このソフトのレビューを書く

【PS3】ディスガイア D2 レビュー

発売元 日本一ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2013-03-20
価格 7140円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:史上最凶のシミュレーションRPG
■ プレイ人数:1人
■ 初回限定版:11,340円

総合ポイント
71
(難易度)
1.62
レビュー数
13
スコアチャート ディスガイア D2レビューチャート

ディスガイア D2 購入する
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
7.7%
40-49
15.4%
50-59
23.1%
60-69
46.2%
70-79
0%
80-89
7.7%
90-100
【60点以上】
76.9%
【標準偏差】
10.83


デフォルト:新着順

331人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
91pt

GOOD!

ディスガイア第五弾
ストーリーは初代ディスガイアを踏襲しているようですが、このディスガイアはどこから遊んでも問題なしです。

☆シリーズを遊んだ事がある方
 楽しめたのなら、このD2も楽しめます。
 いろいろ改善している点も多く、面倒に思ってたところを遊びやすくしています。
 例えば敵のレベルを上げたり下げたりするのを、「チート屋」というところで簡単に設定できます。
 今までのように裁判をイチイチする必要がなくなりました。
 アイテム界はアイテム海と名称変更。
 界賊出来るステージがたまに出現します。
 ※出現条件があると思いますがわかりません。
 細かい部分は省きますが、今までのカユイところに手が届く、そんな仕様になっています。
 無難と言えばそれまでですが、さすがシリーズ5作目にもなると安心して遊べますね。
 あと、気のせいかもしれませんが、毒や麻痺にかかりやすくなってる気がしますね。
 ※気のせいかもしれません。。。

☆初めての方
 このゲームはやりこみが有名です。
 レベル上げを永遠とでき、敵の強さも永遠と強くなっていきます。
 また、アイテム海という独特のシステムがあり、武器や防具を強化できるんです。
 アイテムを選ぶと最大100階層に渡るダンジョンが始まり、下に潜れば潜るほど、
 そのアイテムの攻撃力などが強くなってきます。
 そのため緻密な戦略は必要なく、レベルを上げてしまえばゴリ押しで戦闘は勝てます。
 ラスボスも例外ではありません。
 コマンド一つ一つにミスが許されない緊張感ある戦闘はディスガイアにはありません。
 愛着あるキャラを成長させていくのが楽しい、そんなゲームです。

 あと、ストーリーはちょっとおバカ&熱い物語。好き嫌いもあると思いますが
 キャラクターにそれぞれ個性があって愛着が持てます。面白いですよ。

 まぁメインストーリーはチュートリアルと言われています。
 ストーリーをクリアした後、本当のディスガイアの面白さが始まる、そんなゲームです。

BAD/REQUEST

改悪と思われる点はありませんでした。
シリーズファンなら間違いなく楽しめます。

以下、好き嫌いが分かれるポイントです。
●ストーリー
 D2に限りませんが、ディスガイアシリーズは悪魔と天使の対立軸とその下に人間がいる
 そんな世界観になっています。
 悪魔と天使に関しては、「悪魔だから」という理由で半ば強引に色んな設定がなされています。
 ストーリーはおバカなストーリーなので目くじらを立てる問題ではないのですが、
 好き嫌いは分かれるところだと思います。

●やりこみ
 やりこみは当然と言えば当然なのですが、同じ作業を繰り返す羽目になります。
 ディスガイアは結構、短時間で一気にレベルが跳ね上がる事も可能なので
 その辺のバランスは上手に取ってくれていると思います
 ※レベル上げ専用ステージもあり、試行錯誤しながらそのステージを発見していきます
  つまり、レベルあげ専用ステージ探しも攻略の要素になってます。
 我慢して作業的なレベルあげを頑張って、ステータスを他のキャラと見比べると格段にパワーアップしている
 その達成感は貯金に近いものがあると思います。

発見した人を尊敬したくなるような上手なレベル上げの方法があり、
攻略サイトなどを見れば恐らく書いてます
※作業を飛ばす事が出来ます。

COMMENT

シリーズは1以外はすべてプレイ
2から始めました。

2を初めてプレイした時に、アイテム界などの概念がイマイチ最初は分からず
レベルもチマチマ・・・まぁ普通のロールプレイングかな?と思ってたのですが
レベルアップやアイテム界のコツをつかんだ瞬間、ものすごく面白くなったのを覚えています。
「どこまで強くなるんだ!」とワクワクしたものです。
で、クリア後も新たな要素が出るわ出るわで、いつ終わるのやら、お得な気分になりました。

最初は取っ付きにくい部分もあるのですが、慣れると簡単。

ステージ一つ一つは10分程度で終わります。
早くて1,2分くらい、長くても30分かかることは無いと思います。
それでいて、一度ハマると辞め時を見失うほど面白い
手軽さと、ディープさが上手くかみ合った作品だと思います。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
わんこさん  [2013-03-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

349人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 3pt 5pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

ディスガイアシリーズは全てプレイ済みです。

●グラフィックス
ドット絵のクオリティの高さは前作と同様素晴らしい出来なのですが、一点気になることがあるとすればイベント時のキャラ絵がアニメーションのように動かなくなった事でしょうか。

●快適さ
ロード時間はゲーム起動時に少々あるくらいでゲーム中にはほぼ無いと言っていいです。
その他にも面倒に感じる部分が簡略化されたり、ギブロ(ギブアップ&ロード)を必要とする要素が無くなったりとやり込み作業にありがちなストレスがかなり軽減されています。
一応フリーズの報告もあるみたいですが自分は遭遇しませんでしたし、今はパッチも出ているのでマイナス要因とはみなしません。

●熱中度
快適さの向上によって長時間プレイがあまり苦にならなくなったように思います。
ただ、前作に比べかなりやり込み要素自体が減ってしまったため総合的なプレイ時間で考えると劣っているという面もあります。

○チート屋
今作から追加された施設だがかなり便利。
今までは議会での承認が必要だった敵の強さの変更が簡単に出来たり、レベル上げや金貯め等のために各種経験値や金の配分を変更したり、さらには縛りプレイのための逆チートまで完備している。
今後も受け継いでいってほしい良システムだと思う。

○アイテム管理
今までは倉庫と携帯袋でアイテムを管理していたが、今作ではそれらが無くなり一括で管理できるようになった。種類別にソートすることも出来るので今までに比べるとかなり快適に。

○イノセント倉庫
今までは適当なアイテムに移動させるなどして管理していたが、一括で管理できる場所ができてかなり快適に。その他にも最大値のイノセントを合体で消失させてしまう危険が無くなる、合体した際に最大値を超える余剰分が別イノセントして残るなど仕様の改善もされている。

BAD/REQUEST

●オリジナリティー
今作の新要素が軒並みインパクトに欠ける為マンネリ感がある。シリーズ5作目ともなれば当然と言えば当然だが、前作からシステムの大部分が簡略化されたため余計それが際立つ。

●サウンド
悪いとまでは言わないが過去作からの流用が多いと感じた。

○ストーリー
最初から終盤までずっとゆるい感じの話が続き、最終話でいきなりの超展開では話に付いていけません。新キャラも取って付けた様な設定が多いですし、1のストーリーを知ってる前提の会話が其処彼処にみられるため前作を知らなくても楽しめるとは言い難いと思います。1の内容をネタにするならせめてストーリーのダイジェストでも見れるようにしてほしかった。

○名ばかりのマルチエンディング
マルチエンディングである事をゲーム内で言及されるが、実際は特定のボス戦で敗北すると強制BADエンディングに突入するというものであり、固有キャラとの個別エンディングのようなものは存在しない。前作では個別エンディングがあったのにどうしてこうなった?

○オンブシステムが空気
メリットよりデメリットの方が大きいためお世辞にも良いシステムとは言えない。
メリットとして上げられるのは2つ、倒した敵の経験地を二人とも100%貰える事とコラボ技が使えること。しかし、前者は人型ユニットのタワー攻撃に比べ効率も防御面も及ばず、コラボ技に至ってはユニット同士の好感度で威力が増減するという面倒な仕様な上、範囲が異様に狭く人型の特殊技と比べ使い勝手は一目瞭然。完全にただのネタ要素となっている。
「魔物型ユニットをもっと使ってほしい」とは開発者の言であるが、それならばコラボ技はもっと広範囲、高威力にするべきだったし、魔テェンジや怒ッキングを廃止するべきではなかった。

○やり込み要素大幅削減
裏面は廃止、お仕置き部屋も廃止、海賊船集めもパーツ毎でなく船ごと貰える様になり尚且つ数も激減、育成に関しては前作でキャラ界で強化していた部分は全て議会・道場・師弟で短時間で強化可能、とある新システムの導入により育成の要であった転生も全く意義の無いものになってしまうなどかなり内容が薄くなってしまった。

COMMENT

◆トロフィー関連◆
コンプに要した時間は104時間。トロコンに関係無い事をやってた時間が長いので目安にはなりませんが、最初からトロコン目的でやるなら早い人は60時間くらいでコンプできると思います。
注意点としてはストーリーに登場する敵固有キャラの特殊技を見逃さないようにする事と、アイテム海を累計3000層近く潜る必要があるのでキャラを強化するよりアイテムの強化を優先した方が後々時間の短縮になるという事ですかね。

◆総評・感想など◆
前作に比べ大幅にやり込み要素が簡略化されているためシリーズファンには物足りないというのが正直な感想。しかし、チート屋を始めとして改善されたUI自体は一切不満が無いと言っていい出来であり、この遊びやすさを維持した状態でやり込み要素が充実してくれる事を次回作に期待する。
シリーズファンには物足りなさを感じる内容だが、未経験者にはハードルが低く取っ付きやすいと思うので未経験者の方にオススメしたい。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
じゃがーさん(Webサイト)  [2013-04-15 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

314人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 2pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
71pt

GOOD!

実質プレイ時間50程度、ゆっくり時間をかけてメインストーリーを一周してみた。ここで、要所の感想を述べたうえで併せて簡単なレビューを書いてみたいと思う。
 まずシステム面であるが、ここは総合的に高い評価を与えることができると思う。当シリーズはこれまで4タイトルと変遷を重ね、他のRPG作品では得られない優れた面、そして独自性を醸成してきたことは確かである一方、長い流れの中で不必要に煩雑になってしまった一面ももっている。しかしながら、さすが「ディメンション(次元)2」と銘打つだけあって、この作品においてそれまで脈々と受け継がれてきたシステム面の根本からの見直しが図られたことが伝わってくる。それでいながら、「これでこそディスガイア」とファンをも納得させる内容にまで仕上げてきた開発グループはさすがといえる。仔細にまでは言及しきれないが、不必要なものが淘汰され、本質的に必要十分な要素が詰まっている。たとえて言うとするなら、化粧でケバケバした女性から精悍な男性に変わったようである。
 システム面の中でも、特にメインのシステムである戦闘システムについて少し具体的な評価をしておきたいと思う。思うに「ディスガイア3」辺りからであったが、戦闘において重要な戦術が特殊技に偏ってきた。要するにキャラの特殊技が強力すぎて、とにかく先に特殊技をぶち当てたほうが勝ち、食らったら即死という見方が強くならざるを得なくなってきた。反面、通常攻撃の威力は相対的に低下し、通常攻撃で発生するキャラ同士の連携攻撃の重要性も大きく低下した。しかし今作では特殊技の威力が抑えられ、反対に通常技と連携攻撃に威力が激増した。これによりキャラの配置や純粋なステータスが重要になって、結果としてゲームとしての戦術性は大幅に向上したといえる。また、強力化した連携攻撃と新システムの「アクマコネクト」システムもよく組み合わさっており、気を使わなくてはならない範囲(プレイヤーにとってのゲーム性)を広げることに成功している。

BAD/REQUEST

システムについて述べ続けていると際限がなくなるので、ここらへんでもう一つの主な要素であるメインシナリオについての評価に移りたいと思う。こちらの評価はシステム面の評価とは真逆と言ってよい。要するに、日本一ソフトウェアはもう少し腕の良いシナリオライターを雇うべきだった。
 レビューを需要するのが主に本作を未プレイの方々であることを踏まえて、極力ネタバレになるような言及は避けるが、本作のメインストーリーの主軸は公式ホームページでも紹介されている「ユイエの花」による魔界の異変と、それを阻止しようとするラハール一派の活躍である。まずこのストーリー主軸と、キャラクターのロール(役割)が一致していない。確かにラスボス撃破はここに続く目的となってゆくのだけれども、途中のクリチェフスコイ派の方々などはこの文脈で見ると明らかに不自然だった。ストーリーの主軸とは別に、このゲームが「悪魔どうしの繋がり・絆」というテーマをバックグラウンドにおいているということは理解できた。家族を失ったラハールに突然降ってわいた「妹」という肉親、父親クリチェフスコイと比べられ彼に複雑な感情を持つラハールやエトナ絡みのストーリー、そしてクリチェフスコイ派とバルバラのとても信頼とは呼べない即席の主従関係といった人間関係(正確には悪魔関係)がそのテーマに沿って語られていることは明らかだし(一部にこれを理解していないプレイヤーもいるだろうが)、これはシステム面に関する言及になるが、その文脈の中で初めて登場するのが今回新たに実装された「アクマコネクト」システムだということもわかる。しかし、クリチェフスコイ派やバルバラにしても、ランサローテは言うまでもなく、もうちょっとメインの軸とマシな絡ませ方をしてもよさそうなものである。と言うかほとんど絡んでいないからこそ、それぞれの話が宙ぶらりんになってどこに持っていったらよいのか分からなっている。
 これは少々蛇足になるが、特にバルバラの話は後日談までひどかった。おそらく容量の関係で内容を削ったのだろうが、結局自分のやりたいことが見つからずに殿下に付き従うしかなくなるというシーンはおそらくギャグっぽくまとめたつもりなのだろうが、これを笑えるのはそれこそ悪魔くらいだろう・・・。

COMMENT

 以上および、今作がシステム面に重きを置く作品であること等諸々を勘案して、総評は上記のとおりとした。ちなみに、これは個人的な嗜好が強い記述だが、初回限定版特典のフィギュアは興味がなかったので開けていない。設定資料集や特典CDは堪能させていただいたが、こちらはとくに可もなく不可もないといったところ。過度な期待はしないで欲しい。レビューの需要として、ソフト本体のレビューを期待されている場であると判断してこのような記述量とした。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ミドルゲーマーさん  [2013-04-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

292人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 2pt 3pt 3pt 3pt 4pt 2pt
総合点
62pt

GOOD!

・真上視点があるのでやりやすい。

・メニュー画面に絵のアイコンがついておしゃれになった。

・ステージ選択時に地形がわかるのが便利。

・過去の作品のキャラが無料で出てくるなど、すぐにDLCに走るこの時代では良心的。(有料もあるが)

・なんだかんだでしっかり作られている作品。

BAD/REQUEST

ストーリー

(購入理由がやりこみ要素メインだったので、いささか的外れかもしれませんが)

・子供向けのようなギャグが多くてしらける。

・敗北エンディングになると強制的に2週目になるので、何度も同じストーリーをやらなければならない。


システム

・とんでもないダメージが出るのは楽しいけど、ジワジワ強くなっていくという楽しみが最終的には感じられない。

・ユニットやスキルを増やしすぎたら、選ぶのが面倒になる。出陣しない待機組とか分けられればよかった。

・声をミュートにしたいユニットがたくさんいる。

・4にあったようなオンライン要素がほしかった。

COMMENT

32型HDMI

ディスガイアシリーズは2と4を少しだけプレイ。

結局やり込む前に飽きてしまうので、このゲームは向いてないと実感。

それでもディスガイアの中ではやりやすく、一番長く遊んだゲームでした。

ですが、従来のディスガイアファンには物足りないかもしれません。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
tapさん  [2013-03-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ちゃこ
レビュー日: 2015-05-07
このシリーズ初めてです。安いし、面白かったですがエンディング後は、なんかやる気起きませんでした。声優の人は有名なのかな?特徴ある声の人ばかりでよかったです!

【PS3】ディスガイア D2
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ディスガイア D2」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。