このソフトのレビューを書く

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く レビュー

発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2010-01-28
価格 7329円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(廉価版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ムスメ調合RPG
■ プレイ人数:1人

【廉価版】
■ 発売日:2011/08/04
■ 価格:3,800円

総合ポイント
57
(難易度)
1.81
レビュー数
31
スコアチャート アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾くレビューチャート

アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く 購入する
0%
0-9
3.2%
10-19
6.5%
20-29
9.7%
30-39
19.4%
40-49
16.1%
50-59
12.9%
60-69
19.4%
70-79
9.7%
80-89
3.2%
90-100
【60点以上】
45.2%
【標準偏差】
19.08


371人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 2pt 1pt 1pt 3pt 1pt
総合点
35pt

GOOD!

好意的な解釈をすれば、無難にまとまっている箇所は多いのですが
前作までで特化していた要素が、軒並みパワーダウンしているので列挙する事が困難です。

[インターフェース]
シリーズ通して、一番快適なのでは無いでしょうか。
メニューウィンドウを開くだけでウェイトが掛かった1に比べると大きな進歩だと思います。

BAD/REQUEST

[音楽]
折角力を入れた自動戦闘曲生成システムですが、著しく人を選ぶ内容となっております。
アルトネリコシリーズは、これまでは如何にもゲーム音楽らしい戦闘BGMを採用しておりましたが
今作の戦闘BGMは電波系萌えソングという作風です。
そういった楽曲が好きな人には良いかも知れませんが、過去作のような雰囲気を求める方には
絶対にお奨め出来る曲調ではありません。

フィールド、ダンジョンのBGMも極一部以外には印象的なものは無く
危機的状況のシリアスなイベントシーンの際に掛かる音楽に関しては
何故かコメディ調という失笑する出来栄えです。

[戦闘]
魔法の充填率を上げて、発動してトドメという黄金パターンを繰り返す内容です。
魔法以外では倒すのが非現実的な雑魚敵も多く、戦闘の流れは必然的に固定されます。
問題となるのはプレイヤーの介入出来る余地があまり無い事。
スターオーシャンシリーズのような斜め上見下ろし型のリアルタイム戦闘ですが
プレイヤーは、ひたすら壁役に徹して魔法の充填を待つデザインです。
リアルタイム戦闘なのに、回復アイテムの使用ディレイが皆無のため
十分なストックさえあれば、どんな敵が相手でも問題無く倒す事が出来てしまいます。

全体的にテンポの悪い戦闘ですが、過去作に比べて演出面での退化が残念でなりません。
1キャラクター1種類の魔法のみで食傷気味になる上に
魔法発動時のヒット演出も爽快には程遠く、ようやく一戦終わったという開放感しか感じられません。

[キャラクター]
1人のヒロインに複数の人格を当てはめた結果、主人格とも言うべきキャラクターの
掘り下げが過去最低のレベルとなってしまいました。
これまでの作品では、ADVパートで一人ヒロインの精神の多面性を描く事によって
本編中のヒロインの行動理念が説得力を増したのですが、
今作のヒロインは掘り下げが不十分な為、記号的なキャラクター付けとなっています。
良く言えばわかりやすいキャラクター付けですが、悪く言えば表面上だけの都合の良いキャラクター付けです。

[シナリオ]
当座の目的の為に行動して、それが解決したらまた次の目的地へ・・・という
典型的なたらい回し型のシナリオプロットとなっています。
ゲームとしての最終目標は勿論設定されているのですが、それが明らかになるのは終盤も終盤。
良く言えば変化に富んだ、悪く言えば目的の確定しないご都合主義と言えます。
イベントシーンでパーティメンバーの一人が脱落している事に気づかず
次のイベントシーンまで通常にゲームが進行するような、あからさまに不自然な描写や
世界観を知った上で考察すると首をかしげる大小の出来事まで、品質はお世辞にも高いとは言えません。

COMMENT

旧作ファンとして、かなり厳しい評価をさせて頂きました。
ヒロインがHD画質で脱衣する「パージ」システムは話題作りに貢献したかも知れませんが
代わりに、何か大切な要素を忘れてきてしまったように感じられます。

アルトネリコシリーズは今作で一旦完結のようですが
その締めとなる作品が、このような出来栄えだったのは残念でなりません。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
Xenumさん  [2010-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

341人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 5pt 5pt 4pt 3pt 1pt
総合点
80pt

GOOD!

・詩、BGM
アルトネシリーズにおいて、これは既に鉄板。今回もゲームとは思えないレベルの詩が複数あり、1、2と比較しても劣らない出来。
アジアンテイストな曲が多少増えたようにも感じられたが、やはり総じて高いレベルで纏まっている。物語と歌詞をリンクさせれば、まあまあだと思っていた詩も忽ち神曲に・・・。はっきり言ってしまえば、歌詞を物語やキャラクターの心情とリンクさせられるというだけでも、値段分の価値があると思っています。

・キャラクター
非常に丁寧に作られており、少なくとも普通のRPGのそれよりは上。最近やったのがヴェスペリアやSO4といった、女キャラに定評の無いゲームばかりだった所為か、それらとは明らかなレベル差を感じました。声も合っています。何よりフィンネル3段階パージ後、魔法を撃つ時のももこの病んでる顔が至高。こういう点は他にあまり類を見ませんね。

・ダイブ
1のミシャ、2のルカに続いて、病んでいるヒロインがいて面白かった。この嗜好をコンシューマでこれほどリアルに追及しているのは稀。前作までと比べれば多少霞む部分はあるものの、それでも長所とするに足るレベル。詩と並んで、シリーズ共通のオリジナリティにして売り。キャラクターと連動して、こちらも非常に丁寧な構成です。

・世界観
1からある程度共通ですが、やはり微妙に捻りが加えてあり、味のあるものになっています。それだけでも十分評価に値しますが、そこに中核システムのダイブが組み込まれ、そして神曲揃いの詩が流れる事で、より世界観に融け込みやすくしてあります。また、シナリオ自体の冗長さもかなり抑えられているので、飽きることなく没頭していられます。

BAD/REQUEST

・戦闘
テイルズ被れの戦闘はつまらない。何故ならテイルズという越えられない壁があるから。後はマップか何かで各ユニットの位置を常時把握出来るシステムも欲しかった。一言でいえば、全体的に詰めが甘い。戦闘中に服を脱ぐという、狂気のシステムは面白かったですがw

・フラグ・バグ
バグが多少あり。フラグ管理も甘い。その辺は仕様と割り切るしかない。

・グラフィック
方々から叩かれているように、グラフィックの質は低く、PS2相当。とはいえ、最初から期待していなければ問題なし。やっているうちに適当に慣れるので。

・システム
家庭(一人暮らし)用ゲームなので、ユーザーは面倒かもしれない。オヤキタボタンは常時発動できるわけではないので、過度な期待はしてはいけない。

COMMENT

総合的には良作。
尤も、これだけ突っ走り、セロに仕事をさせなかったのは称賛に値します。また1から継承されてきたシリーズの独創性は健在で、久しぶりにゲームらしいゲームをプレイしたと思えました。
グラフィックのみを追求して中身が全く伴っていない、映画もどきの製作者側の自己満ゲーが氾濫しているこの現状に、辟易している方は多いのではないでしょうか?そういう方にこそ、このゲームを勧めます。少なくとも私はこのゲームを、眺めていて面白いゲームではなく、プレイしていて面白いゲームと評価します。いや、眺めていても面白いですが(パージ的な意味でw)。
とはいえ灰汁が強いのは否めず、少なくともシリーズをプレイしたユーザー以外にはお勧めしません。HPなどで情報を集めた結果、プレイしたいと思ったなら、あえて1から始める事を勧めます。値段的にも手頃なので。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
sheraさん  [2010-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

288人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 1pt 4pt 1pt 2pt 2pt 2pt
総合点
39pt

GOOD!

・アルトネリコシリーズのPS3での発売
なんといってもPS2時代よりも、使われる楽曲やアニメムービー、グラフィック映像が多くゲーム内に挿入されています。さらにキャラやステージも2Dから3Dにかわったことにより、より立体的な動きができるようになりました。

・本シリーズの特徴、心に響く歌詞つき音楽「ヒュムノス」
世界最響のRPGを名乗るだけあって、やはり音楽やBGMに関しては、他のどのRPGよりも力が入っているように思われます。また今作では感動できるヒュムノスや、暗いヒュムノスのほかに、ネタ要素満載のヒュムノスも用意されています。自分も最初は「え?こんな歌詞の曲を、あの志方あきこさんが歌ってるの?」とびっくりしました。

・歴代シリーズとも深く関わる、重厚なストーリー
アルトネリコは塔の上に人が生活し、星の表面は人が住めない環境であったり、と独特の世界感をもっています。その世界感を理解するのに少し苦労するかもしれません。また、本作はシリーズ最終章として、本シリーズの舞台である惑星「アルシエル」の寿命を延ばすことを最終目標としているため、物語がより壮大なものになっています。そのためアルトネリコの1や2をプレイしてから本作をプレイすると、よりストーリーを楽しむことができると思います。さらに登場する主要キャラの大半は過去作と何らかの関係性をもっているため尚更です。ちなみにかなりストーリーを進めると、エロ要素やギャグ要素が歴代シリーズよりも多かったりするので、それらを許容できる人は楽しめるかと思います。

・脱がし上手は戦闘上手?新システム「パージシステム」
今作では、戦闘での主力となる詩魔法を使用するレーヴァテイルは、肌を露出させることにより詩魔法の威力が上がるという謎仕様により、戦闘毎にレーヴァテイルのヒロインを脱がせることができます。その気になれば下着姿にすることも可能です。おそらくこれらの要素は開発スタッフの悪ノリが存分に発揮されていると思います。(なんせ、脱ぐ必要の無いはずの前衛キャラも調必殺技を使うと、服が破れ下着姿になります)そのせいかストーリー上、エロ要素やギャグ要素もかなり多いです。ちなみにシリーズおなじみオヤキタボタンも健在

BAD/REQUEST

※私が投稿する以前の評価とかぶる部分が大半なので、以下は特に気になった部分のみを書きます。

とにかく敵との戦闘システムやその他のアクション性、キャラのグラやその動作は、PS3を使ってそのクオリティーかよ!という出来ばえです。

・戦闘
 今作よりターン制ではなく、3Dアクション系の戦闘システムに変更され、任意のタイミングで通常攻撃や必殺技を使うことができるようになりました。しかし回避行動が存在しないため、こちらが攻撃しても、その後に敵の元から離脱をすることが瞬時にはできず、わざわざ敵に背中を見せながら離脱しなければなりません。これだと防御が瞬時にできず、ちょっとイラっときます。また、前衛の攻撃モーションは基本的に、三回連続で出せる通常攻撃と、その通常攻撃の合間でもだせる4種類の必殺技だけです。はっきりいって攻撃モーションがこれだけだと、いくらなんでも単調すぎて飽きてしまいます。しかも今作では、中盤以降は詩魔法が雑魚戦であろうとも、メイン火力となっており、前衛の火力では殲滅力が足りない仕様となっています。なので、せっかく必殺技が4種類あったとしても、火力がそんなあるわけでもないので、存在意義がさっぱりわかりません。というか「必殺」でもなんでもありません。ただの通常攻撃の延長線上の攻撃です。
 さらに後衛であり、パーティーのメイン火力である詩魔法を使うヒロイン(レーヴァテイル)ですが、過去作とは違い、彼女らはそれぞれ1種類の詩魔法しか使えません。回復魔法や各属性魔法なんてものが存在していません。(一応回復だけなら、一定時間ごとに詩魔法詠唱中であれば、一定量ずつ回復していきます)いくらパージによってヒロインの脱衣姿を拝めたとしても、毎回同じ詩魔法しか使えないのでは、こちらも見飽きてしまいます。一応ヒロイン達はそれぞれ複数の人格が体内にいるため、好きな人格で戦闘に参加させることができますが、もちろんですが、1つの人格に1つの詩魔法しか存在していません。さらに当然のように、戦闘中は人格をいれかえることもできません。あとヒロインの各人格ごとに防御力や攻撃力、HPに差異が一応ありますが、詩魔法はそれなりにチャージすると、どんな敵でも過度なオーバーキルをすることができ、HPや防御の面でも、後衛のヒロインはダメージを受ける機会なんて、ラスボス戦ですらほとんどありません。各人格ごとに特殊な能力などもないため、各人格のパージムービーを拝む以外に、戦闘に参加させるヒロインや、そのそれぞれの人格を選ぶ意義がないというのが、あまりにも寂しいです。

・戦闘以外でのアクション性、キャラの動作
 今作は分類としてはアクションRPGに一応属しているはずなのだが、全体的にぬるぬるとしか動けず、さらにあのジャンプアクションにはかなり違和感があります。しかも上り階段の上ではジャンプの高度が落ち、下り階段では高度が上がるとか、どんだけ手抜きなアクション性なんだと・・・。
 またイベントなどで、会話中のキャラの動作も、口が動いてない場面が大量にあったり、行う動作やポーズが使い回しばっかりだったり、かなり違和感があります。

COMMENT

前作1、2プレイ済み

 ストーリー自体にそこまで文句はなく、よくまとまっていたと思います。ただラストのヒロインとの各エンディングをもう少し後日談含め、長めに描いて欲しかった。結局トゥルーエンドはどのヒロインも結婚しておわりとか、そういうわかりきったオチで終了しているので、なんだか「最後の締めがこれだけか」という感じになりました。(こう思ったのはは私だけかもしれない)

 個人的に最大の問題はやはり、戦闘面とキャラの動作関連ですね。戦闘パートで前衛キャラがモンハンのキャラみたいな動きができるのが理想だったのですが、それには及ばないのはしょうがないとしても、劣化テイルズのような戦闘システムなのはさすがにキツいです。キャラの動作も正直いって、1の頃より作りこみが、この動作部分だけは劣化しているように感じます。

 歴代から続くADV風味のコスモスフィアやトークマター、ヒロインとの絡みへの力の入り方は「さすが!」と思うし、このゲーム内のネタやノリも個人的に気に入っているので、続編がでるとしたら、・・・・買っちゃうでしょうね〜・・・。
 しかし上述した問題が一向に解決していないとさすがに購買意欲なくなりますけどね。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
2さん  [2010-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

369人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 1pt 3pt 1pt 1pt 1pt 2pt
総合点
28pt

GOOD!

コーラスみたいな歌?が付いている曲は確かにいい出来だったと思う。
多くの人が誉めているのはたぶんこの部分なんだろうなと納得した。

このタイプのゲームにしては戦闘部分に力を入れているほうだと思う。
後ろの女の子を守るために戦うというのは珍しくて感心した。

雑魚敵と無駄に戦わなくていいというのが嬉しかった。
特にマップが分かりづらいので、宝箱をしっかり探したい時には便利だった。
これは他のゲームでも欲しい機能。

アイテムの数が意外と多く、いろいろ作れて良かった。
名前も独創的で、無駄にこだわっているのを感じた。
こんなところに力を入れないで、会話部分にもっと力を入れればもっと面白くなったのに・・・。

BAD/REQUEST

戦闘部分が単純化したテイルズ。
後ろの魔法使いが戦闘のメインになるのは面白いと思ったが、プレイヤーがただの壁役とアイテム役になるので、戦っている気がしない。
主人公で無双したいタイプの人間には向かないゲーム。

精神世界?での会話がしょぼい・・・。
これがこのゲームの売りだと思って買ったのだが、一本道で選択肢もほぼなく、ただ読むだけ、あきらかに演出不足。
SFC時代のギャルゲーのほうが楽しめるのはどうかと・・・。
しかもネタに走りすぎ・・・。
まじめな話とふざけた話が同時進行になってしまうために感情移入できない。
これに一番がっかりした。

メインストーリーは専門用語が多すぎて会話が意味不明。
ライトノベル系にありがちの、とにかく固有名詞が出まくるタイプ。
ただ、これは自分が前作をやっていなかったせいだと思うので、自業自得かもしれない。

操作性が悪い。
自分は布団に寝転がってプレイするタイプなのですが、このゲームはコントローラーを振らないといけないので、このゲームの時だけ普段と違う姿勢になるのがつらかった。

あげればキリがないので、とりあえず特に気になった部分だけ。

COMMENT

『脱げば脱ぐほど強くなる』
確かこんな感じに紹介されていて興味を持って衝動買い。
大作と呼ばれているゲームより、ちょっと変わったゲームが好きです。

RPGとして見ると、やはり出来はあまり良くなかった。
細かく作り込まれている部分がある一方で、根幹の部分(特に戦闘)がしっかりしていないというか、練り込み不足。
しかし、ギャルゲーなんて大抵そんなものなので、そこはあまりマイナスに感じませんでした。

それよりもこのタイプのゲームは、いわゆる恋愛要素というか、会話部分がきちんとしていれば、他がダメでも楽しめるのですが、その部分の演出や台詞回しがつまらなく、魅力に欠けていた。
戦闘などには斬新な部分があるのに、この会話部分が古臭く、ただテキストを読むだけでがっかりだった。
そして、ネタやギャグっぽい会話が多いが、狙いすぎてスベってるというか、はっきり言って寒かった。
おそらく30代〜40代の人間を狙っているというか、その世代の人間が考えたんだろうなと感じた



総合的に考えると、新しいことにも挑戦しているし、こだわりも感じられたので良作になりそうなゲームだったのに、うまく完成させることが出来なかった
失敗作
という評価になると思う。

いろんな意味で人にはオススメできないゲームだ。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
オルクさん  [2010-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: HelioTrope
レビュー日: 2010-02-18
1.2と続いてきて、一応ストーリー完結となる3ですが、前作から引き続き登場するキャラが多いので1と2をやってからのほうが楽しめます。

ストーリーの盛り上がり、キャラの濃さは若干薄れた感じがありますが、アルトネリコの雰囲気はしっかり残っています。例のごとく後から出現するヒロインが良い。
主人公は珍しくまとも?な単細胞熱血。

グラフィックは不満があるわけでは無いですが、正直なところ2Dの方がよかったと思います。特にもっさりになってしまった戦闘が。

これは私の推測ですが、RAHシステムの関係でPS3でもギリギリというレベルのゲームになってしまった。しかしPS3で出すからには2Dでは・・・という流れでこうなったのだと思えてなりません。単純にパージシステムのためかもしれないですけど。
PS3でも2Dで構わないと思っている私にとっては残念なところだと思います。
グラフィックにばかり目が行って、容量や処理スペックに理解の無い人は2Dで出したら「こんなのPS2でも出せるレベルだろう」と声が上がるのでしょうが・・・PS3の超スペックと3D化の風潮はソフト会社からすれば製作コスト、技術の限界から困ったものなのかもしれませんね。

そしてPS3で出さざるをえなくなった原因と思われるRAHシステムですが、
・曲の変化、移行に条件や確率があり把握しにくい
・ヒューマの構成をガチにすると選択肢の幅が狭まる
・そもそもベースになってる曲が電波なものが多い
・曲調やテンポが変化するだけでベースになっている曲はそう多くない

と自分の意思で曲を構成することが殆どできず、イマイチ自由度がありません。
戦闘BGMを自分で構成できるという発想は素晴らしいものだと思いますが、正直「キャラとメインに据えたヒューマによってBGMが変わる」くらいにしておいたほうがシンプルで良かったと思います。

全体的にBGM・ヒュムノスはさすがはアルトネリコ。非常に良いものが多いです。
酷評したRAHも自分好みの戦闘BGMになるととても嬉しいものです。
容量にものを言わせて戦闘BGMを数多に変貌させるシステム自体は非常に画期的だと思うので、今後活かしてほしいですね。

演出が少々下手ですが、ストーリー・コスモスフィアの内容も無難にまとまっているので、アルトネリコファンの方には十分に勧められるゲームだったと思います。

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。