このソフトのレビューを書く

【PS3】メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜 レビュー

発売元 ガストオフィシャルサイト
発売日 2011-06-23
価格 7140円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(廉価版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:新約錬金術RPG
■ プレイ人数:1人
■ プレミアムボックス:10,290円

【廉価版】
■ 発売日:2012/05/31
■ 価格:3,990円

総合ポイント
81
(難易度)
1.96
レビュー数
48
スコアチャート メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜レビューチャート

メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜 購入する
0%
0-9
0%
10-19
2.1%
20-29
2.1%
30-39
4.2%
40-49
8.3%
50-59
8.3%
60-69
20.8%
70-79
29.2%
80-89
25%
90-100
【60点以上】
83.3%
【標準偏差】
17.13


371人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 2pt 3pt 2pt 3pt 2pt
総合点
54pt

GOOD!

とにかく調合が楽しい。
依頼された品を調合したり、強敵に向けてアイテムや武器の素材を作っていくのがこのゲームの醍醐味ではないでしょうか。同じ武器でも調合の仕方や素材によっては強さや性質が違ったりするのでいろいろと模索する楽しみがあります。

岸田メルさんのグラフィックはとても綺麗。
クリア後に見れる設定画は一見の価値があるのではないでしょうか。
3Dポリゴンの動き(走り方など)に違和感が多少あったのですが、
ゲームのジャンルを考えるとそこまで重要ではないので悪くないと思います。

主人公のメルルの言動が面白い。これは声優の力でもありますがメルルの一挙一動には何度も笑えました。グッジョブ!

2週目は装備イテムの引継ぎがあります。2周目以降で煩わしい戦闘が減りスムーズに進められます。

BAD/REQUEST

スクリーンショット機能がない。これは本当に勿体無いです。いろいろな都合で付けていないでしょうが、設定画を見るためだけにいちいちゲームを起動するのがめんどくさいです。ここは本当に残念です。

百合属性あります。むしろ百合属性しかありません。
百合が大嫌いというわけではないのですが、あまりにも百合百合し過ぎて不自然でした。

国の開拓事業が目的なはずなのに、城下町の景色が変わらない、新しくできた施設を利用できない。ただポイントを稼いで30日待って「はい、できました」で終わりです。人口などの数字だけの変化しかありません。事務的です。

そして何よりも開拓の戦略が全くありません。ポイントを稼げば最終的にほとんど開拓しきることができます。もっと多くの選択幅と自由度を以って開拓の仕方によってプレイスタイルが変わるようなシステムにして欲しかったです。

COMMENT

アトリエシリーズはPSNアーカイブスで販売されている「マリーのアトリエ プラス」しかやったことがありません。マリーが初めての調合ゲームで、とにかく夢中で調合してました。そんなマリーのアトリエが予想以上に面白かったので今回のメルルのアトリエに手を出してみました。(ロロナ、トトリは未プレイです)

マリーのあと数ヶ月も経たない内にメルルをプレイしたので、どうしても両者を比較してしまいます。たぶん懐古主義な考えは入っていないと思いますが、マリーのアトリエの自由度を味わってしまうとメルルのアトリエは1〜10まで指示されたことをやらされている感がします。

それでも自分としては大いに楽しめたゲームでもありました。
調合ゲームの入門として萌え耐性のある人に勧められるではないでしょうか。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
西瓜割りさん  [2011-09-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

337人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 3pt 5pt 5pt 3pt 2pt
総合点
85pt

GOOD!

□グラフィック 5点
とても綺麗です。前作からかなり完成されていたとは思いますが、それが改悪される事なく今作でも非常に綺麗で滑らかな作りでした。
戦闘シーンでの必殺技なども、バラエティに富んでいてとても綺麗でした。
またキャラクターだけでなくマップの方も良くできていて、グラフィック面では特に不満を感じる事はありませんでした。

□熱中度 5点
アトリエシリーズの面白さは何と言っても「採取」と「調合」にあると思います。
様々なアイテムを採取して良い素材を集め、それをもとに調合をして良い特性を付けて行く。
これの繰り返しや様々な調合をアイテムを使って強力な武器、防具、装飾品、そして攻撃や回復アイテムを作成することこそこのゲームの真髄だとおもいます。
今作では非常に強力な敵がいる事もあり、このアイテムの調合には非常に熱中しました。
基本的には1週目の後半で武器防具、装飾品を作りそれを2週目に持ち込み、消費系アイテムは2週目で作る、という形でやったのですが、特に消費系アイテムは特性にかなりこだわっていろいろやる事が出来て楽しかったです。

□満足度 5点
熱中出来れば当然満足度も高いです。プレイ時間も大体70−80時間。
随分と長くプレイしました。このプレイ時間もエンディングが面倒とか、そういう理由ではなくやりこみがすぎたからのものでとても楽しくプレイできました。
ゲーム中最強の敵も倒したので久し振りに自信を持ってやりこんだ、と言えるゲームになりました。

その他の点では、キャラエンディングが廃止されたのはいい点だと思います。
前作はあれで大変苦労しました。今作はエンディングの数こそやや減っていますが、キャラの交友度依存ではなくなったためある程度分岐しやすくなり、作業が減ったのはいい点だと思います。

BAD/REQUEST

残念だったのはストーリー。この点はあまり期待もしてなかったのですが、ちょっとおざなりな感じがしました。
一応淡々と進むのですが、どうもメリハリに欠けると言うか、強弱が少ないような気がしてちょっと残念。


またその他の部分では、素材アイテムの特性検索ができないのが不満でした。
調合はこのゲームの肝であるはずなのに、特性の検索がほぼ目視に近い形になっているのはどうかと思います。
それと男キャラクターが残念でした。
登場人物は前作までのキャラが多く登場するのですが、今作の登場人物とキャラかぶりが多く感じました。
あまりキャラの違いを感じる事が出来ず、だったらどちらかをリストラして新しいタイプのキャラを入れたらいいのに、と感じる点が多々ありました。

COMMENT

全体的に満足でした。

あまり語られていませんが、項目以外の点でも、ロードの長さやマップの視点などでストレスを感じる事がなく、かなり操作性には気を配られていて、その点はかなり評価をしています。

ただ、グラフィックは綺麗なのですが、万人受けではないうえ、ややBL系だったりもするのでやる人を選ぶゲームではないかと思います。

またロロナの幼児化など色々冒険していて、個人的には面白かったです。
しかしその他のキャラクターがあまりにも無難だったので、もうちょっとバラエティに富んだキャラクタ−作りをしても良いのではないか、と感じました。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
かものはしさん  [2011-08-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

425人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 1pt 0pt 1pt 2pt
総合点
27pt

GOOD!

グラフィックは良い。特に岸田メルによるキャラクターイラストは良質。ただ、1枚絵の質は前作のほうが良かった。
特定の特性同士を調合することで、高位の特性が出来るようになったのは面白い。
特定の装備品によって、移動速度が上がると快適で良い(快適さを0にしなかった理由)。

BAD/REQUEST

・キャラクターについて
新規キャラクターが少なく、前々作、前作から多くのキャラクターが登場している。これだけでも不満だが、前作キャラクターの性格が決定的に変えられてしまった人物が多い。
例えば、ステルクは前作では頼れる先輩だったが、今作では頭のおかしいキャラでしかない。ミミは、前作ではトトリの友人だったが、今作では同性愛としか思えない異常に性的な描写が増えた。
何よりも、前々作の主人公で前作でも重要な役割だったロロナは、前作までの記憶をほとんど失い、かつ本来なら28歳の体も8歳になって登場、知能レベルは8歳よりも低い幼児化している。その年齢変更は、ゲーム内ではロロナの師匠の「三十路のロロナなど見たくない」という独善的な理由で行われている。人間の成長を否定するようなイベントであり、非常に不愉快。さらに開発者インタビューでは「開発の誰もが「三十路のロロナは見たくない」という意見で一致しました」とあり、開発者自身のゆがんだ考えをゲーム内に投影して過去作のキャラクターを玩具にしているようで不愉快。

キャラクターの魅力が重要なゲームで、キャラクターに魅力がなく、前作の魅力あるキャラクターは魅力を失った。これは致命的な欠陥であって、満足度を0にした理由。

・開拓について
過去作のヴィオラートのアトリエでは、プレイ内容によって街が異なる発展をしたが、今作ではそんなことはない。提示された課題をどのような順番で、どれだけの量こなしたところで、発展の方向が変わることはない。
また、主人公が国の探索をしても、開拓地として登録される場所は全て執事にとって既知の場所。ゲーム内で誰も知らない場所へ主人公が行くことはなく、未知の場所へ到達して開拓するというわくわく感は皆無。

・調合について
前作にもまして特性が重要になったのに、前作ではあった特性検索がなくなった。これによって、求めている特性を探す作業が非常に面倒になった。

・イベントについて
街中で発生するイベントが多すぎるので、ただ開拓課題を受けに行こうとするだけでも、イベントがいくつも発生して阻害されることがザラにある。しかも、そのイベントが大して面白くもなんともなく、場合によっては上記のように前作までのキャラクターを壊されているイベントなので苛々する。

COMMENT

最も酷いのはキャラクターの扱い。
今作で初めてアーランドシリーズをやるなら良いかもしれない。前作までをプレイしてキャラクターに愛着を持っているならプレイするべきではない。面白くないゲームはこれまでもプレイしてきたが、購入・プレイしたことを後悔したのはこれが初めて。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
愛媛みかんさん  [2011-08-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

356人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 3pt 1pt
総合点
66pt

GOOD!

トトリに新たに開発の要素が加わっていますが、これが結構楽しいです
最初は何もなかった平原などに、どんどん建物が建って開発が進むのが快感

トトリでうんざりさせられた広すぎるマップがコンパクトに
アイテムのポテンシャル開放やタイム制の戦闘も面白かった
2週目に移動アイテムや採取効率アップアイテムを引き継げるのも、1週目とはプレイ感が全く異なる結果となりGOODでした
カゴやコンテナ内のアイテムを一気に選んで捨てることが出来るようになったりと、地味だけど地道な改善点が結構あって、プレイし易さが向上していると思います

男キャラや大人キャラが結構増えたので、トトリほど百合やロリばっかりという印象もなくなりました

BAD/REQUEST

1週目は楽しい開発なのですが、2週目からは同じアイテムを作って渡すだけなので飽きてきます
渡すアイテムによって開発のされかたが違ったりもせず、やり込み要素もありません

サブイベントが異常な頻度で起きます。アトリエから執務室へ行くまでに連続で7回も起きたこともありました。しかも内容が薄っぺらく、全く面白くありません。サブイベントでは、テキストスキップはあるのですが、キャラクター絵をゆっくり下から上へスクロールさせたり、遠景をゆっくり回転させたりというシーンが飛ばせません。テキストよりそちらの方を飛ばしたいんですが・・・このおかげでゲームのテンポがかなり悪くなっています

特性検索機能を無くしたのは何故なんでしょう
調合時間のかなりの部分は、ひたすらカーソルを移動させて、数百個の素材から目的の特徴をもった素材を探すことに費やされます。単調で苦痛な作業です。

スタッフの、「三十路のロロナ(前々作の主人公)なんてみたくない」発言などからある程度覚悟していましたが、ロロナを○○○にして、「ロロナは○○○が一番だよね。だから○○○になりました」でめでたしめでたしとしたのにドン引きしました。それ以外にも、常にパンチラしているヒロインや、勝利のポーズの時にわざわざお尻を突き出してパンツを見せる女キャラ、女風呂や百合描写など、変態的で引きます。

キャラ崩壊が酷いですね。私はトトリのアトリエから初めたので、このゲームをやる直前にロロナのアトリエをプレイして、キャラクターの関係を把握したのですが、ロロナのアトリエから出てきた登場人物は、このゲームではまるで名前が同じだけの別人のようです。そして、例外なく魅力のない痛いキャラになっています。ロロナはもちろんのこと、アストリッド師匠とステルクも酷いことになっています。この二人のファンはプレイしない方がいいのでは?

COMMENT

もともとアトリエシリーズにはストーリーはあってないようなものだと割り切っていましたが、正直ここまで酷いと気になります。キャラ、メインシナリオ、サブシナリオ全てに魅力が全くなく、テキストを読むのが苦痛でした。

それでも、基本の調合は楽しかったですし、2週目までは夢中で遊びました。

PSのアトリエシリーズはマリーのアトリエからずっとプレイしてきたのですが、昔の女性や子供でも安心して遊べるアトリエから、エロ・ロリ・百合に特化した今のアトリエへの変化を思うと大分悲しくなってしまいました・・・

-----------------------
一部削除して掲載しています。フリーのメールアドレスでもかまいません。理由など詳細をお伝いしたいのでお手数ですが、(”タイトル名”と”投稿時のお名前”のみの記載でかまいませんので)お問い合わせして頂けたら幸いです。■恭一@管理者 お問い合わせ先:kyoichi_mk2@hotmail.com

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
紗夜さん  [2011-08-16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazonのお客さま
レビュー日: 2011-08-24
アーランドの三部作シリーズの3部作目として発売された今作品。
前作、前々作のロロナのアトリエ、トトリのアトリエに比べて、細かいシステムなどは大いに進化し
とても軽快に操作できる作品になっています。
内容やキャラクターなど魅力がいっぱいで飽きることなくプレイできました。

PS3でRPGをするなら
オススメの作品です。

【PS3】メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。