも負けず劣らずです。終盤は結構グッときました。お馴染みのアルカナ関連も様々なキャラクターが登場し、個々の事情や葛藤がありこちらも個性的でした。またコミュ(今作はコープと言いますが)が上がる度にアビリティとして色んな解禁要素があるのでただの交流に留まらないようにしてるのもグッドでした。
○戦闘関連
今までにない属性(と、言うより前作にない属性)が登場し、パーティメンバーそれぞれの個性が活かしやすいです。弱点属性で攻撃すると敵がダウンし、もう一度行動できるワンモアも建材!勿論総攻撃もあり!今回もこの辺をうまくやれるかが大事です。個人的にワンモアの時他のキャラクターにバトンタッチして行動を譲れるようになったのが最高でした。また、敵を全員ダウンさせた際、総攻撃する以外に交渉するという選択があり、金やアイテムを要求して見逃したり、敵であるシャドウにペルソナとして味方する様促したりできます。(これは若干選択問題的要素が付きますが。)また、銃と近接武器が別物扱いされています。銃も戦闘上重要な他、敵に交渉する際やとある場面などでクローズアップされます。
○自由行動
所謂日常の学校生活ですが、ホントに色々なことができるようになっています。バイトや映画鑑賞等はもちろんのこと、バッティングセンターやコープ相手と東京の街などを散歩、買い物等できたりこの辺の自由度は凄いです。正直なにするか凄い迷います。
○グラフィック
今回は大都会東京が舞台ですが、凄い都会感で綺麗です。アニメシーンも多く、どのロケーションも手を掛けているのが伝わってきます。
○音楽
特別良いとも言いきれませんがいいBGMも多かったです。

BAD/REQUEST

○キャラクターが悪い意味でも個性的
皆に散々声がでかいと言われてるのに直さずボロを出す。俺達怪盗団!俺達最高と浮かれ、我を忘れる等。あくまで目立たず殺人事件の犯人を探し続けた前作のキャラクター達に比べると精神年齢的なものが低い印象。キャラクター間もどこか付かず離れずの距離感を感じる中盤くらいまでは少しギスギス感があります。個人的に
○日常が削られ気味のストーリー
最後は割りと良かったですが、序盤は自由行動できるようになるまでが異様に長いです。全体的に悪い大人を印象付けることに執着し過ぎてペルソナの魅力である筈の学校生活があんまり描写されていません。展開上病むお得ないとは言え、楽しい筈の学校行事が何処かシリアス感になっていたり。個人的にこれの影響を致命的に受けたのが学園祭。怪盗団関連を重視したせいで全く準備の描写無く、当日になったら学園祭会場が完成済み。いつ準備した…?当日も楽しげな雰囲気は殆どなし!終盤プレイヤーも騙してました!的な展開がありますがそれに関連する情報をあからさまにボカした結果であり、後で一気に字面で説明するので理解するのが凄く大変でした。そうだったのか!よりもお、おう…って感じです。
唐突に世界の危機!みたいな展開にも。当初の目的上はそこまで大きな話じゃ無かったはずなんですけどね。いつの間にかすり変わった感です。
○ダンジョンの仕様と展開が原因で強制経過日数が多い
今回主に入る悪い大人の心の中(パレスと言いますが)はステージ式でランダム精製ではありません。が、とにかく1ステージが長い。解決するのにパレスを攻略し、心の歪みの原因のある場所までのルートを確保する→ターゲットに予告状を出し、心の歪みの原因を具現化させる→再びパレスに侵入し歪みの原因を盗む。と言うプロセスを踏む必要があり、パターンが変わることもあるとは言え、最低3日要求されるケースが殆どです。寧ろパレス攻略中に「ここから先に行くには現実で○○しなきゃ」となり、更に余計に日数経過を要求されることも。パレスが異様に長いこともありかなりダレます。コープも日数経過を要求されることが多く。進めるのに行き詰まることが多いです。別のストーリーの展開で無駄に7日近く経過した際のイライラ感は異常でした。
○戦闘関連
弱点を攻めるのがセオリーなシステムの筈なのに弱点の無い敵が異様に多い。こういう敵はクリティカルヒットで運よくダウンを狙うかごり押すしかない。勿論後者ではgoodで書いた交渉は狙えません。また、交渉の際、味方になれを選んだ場合はそのシャドウの気に入る選択肢を選ばなければペルソナになってくれず、それどころか強制で敵のターンになります。まぁまず第一にこっちが敵をダウンさせて絶対有利な状況からの交渉にも関わらず敵の御機嫌とらなきゃペルソナになってくれないって時点で何かおかしい気がしますが…。
○人間ステータスの異常な要求。
シリーズでは多分お馴染みの主人公の度胸や魅力。これが一定じゃないとできないイベントがあり、これ自体は別にいいんですが、コープを進める際にやたら要素されます。しかも最高レベルが要素される上に戦闘メンバーのコープ進めるのにさえ最高レベルが要求されます。戦闘する上で重要なコープアビリティが欲しくなる一周目でこれを理由に足止めをくらうと戦闘で苦労するハメになります。もう少しどうにかならなかったものか。

COMMENT

不満点も多くなりましたが今回のテーマである怪盗団、少しダークな雰囲気はとても良く表現できてあり、オリジナリティを強く感じました。不満点の大部分は2週目であれば殆ど解消されることもあるので2週以上楽しむのが前提ならあまり気になりません。ストーリーの展開はどうしようもないですが…
前作に比べると人を選ぶ内容ですが雰囲気が好みなら買って損は無いと思います。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
その仮面100円さん  [2016-10-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

32人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 1pt 3pt 1pt 2pt 1pt 1pt
総合点
32pt

GOOD!

・ボリュームがある、長くプレイしたい人には良いでしょう

・最初の絶体絶命の展開をどう乗り越えていくのか、これが今回のテーマで一番の見どころでしょう

・P3・P4に比べコミュ(今作はコープ)が比較的上がりやすくなっている
ネットワークによる他のプレーヤーがどんな行動・選択をしたのか見れるのが良かった
迷ったときの参考になる

・音楽

これはP3.P4程良くはないもののポイントポイントでは良い曲もありました

・グラフィックは…あまりよくないですね

BAD/REQUEST

・まず長い

ダンジョンが長くて一日での攻略が出来なくなっている
やった人には分かると思いますが、強制的に寝るだけの日が多すぎる
戦闘後のリザルトの演出が長い、ストーリーも長くて核心に迫るまでが盛り上がらない
核心でトリックがあるのですがあまりよく説明できていない印象
少なくともそうだったのか!とはならなかった。

・隠しダンジョンがなく、2周目に解禁される要素がいくつかある

クリアまでに私は100時間以上かかりましたが、周回プレイする気にはなれない
最強ペルソナ解禁とか1周目でよかったでしょう
2周目はレベル1からまた長いストーリーをやるのかと。

・怪盗団に感情移入しづらい

最初はただ悪人を無理やり見つけて懲らしめてやろうという感じです
それを正義だなどという展開は少し違和感で無理やりな感じがしました
そして有名になって喜んでいるのも自己満足なだけなのではと。

・ロードとテンポが悪い

朝・昼・放課後・夜といちいちイベントがあってそのたびロードが小刻みに入る
夜になったらもう寝ようぜとたびたび言われ寝るだけで自由度皆無、これはストレスたまります
テキストも多すぎて中盤からは読むのもダレてくる

COMMENT

プレイ時間はイージー1周105時間、ペルソナは2の罪と罰から3のフェス、P4G含み全てプレイしています

3の影時間やラストバトルの盛り上がり
4のマヨナカテレビのような徐々にのめり込む要素は無かったのが残念
怪盗という要素があまり活かされてなかったように感じました

 
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
RPG好きさん  [2016-10-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

14人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
50pt

GOOD!

■キャラクター
過去作に比べてやや地味。
今作は1人1人の個性よりチームとしてのまとまりを重視したのかなという印象。
ただ、序盤からラストまで主人公にほぼ付きっきりのモルガナの破壊力がすさまじい。
大谷さんの声も生意気かわいいキャラとマッチしていて非常に良かった。

■音楽
過去2作に比べるとややパンチに欠けるが、予告状を出してからボス戦に向かう時と、
各キャラがペルソナに目覚めた時の音楽がカッコよかった。

■コープ
今まではペルソナ合体時のアルカナバーストくらいしか恩恵がなかったコミュに、
コープアビリティという特典が付いたことで、日常の過ごし方が有意義なものになった。

■操作感
ボタン割当が優秀なのか、日常、戦闘パートともに全くストレスの感じない操作感。

BAD/REQUEST

■ゲームテンポ
テンポが悪い。
キャラゲー色が強いので仕方ないが、とにかく会話が多くてダルい。
自分で動かせる日常、パレス攻略中にも必要に感じない会話やSNSが割り込んでくるのは本当勘弁してほしい。

■ダンジョン・パレス関連
敵を倒すor回避しながら謎解きをしていくのだが、進めれば進めるほどただ時間をかけさせたいだけの嫌がらせのような仕掛けが用意されていて、うんざりすることが多かった。
セーフルームでセーブしたりエリア移動をすると敵が復活したりするのもイライラポイント。

■メインストーリー
王道でありながら『どんでん返し』もちゃんと用意されてるエンターテイメントのお手本のようなストーリー。
しかし、勢いでごまかしてる感が強く、スケールを大きくしすぎて色々ガバガバしてる。

COMMENT

クリアした後「楽しかった~」ではなく、「やっと終わった~」と思ったのがすべて。
シリーズモノとして及第点には達しているが、全体的にあっさりしていて余韻も残らず。
モルガナは非常に良かったが、逆に言うと手放しで褒めれるのはそこくらい。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(未クリア)
daigakuimoさん  [2016-10-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

5人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
93pt

GOOD!

シリーズは3、4をプレイ済みです。格ゲー音ゲー等の派生作品は未プレイです。

●システム
戦闘はコマンド式のターン制バトルですが、ボタンそれぞれに行動が割り振られており慣れてくると直感的に次の行動を選んでテンポよく戦闘を進めることができるようになります。敵の弱点属性をつくのが重要ですが、相手の弱点が判明していた場合、ボタン一つで弱点属性の攻撃を持ったペルソナに自動変更してくれる機能もあって便利です。直感的な操作でスピーディな戦闘をコマンド式のバトルで実現させたのはすごい。
本作では近接武器以外に銃があります。最初は単に攻撃属性が一つ増えただけという印象でしたが、ストーリーを進めて銃の特殊攻撃を覚えると「銃は切り札」という感じで一気に化けました。見た目もスタイリッシュでカッコいいです。
グラフィックはアニメ調のもので飛び抜けて綺麗というわけではないですが、例えばメニュー画面一つ取っても非常に凝っていて、いちいちスタイリッシュです。かといって別に見づらいわけでもないのが良い。
ダンジョンも前作までのような自動生成ではなく一つ一つが細かく作り込まれています。自動生成のフリーダンジョンもあり、こっちは金策やレベル上げに便利です。またダンジョン内で行った道を戻らなければならない場合など、一気に戻るか自力で戻れるか選べたりと親切な作りになっているのも良い点です。
日常生活においては学校に行ったり、本を読んだり、仲間を過ごしたりと様々なことをしながら次の事件に備えるわけですが、何かすれば何かしらの能力がアップしてくれるので、次はアレ、その次はあっちだ……と、ダレることなく日々を過ごすことができました。

●ストーリー
本作は主人公たちが心の怪盗ということで、悪人を改心させて世直しするというのが主題になりますが、いくら相手が悪人でも心を勝手にいじくるのはいいことなの? という点についてストーリーでしっかり触れられているのが好印象でした。とはいえ改心の対象となる悪役の大人たちはどいつもこいつもゲス(誉め言葉)だらけで、何とかしなければ! という気にさせてくれます。
そうやって一つの事件を解決するともう次の事件の発端が開かれていて、次は、次は……と止め時をなくすくらいプレイに没頭できました。中盤からは怒涛の展開で、そこから雪崩れ込む終盤の展開は個人的にちょっと……というところもありましたが、最後はしっかりハッピーエンドで締めてくれたので満足です。
怪盗モノのお約束についてもちゃんと意識されていて、戦闘の舞台となるパレスと呼ばれる悪人の心の中のダンジョンについても、例えば城、美術館、銀行などいかにも怪盗モノでお宝がありそうな場所が選ばれています。「花嫁を頂戴する」等の、そうそうこれこれ怪盗モノならこれがなくちゃ! というところもしっかり押さえられています。
一番燃えるのは予告状を出してからオタカラを頂戴しに行くところです。BGMでもガンガンに盛り上げてくれるのでテンションMAXでボス戦に挑んでました。

●モルガナ可愛い
個人的に本作最大のグッドポイント。喋る黒猫をカバンに入れて一緒に連れ歩くことになりますが、学校では机の中に入っていたり、カバンからにゅっと顔を出してきたり、キーピックを作る主人公の机の上でドデーンと座ってたり、仕草の一つ一つがとにかく可愛いです。猫好きにはホントたまらない。個人的には悪夢を見てハッ! と起きるときの仕草がなんか面白可愛くて好きでした。
ストーリーでも重要な役割を果たしますし、戦闘でもメインヒーラーとして大活躍します。私は最初から最後まで主人公とモルガナがスタメンでした。
ほとんど常に一緒に行動することになるので、モルガナを好きになるかどうかで本作の評価が結構分かれそうな気がします。

●ボリューム
クリアまで急がずじっくりプレイして100時間(!)。

●主人公が鬼畜(なこともできる)
恋愛対象のキャラを複数、あるいは全員同時に彼女にしたりできます。もちろん一切彼女を作らない硬派プレイも可能ですし、一途に一人だけを愛することもできます。
やるかどうかはプレイヤーの判断ですが、彼女の一人を自宅に呼び出して「悪いけどカレー(SP回復アイテム)作っといてくれる? じゃ俺、他の女のところに行ってくるから」なんてこともできたりしちゃいます。
戦闘でも、敵全員をダウンさせるとホールドアップさせてそこから敵に金品を出させる交渉ができますが、「助けてほしけりゃ金出せよ。ダメダメ、もっと出せ。よし、じゃそろそろ死のうか(総攻撃)」これもうどっちが悪役かわかんねえな?

BAD/REQUEST

悪いというほどの点はなかったのですが、気になる点はいくつかありました。

●特定のスキルが邪魔
レベル差のある敵に奇襲をかけると戦闘に入らずそのまま撃破できてしまうスキルがあるのですが、これが発動すると経験値や金が手に入らないため、レベル上げがしたいのにできないという事態が発生します。また戦闘開始時にレアアイテムを持っている敵をサーチするスキルが発動することがありますが、大して意味がない上にテンポを損なうため、これらについてはオンオフの切り替えができるとよいと思いました。

●総攻撃後の演出
総攻撃で敵を全滅させると演出が入りますが、1キャラにつき一種類しかありません。特に主人公のは何度も何度も何度も見ることになるため、できれば2、3パターンくらいあるとよかったと思います。ていうか発売前にほとんど全員分の演出が公開されちゃってるのはどうなんだろう……。

●「もう寝ようぜ」
イベントが発生した日は自由行動ができなくなります。外出したいのにモルガナに「もう寝ようぜ」と言われて家の外に出ることすらできない日々が十日近く連続することがあります。頼む、レンタルDVDを返却しに行きたいだけなんだ……。

●説教
JRPGにありがちな、「主人公たちが敵に説教をする」場面。主人公たちも法律スレスレ(あるいはアウト)なことをやっているのに敵に説教しちゃいます。ラスボス戦が特に鼻につきました。

●仲間の後期ペルソナのデザイン
初期ペルソナのデザインが良すぎたからというのもありますが、それと比較すると後期ペルソナのデザインがどれも微妙に感じました。

●スキップ
メッセージスキップがロードを挟むごとにいちいち解除されてしまいます。

●二周目
装備品は持ち越しができるのに消耗品(回復アイテムなど)の持ち越しができないのが意味不明でした。

●消化不良な点
意味深なセリフや場面があったけれども何も触れられずに終了というのがいくつかあったのがやや気になりました。シナリオが膨大なので単に整合性が取れなかっただけか、続編や完全版への伏線として残しておいたものなのかはわかりません。


ここで挙げている項目はBADというよりイチャモンに近いものなので人によっては全然気にならないかもしれません。スキルとスキップの仕様についてはアップデートで改善してくれたら嬉しいなと思います。

COMMENT

個人的には今年だけでなく、ここ数年でプレイしたゲームの中で一番面白かったです。睡眠時間を削ってまでプレイしたゲームは久しぶりでした。システム、ストーリー、キャラクター、細部に至るまで気を配って作ったのが伝わってきます。
こんな面白い作品を作っちゃったら次は大丈夫か? これを超えるゲームなんて果たして作れるのか? と良い意味で次回作が心配になりました。
完全版か、DLCか、あるいはちゃんとした続編かはわかりませんが、エンディング後の話も作ろうと思えば作れそうな感じで終わったので、そっちを楽しみに二周目をじっくりプレイして待つことにします。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
たにしさん  [2016-10-02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: アラフォーのトリックスター
レビュー日: 2017-01-21
私事ですが今年41歳になります。
ファミコンが発売されたのが小学2年生。
マリオやドラクエで遊び、その後PCエンジンの華やかなゲーム画面やメガドライブの地味なゲーム画面(笑セガ派ですからね!)、スーパーファミコンの回転、拡大機能やプレステ、セガサターンのポリゴン全盛時代と
ゲームハードの成長と共に自分も成長してきた。
そんな世代のおやじであります。

しかしながら、あれほど熱狂していたゲームも大人になるにつれてだんだんやらなくなりました。
社会人になり単純に遊ぶ時間がとれないこと、家族との時間を優先するようになったこと、その原因はいろいろありますが、一番大きな原因が『ゲームをおもしろいと思わなくなった』という自分の気持ちが大きいかと思います。

これは歳のせいなのかなぁとちょっと寂しい気持ちになっていましたが、よく考えるとそれだけでない気がします。

最近僕が買ったゲームといえば、メタルギア5とアイドルマスターPSの2本で、
メタルギアは未完成品かと疑うばかりの商品をメーカーの都合で押し付けられ、
アイドルマスターPSに至ってはバンナムお得意のDLC商法と課金ガチャ。
これらゲームの共通点はユーザーのことは放っておいて、「金」「金」の拝金主義が前面に来て、肝心のゲーム自体のおもしろさは二の次なことでしょうか。

口ではユーザーファーストというくせに、その実はゲーム会社と制作者ファーストだったような気がします。
多大な広告費をかけた過大広告と、ニコニコやツイッターによる制作ディレクターの吹聴で、バカなユーザーをだまして金を巻き上げようという心持ちが見えて、やり場のない怒りを抱えていました。

そんなだまし討ちのような誠意のない商売をしていたら、ゲーム業界だけでなくどんな業界でも愛想がつきますよね。
本当、最近そういうことばかりが続き、ますますゲームをおもしろく感じなくなってしまっていました。

そんなゲームに愛想が尽きかけてた中、たまたまレビュー高評価だったペルソナ5を手にとってみました。
アトラスさんのゲームはスーパーファミコンの『真・女神転生』以来であの鬼畜な難易度がトラウマになったこともありそれ以来はご無沙汰でした(笑)

遊んでみての率直な感想は「よくここまで丁寧に作り込んだなぁ」と思うほど、製作者の方の強い意思と、
ゲームをつくるということへのプライド、そしてユーザーを真に満足させたいといった気概と誠意がこのゲームのプレイを通じて感じました。
おかげさまで、すっかり頭の中はペルソナ一色、ゲームがやりたくて早く家に帰るなんて小学生以来でしょうか。
「あ、まだゲームを楽しいと思える感性が残ってたんだな」と気づかせてくれただけでも、ペルソナ5をやった価値がありました。

聞けばペルソナ5は発売するまでは延期の連続だったようで、
きっと社内での意思疎通や難しい問題がたくさんあったのだろうとお察します。
しかし、あくまでユーザーファーストを貫き、責任をもって制作されたアトラスさんには
久しぶりにゲーム業界の「良心」を見たような気がします。

きっと自分はこれからもアトラスさんが作ったゲームならば、例え新規ナンバリングタイトルでも
「アトラスが作ったんだから大丈夫だろう」と思って新品で買うでしょう。
そこには「誠意」を持ってゲームをつくってるアトラスさんとユーザーである僕との間に「信頼」があるからです。

家庭用ゲームが普及して35年になろうとした今、ペルソナ5は今いちどゲーム会社とユーザーの関係を考えさせてくれました。
ありがとうございます。

よし!ペルソナ6が出るまでゲーム業界に悲観することなく気長に待つかな!
頑張れアトラス!!

【PS4】ペルソナ5
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ペルソナ5」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。