このソフトのレビューを書く

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く レビュー

発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2010-01-28
価格 7329円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(廉価版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ムスメ調合RPG
■ プレイ人数:1人

【廉価版】
■ 発売日:2011/08/04
■ 価格:3,800円

総合ポイント
57
(難易度)
1.81
レビュー数
31
スコアチャート アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾くレビューチャート

アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く 購入する
0%
0-9
3.2%
10-19
6.5%
20-29
9.7%
30-39
19.4%
40-49
16.1%
50-59
12.9%
60-69
19.4%
70-79
9.7%
80-89
3.2%
90-100
【60点以上】
45.2%
【標準偏差】
19.08


305人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 4pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
48pt

GOOD!

・サウンド
メインテーマでもある分、全体的に楽曲の質がいいです。

・2週目
過去作では何故なかったのか不思議でしょうがなかったくらいですが、3では普通に2週目の引継ぎができます。
その際、既読スキップが可能になったので以前よりは周回プレイが楽になっています。

・パージシステム
ヒロインが脱ぐことで強くなるというイマイチよく分からないシステムです。
でも可愛いしエロいからそれだけでいい。
引いちゃう人もいるでしょうけどそういう人はこういうゲームをやろうとは思わないでしょうから問題はありません。

BAD/REQUEST

・グラフィック
今回PS3で出すに当たって今までの2Dドットから3Dになりました。
元々グラフィックを売りにしてるメーカーでもありませんし、
いつも通りお世辞にも質のいいグラフィックとは言えません。
とはいえ見るに耐えないと言うほど酷いものでもないのですが。
後、グラフィックとはちょっと違いますけど3Dでのモーションがかなり不自然ですね。

・戦闘システム
3D化ということで最近のテイルズやSOのような3D戦闘になりました。
が、作りこみが足りず面白味がありません。
イメージ的にはテイルズやSOの戦闘から技の要素をなくして通常攻撃のみにした感じです。
そうして前衛が時間稼ぎしている間に後衛が大魔法で攻撃して戦闘終了というのが基本パターンです。

・詩魔法の種類
詩魔法はアルトネリコでも特に重要な要素だと思うのですが、その詩魔法の種類がかなり少ないです。
今作ではヒロインが多重人格によってキャラが変化するようになっているのですが、
その人格ごとに詩魔法が固定で一つずつしかありません。
今までのように新しいCS内で詩魔法を覚えると言うことがありません。
その代わりに戦闘の進め方次第で曲調が変化するというシステムが追加されましたが、
常に思い通りに変化させられるとは限らず詩魔法自体は全く変化しないので正直微妙です。
また固定の詩魔法とは別に各人格ごとに必殺技となる詩魔法もあるのですが、
その際流れるアニメーションはそれぞれ固有のもので良いのですが、
実際の攻撃エフェクトが降らせる物に違いがあるだけで全員全く同じでとても残念です。

・コスチューム要素の削除
過去作では各ヒロインはコスチュームを変更させることによって能力の変動がありましたが、
今作ではコスチューム自体がありません。
その代わりに人格選択がありますが各ヒロインごとの人格数は前作のコスチューム数と比べても圧倒的に少ないです。
そもそも人格とともに丸々キャラが変わるわけですからコスチュームだけ変化させるのとは全く別の要素ですけど。

・快適さ
前作では街中から1ボタンでフィールドマップ画面に戻れたと思うのですが、
今作ではそれがなくなっており移動が面倒な場所があります。
またGOODにもかいたパージシステムですが、パージさせるために毎回コントローラを振らなければなりません。
wiiリモコンのような初めから振ることありきで考えられたコントローラならまだしも、
PSコンのような形状では振ると言う動作がしにくく面倒です。
それでいてこのパージは戦闘の度に数回行わなければならないので非常に苦痛です。
他のボタンに割り振ることも可能なのに振らなければいけないようにしたのは理解できません。

COMMENT

32型液晶テレビにHDMI接続でプレイ。

私個人の感想としてはがっかりしたとしか言いようがありません。
3部作の最終作であり集大成となるべき作品とは到底思えません。

勝手な憶測で言わせてもらいますとPS3で出すことで全て失敗したのではないかと思います。
HDに対応させるために3D化が余儀なくされてしまいますし、3D化自体は別に悪いことだとは思いません。
ですが慣れない3D化に労力を取られてしまい、全体的に今までよりも作り込めなかったように思えます。
詩魔法しかりコスチュームしかり。最低でも各人格ごとに詩魔法、コスを3つ以上は欲しかったです。
戦闘も3D化するにあたって今までとは違う方向性にしたのでしょうが完成度が低すぎます。

シナリオに関しては可もなく不可もなく、過去作と同レベルの質ですかね。
個人の好みで言えばあまり楽しめませんでしたけど。
3部作の締めなのですからそれ相応のものを期待してたのですが残念でした。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
suzさん  [2010-02-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

339人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 4pt 3pt 3pt 3pt 2pt
総合点
62pt

GOOD!

【オリジナリティ】
世界観など基本的に前作の続編物だが、脱ぐと強くなるパージシステムはいろんな意味で斬新だった。衝撃的だったので4点

【サウンド】
あいかわらずの鳥肌クオリティ、サウンド環境を揃えること推奨。

【その他】
多重人格ヒロインということで数倍の満足感を得られた。
狙ったような会話がバカバカしくも笑える。

BAD/REQUEST

【グラフィックス】
ファンの方は最初から期待していないだろうが、PS3としてはおせじにも良いとは言えないレベル。映像に拘る人はまずオススメできない。ジャンプの不自然さが気になる。

【サウンド】
基本的には良いレベルだが前作と比べると曲が増えたせいか一つ一つが印象に残りづらい。

【システム】
RAHシステムや必要性が薄いものが多い。気にしないで進めている人も多いと思う。

【ストーリー】
ネタ感覚で楽しんでいたせいかシリアスなシーンになってもいまいち感情移入できなかった。
用語や世界観が難しいので理解するのに少々苦労する。

【戦闘】
ここが一番おしい。戦闘がもう少し良ければワンランク上の評価になったはず。
・後衛の詩魔法が強すぎて、前衛はダメージソースにならないのでスキルや超必殺技の意義があまりない。とにかく守って溜めて撃っての繰り返しになるがほとんどの雑魚は一撃、ボスでも数発で倒せるので物足りない。この辺のバランスが毎回気になるところ。
・パージ時にコントローラーを振るのが失敗したりいちいち面倒なのでボタン一つでできるようにしてほしかった。
・詩魔法がヒロインによって決まっているので前作のようにいろんな魔法を習得できると良かった。
・細かい指示を仲間AIに出せない。
・音ゲー要素は戦闘に集中できないので不要。テンポが悪くなる。

COMMENT

ファンなのでどうしても要望的なことが多くなってしまいますがいつものガストゲー、シリーズファン向けといった印象でした。音楽とキャラクター、萌えエロ、ネタに尽きると思います。戦闘など、ここからもう一つ何か魅力的な要素を増やせればさらに進化できると思います。
元々固定ファンが多いタイトルですが、新たな客層を掴むにはグラフィックの向上が必須でしょう。2Dから3Dということで賛否両論あると思いますが自分は3Dで満足でした。パージシステムは評価したいです。

アンケートにもありましたが続編があれば期待したいと思います。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(未クリア)
オルさん  [2010-02-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

316人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 2pt 3pt 3pt 2pt
総合点
57pt

GOOD!

前二作に比べ前衛が大幅に弱体化したため、戦闘におけるレーヴァテイルの存在意義が増した。

ロロナに比べポリゴンモデルが大分綺麗になった。

二週目引き継ぎ要素の存在で、二週目が大分楽になったうえ、分岐が始まる直前からのプレイも可能で周回プレイが便利に。

画面サイズ調整が地味に優秀で大体のモニターに合わせることが可能。

前二作に比べ、メニュー画面が大幅に快適になった。

BAD/REQUEST

前衛後衛共に、装備以外のカスタマイズがほとんどできなくなった。

パージがボタンを押しながらコントローラーを振るなので、瞬時に出すことができない。
しかも振り方によっては反応しなかったりするので不便。

二段、三段、四段パージをするメリットが全くないため、無用の産物に。
もう少しメリットがあっても良かったと思う。

戦闘時作戦や仲間への指示が行えないため、範囲回復や復活アイテムの使い勝手が非常に悪い。

エンカウントをゼロにするアイテムが無くなったため、二週目や何度も行き来することになるクラスタニア行政府なんかが非常に面倒。

人格毎に攻撃魔法固定なので、気に入った人格でも使いにくい攻撃範囲のものだったりする。
また、戦闘BGMも人格毎に固定なので、人格気に入っても曲が気に入らない場合も。
そのため、レーヴァテイルが参加しない戦闘ではフィールドのBGMがそのまま流れるという酷い仕様。

たまにある真上からの見下ろし視点がものすごく見づらく、段差などが非常にわかりにくい。

3D化したことにより様々な粗が。
アップ時キャラの顔に喜怒哀楽がほとんど見られない。
ボスを目の前に円陣組んでなぜか手を出さないボス。
襲って下さいと言わんばかりになぜかボスの目の前でヒュムノス歌い始める。
色々なキャラの走り方がネタの域。
武器変えても戦闘グラフィックに反映されない。
など、2Dの頃は気にならなかった部分の演出が総じて陳腐化。

基本的には一度聞いた会話は飛ばせるものの、なぜか中には飛ばせない会話も存在する。
演出上自動送りの場面はしょうがないとして、なぜ飛ばせない箇所があるのか理解に苦しむ。

おまけメニューが充実しているので、息抜きにおまけ入ろうと思っても、プレイ中タイトルに戻るが無いため不便。

ルークの飛行艇がなぜかプラティナの飛行艇。

あれだけ人格がいるのだから、気に入った人格でEDを見たかった。
個人的にメイン二人好きじゃないので。

アイテムを使うとなぜか使用前とアングルが変わり、状況がわかりにくくなる。

COMMENT

良くも悪くも続編。
戦闘でレーヴァテイルの依存度が増した代償として一度の戦闘時間が長くなっているので、少しずつプレイする人には辛いかも。

ヒュムノスは歌い手が増えたため、どうしても微妙な曲が増えてしまった印象。
良い曲もあるのですが、戦闘BGMは当たり外れが大きい。

人によってはパージムービー受け付けないかもしれませんが、オプションでオフにできるので特には問題無いかと。

ただアルトネリコを締めくくるストーリーなので、前二作経験者にはお勧めです。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ジョン田中さん  [2010-02-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

292人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 5pt 4pt 4pt 2pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

【サウンド】
詩(歌)が非常にキーポイントになるRPGなだけあって力の入れようはすさまじいものがあります。ストーリー中で登場する曲の完成度が非常に高く、ゲームと同時発売されているヒュムノスコンサートだけでも聴く価値があります。
BGMはガストっぽく民族系の生音をふんだんに取り入れて、荘厳さや華々しさはあまりありませんがどこか懐かしく温かみがあるものに仕上がっています。最近のRPGでは珍しいですね。

【オリジナリティ】
ヒロインを守りながら戦闘するのはいつものアルトネリコと変わりませんが、今回はスターオーシャン3以降の戦闘のようにフィールドを自由に駆け回りながらの戦闘になります。
いままでのアルトネリコの戦闘と違うのは、戦闘BGMが戦い中常に変化し続け、音ゲーの要素のようなものが取り入れられているため、BGMに合わせて攻撃すると戦闘が有利に進めることができるようになりました。戦闘回数も多いため、いままでのRPGとは全く異なる雰囲気でプレイできます。

【グラフィックス】
リアルを追求したものではありませんが、見やすく決して悪い印象ではない。ダンジョンの質感などは優秀なレベルに達してます。

【熱中度】
ストーリー展開が相変わらず魅力的なため、先がどんどん気になります。RPGの熱中度としては良い部類だと思います。戦闘の自由度が高いにも関わらず、テンポがいいのもポイントでしょう。しかしBOSSとの戦闘は結構歯ごたえがあり、それなりに戦略性も問われるのがさらに拍車をかけます。

【満足度】
1・2が自分に合っていたこともあり、全体的な満足度は高いです。前作が好きだった人はプレイして満足度が低くなることはないと思います。

BAD/REQUEST

調合アイテムが、作るヒロインでできるアイテムが変化しないのが少し残念。

【グラフィック】
キャラクターの動きが非常に不自然です。リアルを追求していないようなので力を入れていないということでしょう。ただ、この不自然さがこのゲーム自体の質を下げてはいないので問題はないでしょう。
戦闘の視点がコロコロ変化するのは微妙。敵がヒロインのところまで進出しないように守る必要があるのだが、敵の動き・ヒロインの位置は把握しづらい。

【快適さ・操作感】
アルトネリコ3で一番残念な点。結論からいってしまうとPS3で出したメリットが全く浮かばない。その多くはコントローラーの使い勝手に依る。トリガーと左スティックを多用するが、非常に持ちにくいためにかなり快適度が下がる。さらにRLボタンをホールドしながらコントローラーを振る操作も多用することになるが、RLボタンがホールドしにくい上に加速センサーの反応が鈍いため、プレイする姿勢の自由度が低い。(横になりながらプレイは難しい)
ガストから出ているアトリエロロナなどはPS3でも良いと思うが、アルトネリコ3のような比較的激しい操作が要求されるゲームは、操作性にすぐれたxbox360の方が向いているのではないだろうか。

COMMENT

1・2プレイ済み。
27inchフルHDディスプレイにてプレイ。
購入動機は前作がおもしろかったから。

アルトネリコ1・2に登場したキャラクターが登場しますので前作プレイ推奨にしておきます。3をプレイした後に1・2をプレイしてみても面白いでしょう。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
Thieさん  [2010-02-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: HelioTrope
レビュー日: 2010-02-18
1.2と続いてきて、一応ストーリー完結となる3ですが、前作から引き続き登場するキャラが多いので1と2をやってからのほうが楽しめます。

ストーリーの盛り上がり、キャラの濃さは若干薄れた感じがありますが、アルトネリコの雰囲気はしっかり残っています。例のごとく後から出現するヒロインが良い。
主人公は珍しくまとも?な単細胞熱血。

グラフィックは不満があるわけでは無いですが、正直なところ2Dの方がよかったと思います。特にもっさりになってしまった戦闘が。

これは私の推測ですが、RAHシステムの関係でPS3でもギリギリというレベルのゲームになってしまった。しかしPS3で出すからには2Dでは・・・という流れでこうなったのだと思えてなりません。単純にパージシステムのためかもしれないですけど。
PS3でも2Dで構わないと思っている私にとっては残念なところだと思います。
グラフィックにばかり目が行って、容量や処理スペックに理解の無い人は2Dで出したら「こんなのPS2でも出せるレベルだろう」と声が上がるのでしょうが・・・PS3の超スペックと3D化の風潮はソフト会社からすれば製作コスト、技術の限界から困ったものなのかもしれませんね。

そしてPS3で出さざるをえなくなった原因と思われるRAHシステムですが、
・曲の変化、移行に条件や確率があり把握しにくい
・ヒューマの構成をガチにすると選択肢の幅が狭まる
・そもそもベースになってる曲が電波なものが多い
・曲調やテンポが変化するだけでベースになっている曲はそう多くない

と自分の意思で曲を構成することが殆どできず、イマイチ自由度がありません。
戦闘BGMを自分で構成できるという発想は素晴らしいものだと思いますが、正直「キャラとメインに据えたヒューマによってBGMが変わる」くらいにしておいたほうがシンプルで良かったと思います。

全体的にBGM・ヒュムノスはさすがはアルトネリコ。非常に良いものが多いです。
酷評したRAHも自分好みの戦闘BGMになるととても嬉しいものです。
容量にものを言わせて戦闘BGMを数多に変貌させるシステム自体は非常に画期的だと思うので、今後活かしてほしいですね。

演出が少々下手ですが、ストーリー・コスモスフィアの内容も無難にまとまっているので、アルトネリコファンの方には十分に勧められるゲームだったと思います。

【PS3】アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「アルトネリコ3 世界の終焉の引鉄は少女の詩が弾く」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。