このソフトのレビューを書く

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く レビュー

発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2010-01-28
価格 7329円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(廉価版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ムスメ調合RPG
■ プレイ人数:1人

【廉価版】
■ 発売日:2011/08/04
■ 価格:3,800円

総合ポイント
57
(難易度)
1.81
レビュー数
31
スコアチャート アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾くレビューチャート

アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く 購入する
0%
0-9
3.2%
10-19
6.5%
20-29
9.7%
30-39
19.4%
40-49
16.1%
50-59
12.9%
60-69
19.4%
70-79
9.7%
80-89
3.2%
90-100
【60点以上】
45.2%
【標準偏差】
19.08


341人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 4pt 3pt 4pt 3pt 1pt
総合点
66pt

GOOD!

最初にこのゲームは、「ファン向け」そして「キャラゲー」だということを挙げておきます。

・詩(ヒュムノス)

アルトネリコといえばこれ。
今回も素晴らしいものが揃ってます。
しかし、今回は過去作とは色々な意味で違います。
詳しくは書きませんが、今回ヒュムノス史にその名を残す「トンデモヒュムノス」があります。
正直過去作をやった人のほとんどは「なんじゃこりゃ!?」と思うでしょう。
「こんなのヒュムノスじゃない!」と思う方もいるでしょう。
しかし、解説や歌ってるキャラを見れば、なるほどと納得できるのではないでしょうか?
もちろん、過去作のごとき「これぞ!ヒュムノス!」という曲も多くあるのでご安心を。

・アルトネリコシリーズ特有の表現

家族やシリーズを知らない人が見たらドン引き、
見られたら場合によっては恥ずかしいでは済まない表現。
もうシリーズ恒例になってますね(汗
開発側も、もう明らかに狙ってそういうキャラや展開を用意してます。
不快に思われる方もいるでしょうがこれが「アルトネリコ」なんです。
もはやこれは詩と並びシリーズの柱と言わざるえないでしょう。

・詩調合
 簡単に言えば戦闘BGMを作れるもの。
「中身」はともかくとして、「システム自体」はオリジナリティがあり、
 音というものに重きを置くこのシリーズには非常に合っていると思います。

以上です。
残念ながら3で追加されたものは詩調合以外(これもあくまでシステムだけを見た場合)
良い点に入れる気にはなりませんでした。

BAD/REQUEST

・3D化
満を持してのPS3での発売。
それに引きずられる形での3D。
感想を一言で言うなら、開発側にそれを成すだけのパワーが無かった。ですかね。
滑るような歩行走行モーション。
イベント時にはほとんど動かないキャラ。(従来の立ち絵での言葉だけの表現)
たまに動いたかと思えば、動作の不自然な人形劇…。
さらに戦闘での過去作における2Dだから許された部分を改善していない。(武器のグラなど)
そして根本的にPS3としては並以下なそのグラフィック。

・戦闘システム
見た感じはテイルズ、スターオーシャン等とあまりかわりません。
しかし、
・命令や、作戦などがありません。他の前衛2人はひたすら突っ込むのみ。
・アイテムの再使用タイムラグが無い。ゆえに一撃死でもない限り死なない。
・敵の使い回しが多い。
・武器を変えてもグラが変わらない。3D化したがゆえに違和感があります。
・詩魔法が1キャラ(人格)につき1つ。人格を変える必要も正直無いので、
意識して変えないと(戦闘中はできない…)同じものをずーっと見ることに…
・戦闘自体も非常に単調。
 タイミングをはかって前衛殴る→詩魔法チャージを待つ→魔法発動
 最初から最後までほぼこの流れです。加えて前述したように魔法は基本1つなので…

・詩調合
良い所で挙げたのはあくまで「システムとして」見た場合です。
残念ながら肝心の中身は、全部試したわけではないですが、
結局、似たような音楽ばかりになります。
しかもなぜか、一つの組み合わせでも複数の音楽パターンがあり、
あ、これいいかもと思っても次戦闘で必ずしも流れないという現象が・・・

COMMENT

PS3になりどんなものになるかと、期待半分不安半分でしたが、
蓋を開けてみれば、システム周りは底が浅く、
詩とキャラ周り(ADV風味のコスモスフィアやトークマター、調合会話等)に
異様に力を入れたいつも通りの「アルトネリコ」でした。
前作からのファンなら、アルトネリコ的キャラ達のドタバタや詩に満足できるでしょう。
しかし、そうでない方は一度公式を見てキャラが自分好みかどうか、
できたら動画なども見て、少しだけゲーム中の詩がどんなものか知ってからの方が無難です。
そして、もし良いと思えるなら是非1作目からやるのをオススメします。
過去2作をやってるとやってないでは本作の面白さが俄然変わってくるからです。
自分はスタッフロールで過去作をやってて良かったと思いました。

最後に。
3本の塔を舞台にした「アルトネリコシリーズ」も終章となりました。
これで終わりじゃ物足りない思う方もいると思います。
でも、私はこれで終わりで良いと思います。
正直、今の開発側ではこれが限界だと思います。
ストーリー的にもこれ以上は(それこそ続編ともなれば)蛇足感は否めません。

しかし、これで「アルトネリコワールド」が完全に終幕というのは惜しいですね。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
モチモチさん  [2010-02-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

305人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 5pt 2pt 2pt 3pt 2pt
総合点
51pt

GOOD!

兎にも角にも、サウンドですね。これだけは問答無用で絶賛出来ます。新規歌手起用がどうとか、演出面がどうとか、そういうことを抜きにしても、音楽単体での独創性が凄まじいです。これについては、自分の耳で確かめるのが一番でしょう。BGMもガストならではの民族風テイストで、こちらも良質。やはり、さすがの三作目といったところです。

ストーリーに関しては特に述べるべき点はないです。あと、二週目以降の引継ぎなどがあるので、過去作に比べ周回プレイがぐっとやりやすくなっています。

BAD/REQUEST

アルトネリコは初代からやってきましたが、今回は特に戦闘システムが最悪です。全体的にはテイルズやスターオーシャンを劣化させたような作りなのですが、肝心の詩魔法は一つの人格につき一つ。しかも戦闘中は人格固定。戦闘に参加できるのも一人だけ。つまり、一回の戦闘で一つの魔法しか使えないのです。当然、回復魔法はなし。その代わり、ダメージを受けたらアホみたいに△ボタンを連打しまくって薬漬け。これ、何なんですか?

今作のウリであるパージシステムもコントローラをふらなければならないという仕様で酷く煩わしい。今作は殴るだけではザコにも手間取る仕様なので、雑魚戦でも最低一回のパージ>詩魔法のプロセスを余儀なくされる結果、全体を通したテンポが非常に悪く、雑魚戦が苦痛。スタッフはおそらく、長い目で見る戦闘システムを考えていなかったのだと思います。

戦闘BGMの核となる詩調合システムに関して言っても、ただいくつかの自動生成BGMプリセットが用意されているだけ。こちらからアプローチ出来る要素はどれを使うか程度で、しかも元となるBGM自体がとても微妙…。ほぼ電波ソングというか、ヒュムノス成分がゼロ。これならばいっそ雑魚戦用のヒュムノスを一人一つずつ用意してくれた方が遥かに良い。しかも、この「自動生成」BGMのせいで、戦闘突入時のローディングが長いです。まさに、いいとこなしです。

…と、まあ戦闘面に関しては枚挙に暇がないです。グラフィックについては元から全く期待していなかったので「こんなものだろう」という程度です。が、PS3としての水準を大きく下回っていることには変わりありません。ただ、個人的にはグラフィックそのものより、モデリングの方が気になりました。あれなら逆にPS2の頃の方が良かったです。

COMMENT

AV端子使用です。字はかなりつぶれちゃいますね。出来ないこともないですが、極力、高画質出力をオススメします。

色々と書きましたが、総評としては、戦闘面で足を引っ張りすぎて、他の部分で損をしている印象ですね。というより、PS3の移行自体に足を引っ張られた、という感じなのでしょうか?確かに戦闘も試行錯誤している感じはありましたし、今後もこの作品を続けて行くための試験的移行とみればまぁアリ…かな。あ、ファンなら買いですよ、もちろん。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
希凛さん  [2010-02-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

334人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 4pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
48pt

GOOD!

[サウンド]
 やはり歌詞付きの音楽(ヒュムノス)に関しては他のゲームに比べ抜きんでるものがあると思います。今回は多数の歌姫を起用するなど最終作としての意気込みも感じられました。

[オリジナリティ]
 それが良いか悪いかは置いておいて、戦闘をアクション系に変更したり、RAHシステム、パージシステム等新たな試みを取り入れたりと意欲的な姿勢は評価したいと思います。パージシステムなんかは初めて見たときは良く考えたな…と苦笑したものです(笑)

[その他]
 別人格という概念の導入のおかげで、メインヒロインが苦手な人もコスモスフィアやストーリを進めることに対する苦痛感が若干緩和されるのではないかと思います。…まぁ別人格はあくまでサブキャラ扱いなので結局メインヒロインとしかエンディングを迎えられないという点では微妙ではありますが。

BAD/REQUEST

[演出]
 正直これが1番ひどかったです。
 
 まずはヒュムノスの多用。今作はメインキャラにヒュムノスを歌うことが出来るレーヴァテイルという種族が多く存在するという特性上仕方が無いとは思いますが、ストーリーを進めていくとテンポ良く彼女らがヒュムノスを次々と披露していってくれるため、ひとつひとつの印象が薄くなってしまいました。

 次に3D化による演出面の劣化です。ヒュムノスのお披露目シーンでは、詩が盛り上がってきているのに棒立ちなキャラ、あるいは動きがあっても棒立ち+手を少し動かしているレベルであったり、エフェクトがしょぼすぎたりと、せっかくの見せ場が台無しです。

 通常会話でも2D立ち絵が挿入されずに進むシーンでは動きがあって然るべき部分はほとんど棒立ちなのはもちろん、動きがあっても数秒間でループしているため非常にチープ感が漂います。ポリゴンキャラの表情変化なんてのは皆無です。

 そのくせギャグシーンにおけるポリゴンキャラの表情、動きは無駄に豊富で、正直力入れる部分間違っていませんか、と感じてしまいました(ある意味では正しいのかもしれませんが)。

 これなら以前の2Dドット絵でワンポイントに表情変化や動きを入れていたときのほうが演出面では大分マシでした。3D化することで演出面の弱さが際立ってしまった感が否めません。

[戦闘システム]
 戦闘BGMに合わせて流れるバーに対してタイミングよく前衛が攻撃していくと後衛がパージ(簡単に言えばストリップ(笑))していき、詩魔法が強化されていくというシステムなのですが、もはや作業に近く、面白みが全くありませんでした。

 バーに合わせて攻撃しようとすると攻撃のテンポは悪くなるし、おまけに今作でも敵が多いとラグる、キーレスポンスがあまりよろしくない等、合わせようとしても合わないこと請け合いです。

 さらに前衛のアクションパターンが殴る(×3、パターン固定)→必殺技という流れしかないため、非常に単調です。防御は何もコマンドを入力しない状態で勝手にやってくれるし、バックステップなどの攻撃回避アクションもないので、敵に突っ込んでいって、殴る、たまにスティック動かして攻撃よけるの繰り返しです。

 また、前衛は3人いますが、操作キャラ以外には指示が出せないので他2人は背景に近いです。いないよりはいた方がマシレベル。

 極めつけは後衛の詩魔法が1人につき1種類(攻撃魔法のみ)しかないということです。戦闘中に他のキャラに変わることも出来ないので、同じエフェクトに飽きてきますが、飛ばせないのでだれること間違いなしです。

 あと、後衛(ヒロイン)を守りながら戦うことをコンセプトにしているのに、前衛が敵に攻撃しているときはほとんどヒロインは画面外というのはいかがなものかと…いつの間にか攻撃を受けていて、慌てて助けに入ることが多々ありました。もう少しカメラワークをなんとかして欲しかったです。

[だれるダンジョン]
 シリーズ全般にいえますが、ただ長いだけで面白みも何もなし。更に、道のりが複雑なダンジョンほど何故か何度も往復するはめになるので苦痛以外の何者でもないです。カメラワークもあまりよくなく、すぐにキャラが障害物にひっかかる、エンカウント無効アイテムなし、ということがさらにイライラを募らせます。

[ストーリー]
 話が唐突過ぎるところが何ヶ所か。説明不足も相極まって盛り上がってるシーンで首をひねること多数、当然話にのめり込めませんでした。

 あと基本「俺達の考えが正義!この想いをぶつけて相手を黙らせるぜ!」な良くも悪くもヒーローものなストーリーなので受けつけない人もいるかもしれません。

 さらに星を救うという重厚なストーリーの割りにメインキャラたちが終始ラブコメっているので(今作はカップル乱立でさらにピンク色な空気が濃くなっています(笑))盛り上がりに欠け、気がついたらエンディングという感じでした。アルトネリコらしいっちゃらしいですが。

 あと、メインヒロイン2人のトゥルーエンドを見たのですが、ラスト(エンディング前)の台詞回しが全く一緒。…手抜きとしか思えないんですが…。
 また、最初に適当に進めてバッドエンドに行ったときなんかは唐突過ぎてついていけませんでした。今作はいつもより若干分岐がシビアなので気を抜いていると不意打ちを食らうかもしれません。

COMMENT

 1,2プレイ済み。

 シリーズ最終作として過度な期待を持っていたということを差っ引いてもちょっと物足りない感じでした。回を重ねるごとにゲーム性が弱くなっているように感じるのは私の気のせいでしょうか…RPGで戦闘とダンジョンが楽しくないのはどうなんでしょう。

 まぁなんだかんだ言っていますが音楽やベタベタなコメディ部分は割と好きなので続編とか派生作品とかが出たら買ってしまうんじゃないかとは思います。…ヒロインのアクが強すぎるとどうにもつらい部分もありますが(笑)

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
銀狼さん  [2010-02-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

305人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 4pt 5pt 3pt 2pt
総合点
79pt

GOOD!

[オリジナリティー]
 独自の言語「ヒュムノス語」の存在は大きいです。これを理解するのは大変で、ゲーム中でもこの言語で話すシーンが多いので、敷居が高いといえば高いのですが。
[グラフィックス]
 イベントの1枚絵は、とても素晴らしいと思います。ここだけならば4点以上です。
[サウンド]
 ヒュムノス(楽曲)については、毎回ファンから支持を集めていますが、今作でも印象深い楽曲が多数ありました。通常BGMの質の高さも、さすが「ガスト」だと思います。普通ならば、4点以上と言いたいのですが・・・・・・(後述)
[熱中度]
 シリーズを通してプレイされている方ならば、間違いなく熱中できると思います。
[満足感]
 5点というのは、このシリーズを1作目からプレイされている方に限っての満足感です。
 ゲーム世界がどのような状態なのかは、1作目から語られていました。過去2作では、それぞれでエンディングを迎えますが、その内容は、ゲーム世界における「問題」を根本的には解決していません。今回は、「問題」に対して一つの「答え」が示されます。その「答え」は、シリーズを全てプレイされた方ならば、とても感動し、満足できるものだと思います。
[快適さ]
 周回プレイに対応した、いくつかのパラメータの持ち越しがようやく実装されました。メッセージ履歴機能も良かったです。

BAD/REQUEST

[グラフィックス]
 ガストなので、通常のワールドマップでの画質は最初から期待していませんでした。が、一部ダンジョンの見にくさは、大変問題だと思います。
[サウンド]
 一番問題なのは、パッケージに「5.1ch」対応と書いておきながら(7.1chまで書いてあります)、対応楽曲とシーンが致命的に少ないことです。ヒュムノスという楽曲は、多重録音なども使われており、シリーズファンの5.1chへの期待も大きかった筈です。ダウンロードコンテンツで対応してほしいと思うのが、正直なところです。
[快適さ]
 前述のとおり、一部ダンジョンが大変見づらく、ストレスに感じます。1作目から2作目では改善されていただけに残念です。

COMMENT

 プレイ環境は、42型液晶・HD・5.1chです。
 このシリーズは、毎回「人を選ぶ」と言われることが多いのですが、今作も間違いなくそういう作りです。具体的には、「シリーズ前2作を両方プレイしている方向け」です。
 今回のエンディングは、単体でも満足できるとは思います。ですが、そこへ至るまでのストーリーは、シリーズ1作目から繋がっています。これを知っているのと知らないのとでは、のめりこみ方も、満足度も大きく異なるのではないでしょうか。
 したがって、前2作をプレイしている方ならば、無条件でお勧めします。
 個人的には、100点満点で95点のゲームでした。減点は、5.1ch対応曲数の少なさに対してです。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
にょにょにょさん  [2010-02-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: HelioTrope
レビュー日: 2010-02-18
1.2と続いてきて、一応ストーリー完結となる3ですが、前作から引き続き登場するキャラが多いので1と2をやってからのほうが楽しめます。

ストーリーの盛り上がり、キャラの濃さは若干薄れた感じがありますが、アルトネリコの雰囲気はしっかり残っています。例のごとく後から出現するヒロインが良い。
主人公は珍しくまとも?な単細胞熱血。

グラフィックは不満があるわけでは無いですが、正直なところ2Dの方がよかったと思います。特にもっさりになってしまった戦闘が。

これは私の推測ですが、RAHシステムの関係でPS3でもギリギリというレベルのゲームになってしまった。しかしPS3で出すからには2Dでは・・・という流れでこうなったのだと思えてなりません。単純にパージシステムのためかもしれないですけど。
PS3でも2Dで構わないと思っている私にとっては残念なところだと思います。
グラフィックにばかり目が行って、容量や処理スペックに理解の無い人は2Dで出したら「こんなのPS2でも出せるレベルだろう」と声が上がるのでしょうが・・・PS3の超スペックと3D化の風潮はソフト会社からすれば製作コスト、技術の限界から困ったものなのかもしれませんね。

そしてPS3で出さざるをえなくなった原因と思われるRAHシステムですが、
・曲の変化、移行に条件や確率があり把握しにくい
・ヒューマの構成をガチにすると選択肢の幅が狭まる
・そもそもベースになってる曲が電波なものが多い
・曲調やテンポが変化するだけでベースになっている曲はそう多くない

と自分の意思で曲を構成することが殆どできず、イマイチ自由度がありません。
戦闘BGMを自分で構成できるという発想は素晴らしいものだと思いますが、正直「キャラとメインに据えたヒューマによってBGMが変わる」くらいにしておいたほうがシンプルで良かったと思います。

全体的にBGM・ヒュムノスはさすがはアルトネリコ。非常に良いものが多いです。
酷評したRAHも自分好みの戦闘BGMになるととても嬉しいものです。
容量にものを言わせて戦闘BGMを数多に変貌させるシステム自体は非常に画期的だと思うので、今後活かしてほしいですね。

演出が少々下手ですが、ストーリー・コスモスフィアの内容も無難にまとまっているので、アルトネリコファンの方には十分に勧められるゲームだったと思います。

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。